スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るーとの入院(3) 


入院中は、検査のたびにもらうシールで遊んだりした。
差し入れされたオモチャ(ミニカー)や絵本も、何度も楽しんだ。
受診や検査以外は部屋から出られなかったけれど、狭い空間で
るーとなりに楽しみを見つけていた。
窓から車や電車を眺めるのもそのひとつ。「見て!あっちからも
こっちからも電車来てる!ほら見て、早く!」いちいち呼ばれる。
鳩が横切ったというだけで「たーたん、見て!鳩よ、鳩!」と……

退院してからのるーとは、甘えん坊のままだった。
入院中の5日間、一度も家に帰らず一緒にいたけれど、
日常生活に戻ってからは、そうベッタリ過ごしていられない。
なのに「たーたん、たーたん、たーたん!」と、私ばかりを呼ぶ。
「たーた…あ。おとたん」と、ずむ君のことは呼び違えてばかり。
入院生活が与えたるーとへの影響は……大きい。大きすぎ。

家に帰ってからのるーとは元気そのものだけれど、中耳炎が
治っていないので、近所の耳鼻科通いを始めることになった。
(これがまた、泣いて暴れてスゴイんだ~……ハァ)
来週、もう一度、入院した病院で診察を受けることになっている。
血液検査はしないかもしれない。尿の数値が安定しているかを
見るだけではないかと思う。

入院を経験して、少しばかり、るーとに変化がみられるようになった。
以前から「これ食べへん、あれいらへん」と好き嫌いばかり言って
いたるーとだが、入院中、口を酸っぱくして「いろいろな物を食べないと、
元気な体を作られへんよ!また病院に行かないといけなくなるよ!」
と言い続けたことを、ぼちぼち理解し始めたらしいのだ。
「これ食べたら○○先生(主治医)、なんて言う?喜ぶ?もう病院
来なくていいですよーって言う?」と、苦手な物(特に野菜)を少量
ではあるけれど、口に運ぶようになった。
いつまで入院効果があるかはわからないけれど、偏食が体にとって
良くないことを、頭で理解し始めたのは大きな進歩だ。

病み上がり後は、子供の食欲がスゴイという話はよく聞くが、
るーとも例にもれることなく、モリモリ食べている。失った体重を
取り戻そうとしているかのようだ。(それでもまだマイナス1kg)
体力は落ちているようで、2時間ほどの買い物&散歩から帰った
だけでグッタリ疲れきっているが、それもすぐ取り戻すことだろう。
(私の疲労感の方が、修復に時間がかかりそうでヤバイ)
幼稚園の3歳児クラスは、来週から復帰しようと思っている。
長く休んでしまったから、最初はしんどいかもしれないけれど。
ぼちぼち、ぼちぼち、何事も。

コメント

■けろ姉さんへ■

ただいま、ただいま、たっだいまー♪
大丈夫!若くないことは十分理解してるから!(悲しっ)

中耳炎は子供の基本病やね。
今回初めてかかったけど、毎回診察のたびに顔の穴という穴に
器具を突っ込まれるしで、見ているこっちも背筋が寒くなったわ(=_=)
鼓膜の向こう側やから、鼻や喉と違って直接手が入れられ
へんから、治癒に時間がかかるんやろうねぇ。
あとちょっとやと思って頑張りまっす♪

■HAMUEさんへ■

ありがとー!ほんとに小児病棟は…ねぇ(;_;)
個室から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたりして、
生まれて数ヶ月の赤ちゃんも入院しているんだと思うと
何とも言えなかったです。かと思えば、成人男性ぐらい
背丈のある子供とか。中学生まで小児科なわけだから、
普通のことなんだろうけれど。

姪っこちゃんにはまだ魔法の言葉効いてるの?
じゃウチも当分使えるかな(^ー^)ウシシ…
打ち上げ、ドーンとやろうね!楽しみに、がんばるわ。

■163さんへ■

初中耳炎やってーん。私は経験ないの。耳(?)は丈夫みたいで。
るーとには説き伏せ作戦は全然効かへんのよ~。トモちゃんは
えらいね。どうも、耳・鼻・口、ここに器具を突っ込まれ
るのが、ものすごい恐怖らしくて。まだ少し続きそうな
耳鼻科通い……体力仕事なので、診察終了後はぐったり
です。(←私が・笑)

退院おめ!無事退院できて何より!
ひとまずは二人ともお疲れさま~(´∀`)
ゆんさんもいつまでも若くない(一言多い・笑)んだから、あんまり無理しないようにv-17

そういや中耳炎は幼い頃私もやったなぁ~。
なんとなく毎回耳の中に入れられるあの冷たい器具がイヤだったのだけ覚えてるわー

おつかれさまでした

とりあえず退院おめでとう!
小児科病棟はホントにつらいよね~。泣き叫ぶ小さな体に機械がいっぱいくっついてる様子は痛々しすぎる・・・(:;)
でも予定どおり退院できてよかったね。ずーっと病院で暮らしてる子もいっぱいるもんね。
うちの姪っ子も2回してるけど、「ゆうこと聞かなまたニューインしなあかんで!」というのは魔法の言葉です。なんでもやります(笑)
あとはお母さんが倒れんように、くれぐれも気をつけてください。また元気になったら打ち上げしましょう!

こんにちわ。
ぼちぼち無理せずね!ほんとに!!!
中耳炎はウチもすごい暴れて大変やったけど、「耳の先生に耳の中のバイ菌退治してもらおう!先生!お願い!!早く退治して~!」と私が恥を忍んで(笑)診療前に何回も言ってたら、突然大人しく見せるようになったのよ。
るーと君、早く完治して欲しいね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。