スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりっ子気質 


「イチゴ差し入れ~。小粒でゴメンな言うてたけど」
イチゴ配達人はずむ君。ゴメンを言ったのはお義母さん。
2パックもありがとうございます。
息子るーとにとって、キング・オブ・フルーツはこのイチゴ。
るーとのイチゴ好きを知っている義母は、イチゴの季節になると
ちょこちょこと届けてくれるのだ。




せっかく2パックもあるので、並べて数えてみた。
小粒なだけあって、総数なんと78個!
家族3人で78回もモグモグできるなんて、す…素晴らしい。
一度に全部は贅沢すぎるので、半分だけいただくことにした。

パクッ、モグモグ、パクッ、モグモグ……
早いペースで、なくなる、なくなる!




勢いが衰えないまま、最後の3粒になった。
ここは子供1人の特権だ。「るーとくん、残り全部食べていいよ」と
大人2人が、大人らしくリタイヤ宣言をすると……

るーとはイチゴにそれぞれのピックを突き刺して言った。
「これはおとたん(お父さん)、これはたーたん(お母さん)、
これはるーとくん。みんなで食べよう♪(ニッコリ)」


………!!!!!

戦うことを知らないひとりっ子、平和すぎる~(T▽T)


私なんて大好物を「全部どうぞ」と言われたら「どーもどーも♪」
で一気食いよ?(お恥ずかしながら、こんな年になっても。テヘヘ)
まあ、るーとも集団生活で揉まれるようになったら、あっちこっち
変わっていくんだろうけれど(^_^;)

コメント

■kooさんへ■

kooさん、こんばんは。
kooさんも「お姉さん」なんですね、一緒だ~♪
大人になると兄弟全員揃わないことが多くて、私も
“にわか一人っ子”を、よく体験するようになりました。
今や感動さえなく、当り前のように恩恵を独り占めして
います(+_+)

でも……これはこれで、いいのでは?
恩恵には、あずかれる時にあずかっちゃう方式で。
我慢したり譲ったことの方が多かったんだし!(きっと)

なんて言い訳しているあたりが「イヤな大人」かしら(笑)

優しい(*^-')

るーとくんの優しさ、両親への思いやりに感動v-238
弟が東京で暮らすようになり20過ぎでにわか一人っ子になった私は、食卓で好物が出た時「もしかして独り占めできる!?」と妙に感動したものです。
お恥ずかしい話ですねぇ、るーとくんを見習わなくては(^^ゞ
でもその妙な感動は好物が出るたびに湧くんですよ。今でも。
何ででしょう(T_T)大人気ないですねぇ。

■空見さんへ■

るーとは、たま~に出来の良さそうなことを言うので
びっくりします。(きっと今だけだろうけど・笑)

7、80株もあったら、ちょっとしたイチゴ狩りが
できそうですね。いいなあ、自前の畑のイチゴを
食べたい分だけ摘み取る生活って(*^。^*)
るーとが見たら、こっそり隠れてつまみ食いしそう(笑)

えらい!

>みんなで食べよう♪
だなんて!いい子過ぎるぞるーと君!
これもずむさんとゆんさんの教育ですかね~

それにしても、つぶのそろったイチゴだこと!
ウチの畑にも7、80株植えてるんですが(ウチで食べる分)
写真を見ていたら春が待ち遠しくなってきました(笑)
いっぱい採れたらゆんさんもどうぞ♪

■163さんへ■

163さん、こんちは~!
「みんなで」と言われた時は「ハゥアッッッ(* ̄□ ̄*)」と
なったわ~。意表突かれて、思いきり赤面(笑)
子供って…純だよねぇ。

美しい心。
何だか自分が、自分が汚い心に塗れてしまった様で…
るーとくん、そんな君が眩しい…
子供といると、そんな時がよくあるよね…

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。