スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の身近散策 


自宅の半径1km以内は、「すぐそこ」の感覚でいる。
でもまだ、身近なはずの「すぐそこ」の中に、歩いたことのない道や
目にしていない物はたくさんある。ここへ住んで7年も経つのに。

最近の散歩では、意識して“未踏の道”を選ぶようにしている。
今日は、小さな川と、そこで泳ぐ鯉を見つけた。
川沿いは石畳の遊歩道になっていて、立ち並ぶのは桜の木。
春には鯉の頭上が、桜の花で覆われそう……

「よっしゃ、ええトコ見つけたで~~~!」
小さくガッツポーズをしながら、記念にパチリと1枚。
「たーたぁーん。あそこ、おっきい金魚しゃん、おるねぇ」と、
るーとが言った。川の鯉は、のんびり泳いでいるように見える。
鯉からは、のんびりした人間に見えているのだろうな、私たち。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。