スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺でプラレール 


ずむ君の仕事始めの帰宅が早かったので、港に夕景を見に出かけた。
……なーんて、優雅な目的ではなく、ものすごくゴチャゴチャした
ところでガチャガチャ過ごしてきた。(海は、帰り際に眺めたもの)




今年も行って参りましたです、プラレール博 in OSAKA。
入場料は3歳以上が400円なので、今年からるーとも有料だ。
(大人は800円。行くとわかってたら前売り買っておくべきだな~)
大阪での開催は1日から6日まで。今回は最終日の前日、閉館3時間
前狙いで入場。去年は昼過ぎの一番混んでいそうな時間に行ったが
それに比べるとすいている。と言っても並ばないアトラクションは
ないのだけれど……。去夏、新幹線N700系がデビュー、今年は
0系新幹線が引退とあってか、新幹線関連の展示が多かった。




アトラクションチケット11枚つづり(1000円)を購入。
遊んだのは、1分間でプラレール(先頭車両)を釣り上げる「プラ
レールつり」と、プラレールを押し出して進め、当たりのトンネル内
で停めると金ピカ車両がもらえるという「ピタッとプラレール」、
4人乗りでゆっくりと2周するドクターイエローの「乗ろうよ!大き
なプラレール」の3つ。つづりの範囲内で遊ぼうと思ったら、ゲーム
の組み合わせが悪くて、1枚分バラ買いが必要になってしまった。
どのコーナーも大盛況。設営は大変そうだけれど、トミーさんの
ガッポガッポぶりが、目に浮かぶ……(^_^;)




貸出の車両とレールを使って、自由に遊べるプレイランド。
ゲームで車両を手に入れ、走らせたくてウズウズしている子供には
もってこいの場所だ。制限時間(約20分)があるので、大そうな
レールは組めないけれど、中には手際よく連携プレーで組み上げる
家族も。るーとの目は、隣に陣取った3段レール一家に釘付けだった。
「隣の奥サマ、手慣れてるで!おい、うちの奥サマ、写真ばっか
撮ってへんで頑張れ!」なぜか子供でなく夫にせっつかれ、写真係の
はずの私まで、組立要員として駆り出されるハメに。夫、熱すぎ。

閉館30分前になると、下校時間の雰囲気になり、会場がスカスカに
なった。並ぶ時間が少なくてすむので、最後に立て続けてアトラク
ションを狙うというのも手だな。この分だと、来年も行きそう……

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。