スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も住吉さん 


ずむ君、正月休み最終日。
「どっか行こ」で家を出たものの、電車に乗るまで目的地定まらず。
「伏見稲荷大社の鳥居いっぱいを見たら、鳥居好きのるーと君が
喜ぶんちゃう?」「お初天神は?あーでも、街中はしんどいか~」
「いっそ、行ったことない神社とか。て、どこやねん、それ」
あーだこーだ言いあったものの、るーとの鶴の一声「路面電車、
乗りたいな~」で、去年と同じく無難な住吉大社参拝に決定。
「オーシャンアローに乗って和歌山行っちゃう案」まで出たのに……




阪堺電車(路面電車)の通り道、阿倍野筋の車が多い。
参拝に向かう車…じゃないよなぁ、バーゲンの戦利品を運んでる車
だよなぁ、きっと。地元でも遠方でも車で神社に行くという習慣が
ないので、路駐してでも参ったる!という(迷惑な)気合を入れて
臨んでいる人の心理はさっぱりわからない。

住吉大社に向かう路面電車の中で、破魔矢を手にしている人を横目に
ずむ君がささいた。「けっこういるな、弓、持ってる人」
どう見ても矢やろ、矢!!!元弓道部員としては、流せまへんで~。




住吉大社に来たら、白い神馬を拝んで、太鼓橋を渡る。
11月下旬に私とるーとだけでここには来たことがあって、そのことを
覚えていたるーとは「上から鳥しゃん、見えるで、ほら!」と橋の上
から得意げに、池の水鳥を指さしていた。




最近の出店は値崩れ傾向にあるのか、フランクフルト150円、たこ焼き
300円など、低価格に修正した後が見え見えな店が多い。
「うわ、あっち300円か、かなわんなー…こっちも下げなやって
られへんやないか」そんな価格争いが想像できそうだ。
同業店が多く揃う参拝客の多い神社の方が、断然安い。

初詣でちょっと足を伸ばすだけで、正月感が増すなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。