スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無言の独り客 

玄関のドアを開けた時、気になる一点が目に飛び込んだ。
いつもはない、黒い影がガラス越しに……

050717_01.jpg


手すりから身を乗り出して見ると、やはり、そこにはセミの姿が。
じっとしていて動かないので、そっとしておくことにした。
下界で嫌なことがあったのかもしれない。もしかしたら、ひとり
(一匹)静かに人生(蝉生)を終えようとしているのかもしれない。

050717_02.jpg

公園の側を通った時、木の下で小学生の男の子が数人群がっていた。
みんな木を見上げている。手には鉄砲型のおもちゃ。
「おい、こっちや!こっからやったら当たるんちゃうか?」
水鉄砲であって欲しかったが、残念ながらそれは、玉が飛び出る
タイプのようだった。当たれば、セミだって痛いかろう。
致命傷になるかもしれない。
虫捕りをしない(できない)子供もどうかと思うけれど、
よってたかって、虫を傷つける行為は嫌いだ。
一人ならば、しないくせに!!!

「そんなんするの、やめたりや。かわいそうやん」
心の内でしか怒れなかった自分も嫌いだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。