スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっとり梅小路 


「面白いらしい」と聞いていた、京都駅から西へ1kmちょっとの所に
ある梅小路蒸気機関車館へ。(大人400円・小人4歳以上200円)
現存する中では日本最古の木造駅舎(旧二条駅舎)を、移転した物が
展示資料館となっている。
館内でSL模型やSLの仕組みのビデオを見たりしながら、機関車
展示館に移動。入口すぐ横に展示されている模型(NゲージとHO
ゲージ)に目を奪われる子供たち。HOゲージは、持ち込み運転
可能らしい。へー、無料鉄カフェ!?(カフェではないけど…)




転車台を中心に放射線状に伸びる線路、その向こうの扇形の車庫には
1~20まで番号がついていて、SLがズラリ並んでいる。
圧巻!……ぶるっと震えた。
過去にもSLを見たとはあるけれど、なんというか、初めて本物を
見たというか、汽車を初めて目にした明治人の気持ちがわかる気が
するというか。
今の世の中には、技術的にはもっとスゴイものがあって、そのスゴイ
ものに囲まれながら、いちいち驚くこともなく生活をしている。
日本でSLが量産されるようになってから約100年。
そんな昔の技術に、平成を生きている私が圧倒されるとは。




SLを眺めていると、「貴婦人」に例えられたのがよくわかる。
しっとり黒く、曲線が多い車体は、女性的。それも気品を備えた…
パーツが複雑に絡み合い、何がどうなっているのかさっぱりわから
ないけれど、眺めていたら溜息が出た。「ハー……。美しい」
SLは「かっこいい」や「迫力がある」ものだと思っていたけれど
この日、一貫して感じたのは「美しい」だった。
私が機関車庫でうっとりしている間、ずむ君とるーとは子供用の
広場で遊んでいた。鑑賞組と遊び組とで、別行動できるのも素敵。




SLスチーム号に乗車。入場料とは別で乗車賃(大人200円)が必要。
運転は日に3便となっているが、今日のように乗客が多い場合は、
臨機応変にピストン輸送で対応してくれるので、待ち時間を少なく
して乗ることができる。
何と言ってもここの素晴らしいところは、その立地。
JR京都線・新幹線と嵯峨野線に挟まれていて、在来線や特急など
多種多様の電車を、敷地内にいながら見ることができるのだ。
SLに乗って、スーパーはくとと並走したり、新幹線を見上げたり…
あっちこっち見るもの(機関車と電車)が多すぎて、嬉しい忙しさ
に、大人も子供もワーワーキャーキャー。


「シュッポの人が、また今度来てね~って言ってたから、また行か
ないとね」SLスチーム号から降りるとき、係の人が子供の一人一人
に手を振って挨拶をしてくれた。「また今度来てね」の営業トークが
よほど嬉しかったらしく、るーとは帰りの道中「シュッポのところ、
また行こうね!」と言い続けていた。
ええ、ええ、行きますとも。……うっとりしにね(笑)
今度は時間に余裕を持って、休憩用の車両でお弁当を食べたりしたい
な~。線路を挟んだところにある梅小路公園にも寄ってみたいし。
いいとこ、見つけた♪

コメント

■163さんへ■

163さん、こんにちは。お久しぶりです!
そして、おかえりなさい!WEB界へ…(笑)

163さんは梅小路を子供の時に体験してたんやね。私は初で。子供の頃に弟と行ったのは、交通科学博物館で、るーとも
初鉄道館は当然のようにそこで……
でもでも私、断然梅小路派やで!!!
交通科学館は大人の博物館って感じで、文章を読めない
幼児には難しすぎるみたい。反応薄かったもん、うちの子。
梅小路は生汽車&生電車&生新幹線の三つ巴だから
比較にならんぐらい、リアルで面白~~~い!と、力説(笑)
派閥闘争に勝って、是非、行ってきてください(^_^)v

梅小路、私も弟が小さいときに行ったことがあって、わが子も梅小路へ連れて行ってあげたい!!!って思っていたところなんです。でも、おばあちゃんは交通科学博物館派(派閥?)なので、もう二回も連れていってくれたらしいので、そっちに夢中です。いやぁ実は私が行きたいのかもしれません…

■シリウスさんへ■

シリウスさん、こんにちは。SL、イイですねぇ(^m^)
見ていて、ぐっと心が動きました。
扇形車庫の端の方で、修理をしているらしき人を何人か
見かけました。ロープが張られているので、近くまで
寄れなかったのですが……何十年も前に造られた車両を、
現役走行できるよう保つ技術というのも素晴らしいですね。
SL「北びわこ」号などのイベント用のSLは、
ここで点検や修理をしているのですね、きっと。

こんばんは、ゆんさん。SLイイでしょう♪
私も初めてSLを見た時は感動しましたよ。
C62-2は波乱万丈の人生を歩んできてここにやって来ましたよ。
これを機にSL「北びわこ」号を見に行っては?
因みに梅小路ではSLの修理もやっています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。