スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミカンがある家 


ミカンを買った。
自慢ではないけれどミカンを買ったのは、結婚してから初めて!
るーとの手が小さいので、普通サイズのように見えるが、実はこの
ミカン、極小サイズで、直径4~5cmほどしかない。
猛暑のせいで、ミカンが色づかないまま熟してしまうとか、甘い
けれど実は大きくならないとか、そんな話をテレビで見たばかり。
このミカンも、正規の市場ルートに乗れない小粒ちゃん達のようだ。




「ちょっとちょっと、ミカン食べていって」
そう声をかけてきたのは路肩に野菜や果物を広げた、露天商の男性。
「このミカン、和歌山の知り合いの農家のものだけど、甘いんよ。
小さいけど美味しいから、味だけでも見ていってちょうだい」
小さいミカンを息子るーとと分けて食べてみた。
るーとはミカンの皮を食べることができない。吐き出すだろうな…と
思っていたら「うん、おいしい」と言って、すべて飲み込んだ。
そして、「もっと食べたい」……ええ!!!!ホンマに!?
「でしょ!中の皮も薄いけど、外の皮も薄くてね。これね、外の皮も
食べることができるって作っている人に聞いてね。昨日ボクも食べて
みたんやけど、ほんまにこれ食べられるよ」
リンゴを丸かじりする健康な歯のCMみたいに、このミカンも
丸かじりできるらしい。(汁でボトボトになりそうだけれど)

ミカン一山、200円。帰って数えたら21個あった。1個約10円。
なんとなく食べるのが面倒で、もらうことはあっても進んで買うこと
はしなかったミカン。なのに、今夜の我が家はミカンがいっぱい!
積み木かミニカーのように、るーとに可愛がられた、幼児の手のひら
サイズの小さな小さなミカンたち……
うん、なかなか良い良い。ミカンがある家は、温かみがあって。

コメント

■すもるとさんへ■

すもるとさん、こんばんは。お仕事で一週間も出張ですか。
それはそれは、お疲れ様でございます!
刺身&ミカンは飽きのこない物同士、良いペアですね(笑)

2000円も刺身を食べたら胃が竜宮城にでも来たかと思って
ビックリすると思うので、私にも1000円クラスがちょっと
した贅沢らしくて良いように思えます。
(おがわで食べた丼も800円だったような…懐かしい~!)

すもるとさんいは、私以上に(!?)ブログ記事を把握されて
いて驚かされることが多いですが、実は最東端は横浜です。
「明日から行く」という記事だけで、横浜記はアップしな
かったので、ブログレポ有りという点ではすもるとさんが
おっしゃるように、清水が最東端ですね。そういえば、
このところ東へ進出してまへんわ~。すっかり西よりです。

みかんですね

ゆんさんこんばんは。たびたびお邪魔してはヒンシュクな書き込みさせて頂いておりますすもるとです。仕事の関係で静岡に滞在中です。ホテルから記念書き込みです。静岡はちょっと山側いくと至る所にみかん畑があってみかんが点々と灯ってます。暗めの深緑に鮮やかなオレンジ色なんで、特に西日が当たるとまさに灯ってる感じです。ここはゆんさんが昔行かれた清水の魚市場まで車で10分ほどです。今回は3回くらい行きました。ただマグロ高値の影響を受けてか3,4年くらい前と比べるとちょっと内容が寂しめではありますが、それでも2千円の定食など頼んでいる妙齢ご婦人などは「自分、それ一人で食べるんか?」(関西弁拝借失礼)ってくらい刺身てんこ盛りです。僕は安い1000円の刺身定食しか食べないんですけどね。ゆんサンも行かれた「おがわ」のとなりにややB級な激安青果やさんがありますが、これからみかんがすごく安く出るんですよね。洗面器一杯で300円くらい。ちょっと形や色が悪かったり、小さめなAB級ですけれど、静岡県内のあちこちで売っているのですが。
ところで僕はこれより西に行くことはほとんどなく、ゆんさんは鳥のりサイト始められてからの記録は清水が最東端だと思いましたので、清水を境にして言うとゆんさんと僕とは風呂の中の「*」(自粛)みたいなものですね。その心は、「西と東に泣き別れ」(車寅次郎より)さて静岡滞在も一週間になりちょっとホームシック気味になってきました。でも食生活は刺身あり、みかんありでヘルシーよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。