スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るーとが先生 


この日は、高架の下を3線が通る形で。




接続部分が破損しているレールがいくつかある。この坂道レールは
私が折ってしまったもの。我が家に2本しかない希少品なのだ。
テープを貼ってしのいでいる。

友人に聞いた話だが、プラレールをどっさり持っている子供の中には
パーツが破損したら、即捨ててしまう子もいるらしい。
友人の子供(幼稚園児)が壊れたまま使っていると、「壊れてるんや
から捨てたらいいやん、また買いや」とアッサリ言い放ったそう。
たかだか4、5歳の子供の思考としては、抵抗を感じる。


プラレールを毎日作っていると、もっと橋脚パーツが欲しいな~
という気になってきた。橋脚だけでなく、直線レールも。
曲線だってもっとあれば、部屋いっぱいに広げられるだろう。
切り替えレールを増やせば、バリエーションも増える。
「“大人買い”やっちゃおうか?」……




↑こちらは、るーと作。
この一年で、自分一人でもうまく工夫して作るようになってきた。
ここで、私が欲しい欲しいと思っている橋脚部分に注目を。




橋脚が足らないからと言って、もっと欲しいとは言わない。
身近な物で工夫し、補っている。
橋脚と高さの合う鉄筋と缶の箱、よく思いついたなと、頭の固い私は
ううう~~~んと唸ってしまった。誰が教えたわけでもなく、るーと
が自分の中から生んだアイデア。

「補う」……オモチャに限らず、生きているといろいろな場面で
モノ・コトを補う必要が出てくる。補える能力の高さによって、
人としての豊かさは違ってくるはず。満たされない心を何で
補うか、どう補うか。るーとの未来にも、私の未来にも、永遠の
テーマがいくつも待っているわけで……

プラレールの大人買いなんてのは、やーめーたーーーーー!

コメント

■くみちょんへ■

本人は「補う」意識はないやろけどね。
「買ってもらう」知恵がついてないだけで……

さすが!

買えば手に入るって言う考えを持ってしまう前に
『補う』って事が身に付いているようで嬉しいなぁe-278
すぐに買い与えてしまう家庭はあんまよろしくない・・・
でも、プラレールの大人買いってカワイイe-491

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。