スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環状線一周弁当 


タイトルを見て、「ああ、大阪環状線(JR)の駅弁を
グルリ一周分……の話かな」と思ったアナタ。
それ…、間・違・い・です!(eo光・唐沢氏風)
オチはタイトル通りなので、「まんまじゃねーか」などと思わず、
軽~くお読み流しください。長文ですが。

昨日のブログのオマケ話。京都からの帰宅途中のこと。
自宅最寄り駅で下車した直後、ずむ君が言った。
「ゆんさん……弁当の袋は?」

……弁当?ああ、伊勢丹の地下で買った今夜の夕食のお弁当ね。
遅くなったから今晩は手抜き御飯よ、わはははは。中食ってやつね。
えーと、伊勢丹弁当なら、ちゃんと網棚に乗せたから。網棚にね♪


うは~~~~~っ、網棚て、今、改札ッ!!!

ずむ「忘れて来たって!???」
ゆん「どうしよ、どうしよ、お弁当は網棚だよ~~~う」

慌てふためく私の声で、ずむ君に抱かれたまま眠っていたるーとが
目を覚ました。「るーとくんの靴は?」


うは~~~~~っ、弁当袋に、るーとの靴もイン!

しかも網棚に忘れた車両というのが、乗り換える前の車両…つまり
下車直後に出て行った電車ではない。ガガガーン……

ずむ「とにかく駅員に言おう!」
ゆん「そ、そだね、言ってくるわ!」

駅員に乗り換え前の車内に忘れてものをしたことを告げる。
駅員「お忘れになったものはなんですか?」
ゆん「お弁当です!伊勢丹で買ったお弁当!あと総菜も入ってます!」
後ろから、ずむ君が慌てて付け加える。
ずむ「子供の靴も入ってます」
駅員「車内で発見されり、乗客から届があった場合は、明日以降
ご連絡しますので、こちらの用紙にご記入を……」
ゆん「あ、明日!?べ、弁当なんですぅ、生モノなんですぅ、
今夜食べようと思ってたんですぅぅぅぅ」
ずむ「ゆんさん、ゆんさん。るーとくんの靴のこと、忘れてへん?」
ゆん「靴は生モノちゃうし、明日でもいけるや~~~ん(半泣き)
駅員さん、あの電車は、どこに行くんですか?」
駅員「えーと…(時刻表で調べる)環状線を一周してA駅止まりに
なりますね。A駅でしばらく停車して、また環状線を回ります」
ずむ「A駅に着く時間はわかりますか?」
駅員「○時○分です。その時間にA駅に行っても、見つかるかは
わかりませんし、気づいた乗客がとこかの駅に届けてしまえば
確認ができませんし、それに時間もかりますし。明日以降に…」
ゆん「いえ、行ってきます、A駅に!生モノなんです!」

A駅では乗客が全員下車する。もし、その時、網棚に忘れられた
袋に気づいた人が一緒にもって降りてしまえば、A駅で待ち伏せて
も無駄足になる。ならば、ひとつ手前のB駅で張りこもう!!!
ゆん「ああ、どうか、忘れ物に気づいて届けようとする親切な人が
いませんように、いませんように・・・…」
ずむ「どんな祈りや」
B駅で例の電車に乗り込んだ。
吊革につかまった立ち客が半分ぐらいいる車内で、網棚に伊勢丹の
ビニール袋がポツリと置かれているのが見えた。中を確認する。

ゆん「あった、あった、お弁当!よかった~~~~、晩御飯~~~!」
るーと「るーとくんの靴は?」
ずむ「るーと君の靴もあったよ、よかったね」

駅から乗り込むなり、網棚の袋に飛びつき、大喜びする私たちを見て
向かいの座席に座った老夫婦は、ニヤニヤと笑っていた。
忘れ物らしい袋の存在に気づいて、見ていたようだ。
再び自宅最寄り駅の改札を通った。もちろん、丁寧に調べてくれた
駅員さんには何度もお礼を言った。「よかったですね!」と笑顔を
返してくれた。親身になって対応してくれる人でよかった。

環状線を一周旅した弁当を食卓に並べた。「苦労があった分、一層
美味しいね。こういうの、結果オーライって言うんやよね」と言った
私の頭にずむ君がゲンコツをひとつ落とした。「なにがオーライや、
アホすぎ」…アホは否定はしないが、それでもやっぱり伊勢丹弁当を
味わいながらオーライだと感じた私はノンキが過ぎるだろうか。

食事の後におじいちゃん(ずむ君の実父)から電話がかかってきた。
電話に出たるーとが開口一番言ったのは「おじいちゃん!るーと君の
靴、あったよ!よかったぁ、よかったぁ」だった。
あわわっ……弁当で頭がいっぱいになっててごめんね、息子よ(汗)

コメント

■空見さんへ■

色気よりk…k……、あ!「環状線」???(笑)

> こんな人を見つけるためのアドバイスを

えっ、こんな人でいいんですか、いいんですか?
では……

「この人といると、自分の面白さを普段以上に発揮で
きる!」と思える人を、漫才の相方を探すように発掘され
たらいかがでしょうか。人材を掘り起こすのですっ!!!
ま、私たちの場合、「君と出会ったことが最大の失敗」
「ミートゥ!」なんてしょっちゅう嘆きあってますが。
(ダメダメじゃん)

■くみちょんへ■

ええ、ええ。
滑稽な母の姿をしっかり見ていたようです…(~_~;)

(´ー`)フフ・・・♪

一つ解ったことが、

「ゆんさんは色気よりk・・(ry」

い、いえ、なんでもないですッ!
それにしても微笑ましい。

>「苦労があった分、一層 美味しいね。こういうの、結果オーライって言うんやよね」と言った。
私の頭にずむ君がゲンコツをひとつ落とした。「なにがオーライや、 アホすぎ」

いつかこんなやり取りができる人を見つけたいですね~(笑)
↑こんな人を見つけるためのアドバイスをよろしくお願いします!(ぇ

お~い・・・

るーとクンはちゃんと見てたんやね。
お弁当を必死で探している姿を(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。