スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥と一緒にお茶 

5月にラーメンツアー(?)絡みで、偶然見つけたカフェ
カフェはカフェでも鉄カフェではありません。鉄道の話題に
飽き飽きしていた方、ご安心ください。
今回は「とりみカフェ」です、「鳥を見るカフェ」です!
(鉄道にも小鳥にも興味のない方、ごめんなさいね)


しかも、「初とりみカフェ」だけでなく、「初ムクピヨさん」なの
です♪ムクピヨさんと待ち合わせをして、私・るーとの3人でカフェ
ランチをしてきました。ムクピヨさんは日記で書かれている文章その
ままに、とても親しみやすい話し方、笑い方をされる方でした。
初対面の人にはガードの固いるーとが、最短記録更新と言っても
いいほど、心を開くのが早かったです。カフェでムクピヨさんが、
ガラスに近づくと、オカメちゃんがすぐに寄ってきたのを見て、
小鳥も子供も、優しい人を見抜く力が強いのだと感じました。
ムクピヨさん、遠路はるばる…に加え、ワガママ盛りだくさんの
ハードスケジュールに気持ちよくお付き合いくださり、本当に
ありがとうございました(^^)

ではでは、とりみカフェレポに移ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



営業時間を見落としていた私たちは、開店が12時だと知らずに、
その30分前にドアを開けて、スタッフさんを慌てさせてしまった。
開店時間まで近所の公園で過ごし、再びカフェへ……
3方にガラス窓がある小鳥ブース(バードラン)を眺められるように
テーブルが配置され、一角には鳥をあしらった小物を展示販売して
あったりする。フラッシュ無しでの撮影は自由。

私たちが滞在した2時間半(気付いたらこんなに居た!)の間、他の
お客さんがいなかったので、鳥好きの友達の家にお茶しに来た感覚で
終始リラックスして過ごしてしまった。
多品種の鳥たちが同じ空間で過ごす様子が楽しくて、食事をしながら
も目は鳥たちに釘付け!鳥種の性格の違い、固体の性格の違いが
何重にも絡み合って、それが面白くて面白くて……
小鳥たちは、思わず「ぶはっ!」と吹き出さずにはいられない
「笑いのドラマ」をいくつも見せてくれた。



ランチとその後のカフェタイムはこんな感じで。
『この写真の中に“鳥”はいくつ隠れているでしょう』それはもう、
クイズにできるほど、食材や食器のあちこちが鳥であふれている。
牛すじ丼の鳥型コンニャクは、煮込むと型崩れすることがあるので
隠れキャラということになっているそうだ。ツバメ型のニンジン、
こんな型抜き、初めて見たと思ったら、海の彼方のドイツ製だという。
鳥グッズって、集めればこんなに世の中にあるんだなーと感心!
柔らかく煮込んだ牛すじ丼は、るーとにも好評で、鳥型コンニャクは
全て食べられてしまった。鳥型クッキーも全てるーとに……トホホ。



自分たちより体の大きな鳥たちと一緒に過ごす十姉妹が気になって、
この日、最も目で追ってしまったのは彼らだった。
仲間意識があるからだと思うが、思っていた以上に落ち着いていた。
青菜に一番乗りしたのも、十姉妹。ふふふ、やっぱりな~(笑)
しばらくしてオカメインコが食べに来ると、近くの枝に避難したが、
恐れている風ではない。体の大きな鳥に場所を譲ったという感じ。
我が家にいる、セキセイインコと十姉妹。一緒に放鳥しても、案外
大丈夫だったりするのかも……と想像を巡らせてみたりした。



るーとが箸置きになっていた折り紙の鳥を、ガラス越しに見せてみた。
真っ先に反応したのはオカメインコ。遊びたくて仕方がないようで、
ガラスのすぐ向こうでウロウロ、時々クチバシを伸ばして噛もうと
したりもした。オカメちゃん、可愛いなぁ~…
直接、小鳥と触れ合うことは出来ないが、人が小鳥の様子を見るよ
うに、時々小鳥も人の様子を見るという、適度な距離感が良かった。
自分自身が木や空気になったような、そんな気になれた。

「お1人で来られて、2時間も3時間も、ぼ~っと鳥を見て過ごされ
る方もいらっしゃいますよ」そんなスタッフさんの言葉にも頷けた。
鳥好きさんには、自信を持ってのオススメ空間!
鶴見のオアシス、間違いなしです(^▽^)ノ

コメント

■kooさんへ■

kooさん、こんばんは。(即レスです・笑)
あ~!お店のブログ、ご覧になってましたか(^▽^)
ブログ画像だけでも十分癒されますよね、わかります♪
目は鳥、手には紅茶カップ……いい時間でした。

kooさんのところはセキセイと文鳥の同時放鳥ができて
ますものね。十姉妹は文鳥よりだいぶ小さいし、
性格も文鳥のようにどっしり構えた強さがないし……
すごいビビリなんです、十姉妹は(^^;
スイが追いかけ回して、よちゃん&コゴロウがパニックに
なる場面がリアルに浮かんできちゃって。とりみカフェで
少~し甘い夢を見れただけでもいいかなと。
飼い主の私が一番ビビリだったりして(苦笑)
でも憧れてはいるんですよ、ふーちゃんとちぃちゃんのような
ラブラブショット!

行ってみたいものです

ゆんさんこんばんは。
以前ゆんさんのブログでとりみカフェの紹介がありましたがその記事を読んで以来、とりみカフェのブログを見ては多様な鳥さんたちの表情を見て癒されています。

ゆんさん上手に撮ってらっしゃるのでますます行きたくなりました。うらやましいです。
鳥を愛でながら店自慢の紅茶を飲んでゆっくり過ごしてみたいものです。

うちのインコと文鳥のように違う鳥でも十分な空間があれば意外と大丈夫ですよ。(その間飼い主は非常に気を遣うんですけどね(^^;)
スイちゃんがピヨコさんたちのケージに乗っても大丈夫みたいだし、同時に放鳥しても比較的穏やかに過ごしてくれるかも。あ、でもスイちゃんの恋人がコゴロウさんやよっちゃんになりような・・・予感(^^ゞ

■空見さんへ■

空見さん、こんばんは。
十姉妹はその名の通り、数が多ければ多いほど、
深さがわかる鳥ですね~。数羽がきゅうきゅうにくっついて
いるところとか、大好きです。牧草の取り合いなんかも、
3羽4羽が絡んでいると、とても面白かったです。

大阪に住んで○○年。初めてこういう店を知りました。
全国的に「とりみカフェ」のような形態の店は、どの
ぐらいあるんでしょうね?首都圏にはもっとあるのかしら?

梵天セキセイは、ジャンボの血が入っているので、大きめの
体つきをしていました。胸元は薄い紫で、美男子でしたよ♪

■ひとみさんへ■

ひとみさん、こんばんは。
勝手にぽこじいの森にしたらアカンで~(^◇^)
マイペースなコもいれば、他鳥にちょっかい出すのに
忙しくしているコもいたりして、鳥社会は面白いもんだわ!
スタッフさんの鳥グッズのこだわりもスゴイけど、鳥話を
している時の目の輝きと言ったら、もう!(笑)
その場にいた全員、輝いていたと思うわ。(自画自賛含め)

るーとが無垢千代さ…ちゃうちゃう、ムクチヨさんが
大好きになっちゃってね。別れた後も「明日もムクピヨさん
と遊ぶから」と、ひとり勝手に決めこんでたわー。
みんなで鳥三昧空間でお茶できたら、いいね~♪
PS:大阪はいつでもアナタを待っている!

■はなさんへ■

はなさん、こんばんは。
いろんな鳥さんを一挙に見れて、ほんと幸せな時間でした♪
はなさんも、絶対気に入ると思うわ~(^m^)
鳥好きによる鳥好きのための店って感じで(笑)
触れ合いがなくても、全然気にならなかったあわ。
鳥の個性って、面白いねぇ。うふふふふー♪

いいなぁ~

なんて素晴らしい所なんでしょ!
実は自分も十姉妹を2羽飼ってるんです。ゆんさんとおんなじコブチジュウシマツ。
だからもう、ほんといいなぁ~と。
近所にあれば行きたいのですが、大阪かぁ・・・。

ところで、ボンテンセキセイなんて居たんですねぇw
初めて見ましたっ!

ステキな時間

コレはすごい(゚д゚)!!
十姉妹さんチームとオカメさんの微妙な距離・・・
ぽこじぃ・・いや違う「ぽこの森」の中で鳥さんの小さな社会を垣間見ました。
憧れの『とりみカフェ』、まさに鳥三昧ではないですか!
箸袋の鳥さん、まさに抜かりなしって感じだわ♪
ひとつひとつが丁寧で、経営者の方の鳥さん好きなのが伝わってきました。
そんでもってムク千代さん!ちゃうちゃう、ムクピヨさん!
るーとくんと3人でとりカフェオフ会なんて羨ましい~。
レポを読んで、私の想像通りの方なんだなぁと。
いつか私もそこで皆さんとお茶がしたい(*-人-*)
待ってろよ大阪!!(*≧∇≦)/

そんなところがあるなんて!

私もいつか行ってみたいです(>v<)
あっというまの楽しい時間だったんでしょうね~!
いいなぁ^^

鳥がいっぱいって幸せですよね♪
何時間もいてしまう気持ちすごくよくわかります!

ではでは☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。