スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女らしい選択 

「大学芋、ほんまに好きなん?」
過去に何度か、ずむ君に尋ねられた質問だ。
ヤツはスイート好きなくせに、芋菓子には興味がない。
スイートポテトやパンプキンパイは菓子として、認めていない。

“いも・たこ・なんきん”と言うように、女性は芋が好きだ。
もちろん中には嫌いな人もいるだろうけれど、今のところ、
「芋が嫌いだ、食べられない」という人に私は出会ったことがない。
男性の場合、芋が好きであっても、芋菓子専門店を前にして、
「キャー♪」と目を輝かすほどではないと思う。
男のプライドのせいかもしれないが。

私も芋類全般は好きだけれど、売られている芋菓子類に「キャー」と
ヨダレをたらしたことはほどんどない。
石焼き芋屋が来ても、全くそそれらない。
サツマイモそのものは安いのに、調理されたものはやたら高いことも
あって、バカバカしい思いが先に立ってしまうのだ。
それが、ずむ君は不満(?)らしい。
ドラえもんに出てくるヒロイン、しずかちゃんのように、芋好きを
全面に出して欲しいらしい。(彼女はそれを恥らっているけれど)

050730.jpg

今日は、“女らしく”大学芋を買ってみた。
それを見て、満足そうにしているずむ君が笑える。

輝く黄金色、いいねぇ~!と口に入れた。
……残念ながら、味付けが不満。後味の悪い甘さだ。
秋になったら自分で作ろう、と思った。

ずむ君よ。
これ以上私に“芋菓子店の前で目を輝かす女らしさ”を
期待してないでおくれ~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。