スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクの名前は 


るーと語の「ぶ~び、だで~」は、丁寧に訳すと、
「この男の子の名前は“ブビ”です」になる。

……ブ……ブビ???



ボブが言えないわけではない。
間違って記憶しているだけだが、大真面目に「ブビ」と言う息子が
あまりにも可愛くて、訂正するのを先伸ばしにしている。
「へえ~、ブビっていうの?」 「しょ!ぶ~び、だで~♪」

訂正したら最後、永遠に「ボブ」……「ブビ」は消えてなくなる……
あと少しだけ息子の「ブビ」を聞いていたいと思う、勝手な母心。

コメント

■くみちょんへ■

読めまへん、読めまへん。残念ながら。
パズルを出した時に「これ誰?」と聞かれ、「ボブ」と答えたのが、
いつの間にか「ブビ」になってたっちゅー話だわ(^^;
平仮名は自分から読みたいって言うまで教える気ないのよね~。

それって

『ボブ』を反対から読んでいるのか…
って事は、文字が読めていたりしてe-2

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。