スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄カフェ体験 


天王寺駅か北東300mのところにある、南河掘の歩道橋。
車で通過することはよくあるが、歩道橋を上るのは初めてだと思う。
日曜の街中の道路は、歩行者天国みたいにすいている。
それにしても……今日は陽射しがキツイ。



本当は寺田町の方が近いのだけど、時間があったので散歩ついでに、
天王寺から歩いたわけで、やって来たのは「てつどう茶屋 Tera-
Station」
、通称「鉄カフェ」!一度行ってみたいと思っていた。
お店のブログによれば、来月上旬、関西情報誌に掲載されるとのこと
で、その前に行った方が混雑を避けれらるかも……と少々計算を。
12時オープンを2、3分過ぎて入店したが、既に数組入っていた。



1~3階にそれぞれ、鉄道模型パノラマ(Nゲージ)があり、
どこで楽しんでもいいというシステム。入場料(チャージ)はなく、
ソフトドリンクは1杯300円という良心価格、時間制限もない。
日曜の12時台、客の大半は親+子供。レンタルや持ち込みで、
好きな車両を30分300円で走らせたりもできる。運転席は、幼稚園~
小学生の子供たちに占拠されていた。当たり前かもしれないけれど、
ここで出会った子供は、全て男児、女児はゼロ。




Nゲージがこんなにリアルだと知らなかった。車内灯も点いている!
オモチャ屋の展示ケース内を走るNゲージは見たことがあるが、比較
にならない。注文したジュースも「いらん、いらん!」と押しのけ、
最初の30分は目の前を走る電車に目を奪われたままのるーとだった。
徐々に混みあい、立ち見客が増えてきたので、1時間ほど過ごして
退場した。アルコールメニューもほとんどが1杯400円と、これまた
良心価格なので、平日の夜は、仕事帰りのサラリーマンが集まり、
今とは違った雰囲気をかもし出すんだろうな~と妄想……

行くまでは「鉄カフェ」というのは、閉鎖的で馴染みのない人間は
居づらいのではないかと思ったが、さにあらず。幼年・少年・青年・
中年・高年……誰でもOKのオープンな雰囲気だった。
ただ、高速で動く小さいモノを見慣れていないせいか、非常に目が
疲れた。私の動体視力が弱めに出来ているせいかもしれないが、
慣れないうちは、視点を車両に定めすぎず、パノラマの全体像を
ぼんやり&うっとり眺める方が、体には優しいかもしれない。
(若さだけが自慢のるーとは、へっちゃらだったが)

帰宅後、家族全員でドカっと昼寝。
そして、るーとが発熱、私も微熱!……疲労発熱?知恵熱?

コメント

■シリウスさんへ■

情報誌掲載後の週末なんか、すっごく混みそうですよね~。
その前に行ってて良かったかも(^-^)
“貸切”だとだいぶ雰囲気が違ってきそうですね。
小心者なので、恐れおののいて逃げ帰ってしまうかも(笑)
私が行ったときは、小学生がたくさんいました。

北新地の方は、雑誌に掲載されてるのも見ました。(立ち読みですが)
こちらはもう完全、大人版ですね。

とりみカフェはウチの夫には拒否されちゃいました(^_^;
「ウチが既にとりみカフェ状態になってる!」と言って…
奥様はノリノリなんですね♪是非行ってみてくださ~い!

こんばんは、ゆんさん。
遂に「鉄カフェ」行ったんですね(^-^)
私も今月の初めに行きましたよん。
私が言った時は貸切だったので見ているだけだったけど
かなりのマニアが2階3階のレイアウトを走らせていたよ。
今度はマイ・コレクションを走らせようかと思っている今日この頃です。
と言っても2編成しか持っていないけどね。
持っているのは223系と485系の「しらさぎ」です。
そう言えば「鉄カフェ」北新地にもオープンするらしいです。
最近○○カフェって流行ってるのかな??
ゆんさんが先日いった鳥見カフェとか・・・。
ヨメはかなり行きたいようです(^^;;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。