スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川で2時間 

昨日の「京都・甲種回送見学ツアー」へ、声をかけた友人がいた。

ゆん「京都駅へ電車を見に行かへん?」
友人「行く、行くー!」
ゆん「せっかくだから行きは私鉄、帰りはJRに乗らへん?」
友人「そうしよう!いろいろ乗れる方がいいし!」
誘っておいてなんだが、あまりの二つ返事っぷりにビックリ。
彼女とその子供(2歳男児N君)と一緒に、電車大好き4人組として
京都に乗り込んだ。(行きは、N君の希望で阪急電車を選択)


070517_01.jpg
終点の河原町で下車し、四条から京都駅に向かって、鴨川を南下。
鴨川の東側の河川敷を歩いたことはほとんどなく、涼納床が出る方の
西側ばかりを歩いていた。今日は東側を選択。自転車が通るので
歩道が狭いところは、気をつけて歩かなければいけない。
途中、青々とした葉桜の下で、川を眺めながら昼食をとった。
薄曇でほどよく風があり、まさに散歩日和だ。


070517_01.jpg
五条大橋手前から、河川敷が広くなり、芝生面積が増え、
子供たちにとって、いい遊び場となってきた。川岸には鳩やカラス、
水の中には水鳥がいて、蝶々もひらひら舞っている。
そんな鴨川風景を見ていたら、友人が言った。
「結婚するとき、ホンマは京都に住みたかってん。京都駅周辺に
なると家賃が高くなるし、通勤が無理やから諦めたけど」
その気持ちわかる。住みたいと思わされるよね、京都という街には。


070517_01.jpg
京都駅に向かうため鴨川を離れたが、四条あたりの川と、こことでは
ずいぶん川の顔が違っている。水中に草の島が点在していて、
生き物が住みやそう。小学生のグループが、先生に引率されて
来ており、草などの採集をしていた。
昼食と遊びの時間も含めてだけれど、鴨川に沿って歩いた時間は
ちょうど2時間。折り返して往復したいぐらい、心地よかった。
京都に住むことはできなくても、時々こうして遊びに来ることなら
できる。大阪からなら、どの電車に乗るかも選ぶことができる。
帰りは京都駅から奈良線を使い、奈良経由で帰った。時間はかかるが
車内の混み具合が比較にならないほど違うので、楽なルートだ。
大阪→京都→奈良→大阪と、ぐるり一周。お、これも三都物語?

コメント

■kayoさんへ■

以前、学生時代に京都に住まわれていたと聞きましたね。
そうでしたか~、あの辺りだったんですか~!
塩小路橋あたりの鴨川沿いを歩いたのは初めてでした。
京都駅が近いため、川沿いにはマンションが建っている
んですね。涼納床が出ている辺りとは違った雰囲気でしたが、
この川の雰囲気はとても好きです(^^
水鳥が活き活きしていました。街の中心部なのに、不思議ですね。

たくさんの自然がある環境は素晴らしいと思いますが、
住んでいるとそれが“普通”で“当たり前”の光景になるのですね。
ならばゴミゴミしたところに住んでて良かったかも…などと
ちょっと強がりを言ってみたり(^_^)

ルイちゃん、無事でよかったですね。私も放鳥中、息子に窓を
開けられたことが。心臓が止まりそうになりました。

こんばんは♪
なつかしい風景が…。

鴨川、塩小路橋付近。
遠い昔、学生の頃、住んでいたところです。

昨年は京都に行ったけど、
今年は友達の都合がつかず、行けそうにありません。
鴨川って、水鳥も結構いるし、いいところだよね~。

都会だと、こういった川が、憩いの場になることが
多いけれど…。
うちの近くにも、川沿いの土手、
お散歩するのにいいところもあるんです。
でも、人がほとんどいない…。
川やちょっとした自然など、珍しくもないのかも…。

ところで、うちのルイは、
もうちょっとで逃げるところだったらしいです。
わたしの留守中に…。
窓が閉まっていたからよかったものの…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。