スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン追っかけ 


大阪国際女子マラソンを見に、私とるーとで長居陸上競技場へ。
兵庫県湯村温泉から運ばれた200トンの雪で作られたスノーワンダーランドは、昼休憩なのか閉鎖されており、スタッフが午後の部の整理券を配っているところだった。今年は雪遊び無しと決めていたので、一目散に競技場へ。(雪遊びは去年体験している)



ギリギリ5分前に到着。選手はスタートを待っている状態だ。



12時10分、スタート!長居競技場を北上して、大阪城公園をぐるりと迂回、土佐堀・中之島を西に、大阪市役所から御堂筋を南下、道頓堀南詰で折り返して、ほぼ同じコースを戻ってくる42.195㎞。



色とりどりのユニフォームが、渡り鳥の群れのよう。
男子の大会は地味なのかしら?



トラックを2周して公園周回路に出る頃には、集団が小さくなっていた。
公園横のあびこ筋に出て見たが、沿道には人が詰めていて覗くことができない。段に上がったが、先頭選手らしき頭が見えただけ。



「大阪城公園で選手を見たい」というるーとの希望に添えられるよう、地下鉄長居駅に行き追っかけを開始した。同じように別の場所で応援しようという先回り組が多数いて、車内はとても混んでいた。
長居から難波までなら乗り換えなしで行けて、時間も十分にある。(難波折り返し地点通過予定が13時半)
大阪城公園付近で往路の選手を見ようと思ったら、13時森ノ宮か13時04分大阪ビジネスパーク(OBP)しかない。地下鉄の乗り換え2回を考えると、かなりキツイ!自信が持てない中、必死にOBP駅を目指した。
到着したのは先頭選手が通過する2分前!ギリギリセーフ!クリスタルタワー前で、重友選手・野尻選手・福士選手の姿を見ることができた。



これは、帰宅してから録画していたビデオを確認したもの(↑)。
観戦場所は、るーとが指差しているあたり。



別の角度のカメラでは……かろうじて、私とるーとの姿を発見!!!
「服が地味すぎてわからん。ピンクとか着て、かぶり物でもしていかな~」とずむ君に言われたけれど、変に目立つのもイヤだ。よくある歩道を自転車で選手と並走するように走る…なんてのもゴメンこうむりたい。



クリスタル前で「がんばれー!」と声援を送っていたら、るーとが「お腹すいた」とポツリ。「今ご飯食べてたら、帰ってくる選手を大阪城公園の中で見られへんで!」と我慢させようとしたが、「お腹ペコペコで歩かれへん」とまで言い出した。仕方なく復路の応援は諦めてツイン21の中のマクドナルドへ入り、食べ終えたらすぐに長居へ戻ることにした。
時間が厳しくなり、ツイン21からJR大阪城公園駅まではダッシュ!
るーとは片腹を押さえながらついてきたが、食後とあってかなり苦しげ。
天王寺駅で乗り換えた阪和線車内で、ずむ君&あぶと合流した。
(夫は昼まで予定があり、別行動をしていた)



2時間半ぶりに戻ってきた陸上競技場。
OBPで見た時は、重友選手は野尻選手や福士選手と一緒だった。途中でケータイTVはチェックしていなかったので、競技場に戻って来て初めて重友選手の独走を知った。
ライブ画像が『間もなく選手が競技場内に帰ってきます。選手の力走にご注目ください』に切り替わり、拍手と共に迎えられたピンクのユニフォームの重友選手が、トラックを5分の4周する。後続の選手はいない。



2時間23分23秒!重友選手、優勝おめでとう!!!
「2ばっかりやね。2時間22分22秒やったらもっと良かったね」と軽~い発言をする息子。コラコラ、ゾロ目タイムを狙う余裕は選手にないで!



そうこうしている内に、2人の選手がトラックへ。合奏団の前で野尻選手がガメラシュミルコ選手に抜かれた。差は広がって、2位ガメラシュミルコ選手(2時間24分46秒)、3位野尻選手(2時間24分57秒)となった。
2位・3位が決まった後、月桂樹の冠を載せた重友選手のヒーローインタビューが始まった。



注目株だった福士選手が9位でゴールをすると、ワッと報道陣が集まったが、その後はかき消すようにいなくなった。次々入場する選手の前で、カメラなどの機材が片づけられていく。

3時直前、観客席が沸き立った。「いけるいける!」「がんばれ!いけるぞ!」…有名選手?いや違う。「3時間の壁」を超えられるかどうかの選手に声援が送られていたのだった。2時間59分50秒…51秒…52秒…「がんばれーーー!」思わず私も声を上げる。58秒…59秒…ゴール!間に合った!?電光掲示板の記録は「3時間0分0秒」……あとたったの1秒だったのに。マラソンが持つ1分・1秒の意味は重たい。

100位ぐらいになると、私たちの周りは空席ばかりになった。前列で声援を送っているのは、出場選手の仲間や家族と思われる人々。
重友選手のゴールから1時間経って、競技場を後にした。



熊本のくまもん号の前にいる「いしきりん(東大阪市)」を見つけた。
「いしきりんはもうお家に帰る時間なので、写真は歩きながらでお願いしまーす」とマネージャーのお姉さん。出店も店じまいを始めていて、るーとが「食べたい!」と言った「焼きハム」も寸前で完売してしまった。

駅に向かって公園内を歩いていると、周回路に選手のユニフォームが見えた。「え?まだ?」「もう3時半過ぎてるで」太ももを押さえ、足を引きずるように1歩1歩進む1人の選手。すぐ後ろには、ドアを開けて徐行する救護車がいて、さらに後方では観覧用テープの撤収が始まっていた。競技場は目の前、だがきっと、制限時間もあることだろう。「がんばれっ!もう少しや!」沿道から声がかかる。足を押さえて立ち止まる苦しげな姿に、涙があふれて声がかけられなくなってしまった。
2時間20数分で走り切る選手もスゴイけれど、私とるーとが北へ南へ電車で移動し、昼食をとり、1時間競技場で座ってゴールを見届けていた間の3時間半、ずっと走り続けていた選手もスゴイ。人間て、スゴイ。

4日間の学級閉鎖が明けたばかりで身体が鈍っていたるーとは、全力疾走移動が続いたため、翌日筋肉痛になっていた(苦笑)

ちなみに、実家の母は正月(2・3日)の箱根駅伝をテレビで見るのが好きで、毎年涙している。関東出身で、箱根辺りを車で走ったこともある人なので、余計に感情移入してしまうらしい。聞きかじりの情報で「カシワバラくんてスゴイ人いるんだってね」なんて話を振ろうものなら、「柏原くん!知ってるの!?あのね、去年の駅伝ではね…」と延々話が続く。
選手が移動するという特殊なスポーツであるマラソンや駅伝は、どうやって観るのが一番楽しめるのだろう?知人が出場していたら、面白さが違いそう。……誰か~、出てぇ~~~!
スポンサーサイト

パンにはやっぱり 


マーガリンのフタを見ながら、「うっわー、つけすぎやん!」と息子。
ホンマや。パン(フランスパン?)の上に層になるほど塗り重ねている。

パンにはやっぱり…ほどほどに~♪♪♪

【おまけ】我が家の人気第一位は、レーズンパン。首位独走中。

ぜいたくなマスク 


週末に発熱でダウンした息子るーと。
月曜は欠席したが、インフルエンザ検査は陰性で火曜には復活した。
1月半ば頃から、クラスに常時5人ほどマスク姿で授業を受けている子がいるという。咳が残っているといけないので…と、るーともマスク姿で登校した。初めて買った子供用使い捨てマスク(↑)。

ノーズクッション付きで、フィット力はかなりのもの。付け心地の良さから、大人用の使い捨てを使わせていた時より、しっかり着用してくれる。
ただ、この手のマスクはお高い。5枚入りで約400円。1日使って捨てるのに1枚80円とは!
(幼稚園の時に買ったプーさんのイラスト付きのガーゼマスクは、「絶っ対っ、イヤ!」と言われてしまった経緯あり)

「なんでマスクにスポンジついてんのー!?」
「あったかそうやな」などなど、その日は級友の注目を集めたらしい。

そうして登校はしたものの、インフルエンザ感染者が急増していて、るーとのクラスは水曜日から学級閉鎖になってしまった。タイミングの悪いことよ……。風邪が治ったばかりで保菌はしていなさそうだけれど、週末までをおとなしく自宅で過ごした。

学級閉鎖明けの日曜日、大阪国際女子マラソンを見に行ったのだが……なんと、るーとは筋肉痛に!!!その筋肉痛理由はまた後日(^^)

図鑑でバナナ 


息子るーとの植物図鑑。プレゼントされたてホヤホヤ。

この日、バナナの房の生り方が、食卓の話題になった。
「バナナって、お店で売ってるのより、もっといっぱいついてるねんで~」
「知ってる知ってる~。わさっと木に生ってるんやろ?」
「そんで、バナナは上向きになってるねんで。下向きちゃうねんで」
「上向き…そうやっけ?そうやったような、そうちゃうような…」
「図鑑に載ってたはずかやから、後で調べとくわ!」
図鑑にバナナの木が載っていたのを記憶していたるーとが、パラパラと調べ始めた。目次の使い方を知らないので、「バナナ、バナナ…真ん中より後ろで…果物が載ってるところで…」と順にページをめくっていく。



「バナナ見つかったで!ページ書いといたから、忙しくない時に見てて」
気遣いありがとう。普段「忙しいから後でね」って言い過ぎかしら、私。
図鑑に添えられたメモ書きには「バナナ、166」とあった。
ホントだ、上向きに生っている。我が家ではバナナツリーにぶら下げて保存しているけれど、あれって不自然な姿だったのか。



ページメモの裏には、ご丁寧に「植物 小学館の図鑑NEO」とタイトルまで書いてあった。「図鑑」が「図金監」に見えるのは苦労の跡だな~(笑)

揚げられずの凧 


近所の広場のフェンスに、鳩が群がっていた。網につかまり、羽ばたきでバランスを取りながら、ついばんでいるのはツタの実?

「風速、良ーし!」
四十路間近のオンナが手提げ袋から取り出したのはゲイラカイト。
むっふっふ!鶴見緑地のリベンジだ!
母の意気込みを知ってか知らずか、るーととあぶは「ブランコで遊んでくる。バイバーイ」と駆けて行ってしまった。
え?凧揚げ、おひとり様?広場では他に2人ほど凧揚げをしている子供がいたので、「まあええか」と気を取り直し、凧に横棒(骨)を差しこもうと広げたら……

棒が無い!!!どこにも無い!!!

……記憶の巻き戻しスイッチを入れる。
緑地で凧を収納したのは夫。持ち帰ってすぐに、袋に封をした。
棒は……緑地の芝生の上?う・わ・あ・あ・あ。この情熱をどう収めればいいのか?広場でうずくまっていると、子供たちが戻って来た。
「どうしたん?凧揚げへんの?」 「揚げられへんのじゃーーーー!」

骨のない凧は持っていてもどうにもならない。
おとなしく帰って竹ひごで小細工するか。…今年最初の、どっぷり落胆。

モッタイナイ 


「プリンが おねちゅやから テッチュで ぼーいんに ちてんねん」
※プリン=ぬいぐるみ
 おねちゅ=お熱
 テッチュ=ティッシュ
 ぼーいん=病院
 ちてんねん=してんねん(大阪弁)

日に日におしゃべりが増す娘だけれど、話し方はこの通り『要通訳』。

「遊びに使ったら、テッチュがもったいないよ!」わざと娘語を真似ると、「テッチュたう(ちゃう=違う)!テッチュ!!!」と怒りの訂正が入る。
「そこは、ぼーいん?」 「ぼーいん たうッ!ぼ・お・い・ん!!!」
……からかってスミマセン(笑)

京のお稲荷さん 


義母からいただいた、伏見稲荷大社詣のお土産。(おせんの里 松屋
少々足を痛めているものの、60を過ぎた義母は積極的に出歩く。
伏見稲荷へも義父を残し、単独で参ってきたそう。



お面にするには少し小さかったけれど、ユニークなキツネの形の固焼き煎餅に、子供は大喜び。



中が空洞で、振るとカラカラと音がする『辻占入・鈴』 。
これは不思議な形をしていて、円形の生地を半分に折って、長辺を折りこむように曲げるとできる…のかな???カラカラ鳴っていた音の正体は、節分の煎り豆だった。これまた意外で面白い。
キツネと鈴では生地が違っていて、分厚い鈴の方が子供に人気だった。



るーととあぶ、それぞれが引いた『辻占い』は、こちら↑。
「大吉?ヤッター!!!ここに何て書いてんの?」
「えーとね。…僕のワイフは 牛乳がお好き それで時々 角を出す」
ぷっ!都々逸!
キツネの可愛さに、つい子供向けの占いを想像してしまっていた。

「……?ワ・イ・フって何?」
「え、えーとね…」ワイフと牛乳と角の関係を、小1に分かるように話す。
「ふーん。じゃあ、大人になってケッコンした人が牛乳好きでも、あんまり飲まさんようにしたらいいってこと?」るーとは大真面目に解釈。
……まあ、そういう教訓にもなるか(笑)

「ねーねー。あぶたんのは、なにって書いてんのー?」
兄を真似て尋ねてきたけれど、3歳児には『波に浮き草 流れの身でも すこしや実のなる 花も咲く』を解説しきれなかった。すまん……

鳥居好きのるーとに伏見稲荷の鳥居を…と思っていたことがあった。
気が付けば、鳥居を見て興奮することはなくなってしまっている。あれは幼児期にありがちな一過性のものだったのか。
それでも一度は連れて行って見せたい、伏見稲荷の鳥居いっぱい。
あぶも大きくなったことだし、京都をゆっくり歩いてみたいなぁ……

揚がらずの凧 

「凧揚げたい、凧揚げたい、ああ凧揚げ~…」
風が強く吹くたびに、凧揚げがしたくてたまらなくなり、凧のことばかり口にして家族から迷惑がられていた私。前シーズンから凧離れしていたので、禁断症状が出た。(大げさな…)

去年の幼稚園凧は、破損して廃凧になってしまってしまったので、玩具店で売れ残りのゲイラカイトを購入し、その足で鶴見緑地へ。

……が、生憎の穏風。無風と言ってもいいほど、空気が動かない。
微風に無理やり乗せて、走っている間だけ上がった凧(↑)。
走るのをやめると、ヨロヨロと降りてくる。『揚げ続けたければ走り続ければいい』という単純構造にるーとが喜んだのも最初のうちだけで、しばらくすると別の遊びに移ってしまった。私もさんざん走り回ったが……凧を揚げた~!という爽快感はこれっぽっちも得られず。
鶴見緑地では揚げられないジンクス!?



今日のものかは分からないが、木に2つの凧が絡まっていた。
「ねえねえ、おとたん。なんであの凧、取らへんの?」
「取らへんのじゃなくて、取られへんの。高すぎるやろ?」
「フーン……サルなら取れるかも」
そんな手ごろで便利なおさるのジョージみたいなサルはおりまへん。


あ~あ~あ~。凧~凧~凧~。
次こそは、基本を押さえて、風を読んでから出かけよう。

1月の大阪城 


短かった冬休み最後の週末、土曜から月曜にかけて、世間は3連休に突入だという。いつものことながら、ずむ君の休日が日曜だけなので、フツーの日のである土曜日に子供2人を連れて出かけてみた。
○○?△△?…いくつか候補地が上がった中で、大阪城公園に決まった。「コロコロ(ローラー)滑り台を滑りたいから」との他愛ない理由で(笑)

公園に付き添っている保護者は、日向で鳩のように丸くなっている。
冬の大阪城、日陰はとてもじゃないけれど、じっとしていられない。
子供の動きに合わせて、日陰と日向の出入りを繰り返していた私だったけれど、なかなか体感温度が上がらない。「アカン!歩こう!動こう!」遊具広場を出て、移動しながら体を温めることにした。



木立の間を走り回っているうちに、枯葉の束を頭の上に放り投げると「パレードの紙ふぶきみたいで面白い」ことに気付いた娘あぶ。るーとと一緒になって、キャーキャー言いながらかぶり合いっこ。枯葉と言っても葉だけでなく、粉末になった葉や土も混ざっているので、微笑ましさはビミョー。さんざん遊んだ後は、電車に乗ってギョッとされない程度に払い落とした。帰ったら風呂場急行だな……

「ねえ、今日はロードトレインに乗ってもいいん?」
「ロードトレイン…あれ?走ってへんね?動いてへんのかな?」
いつものコースにトレインの姿や汽笛の音がない。
天守閣前の乗り場まで行ってみたが……



去年12月25日で運行終了したとの張り紙がしてあった。
運行期間は、平成18年3月から5年9ヵ月……
人身・自損事故や公園利用者からの苦情があったりし、皆が皆、歓迎していたわけではないけれど、乗り物好きの息子の幼少期に合わせてくれているようなロードトレインの存在はありがたかった。
何年何十年か先、「あなたが小さい頃、大阪城には汽車が走っていてね…」なんて思い出話が出来たらいいなぁ。



これまで何度もやった顔出し看板。1枚目の秀吉&ねね看板が足を切られて低くなっていたため、るーととあぶで揃って撮ることが出来た。
天守閣の入場口横には干支のイラスト看板が立てられ、記念撮影スポットになっていた。去年1月末の国際マラソン時に公園の外周は歩いたけれど、天守閣近くまでは行かなかったので、干支看板のことは知らずにいた。来年はヘビか……



天守閣の北側に回って、堀を見下ろせる石段を上ってみた。
「わー、高い!」と言いながら覗き込んでいる観光客が数人。私もカメラを手に乗り出しみたら、るーとが「怖い、怖い、怖い!もうっ、やめて~~~!」と騒ぎ出したので1枚撮ってすぐやめた。
「あぶちゃんもお水見てみる?」と抱き上げたら、「あぶちゃんが落ちそ~~~う!あぶない、あぶな~~~い!」と大絶叫。見ている方が怖いというのも分かるけれど……警備員を呼ばれかねないので、そそくさと引き上げた。



前に来た時は改修工事中だった極楽橋。
完成から半年が過ぎ、落ち着いた風合いのヒノキ材が馴染んでいた。

今月29日(日)に開催される大阪国際女子マラソンを、大阪城公園付近で観戦できたらいいな~。

朝食に同席 


去年のクリスマス、サンタがるーとに届けてくれたのは、第一希望のオモチャ『チョロQハイブリッド!マリオカートWiiサーキットセット』
サンタの計らいで、サーキットで対戦できるようにとマリオとヨッシーの2台をいただいたわけだが、年明け新たにクッパが1台加わった。
(義父から正月プレゼントという名目で)
「悪者(クッパ)が1個欲しかってん♪」とるーとは大喜びで、3台並べて一緒に朝食をとっている。

我が家にWiiやDSのゲーム機はない。
キャラクター名は覚えているが、マリオカートそのものは知らず、「その昔、お父さんとお母さんが遊んだことがあるゲームのキャラクター」で「今もゲームにあるらしい」程度の認識でいる。
幸い周囲には、DSは持っていても『持ち出し禁止ルール』にしていたり、ゲーム機そのものを導入しない方針の家庭もあって、懸念していた「DSがないと遊びに入れない」という事態は起きずに済んでいる。
子供のケータイと同じで、本当に要るなら考えようと思う。あってもなくてもいいうちは、体を使って遊んで来ーい。



娘の朝食のお供は、ディズニーの新キャラクター、UniBEARsityの『プリン』(クマの女の子)。ミニーマウスとお揃いのリボンがチャームポイントで、彼女が作ったぬいぐるみという設定らしい。
ディズニーもキャラクターが増えているんだな~。古典キャラしか知らないので、プリンセスものや最近のものはチンプンカンプンだ。

男子玩具は持ち出しても大きさが知れているので、「ヨッシー持って行ってもいい?」「いいよー。なくさんようにしいや」と軽く承諾できる。ところが問題は女子のぬいぐるみ。あぶがずっと持っているわけではないので、後々決まって(私の)荷物になる。
前日も専用バッグに入れたプリンを手に住吉大社へ出かけたが……
超ジャマ!!!ぬいぐるみは、持ち出し禁止ルールにしようかな。

路面電車で初詣 


住吉大社へ初詣に出かけた。ルートはいくつかあるが、天王寺~住吉まで路面電車(阪堺電車)で行くことに。取り壊し間近になっている阿部野橋歩道橋に上ったが、阪堺電車の乗り場(画像で市バスの奥)へは行けなくなっていた。



阪堺電車乗車は、過去ログによると2年半ぶり。(えっ、そんなに!?)
今回も「一番前で見てたい」と、運転席後方に立ったるーと。
電車は移動手段だと割り切り派のあぶは、ずむ君と一緒に着席。
るーとは運転士の手さばきや、両替機を使いに来る客の手元をじっと観察していた。「あの車、あぶないなー!」路面電車の前に割り込んで通行しようとする車がいたり、踏切通過する時には最徐行になったり、道路を走る区間と線路だけの区間とが混在していたりと、見どころがたくさんあるので路面電車は面白い。

以前乗った時の運賃は、200円と290円の2区間制だったが、全区間大人200円・小児100円の均一運賃に変わっていた。
(平成23年1月15日実施とのこと)
南海電鉄で新今宮~浜寺公園までは320円。ほぼ同じ距離(恵美須町~浜寺駅前)を阪堺電車なら200円…このお得感は見過ごせない!
よーし、暖かくなったら浜寺行くぞー、浜寺ー♪



寒さのせいか三が日を過ぎたせいか、大阪府で一番初詣客の多い神社にしては、控えめな人出だった。



4日の13時から踏歌神事というイベント…じゃない行事があるというので、第一本宮へ行ってみたが、人垣が出来ていて何も見ることができなかった。場所取り覚悟で早めに来なければ厳しそうだ。

この後、るーと&あぶの強い希望により住吉公園に寄った。寒風と砂嵐にまみれ、鳩さえも避難している閑散とした公園で、嬉々として遊ぶ我が子たち。「さ、さぶい。帰りたいよ~~~」 新年早々の試練に涙(T_T)

三が日・2012 

※1月1日(日)~3日(火)の話


穏やかな空の元旦、近所の神社へ初詣に。
「凶」を引いたのは私。「吉凶末分」は息子るーとで、「大吉」で喜んだのは、ずむ君&娘あぶの節約ペア(2人でひとつ)。
一昨年は「吉」で、去年は「凶末吉」…私の運気、確実に落ちている。
となると、来年は「大凶」???
とっとと下がるところまで下がって、上りに転じたいものだ。



2日は、オモチャを詰め込んだ袋を下げて、実家訪問。
「お買いものごっこしよ~よ~」 「それ終わったら次はウノな!」
濃厚な遊びタイムの最中、あぶがバランスを崩し、コントのような勢いで障子を破いていた。ウッヒャー!不幸中の幸い、年末の大掃除で張替はしていないそうで、“早々にやらかした”のではなくホッとした。



3日は恒例の正月バイキング。(ずむ君一族と)
中吊り広告などでよく目にする、有名どころのオリンピアに初参戦!
「オリンピアは人が多いので、取りに行くのが大変」だと聞いていたので、それなりの覚悟はしていた。
レストラン入り口で予約受付順に呼ばれて案内されるのだが、申し込みが早かったため、料理コーナーに行列ができる前に取りに行くことができた。最後の方で案内されると、1皿目にありつくのに相当時間がかかると思われる。オリンピアは早め予約が肝心!



制限時間は90分。開始から30~40分で、日本料理・西洋料理・中国料理の各コーナーの列は収まり、雪だるまアイスの配布が始まっても、普通に並んでGET出来た。
「みんな、正月で食べすぎてて、腹減ってへんねんやろ」と、皿に全種類のケーキを盛り付けたずむ君がつぶやいた。この人の中年を感じさせない食欲は毎度ながらアッパレ。私はデザートはアイスとフルーツで“可愛らしく”終了したというのに。
バイキング好きの義母は、初オリンピアがお気に召した様子だった。
毎年ずむ君が予約担当をしているが、スポンサーの意向は大切。来年もオリンピアになる可能性は大アリだ。



義母と甥&姪が買い物のために別行動をするというので、義父と一緒にHEP FIVEの観覧車に乗ることにした。HEP内はバーゲン客で大賑わいだが、観覧車はガラガラ。乗車率…2割ほど?



るーとは過去に2度乗車しているが、あまり覚えていない様子。
4年前のブログとでは、大阪駅周辺風景がずい分と変わった。



曇っていて眺望はイマイチだったけれど、大阪城は目視できた。
「ねえねえ、通天閣は?どのへん?」
キタエリアから通天閣?それは無理だ!キタの展望ビルの象徴だった梅田スカイビルさえ、大阪駅北側の建設中のビルに隠れてしまっている。どうか大阪城は、このまま見え続けて欲しいものだ。

これにて我が家の三が日は終了。大人も子供も元気で新年を迎えられて良かった。それが何よりありがたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。