スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王寺で再会 


会期が11月23日までの岸田劉生展のペアチケットが当たった。
届いたのは11月に入ってから。 (うっ、また間際に!)
行こう行こうと思いながら、無情に過ぎていく時間……
思い切って、3年も会っていなかった友人にメールをしてみた。
「明日か明後日、一緒に行かへん?」
その日の夕方、「明日なら」の返信が。おお!声はかけてみるものだ!



天王寺駅で待ち合わせ。
阿倍野歩道橋架替工事では、屋根の白い骨組が姿を現していた。
(デジカメを忘れたので、ケータイカメラにて…)



東側半分は古い橋のままだけれど、ここまで来ると進み方が速まったように感じる。



天王寺美術館で約1時間。時間に制約があったため、ゆっくりとはいかなかったけれど、美術オンチの夫と一緒に見るより遥かに満喫できた。



くすっと笑える、ポスターの『麗子いっぱい』。
劉生氏には麗子ばかり描いていたイメージを持っていたし、実際に麗子はいっぱいだったけれど、彼の人生では一部だったと知らされた。
「もっと美人さんも描いたら良かったのに」と友人がぽつり。残念ポイントはそこか。



天王寺界隈は久しぶりだという友人と、話をしながら公園を歩いた。



ランチタイムが終わりかけの中華料理店で、高層階からの眺望に目をやりながら、また話。
私の方は娘同伴だったけれど、久しぶりの再会に水を差すのを控えたのか、普段のわがままぶりを封印し、終始おとなしくしていた。

3時間ほどの短い時間だったけれど、岸田劉生展をきっかけに、メールでも電話でもない生の時間を共有できてよかった。当選に感謝!
スポンサーサイト

雨の土曜日 


『わくわくさん』で見た工作をしたいので、紙コップとストローが欲しいとるーとが言いに来た。紙コップは使わないので常備していない。ストローは使い切った後、買い足していなかった。こちらの出番も娘の成長と共になくなった。
ストローはあれば使うこともあるけれど紙コップは全く要らないので、ストロー分だけお金を渡し、紙コップは小遣いから買ってもらうことにした。

「ではでは、行ってきまーす!」
小遣いの管理やお使いまで、小学生らしくこなせるようになった。


作ったのは、紙コップにストローのクラブが通されたゴルファーと蛙が住む障害物の池、ラップの空き箱の点数付きホール。ずい分と息子式のアレンジが加わったゴルフコースだった。
「おとたんが帰って来たら、対戦するねん♪」
得点表を作り、合計点数はソロバンで計算して楽しんでいた。
既製品にはない面白さってあるよね~(^^)

カンキラーな息子 


「缶切りッ!???やる、やる、やる、やる~~~~!!!」

プルトップ(缶のフタ)を製造する工場が被災したため、震災後から生協の缶詰の一部が缶切り式に変わった。
(※12月から元のプルトップ式復活)
カンキラーるーとは、目を輝かせて2缶切り上げた。
「…ああ~、面白かった。もう開けるやつ、ないの?」
息子の刃物好きは私に似たのか?
ハサミにカッターナイフ、包丁やノコギリまで、扱うのが大好きで、切れ味がいいとうっとりする。

刃物は便利な反面、自分も他人も傷つける恐れがある。
痛みは身を持って知っておくべきだと、るーとには早いうちからハサミや包丁を握らせてきた。大怪我は避けたいけれど、2日3日痛いぐらいの怪我は経験して欲しい。慎重な上に器用なのでなかなか失敗しないけれど、いつかそのうちスパーッとやっちゃうことだろう。その時は「お母さんはアナタの何十倍も怪我してきたよ」と話して聞かせよう。
……そんなことを思っていたら、親指付け根を金具に引っかけて負傷してしまった私。娘あぶなら一晩でかさぶたに変えてしまうような小さな傷が、何日も水仕事のたびに痛む。
「まだ痛いの?気を付けなアカンやん…」と、るーと。
無駄な抵抗と諦めず、代謝を上げる方法を考えないと(T_T)

1並びを狙う 

1が並んだ平成元年11月11日11時11分に記念写真を撮ろうと、物理の授業を抜け出して屋上に集まったことを思い出した。教室に戻ると先生が真っ赤な顔をして怒っていて、皆で謝った記憶がある。平成間もない若かりし頃の思い出。

特に予定もなかったので、2011年11年11日11時11分のデジタル表示を撮っておこうと思ったが……

失敗。気付いた時には、6分も過ぎていた。


くっそう~~~~!と、11並びのモノを探し、プラゴミの中から本日が消費期限のパッケージを撮ってみたけれど、リベンジ感は薄かった。
この次の1並びは?縁起はよろしくないが、元号が変わってすぐ?2021年では不完全だし、2111年となると遺言で子孫に頼むしかなさそうだ。
希少だったのか~…と過ぎてから気付いたりして。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。