スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日の鐘 


毎年恒例で、年越し5時間前に温蕎麦で夕食にした。
のせるだけのエビ天やにしんで、ズズズ~っと簡単に。

「ねえねえ、ジョーヤの鐘、聞きに行かへんの?」と、食後のるーと。
ジョーヤて!梅酒みたいやな。(※チョーヤ)
日没後の冷え込みが厳しく、あぶを連れての夜歩きは可哀そうなので
見合わせるつもりでいた。なのに、ひとりヤル気満々の男児が。
「えええ~!行きたい!全然眠くないから、何時でも大丈夫だから!」
「あぶもいくー!ばいぼーぶだたら!」(訳:あぶも行く。大丈夫だから)
るーとのヤル気があぶにも伝わって、もうとっくに子供は寝る時間だと
いうのに、行きたいコールが沸き上がった。ウ…ウルサイ……

あぶには条件をつけられないが、るーとには「眠い、疲れた、寒いは
言わずに、家まで歩いて帰ること」を約束させて、11時を過ぎてから
家を出た。こんな夜中に、家族で近所を歩くのは初めて。
吹きつける風は猛烈に寒かったが、“異例の大晦日”にワクワクした。
いつもなら、るーとやあぶは寝てしまっている。ずむ君さえ、零時まで
持たずにダウンだ。私が一人でテレビの前で、日本各地の大晦日情報
を見聞きするのが恒例の時間帯なのに、今年は夜道を歩いている。

ゴ~ン……ゴ~ン……

「あっちから聞こえる!」目指す寺の方向からは、高音低音、いくつもの
鐘の音が重なり、徐々に大きさを増していく。このあたりは、大小の寺が
多く集まっている。「早く、早く!」歩みもテンションも自然と上がった。



散歩程度の距離を歩いただけで、テレビで見るような大晦日の光景の
中に立っていた。
「あと10分、もうすぐ年が明けるよ」
「2010年が2011年になるってことやな?」
「そう、そういう事。時計の針を見ててみ、もうすぐ重なるから」
年越しの実感を伴って言えたのは、何年ぶりだろう。
冷えたあぶの体を焚火に当てながら、零時を待った。



いい感じに手ブレたので、今年最後のるーとを修正なしで(↑)。
鐘は途中の寺でつかせてもらったので、年越しの前後は、鐘の音に耳を
傾けるだけにした。「明けましておめでとう!」……ゴ~ン、ゴ~ン……

10年近くこの地に住んで、初めて知ったのは、我が家でも鐘の音が
聞こえるということ。今までは、寝たりテレビを見たりしたから、
気付けないだけだった。ああ、なんて、もったいない!
きっとこんな風に、身近な中で気付いていないままの事柄が、まだまだ
眠っているに違いない。
探して、見つけて、掘り起して、つかむ。そんな一年に出来れば。
スポンサーサイト

ゆっくり支度 


今日はひとまず玄関前の掃除だけをして、しめ縄を飾った。
一昨年るーとに手伝ってもらった時は、しゃ~わ…しゃ~わ…と
デッキブラシで床をなでつけているだけだったが、今年は小刻みに
動かして、シャ・シャ・シャ!という、いい音を聞かせてくれた。
「あと何回水流すの~?もう腰が痛くなってきたんだけど……」
最後の最後で弱音をポロリ。「おつかれさまでした!」


この後は義実家に行き、つきたてのお餅を丸めて、どっさり持って
帰って来てくれた。雑煮何日分になるだろう。正月はこれで大丈夫。
のんびり進行ながら、徐々に年を越す用意ができてきた。

「除夜の鐘が聞けるところに行ってみたいね」
「意外と近所でもあるんちゃう?」
「△△寺で除夜祭があるみたいよ。あそこなら歩いて行けるし」
「31日は天気がイマイチみたいやけど、いけそうやったら覗きに行こか」
去年末は娘あぶが体調を崩してしまい、こんな会話はできなかった。
……残すところ、あと一日。

「♪もお~、いーくつ寝ーるーとー、おーしょおがーつー♪」
去年も今年も幼稚園で歌っているという、昔ながらの年の瀬の歌。
「2番は“まりついて~”の後がちょっと難しくて“おいばねついて~”
って歌うねん。“おいばね”っていうのは、卓球のボール打つみたいな
感じの木の板やねん。幼稚園で先生がやってるとこ見せてくれたし」
平成16年生まれ、羽根つきをご存じでしたか!(ええ幼稚園やなぁ)

凧やコマで遊べるお正月を、無事に迎えられますように。

拝啓サンタ様 

ご無沙汰いたしておりしたが、こちらは現在元気です。
先週は思わぬ胃腸炎で、4日ほどダウンしておりましたが(^^;)
ブログ放置のまま年が変わってしまいそうで、慌てて更新……
ひとまず最近のクリスマス記事から。


「あんな、今一番欲しいのは、江ノ電やねん」
先月からそう言い始め、サンタさんへのお願いもプラレールの江ノ電に
すると言っていたるーと。「ほっほう、これは財布に優しいお願いやな♪」
内心ニンマリしていたのに、「やっぱり、今一番欲しいのは△△やわ」
「やっぱり変わって、□□が好きやから、これをお願いしようかな」
二転三転どころか、日々コロコロと希望が転がり始めた6歳児。

もう既にプレゼントは用意してあったのだが、24日に最終希望を
確認してみると、「え?サンタさんて、今日の夜来るの???ウッソー!
今日は24でクリスマスイブやろ?明日がクリスマスやろ?じゃあ、
クリスマスの夜に来るんってことやろ?ちがうん?」と、サンタ来日の
夜を1日ズレて勘違いするというオマヌケぶり。
「ええええーっ!今日の夜来るんかっ!……でも今からお願いしても
大丈夫なんちゃう?今…えーとホラ、4時50分やし。出発は5時の
ような気がするから。うん、きっと間に合う」
プレゼントを積んでサンタの国を出るのが10分後に違いないって、
なんちゅうポジティブシンキング。



10分以内で書きあげたのがコレ↑
「すいすいETCドライブかカーゴライナーお(を)ください」
プレゼントが間違った枕元に置かれないよう、自分の布団の位置を
矢印で示すという念入りの良さ。……間違ってても取らへんて~。



すいすいETCドライブはコチラ↑


カーゴライナーはコチラ↑

「プラレール?うちはもう卒業したから、車も電車も人にあげたわ~」と、
幼稚園のお母さん。同年代男児に卒業者も多いプラレールやトミカ。
私の時は、幼稚園~低学年デビューが一般的な遊びだったのに……
(当時は子供が遊べるようなテレビゲームのない時代だったけれど)
でもまだうちの息子に卒業の意志はない。プラレール好きな子は
小学生の間中遊ぶとも聞くから、そっちのタイプなのだろう。

残念ながら、サンタが出発したのは24日の5時ではなく、もっと
前だったため、希望のプレゼントは来なかった。
それでも、25日の朝は誰よりも早く目覚め、枕もとの大きな包みに
大興奮!「わあ!すっごくデッカイ!わあ!あぶちゃんのもデッカイ!」



「トミカビルや~!これも欲しいやつやってん!書いてなかったけど♪」
よかった、君ならそう言ってくれると思ったよ(笑)
娘も“自分の物”というのが分かって、キッチンを指差して「あーぶ!
あーぶ!」を連発。「これ、私のやね~ん♪」という嬉しさのアピール
らしく、大喜びと中喜びする2人に釣られるように、一気にテンションが
上がった我が家のクリスマス。



るーとと一緒にクリスマスケーキ(ホワイトブッシュ・ド・ノエル)を
作ったり、クリスマスソングを歌ったり、クリスマスの絵本を読んだり、
大家族スペシャルを観かけてやめたり(クリスマスによその家庭事情は
覗かんでもええやろ!と)、でもフィギアは観たり(季節物やし!と)、
そんな年の瀬の一日。バタバタしていたけれど、やり切った感はアリ♪

まだまだ現役 


幼稚園卒園まで半年を切った息子るーと、ここ1年ほどレールは
増えていないけれど、プラレール熱は衰えず。
あぶがプラレールに協力的なおかげで、6歳と2歳、放って
おいても平和に遊んでいる。たまに、車両の取り合いになって
揉めることがあるぐらい。



部屋の外まで伸びたレールは、ひとつが行き止まりに。
もう一方は廊下まで伸びていた。



長過ぎた車両は、1周できず立ち往生。
「それでいいの?」 「いいねん、いいねん、これでいいねん!」
行き詰るほど長いのが、面白いらしい。楽しみ方もイロイロ。

ミカンと歯型 

昨日、ミカンに目覚めた娘あぶ。
バナナも嫌い、イチゴも嫌い、桃もリンゴもナシも嫌いで、果物全般
口にしなかった娘が、何を思ったのか突然。(ビタミン不足を感じて?)


「みたん♪みたん♪」と言いながら、ミカンを自分で取ってきて、
丸ごとかぶりついていたのには驚いた。
ミカンを手にして、皮ごとイケる!と思ったアンタがスゴイ……

ちなみに、1歳半で3本しかなかった歯は、2歳で上7本、下7本の
計14本になった。この半年で驚きの大増量。やっとヤル気になったか。
口から並んだ歯が覗くと、歯なしの赤ちゃん顔ではなくなった。
ミカン以外の初物にも、ガブガブかぶりついてもらおう!

薬いっぱい 


12月上旬、娘が鼻水を出し続けたので、久しぶりに受診した。
緑鼻だが、それ以外の症状はなく元気。
るーとが年長組では幼稚園を休まないことを目標にしているので、
あぶダウン、私ダウンも致命傷になる。(3人組で徒歩通園)
ひどくなるなよ~、家族にうつすなよ~、と薬生活をスタートさせた。

ところがところが、あぶは水薬がアウトだった。
ずっと無病だったので忘れていたが、1年前(1歳ちょっと)も
水薬が飲めなかった。何度か無理に飲ませたが、結局吐き出して
しまうので、再度病院に行って粉薬に替えてもらった。

幼い頃、病院嫌いで大暴れしたるーとは、薬は何でも大丈夫。
あぶは病院に行くのは好きだけれど、薬の味を嫌う。
双方のいいとこ取りで、病院好きの薬好きならラクなのに……と
思ったりもしたが、ずっと健康体で兄の皆勤に貢献してきたあぶに、
これ以上の孝行を求めるのは酷だ。

結局あぶの鼻水は4日ほどで治まり、10日分も出された薬は
半分以上が余ってしまった。掛かり付けの小児科では、毎回ごそっと
薬が出される。「10日分出しますね~」が決まり文句になっている
小児科だけれど、次回は少なくていいと言ってみよう。
医療助成で支払いは変わらないとはいえ、もったいなさすぎる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。