スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長靴デビュー 


るーとは3歳になる歳に長靴デビューをしたが、あぶは1年早く長靴を
履く日を迎えた。初日は歩きにくそうで、抱き上げると長靴がスポンと
脱げ落ちた。14㎝ジャストのところ、15㎝を履かせたからかなー、
早かったかなーと後悔しかけていたら、2日目は要領を得たらしく、
歩く歩く!スッタカ、スッタカ、新記録の50分歩行を成し遂げた。
距離にして1㎞越え。普通の靴でもそれだけ歩いたことがないのに!
足首をきゅっと曲げることも覚えたようで、抱いても脱げ落ちなくなった。

しまじろうの長靴、徒歩派のお子様にオススメ!(すっかりリピーター♪)
スポンサーサイト

9月末の週(3) 


ピピピ!だったか、ピリリリリ!だったか、テレビを見ていたら
突然、聞き慣れない甲高い音が。音量を抑え気味だったのに、
ギクッとさせられる音。……「緊急地震速報」初めて見た!

地域は違うけれど、これから起こる「予知」だと思うと、恐怖心が
湧いてきた。もし、自分の今いる地域だったら?とっさにどう動く?
今回は大きな被害につながる地震でなくて、よかったけれど……

「ねえねえ、これいつまで出てんの?テレビ見えへんのだけどー」
ブーブー言うるーと。子供にも教えておかないと。

「みいつけた!」のスイちゃん。カワイイわ~、大好き。名前も♪

9月末の週(2) 


雷鳴にたびたび起こされた夜が明けると、真っ白な朝が来ていた。
雪ではなく、雨と霧。(手前は若干ぼかしを入れてます)
1km先の建物は見えていない。陸の孤島のような、生活圏。

「幼稚園も消えてしまったなぁ……」しんみり口調でるーとに
話かけたら、「見えてへんだけで、あるに決まってるやろ!」と
ピシャリ。つまらん子供だましは、もう通じまへん。

9月末の週(1) 


夏と秋の雲が、入り混じった空。
暑い時期は空を見上げるのもうんざりだったが、これからは積極的に
目に空を取り入れて過ごそうと思う。空は唯一身近な大自然!

夜の海を90分 


三連休の真ん中の日曜日。ずむ君が所用で終日不在だったため、
実家の母と天保山で落ち合って、サンタマリア号に乗ることにした。
ナイトクルーズは4年ぶりで、デイクルーズでは3年ぶり
へえ~、過去ログを調べてみると意外と久々だったのね。
(毎回、無料乗船券利用なので、実費で乗ったことはないですが)

連休中だけあって、3時という時間帯にもかかわらず、海遊館の入館
待ちの列が長い、長い。この後20分ほどすると、急激に列が短くなった
ので、狙うなら3時より後がいいかもしれない。行列の中には、はるばる
遠方から訪れている人も、たくさんいることだろう。お疲れさま。
春に幼稚園の遠足で海遊館に来たばかりのるーとは、「また今度、
皆で海遊館行こうな。今日はいいから。また今度でいいから」と
言いながら、海遊館の建物を見上げていた。

その時、すぐ側を通り過ぎて行った子が手にしていたカメの風船が、
2年前にるーとが買ってもらったものと同じだと気付いた私。
「るーとくん!あのカメの風船!一緒の買ってもらったん覚えてる?」
「……あっ、あった!覚えてる、カメの風船!」一呼吸置いて反応が。
3歳の時に家族+祖父母で海遊館に来たことは、かろうじて記憶に
あるみたい。大人にとっては、ついこの間の“2年前”が、この年頃の
子供にとっては“遥か彼方の大昔”だもんな~。




早めに行って、海沿いを散策していようようと思ったら、広場で開催中の
大道芸イベントにいきなりつかまってしまった。かなり大きなイベントの
ようで、同じ敷地で同時開催をしていたりと、あっちでもこっちでも芸!
ちょうど始まるところで、まだ見物客が少なめだったブッチ・リード氏の
前に座ることにした。自己紹介で「ブッチです」と言いながら、日の丸に
「武血(ブチ)」と書いたハチマキを占め、漢字の意味のわかる年代の
笑いを誘っていたが、るーとは微動だにせずマジ見。
投げやり気味に語るおかしな関西弁と、鼻息でのゴム手袋膨らまし
(最後は破裂)、メチャウマなジャグリングが見ごたえたっぷり。
ブッチ氏の芸には、以前別の場所でお目にかかったことがあったの
だが、何回見ても面白い。大道芸大好きるーとも大満足。
心もちだが、おひねりも弾めた。(折りたためませんでしたが)
ブッチさん、またどこかでね~♪



波止場をブラブラ。暑くもなく、寒くもなく、海風が心地いい。




派手なサンタマリア号に隠れるように停泊している船、「かいゆう2」。
「海遊館て書いてあるよなー、何する船なんやろ?」
船の後ろでは、1人釣りを楽しんでいるオッチャンがいたりする。
かいゆう2の関係者には違いないが、謎を感じる船だ。後で調べたら、
海遊館の水槽に入れる海水を運ぶ船なんだとか。塩分濃度の関係で、
わざわざ和歌山沖から海水を運んでいるというからビックリ。
大阪港の水を汲み上げてそのままとは思っていなかったけれど、
ろ過するとか何とかしているのかと。海は海でも違う海水、なのね。



かいゆう2の向こうを行き来するのは、キャプテン・ハリー。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのある、対岸のユニバーサル港とを
結ぶ連絡船だ。片道10分600円。往復1100円。ぐるりと迂回する
陸路より断然早い。面白そうだけど、乗る機会はちょっとないかも。




緑に光る海遊館の屋根の上には、ぽっかり浮かんだまるい月。
乗船券に+約5千円で食事つきクルーズに変更できるとのこと
だったが、タダ券のありがたみがなくなりそうなので、マーケット
プレース内でそそくさと夕食済ませ、“乗船のみ”で出発!
私たちと同じような乗船のみ客も多数。
90分しかないのに、コース料理などいただいてしまったら、夜景を
眺める時間が少なくなって逆にもったいない気がする。(貧乏性)




出港は19時ジャスト、帰港は20時半。
さっきまでいた場所が、ぐんぐん遠ざかる。

HPより抜粋した航海ルートはこちら↓(青がナイトクルーズ)


入り組んだ海岸沿いをクネクネと進む。
夜景で目印となるのは、出発地点の天保山の観覧車と海遊館、
大阪府庁の移転先候補のWTC、丸くて黒いシルエットの海洋博物館、
高速道路の橋、USJのホテルや見え隠れするアトラクション施設など。

90分の間に、同じ目印が何度も角度を変えて目に入ってくるので、
方向・距離感覚が狂わされる。出そうで出られない巨大迷路のよう。



わけが分からずナイトクルーズに連れ込まれた娘あぶは、しばらくは
怖がって、私にしがみついて離れず。真横からの一直線の観覧車と
月がおもしろ~い♪と思っても、10kgのダッコちゃんを抱えたままでは
この通りブレブレ。……ええわ、夜景撮影は諦めや!

前と後ろ、展望デッキが2つに分かれているので、行き来するには
それぞれの階段を上り下りしないといけない。複雑な船の構造が
お気に召したるーとは、「ちょっと向こうに行ってくるわ~♪」と、
船内を自由自在に行き来して楽しんでいた。そうこうするうちに
あぶも慣れてきて、あっちウロウロ、こっちチョロチョロ……
船を巨大な遊具だと思っているみたい。
のんびり過ごせるとは思っていなかったけれど、クルーズ中ここまで
歩かされることになるとは。デッキの先頭を陣取り、タイタニックばり
に寄り添っていたカップルが、違う意味で羨ましかった。



下船後のサンタマリア。「あっ……パレードの音聞こえる!!!」
耳ざといるーとが、対岸のUSJのナイトパレードの音楽をキャッチ。
夏休みで年間パスポートが切れ、そのままになっている我が家。
「ハロウィンのパレード見たいな~」昼間のパレードがハロウィン仕様
に変わっているのは、CMやUSJ特集などを見て知っているるーと。
再度年パスを購入するかどうかは考え中。地道に500円玉貯金なんぞを
始めてみたけれど、3人分の年パス代はなかなか貯まりそうもない。
そうこうしているうちに、あぶが有料メンバー(3歳~)に仲間入り
するだろうし、子供を連れての遊び方も考えないといけなくなる。
モノより思い出!頭をひねって、体を動かそう。

明暗くっきり 


30分ほど前の空。雲の明暗がくっきり!
我が家の上空を覆うのは黒い雲……そして、ポツポツ雨。

今は黒い雲が移動して、強い日射しが差し込んできている。
降った後なので、ムシムシするわ~~~。
湿度と日射しと闘いながら、幼稚園のお迎えに行くぞ(^へ^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。