スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良と鹿と煎餅 


実家の母と一緒に、奈良へ出かけた。
着くなり「お腹すいた~」とるーとがブツクサ言うので、横道を入った
ところにひっそりと開店していた、十割蕎麦の店『かえる庵』に
入ることにした。あぶは食物アレルギーがあるけれど蕎麦は大丈夫。

お酒と蕎麦を楽しむ大人な雰囲気の店で、ガッツリ蕎麦を…という
家族向けの店はなかったが、「美味しい」とるーともあぶも完食。
私はあぶに食べさせながらだったため、せっかくの珍しい釜揚げ蕎麦を
離乳食並みにトロトロにふやけさせるハメに。
肌寒かったので「温蕎麦」を選んだが、やはり蕎麦は「冷」でないと。




角切りは終わっているので、どのシカも頭が丸い。
よく見ると、“角の芽”が顔を出している雄シカがチラホラ……
「そこ、かゆくない?」聞いてみたけど答えは無し。
伸び始めはかゆそうなイメージが。(生え始める乳歯みたいに)




娘あぶ1歳4ヵ月、無事に鹿せんべい成功!
息子るーと、最初いきなり指をかまれて泣いたりもしたが、帰りがけには
おっかなびっくりながら、なんとか成功。
るーとは1歳6ヵ月で、シカにどつかれながらも、怖い知らずの年齢を
武器にせんべい食べさせをクリア。あぶも同じ年頃で一度…と思って
いたので、念願叶ったりだ。(我が家流の儀式みたいなもの?)




奈良公園、桜も良かった……




シカだけ食べるのは悔しいので、人間用せんべいも買うことに。
「今食べますか~?」 「はい、今すぐに!」
バリボリと、行儀悪く食べながら歩いた。買い食い、楽し~い♪




JR奈良駅が高架駅になっていて、コンコースの大半が完成していた。
い、いつの間に……当たり前だけれど、良い材木をつかっているのが
素人目にもわかる。吉野杉?柱の装飾にもお金がかかっていそうだ。
ただ通過するのはもったいなかったので、あちこちなでてきた。

何かにつけて、隣接する京都においしいところを持って行かれがちな
奈良。歴史も文化財もたっぷりなのに、鹿も大仏もインパクトがある
のに、トータルイメージはえらく地味。
実家の母は、ちょくちょく車で奈良まで出かけている。
「○○寺の桜を見て帰ってきたわ」「○○市の朝市で野菜を買って
帰って来たわ」まめに行ってるわりには短時間で帰ってきている。
これが京都なら、朝市で野菜を買っただけでは、もったいなくて
帰ってこれない。あっちもこっちも…と、最低半日はかけるだろう。

私は奈良のこの気楽さが好きだ。この日のように、奈良公園の
ほんの一部分だけを散策し、そこそこの時間で「さあ、帰ろか~」と
切り上げられる、“追い立てられない感じ”がいい。
……疲れているのか、年を取ったのか(苦笑)
スポンサーサイト

家電スリム化 


21世紀に入ってすぐに購入した、我が家のブラウン管テレビ。
なんの不満も不具合もないのに、別れの日を迎えることになった。
チューナーも考えたけれど、モロモロを考えると、今の買い替えが
賢いだろうという結論に。私の中で、テレビの重要家電ランクは
最下位に近かったため(テレビなくても生きていける人)、まだ使える
テレビを処分するのにはかなりの抵抗があった。

ごめんねと言いながら、設置業者が来るまでの間、テレビを掃除。




10分ほどで新テレビ設置完了。当たり前だが、かなりスリムになった。
が、コーナー置きのままなので、印象は変わらず。
32→37型と少し大きくなったはずだが、そのあたりの印象も変わらず。
違和感ナシ。無さ過ぎて、「あ、あれれ?」……

でもさすがに、画質は違う。よく見ている番組で、その差が歴然と。
何より「ほっへー、スゴイ!」と思ったのが、ハードディスク録画。
これを知ってしまうと、テープ録画には戻るのは無理、無理!




もういっちょ、テレビと同時に購入したのが、スチームオーブンレンジ。
こちらの方もテレビと同じ2001年製だったが、買い替えないと危険な
状態になっていた。(庫内に火花がはじけるという恐怖体験を……)
スチームオーブンレンジのシリーズでは一番ランクが下のヤツだが、
前機にはあったタッチパネルがなくなって、ダイヤルくるくるが
基本操作になった。操作は退化した感がアリアリ。

でも、機能はさすが!手始めにシュウマイのスチーム温めという機能を
使ってみたが、時間をかけただけあって、ふっくらアツアツ、100円の
チルド商品とは思えない仕上がりに。
その後チャレンジした、揚げないから揚げやグラタンも、うなる旨さに!
ただ、スチーム使用後は、水抜きや、水気たっぷりで雨が降ったような
庫内のふき取りが要るため、手間がかかる。(電気代もかかってそう)
ブツブツ文句を言いながら掃除をしていたら、ずむ君に「美味しいモンは
楽して出来んのじゃー!」と言われた。
最初ぐらい(?)、文句は後回しにして、あれこれやってみよう。

ふと天王寺まで 


毎度ながら、連休無しの夫ずむ君。(日曜のみ休みに)
子供2人連れて、買い物にでも行こうか。天王寺にしてみる?
お昼もマックかどこかで済ませよう。ついでに動物園も覗いて
みようか!体調回復に気を良くした私。足取り軽く天王寺へ。

↑天王寺駅前の阿倍野歩道橋より↓

重厚な建築物が更地になるのは早いものだ……
ようやく高層ビルが建つのだという実感がわいてきた。



残った東館、今まで隠されていた横顔があらわになっている。
いずれ伸びてくる新ビルと、直結するのを待つばかり。




るーとは工事現場より、停車中の路面電車に夢中。
一向に電車にレンズを向けない私に業を煮やし、「もう!撮るから
貸して!!!」と、怒りながらカメラを奪われた。




阿倍野筋西側の広大な開発エリア。
こちらは目に見えた大きな変化はないような……
今いる阿倍野歩道橋も老朽化により、数年後には建て替わるらしい。
交通量の多い天王寺駅前交差点。道路を閉鎖できない場所での
建て替えは、たやすいことではないはず。
数えきれないほど上り下りした交差点、しっかり撮り収めておかないと。




大阪環状線唯一の踏切、一ツ家踏切を渡る。
イロイロと多いこの踏切、足元には真新しい『開かずの踏切』の
迂回表示シールが貼られていた。自ら『開かず』を名乗って
しまうところは、大阪的なような、そうでないような……
「開かへんのなら開かへんて、最初から書いときーや!」
そんなクレームが多く寄せられたのだろうか。




最後に動物園へ。動物の写真だけだと閑散としているように
感じられるが、連休の真ん中だけあって、かなりの賑わい。




一目見たかったのが、新聞にも掲載されていたフタコブラクダの
赤ちゃん。3月8日産まれということは……生後まだ1週間!
ラクダの性質のせいだろう、とても落ち着いているように見える。
コブはこれから栄養を蓄えて徐々に育っていくそう、今はまだ
もわもわのハイネックセーターを着た仔馬のように見える。
母ラクダに比べると細身な赤ちゃんだが、四肢の長い子供を
産むのは大変だっただろうな、お母さん。野生って、スゴイわ~。

笑い茶漬け 

るーとに引き続いて、私が病むことになった3月の2週目。
母、ダウン=子、元気でも幼稚園欠席=自力通園なので仕方がない。
「ごめーん、お茶漬けにしといてぇ~……」
「いいよ!お茶漬け大・大・大好きやから!」
健気な返事をして、簡素な昼食を平らげた息子るーと。
なぜか、空になった器を覗きこんでニマニマしている。
「ごちそうさましたんやったら、お皿下げるで、もう……」
いつも誰か(私かるーと)に不調が続いていた3月。
私は自身の症状以上に、ツライ顔ばかりをしていたと思う。

何回病院に行ったやろか。
何回予定をキャンセルしたやろか。
何回幼稚園を休んだ……うわー、行けたの数回しかないやん。
あーもう、イヤだイヤだ!のローテーション。
誰かー、助けてー。誰かって、誰?たとえば、健康の神様。
ああ、もう、誰でもいいわ、たーすーけーてー。
最小限にとどめた「おかーさん業」さえ、重たい。
はあ~、ふう~、逃げるなら逃げろ、幸せ!

……そんな私の目に、飛び込んで来たのが、これ↓↓↓



海苔で、にこにこ!!!
見た瞬間、ガハガハ、ヒーヒー、アホみたいに笑い崩れてしまった。
「ふふふ、おもしろいでしょ?海苔で作ってみたのよ~♪」
るーとはニコニコのりを知らないから、深い意味はないはず。
よりによって、海苔でニコニコ。私が失っていた、ニコニコ。
無防備で受けた「にこにこパンチ」、全身に効いた~~~!

エビは友達 


出かけた先にあったロッテリアで、コーヒー休憩。
休憩なのに、トレイにはエビバーガーが3個。
4日から7日までの『エビとも割引』に便乗してしまった。
※エビとも割引……エビバーガー(単品またはセット)を1個購入すると、友人や家族など
同伴者1人につきエビバーガー1個分を値引きするキャンペーン。無料は最大4個まで。

足休めのコーヒー休憩のはずが、お腹いっぱい、ポンポコリンに。

ずむ君的には「キャベツより前のレタスが、タルタルソースも前の
ダブルソース使いの方が良かった」そう。※前……15年前のこと。
私はサクサク触感が強い粗い衣が、前の細かい方が好み。
パティにはゴロンとした大エビが入っていて、宣伝文句通りでホッ。

バーガーがどうのこうのより、『エビとも』のことを『ただとも』と、何度も
言っていたずむ君に、強くオヤジを感じた。『ただとも』は、ケータイだ!

越冬後の対面 


オオクワガタは、成虫のまま越冬するらしい。
1匹ずついる、我が家のオスとメス。数ヶ月間気配がなかったので、
すでにご臨終なのではないかと、ドキドキしながら葉を避けたら……





動いた、生きてる!メスも土の中で、もぞもぞっと反応した。
は~、よかった……。偶然にも、この日は啓蟄。
このまま活動を始めるのか、まだもうひと眠りするのか?
夜間に動き出すようなら、ゼリーを入れてみよう。

「オオクワガタ、ちょっと動いてたよ」と、るーとに報告した。
「オオクワガタ?……ああっ、オオクワガタか!へー、動いたん!?」
アンタ、忘れてたね?記憶の糸を必死にたぐったね?
今季、世話をするのは私だけ、なんてことにしないでよ。

イチゴや赤飯 


『福岡いちこ』さん。氏名かと思いそうになった、『福岡いちご』。
小さな白状をすると、『いちこ』という名が好きで、漢字で娘につけたいと
思ったことがあった。違う苗字だったらな~……というのも、名付けで
重要視したのはフルネーム呼びした時、音にしやすいこと。
『ふくおか いちこ』さん……あ~、ええですね、ええですね~。
いつの日かお会いすることができるだろうか。




病のるーとに、母からの差し入れが。
「病気の時はイチゴでしょ。普段食べない大きさのにしたわ」
大粒?大きすぎて「粒」とは呼べない贅沢イチゴ。
『ふくおか いちこ』さん……大柄な女性かしらね~。(妄想中)




るーとは母に長編絵本を読んでもらったり、義母にいただいたお赤飯で
夕食にしたり、あぶは初めてのひなあられを、プープー吹き飛ばして
食べなかったり、そんな桃の節句。
体調もそうだけれど、天気の方もすっきりしない日が続きそう。
雛人形はケース入りだが、天気のいい日を選んでしまうことにしようと
思う。軽くケース内の空気を入れ替えて。(ズボラでないと言い訳?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。