スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘生誕1周年 


娘を産んだあの日から丸1年、本日より、1歳児の仲間入り!
1人目のるーとの時は、半年頃まで「1歳」が遠くて、まったく
見えなかったが、あぶの場合、最初から駆け足だった。
テッテケテッテケ……後半、9ヵ月半ばには、全力疾走に近い
成長を見せることもあった。お、追いつけない!待って待ってもう少し
ゆっくり見せて、ああ、ああ、ああ~~~と言っている間に、本日なり。
るーとの成長が遅く、あぶが早いわけではない。多少の違いは
あっても、2人の成長速度はほぼ同じ。違うのは、こっち側。

「あぶちゃん、アレルギーあるからな。ケーキもクッキーもアカンから
るーとくんが紙で1歳おめでとうのやつ、作ったるよ!」
紙のプレートと1本のロウソクを立てて、ケーキでお祝いする予定が、
誕生日の夜に限って、あぶは早々に眠りに落ちてしまった。
仕方がないので本人不在のまま、夕食後にケーキを大きく切り分けて
いただいた。「これやったら、ただの食いしん坊一家なだけやよな~」

改めてまた、るーとの時のように記念用の1本ロウソク撮影をする
かもしれないし、しないかもしれないし。
「あぶはホンマよく寝る子で、肝心な誕生日の写真が撮られへん
かってんで」なんて笑い話にしても、あぶの場合は許されそう。

「♪ハッピバースデー、あーぶちゃ~ん、ハッピバースデー…」
「ちゃうで!最初はあぶちゃんじゃなくて、トゥーユーやで!」
「そっか。最初はハッピバースデー、トゥーユー、か」
「そう。そんで1回だけハッピバースデー、あーぶちゃ~ん、やの」

るーとのツッコミを受けながら、この日まで何度も歌った誕生日の歌。
眠り姫のあぶちゃん、1歳は、こんなんでいいよね?
スポンサーサイト

健康な0歳時代 


近所の小児科で、娘あぶの後期健診を受けてきた。
受診期間は9~11ヵ月、1歳の誕生日の前日まで。まさに今日!
後期健診というより、ほとんど1歳健診だ。

「あ~…、もういいかと思って受けてへんわ」という友人もチラホラいる
後期健診。純粋に健康状態を診るだけでなく、これを機会に「かかり
つけ医」を持つのが目的にあるようだ。こまめに小児科通いしている
人は、別枠で健診を受ける必要もないとも言えるが……

食物アレルギー発覚で受診したことがあったので、初顔合わせでは
なかったが、この一年、あぶは全くの病気知らずで過ごしてきた。
るーとの時よりはるかにハードな行程で外出し、はるかに過酷な
環境(寒かろうが暑かろうが、毎日最低2時間通園に同伴)で過ごした
にもかかわらず、この元気!……ん?だから元気?
「元気はいいけど、あまりに元気すぎて心配やな。この子は風邪の
免疫がなんもないやろ」と、義父が言ったほど。確かに、子供は病気を
して強くなるとも言う。ならばあぶは、元気体ながら、実体はヨワヨワと
いうことになる。ヨワヨワ……なのかぁ?

ウイルス戦の本番は、インフルエンザが蔓延しているこの冬だ。
卵アレルギーのため、インフル予防接種が出来ない状態で、どう
乗り切るか。風邪でもインフルでも、日常生活でかかるのは仕方が
ないが、できるだけ軽く済ませられるようにしたい。
幼児の新型インフル感染死の経緯記事を読んでも、今にも身近に
起りそうな事例ばかりで恐ろしい。救いは、私自身もるーとも、体力が
ある方だと思えること。あぶも乳児ながら体力はあるように思う。
毎日歩き続けたパワーが、ここぞという時に花開きますように!

ブラジルの草 


夏に、実家の母にもらったオジギソウ。
葉に触れると、一瞬で閉じる。うす暗くなっても、閉じる。
直射日光に当たる場所で、水やりを少なめに、放置気味で育てて
いたが、不思議と元気いっぱいで。調べてみると、ブラジル原産の
ため、暑さには強く、寒さに弱いらしい。多年草だが、日本の冬は
越せないので、来年も育てたい場合は、7~9月に咲く花から種を
採って、来春に蒔くそう。今は10月下旬。花は……咲かず。

日本では“晩年”を迎えたオジギソウ。
時々道で会う、ブラジル出身のおじいさんに、オジギソウのことを
聞いてみよう。「オジギソウ」で通じるかな?

噂のキャラメル 


花畑牧場、生キャラメル、1箱12粒入り、850円。……1粒70円!
グリコが「1粒300メートル」なら、こっちは「1粒600メートル」だ。
(グリコのキャラメルは15,4カロリー、生キャラメルは30カロリーらしい)

北海道物産展に行き、試食感覚で買ってきた義母から、丸1箱に
近い状態でいただいた。お土産でなく、自分のためにキャラメル
2箱に2千円弱とは、立派な“大人買い”だ。私には出来ない……

要冷蔵スイーツだけあって、舌の上で味わっているうちに溶けていく。
生クリームの塊なので、2粒も食べればもう十分。
ずむ君は「さっぱりしているからマンゴーの方が良い」と言っていたが、
基本的にガムやキャラメル、口の中に長時間入れたままにする菓子を
食べない私たちなので、「キャ~、おいしい♪♪♪」にはならなかった。
いただく分にはヨロシイ、話のネタ用お菓子、ですな。
少人数の職場で、「北海道に行ってきました。おひとつどうぞ」と配ると、
話題作りに一役買ってくれそう。物産展でなく、現地調達で。

伸びる日射し 


南側の窓辺、日射しが家の中にまで入り込んできた。
ポカポカ暖かいので、室内では半袖。空はしっかり秋だけれど、
家の中は扇風機が片づけられたぐらいで他は夏と変わらず。
季節感が薄すぎるのもどうかと思うが、演出する余裕も無く……
無理なく自然にいきます、今は。

夜中にスパイダー 

活動量が落ちて、そろそろ冬眠体制に入るのだろうか?
そう思われていた、我が家のオオクワガタのオスとメス。
ところが、夜中にガサゴソ音がするので、見に行ったら……



飼育ケースにへばりつく黒い影が!!!



オオクワガタのメスさん……なんて美しい、逆さま姿。
まるで、スパイダーマンのよう。
隣のケースのオスさんは、電気が点くなり、陰に隠れてしまったが、
メスさんは姿勢が姿勢だけけに、すぐには身動きできず、バッチリ
見つかってしまった。夜行性の彼女のこと、「し、しまった~~~」と
悔しがって(迷惑がって?)いるに違いない。
冬眠はまだもう少し先のよう。11月中には眠りに入るかな?

秋のお昼ごはん 


『秋の根菜ほかほか祭り』
蒸し器で40分。オヤツじゃなくて、ランチ。こんな日も有り。

3度目のUSJ 


月1ペースで、3度目のUSJ!よし、年間パスポート分はクリア!
全3回で、最も人出が多かった。やはり、テーマパークも秋人気か~。

果たして……年パス有効期限内に、ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
(ジェットコースター)には乗れるのだろうか?
超怖がりな息子るーと同伴のため、ウォーターワールドさえも撃沈。
入場してすぐ大泣きされ、すごすごと退散した。遠目から見るだけ
なのに、なんでやねーん。屋外のショーとパレードがメインなので、
年パス分クリアと言いつつ、なんだかすっごくもったいない感じ。
アトラクション無しでUSJを楽しむって、ある意味ツウかも?

シングルライダー(お一人様優先)で、バカスカ乗ったろかな!
ヤケクソ発言はしたものの、来月もしっかり行きまっせ♪

夏まで冬眠 


約1ヵ月、出しっぱなしだった扇風機2台を収納した。
お!部屋が気持~ち広くなった!
冬場はホットカーペット以外の暖房器具(コタツやヒーター類)を
使わない家庭なので、扇風機が欠かせない夏よりすっきりする。

人間の方はと言うと、私の衣替えがまだ済んでいない。
3枚しかない7分袖のシャツをヘビーローテーションで着回して
乗り切っている。いい加減、幼稚園関係者の間で「あの人……
ヒソヒソ……」とささやかれそうなので、なんとかしなければ。
家の中は半袖なので、カラダ的には夏仕様でまだ大丈夫なのだが。
見た目にね、やっぱりね、TPOとかね、さすがにね、アラフォーだしね。

アサガオの蕾 


7月上旬に発芽し、9月に入って蕾をつけた朝顔。
その後は順調に咲き続け、今ではふっくらとした種ができるまでに。
来年も桔梗咲き朝顔の生長が楽しめそう♪

うちのカブト 


オオクワガタと一緒に、7月にやってきたカブトムシ(オス1匹)。
しばらく繁殖させるかどうかで悩んでいたが、8月上旬に決断!
カブトムシのメスを1匹(写真右側↑)、ホームセンターで購入した。
「名前はカブトのメスだから、カブ子にしたら?」 るーとに勧めるも、
「そんなんヘン!メスだから“メスさん”にすんの」と、名前らしくない
名前で呼ぶことになってしまった。(オスは、オスさん)
オオクワガタのメスが小さかったので、先入観でメスは小さいものだと
思っていたが、カブトのメスは角がないのにデカイ!店で大きめの
個体を選んだが、うちのオスと並べるとデップリ感が際立つ。
メスは同居を開始するなり、もぐらのように土中を動き回り、翌朝の
飼育ケースは嵐が去った後のよう。
坊っちゃん気質(多分)のオスとの愛称は大丈夫だろうか?
暴れん坊のメスの陰に隠れるようにして、短い一生を終えてしまう
のではないだろうか?気をもみながら、観察を続けていると……




結婚1週間目で、愛のタマゴの誕生!仕事、早ッ!!!
土の中に、パラパラと種をまいたように産み付けられていた卵は
全部で21個。直に手で触れると、雑菌が付いて卵がダメになって
しまうことがあるそうだ。↑知らずに触れてしまった。手は、るーと。




オスとメスとは別のケースに移した卵。移動中、2個つぶして
しまったので、19個に。乾燥させないように、霧吹きで保水。
卵は日に日に膨張を続け、直径2~3ミリの大きさだったのが、
1週間で2倍までになった。




産卵後約9日で、孵化!!!飼育マニュアルでは、『10日から
2週間ほどで孵化』となっていたから、早い方のようだ。
↑画像左3個が孵化、右1個は卵。
孵化の最中は見ることができなかったが、孵化したては同じ場所に
とどまり、数時間するとごにょごにょ動いて土の奥に消えていった。
最初の孵化と最後の孵化の差は1週間あったが、19個の卵から
17匹の幼虫が孵った。

卵の両親、“オスさん”と“メスさん”はというと……
オスは、卵が孵る直前に、死んでしまった。メスはオスより1週間ほど
長生きし、全部の卵が孵った頃(産卵後2週間)に動きを止めた。
自然界でも当たり前のサイクルのはずだけれど、人間からみると
命のバトンの受け渡しは、超高速だ。
環境はどうであれ、いかに生き延び、いかに遺伝子を残すか。
我が家のカブトたちは、一生懸命にゴールテープまで走り切った。
孵化した幼虫たちも、スタートラインを飛び出している。
来夏の終わりのゴールを目指して。

※幼虫の生育には続きがありますので、幼虫のグロテスクな姿を
見ても大丈夫だという方は、下の『続きはコチラ』からお進みください。
続きはコチラ⇒⇒⇒

今年も御堂筋 


去年に続いて、今年も「御堂筋kappo・2009」へ!
去年と違うのは、闊歩できるエリア。淀屋橋~新橋(心斎橋)間と
なっていて、去年のエリア(梅田新道~本町)より南に移動した。
梅田から歩いて向かったので、「なかなか始まらへんな~」という
感じ。淀屋橋交差点で、御堂筋は通行止めになっていた(↑)。

今回の最大の失敗は、デジカメのバッテリー装着忘れ!
充電したまま家に忘れてきてしまった。予備のバッテリーは無い
ので、無駄に荷物が重くなっただけ。ああ、バカバカしい……
仕方なくケータイカメラで数枚撮影。撮れない分、見るに徹す!




賑わう物産展で、ヨーグルトソースやかまぼこなどを買い求めて
みたりしたが、ベビーカーの子連れでは思うように身動きが
取れずに苦戦。こういう市場的な場所では、身軽な高齢者の方が
断然有利だ。インタビュー途中らしき橋下知事を、人垣越しに
拝もうとしたが、私の身長では全然見えずで、ずむ君が撮った
ケータイ写真でお姿確認。……テレビのまんまだ!





今年のkappoでの一押しは、街中で1、2度走っているのを見かけた
ことがある「水陸両用観光バス」に乗れる企画!(停車の状態で)
実際のツアー時間は、陸上70分+水上30分の計100分。
オンシーズン料金は、大人3,600円、小学生以下2,300円、
幼児(2歳児以下・座席無し)800円。
我が家だと、3,600×2+2,300+800=10,300円。
うーむ、1万円超えか~~~(-"-) しかも、あぶにも料金が発生。
やや安いオフシーズン(11/1~3/19)で、トータル9,100円。
旅行並にキャンセル料も発生するので、気軽には申し込みにくい。
「だったら、ホテルバイキングの方がええよな!」と、ずむ君には
あっさり見切られてしまった。私は……、乗ってみたいな~。
陸からザブ~ンと入水してみたい。一生に一度でいいから。

来年も開催されるなら行こうかな、カッポ、カッポと♪

シーザーの虜 


好き、好き、好き、大好きーッ!ただもう、それだけ(笑)

口コミで評判だという生協のシーザーサラダドレッシング、
初めて使ってみたけれど、おいしゅうございました。
今ここで、リピーター宣言!ちゃっちゃらら~♪

暴風警報発令 


『朝7時の時点で、暴風警報が出ていたら、幼稚園は臨時休園』
昨日のWEB天気予報では、昼近くまで雨風が強烈そうになっていた
けれど、実際は、拍子抜けするほどおだやかで……
しかし、暴風警報はしっかりと出ていたので、幼稚園は休みになった。
テレビ画面には台風情報がてんこ盛り、文字が重なりまくって、
なにがなんやら。臨機応変に、時刻表示を消してもいいのでは?




ベランダからの昼過ぎの空。
上空は大気の流れが速いらしく、雲の表情が刻々と変化する。
幼稚園は休みでも、のんびり雲を眺めているほどの時間はない
のが残念だ。乳幼児が2人、毎日毎日プチ台風。片付けをしても、
すぐプチ台風にかき回される。暴風注意報レベルは日常茶飯事。
どうしようもない時は、台風の目に避難。逃げるが勝ち。

ロウソクは必須 


ずむ君の誕生日を、ロールケーキでお祝い。
ケーキ屋の店頭で、るーとがこれにすると言って譲らなかったサッカー
ボール型のロウソクは、3個入りで150円。
ロールケーキとサッカーボール……なんてアンバランス!!!

「3個だけどいいよね?37歳で3がつくから3個でいいよね?
37個じゃなくていいよね?」と、るーと。
サッカーボール37個!?おかしいやろ、それ。ケーキよりサッカー
ボール代が高くつきますぜ、ぼっちゃん。あ、お金の問題じゃないか。
37個もケーキにのりませんぜ、ぼっちゃん。そういう問題でもないか。

なにはともあれ、ハッピーバースデー、ずむく~ん♪

もぎたて野菜 


もらちゃったパート2、ナス。

「こんにちは。あら!ゴミ拾ってくれてはんの!?小さい子もいてるのに、
いや~、おおきにやねぇ、おねえちゃん。そうや!ナスがな、ちょっと
大きなりすぎたやつがあるんやけど、よかったらもらっていって!」

近所の貸農園の周辺でゴミ拾いをしていたら、フェンス越しにいただいた
のが、もぎたてナス6本。登降園中、きれいな花や野菜の成長を見させ
てもらっているので、こちらこそありがとう。
路上だけでなく、草木の上にも容赦なくゴミを捨てていく人がいるのが
どうにもこうにも悲しくて。ゴミ拾いを「キリがないよ」と言った人もいた
けれど、100個拾ったら、100個分ゴミがなくなる。また100個落とされる
かもしれないけれど、拾わなかったら200個になる。キリはなくない。
なによりこれは、気持ちの問題。捨てた人ではなく、私自身の問題。

見ず知らずの私に、育てたナスを分けてくれた気持ちにほっこり。

デ・ザ・イ・ン 


先月発売された不二家のチョコレート、LOOK・カカオデザイン
確かに、外も中もオシャレ。
キーボードに添えると、仕事が出来る女のデスクみたい。(そうか?)
まあ私は、板チョコバリバリ食い派なので、見た目より容量重視だ。
しかし、授乳中なことや、年齢と健康を考えれば、オシャレなチョコを
オシャレにつまむ程度が望ましい。……ジブン・デザイン。ファイト!

十五夜の翌日 


「たーたん、手を合わせて、お願いしよう!そしたら、まんまるの
お月さまが見れるんだって!見れたら、お団子食べていいんだって!
……晴れますように、晴れますように、晴れてお月さまが見れて、
お団子が食べられますように、お願します、お願いします……」
るーとが幼稚園で教えてもらった、十五夜のお月見。
でもどうやら、5歳児には「月より団子(おやつ)」のようで。

残念ながら、3日の晩は曇っていて見られなかったが、翌4日の月を
見ることが出来た。月齢15.3、月出17:19、月入5:39、立派な満月。
すすきも団子もないけれど、2009年度我が家のお月見は完了。

よくできた寿司 


「へい、おまち!かっぱ巻き一丁~!」

るーとが作った、かっぱ巻き。なかなかよく出来ている。



なにより見事なのは、この米粒っぽさ!
調味料瓶を包んでいた、白い保護クッションを丸めて作ってある。

目指せ、ノッポさん!いや、今はワクワクさんだ。

続々破損…… 


↑↑↑2日間でこれだけ割れた……

(1)毎日愛用していたるーとのお弁当箱(いただき物)は、雨の日の
路面で滑って転んだるーとのリュックの中に入っていたのだが、転んだ
ショックでパックリ割れてしまった。
弁当箱の身でありながら、主人るーとの危機には、身をていして
衝撃から守るという、忠臣そのもの働きぶり。その生き様に思わず涙。
(今後は、ミッフィー復活)

(2)おたまは、あぶの離乳食のおかゆをすくったら、あっさり折れた。
おかゆ、ですよ?ドロドロのおかゆでポッキリって、どれだけ満身創痍
だったのか?確かに7、8年使っていたけれど……

(3)るーとの練習箸は、洗っているうちに気付いたら折れていた。
こちらはかれこれ3年ほど酷使し続けていたので、折れても納得。
むしろ、いい加減に卒業して欲しかったので、折れてニンマリ……が
親の本音。るーとは「わあぁぁぁん!これからどうやってご飯食べたら
いいのよーッ」と、大騒ぎしていたが。
幼稚園では普通箸を使ってるんだから、ジタバタするなっちゅーの!

あまりに立て続けに壊れすぎで、ちょっと怖い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。