スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るーとのルート 


アフリカ大陸の南にある国、ナミビア。




「ナミビアからね、船で、こうしてこうして、オーストラリアとニュージー
ランドの間を通ってね……」と、るーと。




「そうして、日本に着いたんやと思うよ、金ピカの目のお魚は」

金ピカの目のお魚=金目鯛。

購入した金目鯛の切り身の入った袋に、『原産国:ナミビア』とあった。
国ブームが続いている息子るーと、ナミビアからの輸入ルートを推測。
身近なところで出くわす世界の国名、遊びに絡められるので面白い。
スポンサーサイト

ガーデン見物 


珍しく、祝日が仕事休みになったずむ君も一緒に、家族で電車外出を。
娘あぶ、満6ヵ月を迎えたこの日、華々しく阪急電車デビューができた。
るーとは8ヵ月で電車デビューだったというのに、あぶは早くも電車に
バスに乗せられまくりで、鉄子への道を歩んでいる。(多分)
阪急は、直線をジャンジャン飛ばして走るので気持ちがいい。各停でも
普通に100km以上出している。車内も広々として落ち着きがある。




阪急電車で向かったのは、去年11月にオープン、いつかは行こうと
思っていた、阪急西宮ガーデンズ
西宮北口駅の改札から、人の群れに押し流されるようにして入館。
館内もさぞかしスゴイ人だろうと思いきや、そうでもない。
昼ピーク時間帯だったが、それほど並ぶこともなくフードコートで
食事にありつけた。西宮スタジアム跡地、さすがの収容人数だ。




今回のチェックポイントは、その名称になってるぐらいの「ガーデン」ぶり。
ほとんど下調べをせずに行ったのだが……
「ガーデンて、4階だけ?」 「あの芝生のところ、入られへんの?」
アレレ?期待したほどの、ガーデン感が無いぞ?




地面からプシュプシュ噴き出す噴水は、子供たちに人気。
ここ狙いで、着替え持参で来る家族は多そうだ。
「遊べるところに行きたい」と、るーと。ガーデンで子供を満足させるには
入場料の要る、「スウェーデントリムパーク」しかないではないか!
広い平地とステージがあるので、イベントの類はやりやすそうだけれど、
なんぱパークスの勝ちだなぁ!(個人的好みとミナミ贔屓もあって)




有料だけあって、デザインも含めて遊具はしっかりしている。
さすが北欧製、体にも良さそう(?)。
保護者の特権、私はるーとと一緒になって一通りの遊具で遊んだが、
付き添いの大人(特に父親)の半数は、炎天下の下、ベンチに並んで
ぐったり。せっかくだから父親談義でもして、盛り上がればいいのに。
なーんて。
面白いことは面白いが、購入したのが1時間券だったから良かった
ものの、限られたスペースで2時間過ごすとなると、後半は過酷そう。
真夏は無理、付き合えないよ、わたしゃ!




↑西宮北口駅から見ると、こんな感じ。下に走るは阪急今津線。
まだまだあちこち工事真っ最中、という感じ。
結局、西宮ガーデンズでは、ランチをして、ガーデンの遊具広場で
遊んで、それ以外には財布を開かずに帰って来た。
阪急百貨店という柄ではないので、我が家にはなんばパークスが
似合っていると思った。阪急は“百貨店”でなく“電車”の方で楽しもう。

野菜に1匹 


義母が借りている畑で採れた、虫食い印の無農薬野菜。




1匹、菜っ葉にくっついて我が家にきたのは、ナメクジ。即捕獲!
「ええ~…それ、飼うのォ?」
こういう時、嫌そうな顔をするのは決まってずむ君。

ゆん 「名前なににしよっか?」
るーと「ナメちゃんは?ナメクジだから」
ゆん 「普通やな。クジ子は?ク~ジ子ちゃあ~ん♪て、ルパンみたい」
るーと「えー、ルパンて知らんしー、ナメちゃんがいいー」
ずむ君「なめざえもんは?」
……嫌そうなくせに、命名会議には参加か、夫よ(=_=)
しかも、なめざえもんはパクリじゃないか。(※By.ぜんまいざむらい)

るーとの押しが強かったので、平凡な「ナメちゃん」に決まった。
「ナメちゃん♪いっぱい食べて、早くカタツムリになるんだよ♪」
うわっ、るーとってば、幼児にありがちな可愛い勘違いをしているし!

ナメちゃんが我が家にいたのは2日間の限定で、週明けの登園時に、
新鮮野菜が植わっている、近所の農園に放してきた。
(農家の方には「ごめんなさい」だけど)
ナメちゃん、元気かな。そろそろカタツムリになれそうかな。

春の雪だるま 


るーと作、季節はずれの小さな雪だるま。
貼られた場所は、冷蔵庫。
ご丁寧に『ゆきだるま→』と注釈付き。

円くなく、角ばった雪だるまの、楽しげな表情とポーズがいい。
カラフルなボタンがお腹に8個も並んでいるところもいい。
母的に、ツボです(笑)




雪だるまの隣は、ミカン3個。
留めてあるのは、るーとのお気に入り、リアル昆虫型の磁石だ。
このミカン3個は、後で白い筒に貼り付けられ、ロールケーキに
変身した。「できたーっ!小山ロール!!!」と喜んでいたが、
あれは小山さんが作ったから『小山ロール』。るーとが作ったのは
『るーとロール』では?……うむ。パティシエの息子も良いな~。

地域密着生活 


我が家から約1km、初めて歩く道。
閑静な住宅街に、もみじの緑の葉が茂った学校が。
るーとの幼稚園のクラスメイト、A君が通う予定の小学校だ。
その近くで、格安モーニングを提供してくれる場所があると聞いて
来たのだが、その場所というのがA君の家の近くの「町内会館」。
150円でパン・ゆでたまご・果物・飲み物(コーヒー・紅茶など数種類)
が食べられる。町内のボランティアの方々によって、月数回、十数年に
渡って運営され続けている、「朝の地域のふれあいの場」なのだそう。
一室は未就園児と保護者の場所、もう一室では高齢者が集っている。
この日は、子供を連れた母子が20組ほどやって来ていた。

A君の住んでいる地域は、隣の小学校校区になるのだが、縁あって、
この催しへ声をかけてもらった。住んでいる地域のことでも、その存在
すら知らない事はまだまだある。何事も経験、アンテナを張りながら、
積極的に参加してみようと思う。動ける時間と体があるうちに。




桜は終わったが、幼稚園は明るい色の花であふれている。
小さな池の中にも、点々と白い花が。
教室の外に置かれた数個のたらいには『だんごむしのおうち』と
書かれていて、子供たちが捕まえたダンゴ虫が、土や葉っぱと
一緒に入れられ、飼われている。
園庭で遊ぶ子供たちの声を聞きながら、のどかだなぁと思う。

るーとの幼稚園生活も順調で、私とあぶの送り迎えの方も順調だ。
あぶは、ベビーカー移動が好きな子で、熟睡するか、景色を眺めて
いるかのどちらか。動いている間に泣くことがないので、1日2回の
幼稚園往復(合計7km)も、思っていた以上に楽にこなせている。
一番の気がかりと言えば、夏の暑さ対策。ベビーカーに取り付ける、
サンバイザー、冷却ジェルマット、照り返し防止カバー、UVグッズなど
通販カタログやネットの口コミ情報などを調べながら導入を検討中。
5月、6月、7月……楽しく元気に過ごせますように!

ビッグシイタケ 


近所で週1回、無農薬の新鮮野菜を販売している会社がある。
野菜とは関係のない、自宅兼の個人経営会社だが、うわさによると
奥さんの実家(三重県)から仕入れた野菜を、収穫翌日に販売して
いるらしい。値段は、スーパーの特価品よりは高いが、量と質から
考えると、かなりお得。非の打ちどころのない完熟トマトは、甘くて
一度に何個でも食べたくなる。(トマトは4個入り250円)
販売開始と共に、近所の人が20人ほど集まり、人気野菜は
あっという間に売り切れる。

『美味しくておすすめ!焼いてポン酢で食べてください!』
と手書きされていたシイタケを、今回初めて買ってみることに。
先ず、その大きさにビックリ。私の手と同じサイズ!!!




あぶの手と比べると、この通り。お化けシイタケだ(笑)




本能で食べ物と悟ったのか、舌舐めずりをして引き寄せた。
離乳食を始めたばかりの5ヵ月児、いくらなんでも生シイタケは
無茶というもの。舐められる前に、急いで取り上げた。
この日の夜、網焼きにして、ポン酢をかけて、肉厚ジューシーな
シイタケを美味しくいただいた。(キノコ好きるーとは1枚ペロリ)
あぶには、後で母乳に換えてのお届けということで。
来週も、野菜を買いに行こう~っと♪

悲しい最期 

コーヒーを淹れる前、マグカップを温めようと熱湯を注いだら、ピシッと
するどい音がして、マグカップの湯がみるみるうちに減っていった。

なんだ、これは!? マジック? 超現象???



マグカップの底に広がった“湯だまり”を見て、突如出来たひび割れから
湯が漏れたと分かったが、布巾を取りに行くべきところ、ネタハンター
センサー優先でカメラを取りに走ってしまったため、被害を広がらせて
しまった。(側にあったキッチンペーパーが、悲しい熱湯漬けに)

老体に加え、去年欠けたフチの部分が、熱湯パワーに耐えられ
なかったか……

バイバイ、私のマグカップ(TへT)
ずむ君、クオカードでマグカップ買うっちゅーのは、どや(`◇´)?

楽しい使い道 


ずむ君宛てに、当選商品のクオカード(1000円分)が届いた。
クオカード、その名はよく耳にするものの、手にするのは実は初めて。
1000円では、「パーっと!」というほどには使えないけれど、ちょこっと
楽しげな使い方をしたいと思う。四月は物入りな事が多かったから……

10日間を凝縮 

090418_01.jpg
先週、宝塚市の友人宅まで電車で出かけた。
母子3人きりで県外に行くのは初めて。
「快速電車バイバ~イ!」 「おおー!しだれ桜が見事やなー!」
幼児と乳児連れでも、見れてるし、撮れてる。
トータル8時間の外出から帰ると、近所のツツジが花開いていた。



090418_02.jpg
先週は、るーとの入園式があった。
子供が主役の式典に参列したのは、この日が初めて。
「園児席」にいる、るーと。「保護者席」にいる、私とずむ君(&あぶ)。
改めて、自分が担う役割を噛みしめた、我が子の入園式。

仰向けに寝転がってばかりだったあぶが、寝返りをするようになった。
0歳5ヵ月の半ば、感情にも行動にも、しっかりした意思を表すように。

変化の大きかった週の終り、箕面市のヴィソラへ久しぶりに出かけた。
初夏のような日差しの中、ショッピングモール内を流れる川添いを
遊びながら散歩をした。



090418_03.jpg
るーとが幼稚園の出席ノートに「ケーキ」のシールを選んで貼った15日、
偶然にも結婚8周年を迎えた。飼い鳥のスイ(セキセイインコ)も、
同日で6歳になった。寝返りから、寝返り返り(うつ伏せから仰向けに
なること)を習得したあぶは、一方向にコロコロ転がっていき、障害物に
ぶち当たっては、「フッギャーーーー!!!」と泣き叫ぶようになった。
「祝・6歳」、「祝・寝返り返り」のプレートも作ってもらえばよかったかと、
ケーキを食べ終えてから思った。

「作る時間がない」を言い訳に、延ばし延ばしにしていた園グッズ作り
は、睡眠時間を削って夜中に完成させた。
「♪かあ~さんが~夜なべをして~、園グッズを作ってくれ~たぁ~♪」
低音で口ずさみながらの深夜のミシンがけは、なかなか楽しかった。
教訓:ミシンは子供の活動時間にかけるな、寝静まった夜中にかけろ。



090418_04.jpg
そうして、こうして、るーとの幼稚園生活が始まった。
晴れの日も雨の日も風の日も、警報が出ない限り、幼稚園はある。
そして、幼稚園がある限り、送り迎え(幼稚園2往復)が必要なわけで、
乳児あぶは、望むと望まないに関係なく、兄るーとの生活ペースに巻き
こまれていく。るーとだけでなく、あぶもたくましく成長すること間違い
ない。もちろん私も、たくましく老化していくだろう。
目指せ!元気な大阪のオバチャンと、大阪のコドモ!



090418_05.jpg
慣れない半ズボン生活で、るーとの膝小僧には常に絆創膏が。
最近、つまづいて転ぶことが多くなった。運動靴が合わなくなってきた
のかもしれない。一年近く履き続けてきた17.5cmともお別れか……

─────────────────────────────
以上で、我が家の10日間凝縮報告は終了です。
以前のような更新頻度は無理かと思いますが、ぼっちらぼっちら牛歩で
息抜きがてらにブログを続けて行こうと思います(^_^)

路面電車の終点 


母の希望で、大阪市と堺市の間を走る阪堺電車(路面電車)
乗って、浜寺公園へ出かけることに。(私・るーと・あぶ・母の4人で)
一日乗り放題切符(てくてくきっぷ)を買ったら、切符では初めて見る
スクラッチ方式だった。使用する年・月・日を一箇所ずつ削って、乗降時
に運転士に見せるタイプ。一箇所以上削ると無効なので要注意。
るーとが硬貨でこすっていると、「当たりが出たらどうなるの?」と、
横から母がワクワク顔で言った。スクラッチ=当たり、と思うのは
条件反射?切符に当たりはありませーん。(あったら面白いけど)

時間に追われた人には似あわない“チンチン電車”。
電車内にも、車窓にも、ゆったりした時間が流れている。
揺られているだけで旅気分になってくるのが、路面電車マジック。




住吉駅で浜寺方面の電車に乗り換えた。
道路と線路に挟まれた、浮き島のようなホームは、あぶを乗せた
ベビーカーの幅カツカツ。すぐ脇を車が走り抜けるので、スリリングだ。




窓の外には桜の木、菜の花、花壇と、春らしい景色が続く。
最初は100系の古い車両だったが、乗り換え後は、子供に人気の
700系パンダ電車だった。ライトが目になっていて、側面には
南紀白浜アドベンチャーワールドのパンダの愛らしい写真が。
路面電車で白浜(和歌山県)へは行けないが、眺めているとパンダに
会ってみたくなるので、宣伝効果はあると思う。




浜寺公園の訪問目的に、汽車やゴーカートに乗れる「交通遊園地」が
あったのだが、『本日交通遊園定休日』の駐車場の立て看板を見て
目が点に。火曜日定休……ああ不運……下調べ不足。
松林の中にある公園で遊ぶことに。ギリギリ春休み中とあって、
大人や子供で賑わっている。それにしても、日なたは暑い!




遊具遊びの後は、お花見シートの間を縫っての散策を。
母の3つの希望(路面電車・交通遊園・桜見)のうち、2つは叶えられた
から良しとしましょう。




「桜、いいニオイするか、してみるわ!」と言うるーとを抱きかかえて
桜の枝に近づけたが、「アレ?なんもニオイせーへんな」とガッカリ。
甘い匂いを期待した坊ちゃん、桜は目で楽しみましょうぞ。




帰り道、訪れぬままになっている「鉄道喫茶 あびこ道」の宣伝車両
を見て思った。我が家の鉄道熱も、落ち着いてきたなぁ……
この分だと、「鉄子」を返上しないとアカンやろか?

男児カット 


近所の桜、満開に。
今まで私が切っていたるーとの髪だが、一度きっちり『男児ベース』を
作ってもらおうと、行きつけの美容室へ一緒に出かけた。

散髪屋(理髪店)なら、男児というだけでスポーツ刈りにされそうだが、
美容室だと「耳は出しますか?」「刈り上げみたいに短いのはしたく
ないんですよね?」と、できるだけ切らない方向で話が進む。
それでも全体のボリュームの、1/4は減ったのではないだろうか。
短くなったというより、スッキリした感じに。美容師はプロだから
当たり前だけれど、耳周りの処理が上手いな~と感心してしまった。

私のヘアカラーの合間にるーとのカットを済ませてもらったわけだが、
子連れで美容室に出かけて一番感じたのは……、ゆったりできない!
ウットリ時間のはずのシャンプーやマッサージの間でも、るーとの話相手
をしなければならず、自宅にいるような(悲しい)錯覚まで。
担当の優しいお姉さんをお気に召したるーと、「また来てね~」との
営業トークにのせられ、「また来てだって!また行かないとアカンね♪」
とウキウキしていたが、ごめん、次は私ひとりで行かせておくれ……

一週間切った 


♪金曜日に下糸巻きをして~…


♪土曜日に裁断をして~…

こんな、ゆっくり進行で出来上るんやろか、入園グッズ(~□~;)!!!
まとまった時間が取られへんよ~~~!(時間のせい?)
焦る私の耳元で「丸投げェ~、丸投げェ~」と、ささやくずむ君が
ムカつく。しかし、丸投げする宛て(=実母)があるだけに、悪魔夫
にささやかれる度に、グラっと決心が鈍るのも事実だったりして……

「入園式の時に必要なのは上履き入れだから、上履き入れだけ先に
作って、週明け必要なカバンと座布団は週末に仕上げて、お弁当が
始まるまでに布巾を作れば……(ブツブツ)」
長期休みが明ける前、提出日の早い順に宿題を仕上げようと慌てて
いた、ズボラな子供時代の自分とかぶるのが情けない。
もう、いい大人なのに。

♪日曜日にホニャララをして~…

♪月曜日にホニャララをして~…

あきらめるな。がんばれ。がんばろう。成せば成る、はず。

キャンペーン中 


ブルガリアヨーグルトの応募マーク。
キャンペーン期間外でもチマチマため込んでいた。先月、マークの色が
白に青文字から、ピンクに白文字へ変わったな~と思っていたら……




ひっそり減量していたのですね、ヨーグルトさん……(500g⇒450g)
食品業界、増量する時は大々的なのに。
『減量ごめんねキャンペーン実施中』 なーんて、やらないか。

旧商品のマークでも応募できるとのことなので、ひとまずほっと胸を
なで下ろした。スチームオーブンレンジ、当てるぞーっ!
旧マークでは当たりにくい気がするけれど……
選考から外されそうな気がするけど……
「旧商品でも大丈夫でございます!」と力強く答えてくれた、キャンペーン
事務局のお姉さんを信じて(←わざわざ電話確認した)、送るぞーっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。