スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後回しは損! 


大阪市在住の妊婦は、7月から妊娠健診受診票(費用補助票)が
7枚発行される。それ以前に発行された、母子手帳に付属している
受診票は2枚。2枚から5枚への大幅アップ!
毎回5千円から1万円の受診料がかかる、妊娠健診……
妊娠発覚から出産前まで、医師の指示通り普通に受診したら、
トータル10万円コースだ。(出産・入院費用はまた別)

受診料が全額無料になる補助ではないけれど、2回分の補助と
7回分の補助では、だいぶ違ってくる。
追加の受診票が発行される7月1日の時点で、妊娠週数が
36週(10ヶ月)以降の場合は、1枚も発行されない。
(週数によって追加表のもらえる枚数が異なる)
損得で言うならば、7月29日以前が出産予定日の妊婦が
最も損で、12月30日以降が出産予定日の妊婦が、追加分
5枚をフルでもらえて得…ということになる。

7月に入ったら、区の保健センターで追加票をもらいに行くことを
すっかり忘れていた私。7月の末になって、ようやくもらいに行った。
受け取った補助票の数は3枚……7月に入ってすぐもらえば、4枚
出されることになっていたのに!!!こういう手続きは後回しにせず、
ちゃちゃっと済ませないといけませんなぁ(T_T)

保健センター帰りに、るーととお茶休憩をした。
久しぶりに食べるソフトクリームを前に、子供らしい笑顔が浮かんだ。
近頃、何かとイライラすることが多い私も、しばしのクールダウン。
スポンサーサイト

おかえり携帯 


充電ができなくなり、そのうち電源が入らなくなり、完全に故障して
しまったずむ君のケータイ電話。修理に出していたのだが、18日ぶり
に、ようやく帰ってきた。(18日もかかるとは…)
モニタの保護シールを剥がされていること以外、外観は変わらないが
中身は「まっさら」になっていた。……グッバイ、メモリ~(T_T)
修理内容は「メイン基板交換」で、メーカーのコメント欄には
「メモリ転送が実施できませんでした」とシンプルに記されてあった。
(なんとなく予測はしていたけどね)
故障時の保証には入っていたので、本来請求されるはずの1万円
ちょっとは払わずに済んだけれど、手放しでは喜べない。

購入してから1年7ヶ月のケータイ。
分割払いの本体代金はまだ残っていて、買い替えは考えていない。
以前にも書いたけれど、最低限の機能だけ備えた、頑強なケータイ
を作ってほしいものだ。防水とか、そんなカワイイものじゃなくて、
頭脳はからっきしでも、とにかくボディが自慢のマッスルケータイを。
新機種をガンガン売りたいメーカーは、乗りたくない話だろうけれど。

外観はボロボロ、中身はまっさらなケータイを手に、ずむ君はチマチマと
アドレスなどのデータを集め直している。
もちろん、待ち受けにしていたドクターイエロー(新幹線)の画像も消えて
しまって無い。気の毒だから、スペシャル画像でも送ってやるか……
なにがスペシャルかって?ふふふ、それはヒ・ミ・ツ♪

ほっといて! 


今回は、素麺写真とは関係のない、「ほっといて!」な話をひとつ。
成分の99%が愚痴なので、付き合ったろか~と思われる方のみ
下の「続きはコチラ」からお入りください。
続きはコチラ⇒⇒⇒

プールのち大雨 


大物のキャラクター物は買わない、がモットーの我が家に
ぺネロぺがやって来た。個人的にぺネロぺは好きなので、
雑貨などの小物類ではOKなのだけれど、今回のぺネロぺは
ビニールプール。なぜぺネロぺになったかと言うと、るーとの
強い推しがあったから……え~、そんなに好きだっかなぁ???
アンパンマンよりカーズよりポケモンより、ぺネロぺなんだって。
……ちっ。予想外に高くついたじゃないか。
(陳列棚の中ではぺネロぺが一番高値だった)




先日、幼稚園のプール開放でプールデビューは果たしたものの、
実はビニールプールで遊ぶのは、今回が初めて。
初めてすぎて、ビニールプールをどうやって使うのかわからないらしい。
「ベランダの、あの穴にティッシュ入れないと、お水がどんどん流れて
しまうで。ティッシュ、入れとこか?」などと、意味不明なことを言う。
どうやら、ベランダ全体に水を溜めると思ったらしい!!!
るーとが言うベランダの穴というのは、排水溝のこと。
排水溝にティッシュを詰めて、水を流し込むって、どえらい発想を
してくれるな~。それが出来たら、ビニールプール要らんやん……
「水を溜めるのは、ぺネロぺプールの中だけ」と説明すると、ようやく
納得。バケツで水を流し込むこと数回、ビニールプールが完成した。

るーとはプールが気に入ってしまい、お昼ご飯の時間になっても
出てこない。1時間半も浸かったままで、お腹が冷えないだろうか???
ご飯を食べてから、また入ったらいいと説得し、一旦上がらせた。
ところが、ところが…………




午後からもくもくと黒い雲が立ち込め、夕暮れのように真っ暗になった。
強風と共に、大雨、雷鳴……窓さえも開けていられない状態に!
もちろん、プールの続きなんて、とても無理。
窓ガラス越しに、放置したままのビニールプールを見つめるるーと。
「ぺネロぺプール、飛ばされへんかなー…」
尻切れトンボだったけれど、我が家のビニールプール初体験は、
こんな感じで終了した。まだまだ夏はこれから。たっぷり遊ぼう!

見つけた紺色 


本日、かさばる大きな買い物を……
やっと見つけることが出来た、るーとのジュニアシート。
今まで使っていたチャイルドシートは、0~4歳用で、身長100㎝目前の
るーとにはだいぶ窮屈になっていた。秋に2人目が生まれるので、
ジュニアシートに移るのには、時期的にも丁度いい。

春頃から店頭やネットで、ジュニアシートを探し始めたけれど、
なかなか希望するものが見つからず、困っていた。
譲れない希望というのが、車のシートと色を合せること。
黒・グレー・ベージュが圧倒的に多く、次に多いのは赤や青。
「ブルー」と表記されているものは鮮やかすぎ、探し求めている
黒に近い青(紺色)にはなかなか出会えずにいた。
今日、ふと立ち寄ったベビー・キッズの店で、「当店限定カラー」の
ジュニアシートに巡り合うことが出来た。これ、これ、この紺色!
使っていたチャイルドシートと同じメーカー品だし、値段も1万円以内
に収まり、手頃。これしか無いと言いきってもいいほど、理想的♪

「赤ちゃん生まれたら、るーと君のイスあげるんでしょう?じゃあ、
るーと君はどこに座ったらいいの?」車に乗るたびに不安そうだった
るーとも自分専用の“お兄ちゃんイス”を手に入れて安心したらしい。
これからも少しずつ、家族増員に向けて、用意やら片付けやらして
いかねば。けっこうやることは、あるのよね……

携帯ストラップ 


2ヶ月ほど前に応募した、JR西日本企画の「おおさか東線」駅スタンプ
ラリー。3月に開通した、おおさか東線の駅でスタンプを3個集めて
送るというもの。A賞は100名にイコちゃんヌイグルミ。
B賞は300名にイコちゃん携帯ストラップが当たる。
家族3人それぞれの名前で、3通応募したら……




ずむ君がB賞のストラップを当てた!
(JRからは、ご丁寧に配達記録郵便で届いた)
懸賞当選の大波は来ないけれど、忘れた頃に、ちょこちょこ小波が
やって来る。夏真っ盛り、ビッグウエーブ、カモ~ン!!!

プールと祭り 


「皆勤賞や~ん!やけど、妊婦、大丈夫?」そうやって幼稚園の
ママさんに声をかけられながら、るーとのプールに3日間付き合った。
日に日に大きくなるお腹と比例して、暑さが身に応えるように。
8月末産まれのるーとの時も、「真夏の妊婦」を体験したが、
今回は10月末の予定日まで「残暑の妊婦」も経験しないといけない。
どうか今年は「秋」がありますように……

水深はひざ丈なので、親も服のまま一緒に入るのが基本ルール
だけれど、初心者るーとも3日目ともなると、プールサイドから声を
かけたり、見守るだけで大丈夫になった。
るーとの遊び方は用意されているオモチャを使って、水面かプール
サイドで楽しむ程度。自宅の風呂遊びと変わらず、プールに来ている
意味があまり無いような……。まあ、雰囲気を味わうだけでもね。




夕方は近所の夏祭りへ。今週は、夏祭り続きだ。
同じ地域でも重なっていたりするので、全部参加しようとすると、
体も懐もけっこうキツイ。「金魚やってから~、次、スーパーボール
のをやって~、それ終わったら~、あっちにあるやつのを……」
屋台荒らしか!?というほど、無謀な計画を立ててくれる3歳児。
るーとの要求にストップをかけながら、金魚すくいとオモチャすくいで
遊び、最後に皆でかき氷をつついて終わりに。
プールと夏祭り……これだけで、十分夏休みっぽい。

るーと初プール 


ビニールプールにも入ったことのない、るーと。
買ったばかりの水着を着て、幼稚園のプール開放へ参加。
ごねるだろうな~、泣くだろうな~と覚悟していたのに、
初日からすんなりプールに入ることが出来た。
頭から流すシャワーくぐりなんて、絶対無理だと思ったのに。
楽勝~♪と喜んでいたら、「ハイ、プールはおしまいです。
順番に目を洗ってくださ~い」と、先生の声が……
私自身、プールは10年ぶりぐらい。
洗眼があることなんて、すっかり忘れていた。
最後の最後で少し泣かれたけれど、小心者のるーとにしては
「初プール」は上出来だったと思う。

あつくて溶けた 


溶けたのは私じゃなくて、ボウルとザル。
麦茶を煮出していたら、ヤカンの火に近すぎて穴が開いてしまった。
ずむ君の婿入り道具だったのに~……
(独身時代からずむ君が使っていた百均の品。十数年モノ)

日中はエアコン無しで頑張っているけれど、暑いとどうしても
頭のネジが溶けるようで、やたらと注意力が散漫に。
そんでもって、イライラしやすい。
キーキー、キーキー、怒ってばかりいる気がする。
この暑さ、精神的にもよろしくありませんなー……

皆で餃子包み 


息子るーと、夕食の餃子包みに初参加。
私とずむ君とるーとの3人でテーブルを囲み、60個包んだ。
まるで、家族揃って内職をしているかのよう。

とんでもない形の餃子や、崩壊した餃子を覚悟していたのに、
るーとの包む餃子は、どれも合格ラインに達していた。
ヒダがない上、ぺたぺた手のひらので押さえつけるので、
本来のふっくらした餃子の形はしていないけれど、焼くには
支障がない。コヤツめ…なかなか几帳面な性格をしておるな。
るーとは餃子包みに参加できたのがよほど嬉しかったらしく、
「また今度も、るーとくんが餃子やってくれる♪」と早くも
次回への意欲を見せていた。

「こうやって餃子を包んでいる間は、非行に走らへんやろう」と、
冗談めかしてずむ君が言った。
わからへんぞ~。埼玉の父親殺害事件では、前日に父と娘は
一緒にカレーを作っていたというから……
非行や犯罪うんぬんはともかく、「ある日突然キレる」という
選択肢しか選べない人には、なって欲しくない。

モスクワの味 


「パルナスって、なくなったのいつだっけ?」
「う~ん…もうだいぶ経つんちゃう?」
車で市内を走行中、たまたま見かけた古い店舗。
もう何年も人の出入りがないまま、放置されていそうな雰囲気。
帰ってから調べたら、パルナス製菓は2000年に事業停止、2002年に
会社を清算、とあった。耳に残るあのCMソングは覚えているが、
「モスクワの味」というのは、味わったことがない(多分)。子供の頃、
「ケーキ屋さんでケーキを買う」なんてことはしなかったから……
大人になった今「ケーキ屋さん」が大好きなのは、反動に違いない。
「全盛期の頃の“モスクワの味”とは、どんなものだったのだろう」
と、開くことのない店舗写真を見て思う。

友人歴26年 


食べ切れないほどの生洋菓子を手に、幼なじみが遊びに来てくれた。
10歳(小5)からの友達。小・中学校の間は、本当によく遊んだ。
日が暮れるまで、飽きもせず毎日毎日……あの頃は1日が長かった。
今では彼女も一児の母。「私たちが子供の話をするようになるなんてね」
「あと何年か何十年かしたら、介護とか年金とか病気の話で盛り上がる
んちゃう?」と、笑い合った。友人歴26年。堂々たる歴史がそこにある。

久しぶりに、お昼にチーズフォンデュをした。
るーともノリノリで参加。ヘラでチーズを混ぜる役まで担ってくれた。
食べてしゃべって、また食べて……あっという間に4時間が経過。
シュークリームは食べきれず、翌日に持ち越したら、なんと中身の
クリームがベロローンと飛び出していた。どういう現象!???
ベロローンと飛び出したクリームを、ベロローンと舐め取りながら、
スイーツ大好きな親子3人でいただいた。

今が永遠に続くと信じていた10代。
1日が終わることさえ頭になく、夢中で過ごしていた10代。
でも、今は30代……
会えるうちに会いたい人に会おう。会えたら、その喜びを噛みしめよう。
子供時代が終わる想像なんてこれっぽっちもしなかった幼い私たち
だったのに、いつの間に大人になっている。

音のない風鈴 


ペットボトルから剥がしたラベルを「これ、もらっていい?」とるーと。
そして「風、来そうなとこ、どこや?」とキョロキョロしながらベランダへ
出て行った。洗濯物干しにぶら下げられたのは「風鈴」だそうで……
チリンチリンとは鳴らないけれど、ユラユラ揺れるのを眺めるだけで
満足そう。大きく揺れた時などは、いちいち呼ばれるので大変だ。
「見て!るーとくんがくつった(作った)風鈴に風がいっぱい来てる!」
この夏いっぱいは、るーと自作の風鈴はぶら下がったままになりそう。

変化を見守る 


近所の公立保育園の園庭解放に参加。
持参したサンダルに履き替えて、庭で遊び。着替えもあるので
派手に濡らしても大丈夫なのだけれど……るーとは服が濡れたり
手足が泥んこになったりするのを嫌がる。裸足になっている子も
多数いたけれど、裸足なんてもっての外!と言わんばかりに、
サンダルの間に入り込んだ砂を、一生懸命に流していた。
……どこぞの王子様かね、アンタは(=_=)

でも、やっぱり子供。30分もすると、足に砂が付いても気にしなく
なったし、服を濡らすような派手めの動作も現われてきた。
先日で幼稚園スズメ組(未就園児クラス)の一学期は終了して
しまったけれど、7月に入ってからのるーとはだいぶ変わった
ようで、会うたびに先生が“嬉しい報告”をしてくれるようになった。
「何人かのお友達と一緒になって、楽しそうに遊んでいます」
「片付けの時間になっても、まだ遊び続けようとしたりします」
「イタズラっぽいことも始めるようになりました」
友達と一緒に遊ぶのはいいとして、片付けをしないとか、
イタズラをするとかで褒められる我が子って!(笑)
「幼稚園に慣れ、子供らしい行動が出てきた」ということなのだろう。
るーとの細かな化に目をやってくれ、そのことを喜んでくれる先生が
いるというのは頼もしい。幼稚園に関しては、いい選択をしたと思う。

客観的に見る 


るーとと2人、市バスに乗って出かけている時、カーブミラーに
写っている自分たちの姿に気がついた。
へえ~、私たちって、客観的に見るとこんな感じなんや……
見落としがちな、ほんの一瞬の時間。気付けてよかった。

世の鉄道ファン 


先月末に往復ハガキで応募した、スーパーはくとリニューアル
展示会、神戸駅会場・京都駅会場とも見事にハズレ。
各会場で見学者1000人募集だったというのに!
同時にファミリーミュージカルの落選通知も届いた。ハズレ続き……
リニューアル展示会の日は、ずむ君の仕事関係のゴルフ予定が
入ってしまっていたので、ハズレても諦めはつくけれど。
世の中の鉄道ファン人口は、相当なモンですな~。

色々いい風呂 


入浴剤20袋、ずむ君、当選~♪
日本浴用剤工業会主催の「ゴー!いい風呂の日」キャンペーンだって。
工業会の会員会社製造の入浴剤詰め合わせなので、色々ある。

早速、左下の「アオイの湯」を入れて入浴したずむ君。
出てくるなり「思いっきしピンクの袋やのに、お湯が青くなった」と
ブーブー言っていた。確かに「思いっきしピンク」だけれど、
「アオイエキス配合/青色」とも書いてあるのにねぇ……

毎日、何リットルもの水分をとり、何リットルもの汗をかいている。
暑さのあまり、てっとり早くシャワーで済ませたくなるけれど、
なるべく湯船に浸かるようにしよう。ゴーゴー!いい風呂!

ブルーな朝食 


以前、隣市に住む友人のブログで知った、カフェでのモーニング。
ドリンク代+200円で、パン6種類が食べ放題。(ゆで玉子付き)
週末モーニングなんて、プチ贅沢な感じがして、たまには良いね~と、
8時前に家を出た。カフェモーニングは客が少なくて(9時過ぎから
増えてきたが)、ゆったりと寛ぐことができ、焼き立てパン狙いで何度も
おかわりをし、ずむ君が「えっ……マジっすか!???」と目をむく
ほど、私は食べた。パンの単価が10円ぐらいになったと思う(笑)

満足、満足♪なのに、付けたタイトルは「ブルーな朝食」……

実は。実は。実は!!!!
カフェにたどり着く直前に、やっちゃったんですよ……

ずむ、スピード違反でお捕まり~(T▽T)

ガラガラの見通しのいい40km/h制限の直線道路を、58km/hで走行。
18km/hオーバー。

原点・罰金もガックリだが、あと3ヶ月でゴールド免許を手に入れられる
はずだったので、ショックは大きい。(ゴールドか否かで保険料が異なる)
もちろん、事故につながるスピードの出し過ぎは良くない。
人でも轢いたら、えらいことだ。運の悪さを嘆くのではなく、交通安全の
神様が「気を抜いてはいけないぞ」と教えてくれたんだと思わなければ!

同乗者の私より、取締りを受けた本人のダメージが大きいのは
止むを得ないことで。「済んだことはしゃーない!」と励ましても、
ずむ君がまとうブルーな空気が消えることはなかった。
「食欲あれへん……くっそう……こーなったらヤケ食いや!」
食欲ないくせに、しっかりヤケ食いは出来ていたけれど。

最初の夏祭り 


すいてそうな、日暮れ前の夏祭りへ出かけた。
夜は押し合いへし合いのすごい人出になるのを知っているので、
幼児連れと妊婦にはこのぐらいが丁度いい。
あれしようか、これ食べようか……物色しながら、出店を回る。
るーとが1歳になる夏は、夏祭りに連れて行ってもおっかなビックリ
だった。2歳になる夏に、ほんの少し(金魚すくいなどに)興味を
持ち始め、3歳になる夏には楽しめるようになった。
今年、4歳になる夏は……「あれ、やりたい!ちょっともう、あれ、
やりたいって言ってるのに!!!」と、うるさい、うるさい。
それでもまだ、「さっき○○やったやろ。これは似ているやつだから、
我慢しとこな」となだめると、けっこうあっさり欲求は治まる。
来年あたりは、もっとギャーギャー我がままを言うかもしれないが。

今回良かったのは、金魚すくい。昨日の昼間、準備中の出店を下見に
来た時に、この金魚すくい屋のおばちゃんに声をかけられていた。
「やってってよ~。うちのは、紙が二重になってるから強いで~」
それを覚えていたので、迷わずおばちゃんの店へ。
幼児には緑色の一番強いポイを。子供にはピンク色。大人は黄色と
ポイの強さを年齢によって分けている。その代わり、すくえても
金魚はもらえない。るーとぐらいの幼児が、ポイで水中をかき回しても
破れない。おかげで、長時間金魚すくいを楽しむことが出来た。
(テクニックの無いるーとでも、5、6匹すくえちゃった!)
そうこうしているうちに、徐々に日が暮れて来たので、だんじりの
見える場所に移動した。




町内のあちこちに提灯が灯っている。あ~、いい雰囲気。
一時的に通行する車を停めて、だんじりが練り歩いている。
普段は車が通る場所に、賑やかな太鼓と掛け声とともに、だんじりが
勢いよく引かれて行く……そんな非日常が、るーとには面白くて
仕方がないようで、家に帰りつくまで興奮したままだった。

大小、規模は様々だけれど、まだまだ地域の夏祭りは続く。
我が家の7月のカレンダーは、「祭り」の印でいっぱいだ。
もっともっと楽しむでー!!!

セミと裸足 

「たーたん、たーたん、たーたん、たーたーん!!!」
ひとり家の外に出ていたるーとが、「事件でやんす」ぐらいの勢いで
飛び込んで来た。「セミしゃんが死んでる!階段のとこの、上の壁の
とこにくっついて、死んでる!!!早く来て~~~~~!」

我が家はマンションの上階だけれど、夏になるとセミが飛んできて
壁にくっついたまま鳴いていることはよくある。
壁にくっついたまま「死んでいる」ことなないだろうと思いながら
玄関から出て、るーとが指さす場所に目をやった。




生きてる、生きてる。大丈夫。
ピクリとも動かず、鳴きもしないセミは、死んでいるように思えるらしい。
昨日あたりから、外でセミの姿を見るようになった。
今朝はどこか遠くの木で鳴いているらしいセミの声(1匹か2匹)の声を
聞いたが、姿を見かける割に、大合唱にはならない。
セミが幼虫の姿で何年も(7年だっけ?)地中で過ごすことは知っている
が、成虫になって、すぐには鳴き出さないものなのかもしれない。




日中は、るーとの友達と一緒に公園遊び。
服は水道の水でびしょ濡れ、裸足で砂だらけになっている活発な
友達に触発されて、るーとが「靴下と靴、脱いでみる」と言った。
服が濡れるのはキライ、裸足で外で遊ぶなんてもっての外、そんな
こだわり派のるーとが、自ら裸足になった。駆け昇りやすくなった
滑り台を、2人でキャアキャア言いながら遊んでいる。
「砂のとこも、歩いてみよっかな~」
滑り台の周りを歩き、足の裏に砂がつくのを楽しんでみたり。
ここ数ヶ月、幼稚園のスズメ組やお友達から、いろいろな影響を
受けて、るーとに小さな変化が起こってきている。

「そろそろ“たーたん”はやめて、“お母さん”にしようか」という
提案をしてみた。2歳になる前日に、初めて「たーたん」と
私のことを呼んだるーと。「おかあさん」が言えずに「たーたん」に
なっていて、そこからずっと、もう2年近く「たーたん」のままでいる。
でも……
「おかーさんは他のおかーさんのことなのに。たーたんはたーたん
だけなのに。るーとくんは、たーたんがいいのに、好きなのに」
そう言って、頑なに、お母さん呼びを受け入れようとしない。
「たーたん」の寿命は長くないはず。自然にその時を待とうかな。

愛すコーヒー 


朝は、パン食の我が家。寒かろうが暑かろうが、あたたかい飲み物を
飲みたい私は、年中ホットコーヒーだけれど、ずむ君は冬以外は
アイス派だ。冬に買った大量のコーヒー豆が残っているので、それを
濃いめに落として、アイスコーヒー用にしている。
麦茶作りと並行して、毎日毎日、アイスコーヒー作り……
最初は「めんどくせ~、朝ぐらいホットにしてくれよ~」と思ったけれど
2ヶ月もすると、ちまちま作るのが習慣となり、面倒だと感じなくなった。
ホット用の豆がなくなりかけたので、アイス用の豆をネットで注文。
よーし!アイスコーヒーを愛す男のために、今夏いっぱい(正確には、
寒くなるまで)アイスコーヒーを作り続けてやろうではないか!
表向きは、妻の愛。ホントのところは、妻の意地。

夫のカツレツ 


夫ずむ君作、ミラノ風カツレツ。
「カツレツ食べたい、ミラノ風カツレツ、ミラノ~ミラノ~…」と数日前から
うるさかったので、今夜の厨房はずむ君に任せた。
トマトソースを煮込む時に充満するニンニクの香り……豚肉を薄く叩き
伸ばす音……ジュウジュウとオリーブ油でカツが焼き上がる香り……
油もの料理は久々なので、ムフフな気分で待つ。
るーとは豚肉そのものだと食べないので、別メニューでササミカツを
作っていた。ずむシェフのやることに抜かりはないので安心だ。
トマトと粉チーズとトンカツ、これらの相性は最高だと思う。
トマトの酸味で、油分が中和される。スッキリ夏味。
肉だけガツガツ、揚げモンだけモリモリ!という年でもなくなったが、
たまには、お肉~なメニューに活力を生み出してもらわないと。

親子ダコ作り 


「あ!!!これで、タコくつって(作って)いい!?」
モンシュシュのシュークリームの箱に入っていた、筒状のボール紙。
大が2個、小が1個。一目見るなり「タコ」を作ろうと思ったるーと。
ハサミでチョキチョキ……足を切り始めた。
タコにしては足が多すぎやしませんか???

「でーきた♪お父さんとお母さんと子供のタコ!ギーコギーコって
切るやつ(カッター)で、お口くつって~。ペンでお目目も描いて~」




母子合作で、親子ダコ完成~♪

「箱ある?箱に乗せて、トントンするねん。落ちたら、負けー!」
タコでトントン相撲をするつもりだったらしい。
タコが戦えるほどの大きな箱が見つからず、まともな勝負には
ならなかったけれど、思い通りの物が出来て、るーとは満足な様子。
4歳の誕生日を来月に控え、るーとの物作り大好き度はますますアップ。

ロールを逃す 


土曜日に難波へ出かけ、そこで逃した“目的”というのが……
モンシュシュ堂島ロール!!!

エス コヤマ小山ロールと並び、関西2大ロールケーキとなるに違い
ないと(ずむ君に)言われている、超有名ロールケーキだ。
堂島の本店は狭いらしいので、手近な方の南堀江店の15時の焼き
あがりを狙うはずだった。が、道頓堀極楽商店街で居座りすぎて、
南堀江店に着いたのは16時前。10時と15時にそれぞれ100本焼き
あがるという人気の堂島ロールが、こんな時間まで残っている
はずもなく、見た目に美味しそうだったシュークリームとプリンを
買って帰ることにした。店員さんに尋ねると、堂島ロールは
焼きあがりの30分前に行って並べば、手に入れられると言う。
時間に余裕がある時に、改めて狙うとしよう。

「うまい!皮に味がある!シュークリームランキング暫定1位で!」
と、ずむ君に言わせたこのシュークリーム。1個210円也。
手にずっしり重たく、食べ応えがあるのでオヤツなら1個で十分。
クリームたっぷりのロールケーキが評判なだけあって、シュークリームの
カスタードクリームも無難な美味しさ。クッキー生地の方がインパクト大。
(カスタードだけでなく、生クリームも注入口の最後の方に入っていた)
コヤマのシュークリーム(いたずらシュー)より、こっちが好み。
るーとが選んだプリンは…しっとり大人味のプリンで、上面を
生クリームでフタをしてあるタイプ。美味しいけれど、これは小山プリン
に軍配が上がるな~、などとヤイヤイ言いたい放題でいただいた。

スイーツ通みたいな事をほざいているが、コヤマへはかれこれ1年
はご無沙汰
している。小山ロールを最後に口にしたのはいつだったか、
思い出せないほどになっている。ダメダメじゃーん!

食べて遊んで 


GWの火曜日、定休日と知らずに自然食バイキングの店「ナチュラル
ガーデン」
まで来たことがあった。休みでは、中に入ることも出来ず。
リベンジを誓い、間違いなく営業していることを確認してから家を出た。
当日予約はできなかったけれど、開店前に行くと、カウンター席なら
空いているということで、3人横一列に並んだ窓際の席に座ることが
できた。先月リニューアルオープンしたばかりで、どうも、その時に
価格もUP……3歳以上から有料に変わっていた。




相変わらず小ぎれいで、女性好みのインテリアの店だ。
ずむ君は今日が初来店だったけれど、「サラダを取る必要ないなぁ」と
野菜たっぷりのヘルシーメニューをパクついていた。
色々な料理を少しずつ、少しずつ……この一食で何品目食べたることが
できただろうか。30品目なんて、余裕で越えていると思われる。
制限時間の1時間半をフルに使い、デザートまでしっかりいただた。
コーヒーが美味しいのが、バイキングの締めくくりでは嬉しい。





午後は公園遊びの予定で、ボールを持参。深井から約8km離れた
富田林市の錦織(にしこおり)公園まで車を走らせた。
国道170号線(外環)沿い、海高野線の滝谷駅と近鉄長野線の
滝谷不動駅の間にあり、とにかく広い!
南北の長辺が約1.5km、東西の短辺が約1km。(駐車場は600円)
散策路には傾斜があるので、ぶらぶら散歩するだけでも体力を使う。
10年以上前に、ずむ君と一度だけ来たことがあるのだけれど、
その時はインラインスケートをしにきていて、公園のほんの入り口で
遊んだだけだった。こんなに広々した公園だったとは……




木陰が多いだろうかと、池沿いの散策路を選択した。
苔むした斜面にはキノコが点々と顔を出していた。
木陰は木陰だが、登ったり下りたりとクネクネした道を歩いていると、
汗が滝のように噴き出してきた。夏の公園は厳しいものがある。
春や秋は、長距離を歩いても気持ちがいいだろうけれど。




公園の中ほどにある、遊具広場「やんちゃの里」に無事到着!
汗で髪がべったり張り付いていたるーとも、様々な遊具を前に目が
キラキラ。「おとたーん、早く行こう♪」と、休憩さえも許さない。
斜面に作られた緑色の滑り台が気にいって、何度も滑り降りていた。
私は写真係兼休憩係(?)で楽をさせてもらったけれど、炎天下で
るーとに付き合わされたずむ君は相当ハードだったと思う。
汗をタオルで拭きながら「絶対1kgは痩せた!」と言っていたけれど、
お昼にたくさん食べたから、プラスマイナスゼロだと思うよ、ダンナ(笑)
るーとは車に乗るなり、大あくび。そして、催眠術にかけられたように
カクンと眠った。そしてそのまま、翌朝まで起きず14時間睡眠!!!
どれだけハードな1日だったか、これでおわかりいただけるかと……

太郎と商店街 


難波・道頓堀へ。くいだおれ前がスゴイことになっていた!
どんな有名人が来てんねん!?ってぐらいの人だかり……
もっとも道頓堀で今一番話題の人と言えば、この「太郎」。
閉店を3日後に控え、別れを惜しむ人たちが、太郎の姿をカメラに
収めている。(太郎は道頓堀に残ることに決まったけれど)
肝心のくいだおれ店内にも長蛇の列が。とても入れそうにない。
大阪在住歴三十数年、結局一度も食べには行かないままだった。




暑さと人混みで、るーとの機嫌がすこぶる悪い。
前回難波に来た時は「商店街、だ~い好き♪また来たい♪」と言って
いたのに、今日は「スパゲティ屋さんがいい。他はイヤ。商店街も
嫌い、歩けられへん。抱っこじゃないと無理」と、ワガママばかり。
ウロウロするには街中は暑すぎる。グズグズのるーとを連れては
距離を歩けそうもないので、避難するため「くいだおれ」横の
「道頓堀極楽商店街」へ飛び込んだ。1年10ヶ月ぶりの3度目。




「練習しとくでぇ。ツッコミはこう!なんでや………ねんッ!この“タメ”が
肝心やの。ちょっと!そこの前列のおねーさん!早すぎやってばぁ~」
観客参加型の人情活劇を見物した後、どこで昼食にするか考えた。
新しくできた「やたろし」…じゃなくて、「しろたや」をチェック。
大食いで名を馳せた、ジャイアント白田氏プロデュースのうどん店だ。
大盛り32を完食したら無料、できなければ、お支払は8000円。
親子3人で並16玉は多かろう、高かろう。1/4の4玉1000円あたりに
しておくか?う・ううう~ん、うどんの気分でもないような。
ふと、「あそこで鶏肉食べたいよね」となったので、前にも食べに
入ったことのある「鶏焼 とりの」へ。




肉類が全然ダメだったるーとだけれど、最近、骨付き鶏肉が
大好物へと変わったので、幼児の手にはピッタリの大きさの
「手羽チョボ揚げ」はカリカリといいペースで食べきった。
頼んだ焼きおにぎりも「おいしい」と1個ペロリ。
その様子を見た店主は「最近の子供は舌が肥えとるやろ?美味しい
モンしか食べへんし、正直や。大人はお世辞を言うけど、子供は
言わへんからね。だから子供が美味しいと言って食べる物を
売らんといかんのや」と言った。そして、るーとに「美味しいか?
そりゃ、よかったよかった。常連になって、大人になってもオッチャン
の店に来てや。そんでそん時は、一緒に呑もな」とも言ってくれた。
焼き鶏も美味しいが、何よりこの何気ない会話にほっこりさせられた。




注文してから揚げる、アツアツのコロッケを頬張り、すぐ側の
屋台でヨーヨー釣りをして夜店の雰囲気を味わい、満腹メニューの
そばロール(焼きそば+玉子)とお好み焼きでフィニッシュ。
(ここのお好み焼屋の味付けは、焼きそばもお好みも両方とも
私には濃すぎだった。前に食べたお好み焼の方が好みだな~)
実は……極楽商店街でのんびり過ごしてしまったため、難波へ来た
“本来の目的”は逃してしまった。その目的というのは、また今度♪

電車型の筆箱 


るーとの電車好き友達のお母さんがプレゼントしてくれた、
京阪特急型のペンケース他、文具のセット。
京阪電車は天満橋駅~中之島駅が開通目前(10月19日予定)なので、
最近よくテレビCMなどでも目にしているタイムリーな電車。
中之島線は、わざわざでないと乗る機会がなさそうな線だけれど、
開通したら一度は乗りに出かけてみたい。




ペンケースのサイドポケットを開くと、座席が並んでいる。
るーとは大喜びで、文具を収納すると共に、電車ごっこを始めた。
「次は~、でまちやなぎ~、でまちやなぎで、ごじゃいしまーしゅ♪」

将来、鉄ちゃんの有望株だと思われたるーとの友達N君。
ところが、今春から保育園に通い始め、だんだん鉄道離れをしている
という。鉄道離れで向かった先は……根強い人気のアンパンマン!
やっぱり、そこ行っちゃうか~(~_~;)一緒に鉄カフェに行ったり、電車を
見に京都まで出かけたりしたことがあるだけに、ちょっと淋しい。

和みの水浴び 


真夏のように照りつける日差しの中、少し遠くの公園まで足を
伸ばした。子供たちが水遊びした後に出来た、小さな水たまり。
そこへスズメが、水浴びをしに飛んで来た。
老兵デジカメしかなかった上、スズメと距離があったので、不鮮明画像
になってしまったけれど、小鳥の水浴び光景というのは、うっとり見惚れ
てしまうほど可愛らしい。暑さは辛かったけれど、一時、和んだわ~♪

紙切り小僧 

ハサミで紙を切るのが大好きなるーと。今朝も何やらチョキチョキと。
切った紙を、朝食のテーブルの上まで持ち込んでいたので、
「コラ!ご飯の時はテーブルから下ろしなさい」と言ったら……




「ええッ!?これ、キリンのコースターなのに!」
と抗議されてしまった。……ホンマや、カップの下に敷いてるやん!
(キリンの2本しかない足は、セロハンテープで貼り付けてある)

「コースターて、知ってる?レストランとかで、コップの下に敷くでしょう?
鉄カペ(鉄カフェ)は、赤とか緑とかの丸いコースターだったでしょう?
あれのこと。お家にないから、くつって(作って)くれてん」
ご丁寧に、「コースター」の解説と、必要理由まで語ってくれた。

ランチョンマットやコースターは、我が家に何種類かある。
チマチマと買い集めるのが趣味だった頃(新婚当初)のものが。
るーとが小さくて危険だからと、テーブルに余計なものは載せなく
なっただけのことだが、もう解禁してもいいのかしら???

るーとに毎回切って作ってもらうのも、楽しそうでいいかも。

家族増員予定 


ご近所さんに隠しているわけではないけれど、バッタリ会った程度では
なかなかカミングアウトしづらいのが妊娠。気づいてくれた方が助かる。
るーとの時は出産までブログ上には公表しなかったけれど、最近
すっかり家族日記の雰囲気で進行しちゃってるから、もうええかな~と。

るーとの時にはなかったツワリが5ヶ月頃まであり、食いしん坊星人と
しては辛かったこともあったけれど、安定期に入ってからはモリモリ
食べている。「日に日に丸くなってないか?大丈夫か?」と、ずむ君
にはドラえもん化を心配されているけれど、まあ、何とかなるでしょ。

胎児の性別は判明しつつあるけれど、ここでは出産まで秘密。
「どっちが欲しい?」と聞かれるけれど、「無事に生まれてくれるなら
どちらでも」が本音。それ以上は、望んでおりませんです、ハイ。

高齢出産(35歳以上)でもあるので、無理はそこそこに…と思って
ゆるめに生活しているけれど、るーとがいるので、1人目妊娠の時の
ようにはいかないのが現実。寝相の悪いるーとの、お腹への頭突き
やキックを防御するのが精いっぱいで、毎晩、格闘している(苦笑)
(一番蹴られているのは、寝相のいいずむ君。お気の毒さま~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。