スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息抜きドーナツ 


大きな予定はなかったものの、あれやこれや用事を片付けていたら、
「つ、疲れた~…」と家族3人、同時にへばってしまった。
息抜き先に選んだミスタードナツでは、100円セールをやっていた。
「る~(るーと)は~…、コレとコレね!」
いっちょまえに好みのドーナツを2種類選んで、席につくなり
ガッツク息子るーと。しまったー、カメラを構える前に食べられたー!

帰りにたまったポイントで、ポン・デ・ライオンのバスタオルを
もらおうとしたら、「品切れです」と言われてしまった。
品切れなら、商品見本のところに、そう書いててよ~(´O`)
忙しそうだったから、景品もらうだけで並んだのに~(´O`)
あのポイントカード、カードを作ってから一年経ったらカードは
無効になってしまうのね。うっかりして失わないよう、人気が集中し
そうな商品は事前にチェックして、早めに交換に行っとかないと!
スポンサーサイト

祝日の飛行機 


午後から実家で過ごす予定だったが、ふとした思いつきから急遽変更、
実家の母と妹も一緒に、半年ぶり伊丹スカイパークへ。
スカイパークが初めての母と妹は「飛行機、見たい!見ながら、
るーと君と遊びたい!」と出発前からワーワーキャーキャー(笑)

混んでるだろうな…と覚悟は決めていたものの、さすが連休、駐車場
待ちの列がズラ~リ。「先に降りて見てきたら。車入れてるから」と
言うずむ君のお言葉に甘え、ひと足お先に女・子供だけパーク内へ。
「ひと足お先」のつもりが、その後、ずむ君と合流できたのは
1時間後!(´□`;)お、お疲れ様……。文句も言わずサラッと
こういうことしてくれるので、毎度毎度、ホント助かっている。



伊丹空港は、ほとんどが見慣れたJALとANAばかりだと思って
いたら、白と黒の「スターアライアンス」や、子供に大人気の
「ポケモンジェット」、懐かしの「鶴丸マーク」など、ちょこちょこ
目玉機を見ることが出来た。さすが祝日!前は平日だったから…




るーとはマイ飛行機を握り締めての飛行機見学。
前回は飛行機の総称が「ばんぼ(ジャンボ)」で、JALは
「ああ(赤)」、ANAは「あお(青)」としか言えなかった。
今回は「ジャル・アナ・全日空」などの社名で言い、鶴丸のJAL機
は「ちょっと違うジャル」と区別をするまでに成長。

伊丹シティホテルの名称入りのテントでは、「ステーキ丼」が売られ
ていたり、アイスクリームが完売だったり、遊具広場は子供であふれ
かえっていたりで、パークのどこもかしこも休日色た~っぷり!
パーク滞在時間は2時間半。(ずむ君は車庫入れがあり、1時間半)
帽子をかぶり、日焼け止めを塗っていたが、初夏の陽射しを浴び続け
ていたので、見学&遊び疲れより、日光疲れの方が大きかった。
迫力ある飛行機を間近で見られるのはいいが、空港の展望デッキ
なら日陰に避難しやすいので、夏場はこっちより楽に見られそう。
春・秋と暖かめの冬はスカイパークで、真夏は空港の展望デッキ!
うん、それで行こう!…って、どれだけ飛行機見る気やねん(笑)

愛せる分だけ 


スーパーの「○円以上お買い上げの方、先着○名に野菜の苗
プレゼント」という企画で、トマトの苗をもらった。
殺風景だったベランダを手直し中で、ちょうど、タイルを掃除し終え
るところだった。そろそろ花苗でも……と思っていた矢先に、やって
きたトマトの苗。勢いでそのまま花屋に駆け込み、花苗も買い求めた。
こうして苗を植えたのは、実に3年ぶり!
鉢は有り余っているけれど、自分で手入れできるだけの量だけ、
育てようと思う。結婚した当初の6年前は、張り切りすぎていた節が
あって、ガーデニングに関しては、完全に容量オーバーとなっていた。

愛せる分だけ、育てる。育てるからには、とことん愛す。
本館HPで閉鎖した「愛しのベランダ(ガーデニング記録)」を
復活させられるように、今ある緑に「愛」を注ごうと思う。
……トマトに実が生ったら嬉しいな♪

小旅行を考え中 

070427.jpg
「連休?何デスカ、ソレ?」という顔をして過ごしてきたが、
ずむ君が仕事を続けて休める見通しが立ったらしい。
GW・盆・正月と、どれだけ休めるのか、直前にならないとわからない。
加えて、ずむ君は「あやふやな計画は立てたくない」という性格で、
アバウトな私とは正反対。「予約だけしといて、アカンかったら
キャンセルしたらええやん♪」などという、お気楽発言は許されない。
そのため我が家では「連休」の話題はタブー視され、4月後半に
入ってからも、最小限でしかカレンダーに目を向けることはなかった。

それが、本日、解禁♪
飼ってる小鳥がいるし、幼児連れだし、予算も無いしで、1泊ぐらい
で軽めの“小旅行”に出かけようかという話になった。
特急電車や新幹線に乗るのも有り、車も有り、フェリーなんてのも
有り……わ~~~、こういうの何日も前から考えたかった(T▽T)

参考までにと、電車好きの息子るーとに、探りを入れてみた。
ゆ ん「何の電車に乗りたい?」
るーと「えーとねぇ、こうやに乗りたいナ♪」
※こうや…南海電気鉄道の特急電車。難波~高野山(極楽橋)間。

こ、こうやか……幼児の割りに地味な希望だ……
高野山のお寺で1泊して修行でもするか?

ゆ ん「こうやの他には何に乗りたい?」
るーと「快速電車に乗りたい。たんば快速!」
※たんば快速=JRの丹波路快速のこと。大阪~篠山口間。

うーん、快速電車か~。この際だから、もっとはじけた希望を
言ってくれてもいいのに。遠慮しているのか、回答が地味だ。
普段は「はくたた(はくたか)乗りたい!」「つばめに乗りたい!」
「ゆふいんの森、乗りたい!」とか、言いたい放題なのに。
電車だと現地で荷物を抱えて移動するのが大変だから、車の方が
楽ではある。子供の荷物も結構あるし。(まだオムツを卒業前)
ワクワクしながらアレコレ考える時間は短いけれど、“短期集中
ワクワク”で、出発ギリギリまで楽しもう!

基本は徒歩 


るーとは自転車の補助椅子に座るということを知らない。
買物も公園も全て徒歩。歩き始めた1歳1ヶ月でベビーカーを
やめてから、私とるーとは“体ふたつ”で出かけるようになった。
最初はほとんど抱っこだった。少し歩いては「抱っこ!」、手を
つないで歩く…なんていうのは、2歳になってからだろう。
それでも、行程の半分歩けばいい方で、子供を抱き、買物袋を提げて
歩く私は、近所の人には「変わった人」だと思われていた。
「なんで自転車乗らへんの!?」「歩かんかったら抱っこって?えー!
大変やん!」「足が強くなるからいいんやろうね、ウチは無理やけど」
最初はそんなことばかり言われていたけれど、見慣れられた今では
もう誰も言わなくなった。

るーとと歩くと、買物だけでも行って帰ると1時間半はかかる。
それに、ちょっと公園に寄ると2時間を越える。ちょっと遠くの
公園へ足を伸ばすと、3~4時間は、帰ってこれなくなる。
夏の暑い日なんか汗だくで荷物を持ち、抱っこをせがむ息子を抱き
ならら「ヒーーーーッ」と思ったこともあったけれど、自転車に
しようとは思わなかった。おかげで私も両腕はムキムキだ(笑)

2歳半になる頃から、突然、全行程をるーとが自分の足で歩く
ようになった。500m離れたスーパーからの帰り、手をつないで
「抱っこ~~~」も言わずに歩いて帰った時は、本当に驚いた。
次は、1.5km離れた公園からの帰りも、抱っこなしで歩いた。
そこからは、全て“るーとの足”になった。
抱っこがなくなり、体力的にはものすごく楽になり嬉しいが、こんな
に突然、スタスタ歩き続けるようになったという驚きの方が大きい。
歩くと同時に、ご飯をたくさん食べるようになった。眠りが深く
なったようで、朝まで一度も覚まさなくなった。遊具で上り下り
するるーとの足の踏ん張りが、格段に強さを増した。

↑足場の悪い道が好きで、飛び越えたり回避したり、うまく歩く。
気をつけていないと置いていかれそうになるほど、るーとは速い。
そして、水溜りを覗き込んだり、変わった形の石を拾ったり……
歩き始めた頃にも楽しんでいたのと同じことを変わらずやっている。
そんな息子をフフフと眺めていると、「たーたん(お母さん)!
そっちは車来るから、もっとこっち!」なんて言われたりもする。

私の基本は徒歩。るーとの基本も徒歩。
完全少数派の徒歩親子は、今日も明日も明後日も歩く。

見舞う気持ち 


少し前の話になるが、近隣で火災があった。
今までに何度か火災は見てきたが、こんなに自宅から近い場所で
起こったのは初めてだった。消防車が何台も駆けつけて四方から
放水、もうもうと上がり続ける煙で、窓も開けられない状態。
数時間前まで何ともなかった建物が、燃えて無くなる、当然リセット
なんて効かない。そのことが恐ろしくて、震えが止まらなかった。
(この火事で我人が出なかったのは良かったが…)

鎮火から2、3時間して、ポストに2枚の名刺が入っているのに
気付いた。「近火お見舞い申し上げます」と手書きされているものと、
「近火御見舞い」のハンコが押されているもの。
本人ではない誰かが、書いたり判を押したりしたんだろうな…
本人ではない誰かが、投函したんだろうな…
「見舞う」とは、何よりも気遣う気持ちがなければならないはず
なのに。私には、形だけの紙片にしか見えなかった。

そして、ふと思った。
私はどれほど気持ちをこめられているだろうか。
無意識のうちに、この名刺のようなことをしていないだろうか。
この名刺、捨てずに持っていた方がいいかもしれない。自分のために。

たこ焼きと睡魔 


妹が遊びに来たので、お昼ご飯はたこ焼きにした。
じゅうじゅう焼くの久しぶり~!やっぱり楽しい♪

「くみちゃんとコロコロ滑り台に行きたい」と言っていた、るーと。
でも今朝は5時半起き。昼食後は早速睡魔がやってきて、微妙な
テンションに。この状態で30分歩き、コロコロ滑り台の公園まで
行けるかどうか怪しくなってきた。
※コロコロ滑り台=ローラー式の滑り台のこと。

布団を敷いてみると、真っ先に眠りに落ちたのは、妹!!!
一人暮らしていた神戸から堺の実家へ引越し、神戸の職場までバイク
通勤している妹。昨夜は遅番で帰宅したのは午前1時だったという。
疲れてたのね…(T_T)妹が寝てから30分ほどして、ようやく
るーとが眠りに落ちた。コロコロ滑り台へは、また今度行こう!

取り残された私は、一人優雅に(?)コーヒーブレイク♪

週末の冷蔵庫 

「なんじゃこりゃーっ!」我が家の冷蔵庫のあまりのスッカラカン
ぶりに、ずむ君、昇天…じゃなかった、仰天。


長期旅行前でも夜逃げ前でもない。
「こりゃ、料理してないヤツの冷蔵庫だな」と思われたかもしれ
ないが、2日間、買物に行かないとこんなになってしまう。
乾物などの日持ちするものは、買い置きしてるけれど(カレールーは
5箱もある)、日持ちのしない冷蔵食品や野菜は買い置きが苦手。
ちまちまと、要るものだけを毎日買い足すのが性に合っている。
週末の冷蔵庫にしては、さすがに貧相すぎるかと自分でも思うけれど。

ですので、ケーキをホールで2、3個持参されても、保管場所には
困りませんから~♪♪♪…って誰に向かって言ってんだ、私(^_^;

小物賞品の波? 


焼きそばUFOのリニューアルキャンペーン賞品、到着♪
カップ麺2個だけど、当たりは当たり。
送料の方がかかってそうだが、当たりは当たり。

「最近、小物賞品の波が来てるね~!」と、私が言うと、
「波って……UFOとフローレンだけやないか」と、ずむ君。
2個では「波」って言わへん?ええやん、「波」って言ったかてさ~。

前、テレビで見たけれど、UFOは形がUFOに似てるから
つけれらたのではなく、うまい(U)・太い(F)・大きい(O)の
アルファベットの頭文字でついた名前なんだそう。新しいパッケージ
にも「うまく!太く!大きく!」って印刷されてるものね。へぇ~。

フローレン女史 


じゃんじゃ~ん☆懸賞当選商品が到着(^▽^)v
応募したのが3週間ほど前なので、私の記憶にも新しい。



中からは、ランチョンマットを手にした「フローレン」が。
(※ムーミンのキャラクター、足輪をしている女の子)
るーとが好きなグリコのビスコのバーコードで応募したのだが、
葉書1枚きりで当たっちゃった♪ムーミンとフローレン、合わせて
3000名に当たるというものだったから、懸賞としては当たりやすい方
だろう。第一回締め切りが3月末で、第二回締め切りが5月末なので
今度はムーミン狙いで送ってみようかな、ずむ君の名前を拝借して…
ビスコ好きな息子のおかげで、バーコードはたまってるし(^m^)


息子るーと、フローレンを見るなり、「これ誰だ~?誰だ~?」と
しつこく聞いてくる。(アニメは今もやっているのだろうか?)
「フローレンよ」と教えたが、「ふどぉ~で~ん?ふど~でん!
ふど~でん!」と、可憐なフローレンのイメージとは程遠い名前で
呼んでくれるように。ふど~でん……漢字にするなら「不動伝」?
『不動伝、不動伝、ふどうでんでんででんでん♪』

雨の日に出会う 


止まない雨、冬物コートが要りそうな寒さ……
でも今日は、思い切って外に出てよかったと思える出来事があった。

顔は知っているが名前までは知らず、会うと挨拶に加え、2、3言葉
を交わす近所の女性。その人とバッタリ会い、「ちょっと相談がある
んやけど、時間いける?寒いのにごめんなさいね」と言われた。
相談をしたりされたりする間柄ではなかったので、少し身構えた。
が、その内容というのが、聞いてみると「ああ、あのことか!
それはさぞかしお困りのことだろう!」と思えることだった。
(詳細は省きますが…)

そして、去年の暮れ、マンション管理組合の会合の場で、私が
一石を投じたことがあったのだが、その時のことを「勇気があって
すごいと思った」と言ってくれた。だから、今回の“相談事”を、
私に会ったらしたいと思っていたと……
時々会うだけのご近所さんだった人の名前が、ここに住んで6年
経って、ようやく分かった。電話番号やメールアドレスの交換もした。
今すぐ特に何をしようというわけではなく、「力になってほしい」と
言われ、「私なんかでよければ力になります」と約束をしただけ。

他人が感じた、私の勇気、私の力。それってどんなものだろう。
携帯電話のアドレス帳に、新たに登録した一件。もしもの困った時、
お互いを助けたり助けられたりできそうな人が、不意に目の前に
現れてくれた。よかった、雨の日に出かけて。本当によかった。

空飛ぶパンダ 


新聞広告を見て「パンダ飛行機、いよいよか~」とニンマリした。
年明けぐらいからニュースなどで見知ってはいたが、いよいよ今夏、
8月にANA中国線で運行開始だそうな。
飛行機をパンダ丸ごとに仕立て上げる発想も好きだが、機内や
機内食、制服までもパンダづくしだとか…そのこだわりも好き~♪



でも一番ニンマリしたのは、これこれ、この空飛ぶパンダ。
むっちりしたメタボリック体型、超ハイウエストの白いパンツを
はいてるかのようなツートン模様、これでもかというほどタレに
タレまくった目、どれもこれもが私のハートを射抜いた。
「FLY!パンダ号」より、こっちパンダの背に乗りたい!
本館HPのTOP画像に加工して、「パンダに乗って散歩」に
変えちゃおうかな~ってぐらいに気に入った。…ああ、かわええ♪

記念日を過ごす 


昨日の続き。
“思い出の場所”と言っても、コヤマ→フルーツ・フラワーパークと
いう、毎度お馴染みコース。ワンパターンながら、超お気に入り♪
半年前は工事中だった新店舗「FRAME(フレーム)」の一角、
バウムクーヘン工房は始動していた。他の部屋(料理教室等)は
6月オープンらしい。前回同様、コヤマ店舗は大行列。
ずむ君が並んでいる間、私とるーとは庭で遊んだ。適度に狭く、
適度に高低差があり、子供心をくすぐるくすぐる!見慣れない花が
咲いていたりと、素敵な庭構造に大人心もくすぐられる!
シェフ・コヤマ氏の「好き」の気持ちがあちこちに詰まっていて、
ここに来ると元気になれる。「好き」とは、すごいパワーだ。




徐々に空が青くなり、フルーツ・フラワーパークに着いたころは、
快晴に変わっていた。そこで、本日挙式の人たちに遭遇。
ということは……私たちと結婚記念日が同じってことに。
6年も経ったら、“こんなん”になるよ~( ̄m ̄)グフフ



チューリップでも種類によっては満開だったり、蕾だったりと様々だ。
去年来た時同様、広場でオヤツを食べた後、ずむ君とるーとは
キャッチボールもどきをしたり、遊具のある公園で遊んだり。
空が広がって山が連なり、緑にあふれ、花が咲いて、虫が飛んで……
ちょっとした非日常の、どれもこれも気持ちがいい。特別なことは
何もしなかったけれど、これが私達らしい記念日の過ごし方かも。

開かずのバー 


高速を使って、車で外出を。
「ETCカード、入れてる?」「入れてるよ」と確認をしたにも
かかわらず、バーが開かず直前で緊急停止するハメに……
「カードは入れてるのに、なんでや!?」 答え:有効期限切れ。
「おかしいなー、有効期限切れる前に、新しいカードが届くよなー、
普通。おっかしいなー」現金で支払った後、首を傾げ続けるずむ君を
見ていたら、少しばかりイヤ~な予感がしてきた。
“未開封のままの封筒”を、2つ3つ見たような……( ̄□ ̄;
家に帰って確かめると、新しいETCカードは届いていたのに、
未開封のまましまい込んでいた。私のミス!ずむ君、ごめんなさい!
ひとつしかないETCゾーンの入口を止めてしまって、後続車の皆様、
ごめんなさい!高速の黄色いチケットが、えらく懐かしく感じた。



伊丹空港付近を走行中、絶妙のタイミングで飛行機が頭上を横切った。
これは、後部座席の右側の窓から撮ったもの。
(いつでも写せるよう、車の中であってもカメラはスタンバイ…笑)
過去にも走行中に何度か着陸する飛行機を見たけれど、今日が
タイミングとしては、一番いいかも!!!



運転手のずむ君が飛行機を確認できたのは、前方に来た時。
興奮しながら飛行機を指差し、叫ぶずむ君……
運転手さ~ん、しっかりハンドル握って前方見てくださいね~(汗)

※ジャンボ=るーとが飛行機全てを「ジャンボ」と言うため、
私やずむ君までジャンボと呼ぶようになった。

バーは開かなかったが、飛行機は見れたし、そう悪くない日なのかも
しれない。本日、結婚6周年記念日。“思い出の場所”へ急行中~♪
(続きは、後日ブログで)

独楽回し練習 


京都へ行った時、箸やさじなどの手作り木工品を売る店で、
独楽(コマ)を買った。丸っこい形の“逆さゴマ”。(写真左側)

逆さゴマは、持ち手の部分が下になるよう逆さまに持ち、回転を加え
ながら、ひょいと投げて“逆さ”に回すものだとばかり思っていた。
ところがこれ、写真の状態で普通の独楽のように回しても、遠心力で
中心の持ち手が外側にぶれていき、独楽が自分ひとりでクルっと
逆さまになるということに、今回初めて気が付いた。(私もずむ君も)
回っている独楽が、回ったままくるっと逆さまになり、そしてまた
回り続ける……なんて、摩訶不思議!!!
るーとも「え~なんでぇ?また反対になった~~~~!?」と
魔法みたいな独楽に、目をキラキラ。

でも私、独楽を回すのがすごく下手。逆さゴマをこの方法で
回そうとすると、独楽が長距離滑走するため、床のようなかなり広い
場所が必要で、逆さまから回すのは、下手すぎて全然ダメなのだ。
不器用そうなずむ君の指の方が、安定した速い回転を加えられ、
長いこと回せるのがまた悔しい。独楽ぐらい、楽々回したいもの。

写真右側の普通の独楽なら、重心が安定しているので、パソコン前の
小さなスペースでも回せる。パソコンに向かっている間は練習を兼ね、
キーボードのすぐ前で、こっちの黄色い独楽を回すことにした。
逆さゴマ”も、お盆のような狭いスペースで回せるようになりたい。
いい年して、独楽回しの練習をしている自分が、ちょっと可笑しい。

公園の春と桜 


昨日の鶴見緑地の写真。
ずむ君とるーとが遊んでいる間、一人春らしいモノを探して歩いた。
伸びて間もないツル性の植物や、頭が重くなったタンポポの綿帽子。



目の高さには、芽吹いたばかりの木の芽が、踊るように並んでいた。
似ているようで皆違う。新生児室の赤ちゃんみたいで可愛らしい。



散っている桜も良いと思うようになったのは、ここ数年のことだ。
地面がうっすらピンク色をしているのも良いではないか。
桜色から茶色に変わり、土に帰ろうとしても良いではないか。
一年一年、桜と共に年を重ねている私。来年の桜は、どんなかな。

チューリップ満開 


ずむ君の仕事が休みになったので、鶴見緑地へ。
チューリップが満開!ちょうど一年前、4月の後半に遠足で来たことが
あるが、今年はチューリップの開花もだいぶ早いようだ。
青空とカメラが違うおかげで、去年よりいい写真が撮れた。むふふ♪

(↓クリックすると大きく見られます)
070412_wide.jpg
大池沿いに咲く、桜の木の下でお弁当を。平日なので、桜の木を取り
合うほどではないが、お弁当組の姿は公園のあちこちで見かける。
どの桜も散り始めているが、まだもうしばらく“お花見”はできそう。
風が吹くと桜がサーッと散ってきて、油断していると、おかずと一緒
にほお張りそうになる。青空の下であまりにも気持ちがいいので、
「花びらの1枚や2枚、記念に食べてもええわ~」と、何でもアリの
大らかな気分にさえなった。



水鳥もたくさんいたのだが、失敗ばかりで上手く撮れなかった。
低めの桜の枝で休憩するヒヨドリと、小枝の多い木にうまく止まる
ことができず、バサバサともがくドンくさいハト(笑)
春の陽気のせいか、陸の鳥も水辺の鳥も、みな楽しそうに見える。



公園内をほぼ一周する。
緑地内にある乗馬苑の外から、「カッコイイな~、風を切って走った
ら気持ちいいだろな~」と目をハートにして見つめてしまった。
ナマ馬には乗れないので、乗馬苑の横にあった木製シーソーの馬で
我慢する。このシーソー、見た目が可愛いばかりでなく優れもの!
体重差のある大人と子供が乗っても、大人側に沈んだままにならず、
中央のバネがうまいこと保ってくれるのだ。ギッコンバッタン式の
シーソーは怖がって乗らないるーとだが、このユラユラ式のシーソー
は、お気に召した様子だった。置くとこ無いけど家にも欲し~い♪

アヒルンルン 

昨日の京都の話。


鴨川にカモ…じゃなく、アヒルがいた。
真っ白い羽根の綺麗なアヒルが2羽。
「アヒルンルン♪アヒルンルン♪…」と、思わず口ずさみたく
なるほど、仲良く楽しそうに過ごしていた。



川岸には青テントが並んでいて、真ん中辺りに半円形の囲いが……
もしかして、アヒルを飼育しているのだろうか?
家に帰って「見て見て!アヒルンルンがいたよ~♪」とずむ君に
写真を見せると、「食べるために飼ってるんちゃう?」と言われた。

頭の中で「アヒルンルン♪アヒルンルン♪…」のリズムが変調し、
ドナドナの歌のように悲しく響いた。ペットであって欲しい(ToT)

京の桜をひと目 

4月に入ってから、京都の桜情報を友人のブログやテレビで見る
たびに、桜の咲く京都へ行きたくて行きたくてたまらなかった。
るーとが生まれてから、何度か家族で京都へは行ったけれど、
夏だったり冬だったり、いつも桜とは無縁の季節ばかり……
思い切って友人に声を掛けた。「京都に桜を見に行かへん?」


京阪特急に乗り、大人2人・2歳児2人の計4人で京都へ出発した。
丸太町駅で下車し、琵琶湖疎水に沿って東へ歩く。疎水沿いには
延々桜が植わっているので、頭上は空が見えないほど、桜で真っ白!
人通りが少ないので(駅から同じように歩く人はゼロ)、川を眺め
たり、桜に酔いしれたりと、思いのままに立ち止まれるのがステキ
だった。大阪の桜とは趣が全然違う。京都の桜には敵いまへん!
駅から1kmほどで平安神宮に到着した。
事前にチェックしていた桜予報では、平安神宮が8分咲きと、
まだまだ見ごろが続きそうだったので、神宮を目的地とした。



平日の割りに、参拝客が多く、外国人観光客の姿が目立つ。
大型の観光バスが続々と入ってくるが、天気のよかった先週末など
とんでもない人出だったのではないだろうか。
「あんなところに桜が…?」と思ってよく見ると、それはピンク色の
「桜(はな)みくじ」を結び付けている「結び木」だった。
離れてみると、まるで花が咲いたよう!何人もの外国人観光客が
歓声を上げながら、結び木の写真を撮って行った。
桜みくじは、桜の「咲き頃」で占うもので、満開・八分咲き・五分
咲き・三分咲き・咲き初む・つぼみふくらむ・つぼみ…のどれかが
書いてある。大凶や凶と違い「つぼみ」が出ても、開花に向けて
希望を持てるのがいい。ちなみに私は「咲き初む」で、友人は「八分
咲き」。おみくじの左半分に満開成就を願って、願い事を書き記し、
結び木に結ぶというスタイルも、私のみくじ経験の中で初めてだった。
おみくじと絵馬が合体したような、このお得感もステキ~♪(笑)



神宮南にある岡崎公園で、桜を眺めながら少し遅めの昼食をとり、
鴨川を目指して神宮を後にした。(神宮庭園は、またの機会に…)
対岸に近代美術館と桜を眺めながら、再び疎水沿いを歩く。



三条大橋から四条大橋の間の約600mを、鴨川に沿って南下した。
小さな川の方には、体の大きなアオサギが。そして、鴨川本流には
カラスが4羽、対岸の桜を見つめるように、仲良く並んでいた。
鴨川カップルだけでなく、カラスにも等間隔の法則は有効???

帰りは、阪急の河原町駅から特急で。始発駅だが、すぐに特急待ちの
列が出来た。京都~大阪間を行き来する人は多いのだなぁ。
京都にいたのは5時間あまり。帰宅してから地図帳で調べた、徒歩で
の移動距離は、約5km。大人同士の京都散策ならば、5kmぐらい
大した距離ではないかもしれないが、幼児同伴ではなかなかのもの。
大人の半分以下の狭い歩幅の2歳児が、ぐずりもせずよく歩いた。
「京都やからこれだけ歩けたんやと思う」とは、帰りの車内で友人が
言った言葉。…本当にそうだ。京都の桜が、私たちの背中を押して
歩かせてくれたようなもの。京都はホンマにええとこどす~♪♪♪

こんな花見も 


実家近くの緑地へ、母手作りの弁当を持って出かけた。
近くと行っても、脇見三昧のゆっくり散歩ペースで30分。

花見の賑わいが想像以上だった。駐車場待ちの車の列もすごかったが
桜の下の人気スポットの密度の高さと言ったらない。
↑画像の斜面はマシな方で、平地の広場の桜の下と言ったら……
え~~~~、安らげへんやろ???と思うほどの鮨詰め状態。

花見をする人を池のこちら側から見ようにして、シートを広げた。
遠くの桜を見ながらでも、“花見”に違いない。
もちろん、フツーの樹木の下なので、周囲に人気は全く無い。
弁当を食べ始めて、ふと視線を感じると思ったら……



野良猫たちが、1匹、また1匹とやって来て側に座った。
「ここにいるから、気が向いたら何かちょうだいよ」と、どのネコも
がっついた感じではない。時おり、すぐ下の池で小魚を釣り上げた
人が、草むらにネコがいることを知って、魚を投げて寄こす。
のんびりした動作のネコも、魚には敏感で、サササと走り寄って
小魚を平らげ、また何事もなかったように私たちの側に戻って来る。
遠くの桜を見ながら、でもそんな私たちはネコに見つめられながらで、
なんだか不思議な“花見”だった。



園内には手作り感あふれる花壇があちこちにあり、どの花も
「今が満開!見ていって!」と言っているようだった。
我が家のベランダガーデニングは、とうとう春に間に合わず……
第一段階の掃除が不完全で、花苗を揃えるまで至っていない。
暑くなる前に、掃除だけはしておかねば。花いっぱいの場所に来る
たびに、ベランダを殺風景なままにしていることを悔やんでしまう。
少ない鉢数で、花いっぱい感を出す!が目標だったのに。

今日はとにかく歩いた!夜は深く眠れそう♪

今夜は伊右衛門 


ペットボトル飲料にオマケでついていた、伊右衛門の茶葉1回分。
最初、溶かすだけの粉末茶かと思ったけれど、よく見たら茶葉だった。
そうか、伊右衛門の茶葉は製品で出てたっけ。

伊右衛門は味も好きだが、名前も好き。
アニメ一休さんでは、新右衛門さんが好きだった。
「~えもん」と聞いても、ドラえもんより新右衛門さんが先に浮かぶ。
大人になってから見ても、アニメの一休さんは面白く感じるだろうか。
子供の頃は、一休さんのとんちワールドに夢中になっていたけど(笑)

回った心と体 


公園へ行った。カメラを肩からぶら下げて。



桜も撮った。



チューリップも撮った。

その他モロモロ……2時間で100回以上シャッターを切った。
あ~~~~、すっきり。思ってたよりも鬱屈していたようで。
よし。心も体も、外向きで行こう。
やっと「回れ右!」が出来たみたい。よかった、回れて……

底値イチゴ 


「お!安~い!」と喜んで買って来たイチゴ。



傷みもなく、きれいなイチゴが、特売価格で200円。
安いから甘さの期待は半分ぐらいにしていたら、
予想以上に甘くて大満足。1パックを3人がかりで
食べたら、あっという間になくなってしまった。

値札が二重になっていたので、めくってみると350円と出てきた。
更に得した気分♪やっほう♪
イチゴ農家さん、超特価でいただいちゃってごめんなさ~い。

待ち受け画像 


ケータイの画像データフォルダに、見覚えのない画像があった。
何色ものパステルをぼかし合わせたような、明るい色合い……

このところ、何だかイマイチ気分が乗らないことが多かった。
咲いてる桜を見上げても、気持ちは灰色がかったままのような、
そんなすっきりしない状態で。
そうそう、こんな色が、私の心に欲しかったんだ!
早速、ケータイの待ち受け画面にした。ケータイを開くたびに、
この明るい色が、目から心に流れて来てくれたらいいなと願って。

お友達のHPで、鳥のモチーフが付いた、可愛らしいビーズの
ストラップを目にした。何年も何もついてないままだった私の
ケータイ。久々に自分好みのストラップを探してみたくなった。

ちなみにこの画像は、こっそりケータイをいじっていた息子るーとが、
何かを撮って、そのまま保存したものだった。前後には、るーとの手
が映っていたけれど、このきれいな色も手の一部なのだろうか???
撮った本人に聞いてもわからないだろうな~。

気温と食欲 


私の体は正直だ。寒くなると、とたんにお腹がすく。
寒いぞ~、脂肪つけとけ~、蓄えておけ~、と脳が命令を出す。
春だよ?4月だよ?一時的な寒さだよ?と言い聞かせても、
お腹はグーグー鳴るばかり。寝る前だから、ホットミルクとシュガー
スポットたっぷりの、甘いバナナで我慢した。気持ち的には、カップ
ヌードル(ノーマル味)をかっこみたいんだけど……

お腹の中で、バナナジュースが出来ただろうか。

山陰山陽を思う 


13:00~15:00、大阪駅で特急やくものリニューアル車の展示会が。
30分前でこの行列!いやいや、画像に写っている人は、行列のほんの
一部分(先頭の方)であって、実際はどえらいことになっている。
改札の外にもズラ~リ、ショップの並ぶ方までズラズラ~リ。
100人200人、それ以上いそうな感じ。
先頭の方々は、いったい何時から並んでるのだろう……

昼時でお腹ペコペコの私たちは、すっかり「やくも」から食い気に
シフトチェンジ。とても幼児連れで、行列に並ぶ気は起きなかった。
「アクティ大阪の景色のいいレストランでお昼ご飯にしよう♪」と
言うステキなずむ君案に乗り、上階まで行ったはいいが、
「おにぎい(おにぎり)がいい~、おにぎり~」と、息子るーとが
おにぎりモードに突入。アクティで、おにぎり???あるか???
探してはみたが、おにぎりがメニューにある店は1店もなかった。

「…おにぎり買って、駅で食べるか」
「そやね。目の前で電車を見ながら、おにぎりをほお張るというのも、
春らしくていいかもね~♪」 花見ならぬ、電車見?春、関係無し?



前回よりギャラリーがすごかったトワイライトエクスプレスをサラッと
見学した後、サンダーバードなど北陸方面へ向かう特急が停まる
11番ホームのベンチで、お弁当やおにぎりを食べた。



お腹が満たされると、相変わらず人だかりが絶えない「やくも」の
ことは、何だかもうどうでもよくなってしまった。
が……ずむ君は「せっかくだし、車内に入場しなくても近くで見よう」
と言うし、るーとは「やくも遠い~、やくも見る~」と言うしで、
二人の熱意に押される形で、9番ホームに上がった。



入場者には粗品プレゼントとあったが、ホームから眺めていただけの
るーとにも「ボク、これ、持ってて♪」と粗品袋を手渡してもらえた。
(中にはハンドタオルとミント菓子、山陰・山陽の旅行パンフレット)
リニューアルのお披露目展示車というのは今回初めて見たが、
展示車に群がるあまりの人の多さに、撮りたい願望がヘナヘナと
縮まってしまった。↑一応、形だけ撮ったけど…
実際にお客さんを乗せて、今から出雲に向けて出発するぞ~という
旅情たっぷりの「やくも」なら見たいし、撮りたいとも思う。

帰りの車内で、山陰・山陽のパンフを眺めていたら、ものすごく
旅行に行きたくなってしまった。それぞれ過去に一、二度行った
事がある岡山・広島、島根・鳥取だが、是非また行ってみたい。
岡山へは昨夏行ったところなので、10年ぶりの山陰方面か。
それか、広島県の宮島と山口県の岩国をセットでなんて、良いかも♪
観光地としてはベタかもしれないが、錦帯橋と岩国城に行って
みたくて。城は城でも、山城好きなものでして、わたくし(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。