スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天高くブランコ 

061130.jpg
ブランコに乗りながら空を仰ぐと、こんなだった。
雲が多い日だと思ったけれど、隙間から覗く空の青いこと!
アニメ「ハイジ」のオープニングの、ブランコシーンを思い出した。
憧れたなー、あの長い長いブランコは…
スポンサーサイト

12月の綿帽子 


公園の芝生に赤い葉がたくさん落ちて綺麗だなと思っていたら、
一輪、黄色いタンポポが咲いていることに気が付いた。
これから綿帽子に変わり、綿毛を飛ばすのだろうか。
ならば、12月の綿帽子?
月が移ったら、タンポポの様子を見に来よう。

暮れの慌しさを、何事もなく乗り切れますように…
元気なタンポポに願掛けを。

ホテルバイキング 


ひと足早い忘年会と称して、ずむ君一族とホテルバイキングへ。
場所は、スイスホテル南海大阪の6Fにある、「カフェスイス」
サウスタワーホテルからスイスホテルに変わってから、中へ入った
のは初めてだ。雨だったが、ロビーは婚礼関係者で賑わっていた。

ここは、デザートが良かった!スイスチョコレートのフォンデュが
目玉なこともあり、チョコ系のスイーツが好きな人にはオススメだ。
好みがうるさい義父は「うまいもんは、パンと蕎麦しかない!」と
早々に箸を置いてしまい、ずむ君に「なんや、千円分も食べてない
んちゃうんか」などとつっこまれていたが、こういうところは、
食い気に走るか、のんびり雰囲気を楽しむかのどちらかだろう。
(義父はバイキングを楽しむ家族を見て満足の人なので問題なし)

後で「デザートはここで、料理は○○ホテルで、ロケーションは
△△ホテルなら、最強のホテルバイキングやなぁ♪」などと、
好き勝手に組み合わせを考えるのも楽しかったりする。
経験は乏しいくせに、言いたい放題…(^◇^;

何とかなる 


百貨店のトイレで、幼児用と一緒になっている個室があった。
トイレに行きたがったるーとは、このミニチュアみたいに可愛い
便座で、無事に用を足すことができた。

もうすぐ2歳3ヶ月になるが、現在もオムツ着用。
トイレに行きたがる時だけ、トイレに連れて行く…というのを
2歳の誕生日前からしているが、この頃は、日に2~3回できる
ようになった。(大の方は、まだ数回しか成功していないが)

「トイレトレーニングするなら、一日でオムツを取る!ぐらいの
気合いでやったほうが成功するよ。もらしても大丈夫なように、
ラグなんかは全部取り外して、一日外出せずパンツ1枚で
過ごすと濡れるのが気持ち悪くなって、一日で取れるから!」
友達にこんな方法を教えてもらったのだが、話を聞いたとたん、
「そりゃ~ダメだ。私向きじゃない」と、あきらめた。

子育てしていて、わかったのは、私は他人の「トレーニング」には
向いていないってこと。(ペットに芸を仕込む、というのも苦手)
育児書なるものが、これっぽっちも読めない。読めないというより、
脳が受け付けない。『魔の2歳児イヤイヤ期はこうして乗り切り
ましょう』『夏がトイレトレーニングのチャンス!○割の子供が
○歳の夏にオムツが外れている!』なんていうのが、まったくダメ。
トレーニングの類は一切していないが、なんとかなっていると思う。
これからも、なんとかなっていくんだろうと思う。
「何とかなる」って、いい言葉だ。

空に昇る雲 


西の空に、縦に細く昇る筋を見つけた。
そのままじっと動かないので雲だと思ったが、こうして改めて見ると、
煙にも見える。あの辺りに煙が出るような場所があっただろうか?
以前も、空に昇る雲を見て日記に載せたな~と思い、調べてみたら、
去年の6月のことだった。もっと古い記憶のような気がしてたのに。



上の画像よりも南の空には、三日月が。
その下には、交差して網のようになった雲がある。
ではさっきの筋の正体も、雲で正しいのかもしれない。
空に昇るような雲は、ホニャララの前触れ…なんてのが、あるかも。

暖秋の蝶々 


暖秋により、例年より1週間長く紅葉が楽しめるらしいが、
春よりも多いのでは?と思って眺めてきた蝶の数も、さすがに
減ってきた。
この日見た蝶は、小さな畑の上を飛ぶモンシロチョウが1匹だけ。


「ちょうちょ、いないねぇ」と言いながら、息子と歩いていると、
「ちょうちょ!あった、あった!」と、るーとが駆け出した。
そして、黄色いパンジーが咲く植木鉢に顔を近づけ、
「うわぁ~!ちょうちょ、いっぱい、いっぱい!」と嬉しそうに言う。
花びらの中の黒い紋があるパンジーは、蝶の羽のよう。…そうか、
るーとの目に、パンジーは「ちょうちょ」として映っているのか。
またもや、ホロリと来てしまった。冬になって蝶がいなくなっても、
寒い冬の間中咲くパンジーがあれば、さびしくないね。

数打ちゃ当たる 


数日前、ずむ君が応募した懸賞で、試写会が当たった。
しかし、仕事&用事があり、観に行くことができない。
日にちに余裕がないけれど、誰か代わりに行けないものかと思い、
実家の母に電話をしてをしてみた。

私 「007の試写会なんだけど、観に行かない?」
母 「悪いけど、ウルトラマンはちょっと……」
私 「………?????」
母 「ウルトラマンセブンでしょ?」
私 「ゼ・ロ・ゼ・ロ・セ・ブ・ンッ!ジェームズ・ボンド!」

母君、しっかり~~~(T▽T)
007は数十年前からのシリーズ物。
映画は好きな母にはもってこいだと思っての人選だったのに、
何故にウルトラマンの誘いだと思うかね?もうびっくり。
誤解が解けると、よろこんで観に行ってくれたが。

最近、懸賞の賞品が小物ながらちょくちょく届く。
週に1個は当たってる。数打ちゃ当たるんだ、やっぱり!!!
懸賞係のずむ君、毎日コツコツがんばってます♪

誰もいない公園 


あちこちの公園を渡り歩く日々なので、またもや公園ネタに。
寒くなったとは言え、まだ11月。
なのになぜ公園に人がいないのか?(今日も貸切…)
風邪が大流行していて、特に腸炎(ノロウイルス)の症状は、
かなり重いものらしい。私の周りでも一家でダウンしている人が
続出している。皆が皆、病気なわけではないだろうけど、
公園がガラガラの理由は、その辺にあるに違いない。
その分、病院に人が集中しているのではないかと。

砂場のフチに丁寧に落ち葉を並べ、調理しているかのように、
砂を振りかけている、息子るーと。味付けは、おそらく…秋味!

小さな出会い 

061121.jpg
今日の公園は晴れ!
なんだか近頃、「公園日記」になりつつあるような…

今日は生まれて初めて、路上でヤクルトを買った。
自転車で販売に回っているヤクルトレディさんを見かけ、
ある会社の前で販売を終えた直後に、声をかけた。
「すみませ~ん!ふたつばかり、くださいな」
思ったよりドキドキすることなく、天気のことなど2つ3つ会話を
交わし、勧められたジョアを2つを買って、藤棚の下で飲んだ。

いい天気に感謝、小さな出会いに感謝。

葉が降る公園 


雨上がりの公園は、雨粒でなく葉が空から降ってきたようだ。

公園へ出かける前、近所の人とエレベーターで一緒になった。
60代ぐらいの男性で、時々遊びに来るお孫さん(4歳ぐらいの
女の子)と遊んでいるのを見かける人だ。
「でんちゃ!でんちゃ!」と電車を見たがる息子るーとを、
目を細めて見つめている。「電車が大好きなんです」と言うと、
「うちも、電車がすごく好きでしてね」と答えが返ってきた。
「女の子さんでも電車は楽しいんですね」と言う私に、
「いや、男の子なんですけどね。小さい時は本当に電車が好きで
好きでよく見に行きました。大きくなってからはもう全然ですけど」
と、懐かしむような口調が…
私が知らないだけで、男の子の孫もいるのかもと思い、
「男の子のお孫さんもいらっしゃったんですね」と話をつなぐと、
「いや、孫じゃなくて…息子です。大きくなったといっても、
もう36歳なんですけどね」と、恥ずかしそうに笑った。

私はてっきり、るーとに重ねているのは、孫の姿だとばかり思って
いた。自分の親世代が、幼い子供を慈しむのは、「孫みたいだから」
だと、思い込んでいた。
三十数年前の息子の姿に重ねて、るーとを見ていたなんて…

雨が上がったばかりの公園で、そのことを何度も思い返した。
私もいつか、孫がいてもおかしくないぐらいの年齢になった時、
幼い子供を見て、今のるーとを思い出すのだろうか。
ずむ君も思い出すのだろうか。
孫のるーとを可愛がってくれるおじいちゃん・おばあちゃんも、
口には出さないだけで、実はずむ君の子供の時の姿に重ねて、
接しているのだろうか。
「いくつになっても親にとっては子供」って、こういうことか…
じわじわと涙があふれて、どうしようもなくなったけれど、
こんな涙なら、どんどんあふれて欲しいとも思った。

機種変決定 


じゃ~ん♪カタログ入手。




じゃじゃ~ん♪見開きはこんな感じ。
左半分がカメラ、右半分が液晶のセールスポイント。



おおっと、観音開きだ!(←白々しい)
…もうこれ、どこから見てもデジカメのカタログだ。
通話とかメールとか、その辺の機能は忘れず付いてる?(笑)

25日発売予定のこの機種に機種変予定で、電化店で予約を
入れてきた。何店か回ってわかったのは、予約ができたり
できなかったり、発売日の情報など、取扱店によって差がある。
一時は気持ちが揺れたけど、これで、S社で続投がほぼ決定。
そんなにカメラ要るの?ってツッコミは、おいといて…(^^;

きっと疲れてる 

古新聞を片付けていたら、ふと目に入った記事の見出し。


「へぇー、コシノヒロコさんて、寿司まで
手がけてるんや。手広くやってはるんやなぁ~」




のんびり感心せんと、はよ気付け、私!文字数全然ちゃうし(T▽T)

(疲れがたまっているのかもしれません。ほうじ茶でも飲んで休みます)

遠い日の鬼ごっこ 


“鬼ごっこ”や“探偵”など、追う方と追われる方に別れた遊びが
大好きだった。運動神経はイマイチで、体育の授業や競技では
どちらかというと足を引っ張る方だったのに、鬼ごっこは
得意中の得意だった。
体が小さく、すばしっこかったので、小さな隙間を駆け抜けたり、
飛び降りたいり、鬼を引き寄せ、際どいところでかわすスリルに
ドキドキワクワクした。丸一日でも鬼ごっこをしていたかった
けれど、いつも決まって終わりが来た。

公園に来ると、私の側に小さい私がいることに気付く。
その小さい私は、自由自在に公園を駆け回り、小猿のように
するすると高い場所に登っては、飛び降りたりもする。
小さい私の動きに誘われて、登り棒から滑り降りたり、小山を駆け
登ったりしてみるのだけど、なんだか違う。しっくり来ない。
そうか、あの時の鬼ごっこの続きは、もうできないんだ…

公園で体いっぱい使って遊ぶのは、小さい息子と、小さい私に
任せよう。追って追われて、いつかは来る終わりの時まで
思う存分、遊ぶといいよ。私の分まで、思いっきり。

秋を歩く 


ぷっくりと、日向ぼっこをする鳩。


見上げた空に映えるのは、黄と赤。


目の高さにはクリスマスカラー。

秋はいい。日向に長時間いても、気持ちがいいから。
空を見上げても、太陽がまぶしすぎることがないから。
最近の私は、足取りが軽い。
上だけ見ながら、どこまでも歩いて行けそうな気さえする。
秋は楽しい。

今夜はけんちん汁 

061115.jpg
今夜はけんちん汁。
味噌が好きなので、汁物は味噌汁がナンバーワンだと思ってきたけど、
久しぶりに飲んだ(食べた)けんちん汁は、最高に美味しかった。
豆腐、さといも、ごぼう、にんじん、まいたけ、こんにゃく……
とろみで保温効果もバッチリ。食事の間中、温かだった。
味噌汁のナンバーワンの座が危うくなるほどに美味~~~(;▽;)

ちなみに、けんちん汁を作ったのは、ずむ君なり。
他人に作ってもらうと、余計に美味しいもんですなぁ♪(笑)

ほうじ茶恋し 


先日、友達の家で温かいお茶をいただいた。
あまりの美味しさに「こ、こ、これ!なんのお茶!?」と聞いたら、
「普通のほうじ茶だけど」と、何をそんなに驚くのか?と逆に
驚かれた。……いやいや、長いこと飲んでなかったからさー。

実家の母は「ほうじ茶は病院みたいだから嫌」と言って、年中
「熱い緑茶」の人だ。反してずむ君は、年中「冷たい麦茶」の人だ。
私、「ほうじ茶」が好きなのに!!!すっかり忘れていた。
ノンカフェインだし、優しい味がするし、いいよな~、ほうじ茶は。

↑写真は緑茶。まだ、ほうじ茶を買ってなくて……急げ~~~~!

ケータイカメラ 


今日もいたいた、川にカモが♪
2羽だけだったけど、仲良く羽づくろいをした後、泳いで行った。
それにしても、カメラ無しでちょっと近所を歩いている時、
ケータイカメラが100万画素というのは、辛いものがある。
せめて、もうちょい鮮明に撮りたい!と切実に思うようになった。



今月半ば以降に発売予定の910SH…なんと500万画素!
カメラにケイタイがついてます、みたいな感じだ。
今、一番狙いをつけている機種ではある。
“11月半ば以降発売”って…既に11月半ばなんだけどなぁ~(-_-;
締め日の関係で、12月1日に機種変したいのだけど、間に合う!?

携帯電話と秋の空 


電車で難波へ。いい天気だ。
今日もマルイは素通り。映画館へは行ってみたいかもだけど。



早々に“完売御礼”になっていた、なんばパークス敷地内に
建設中の高層マンション。真下から見上げるとかなりの迫力があり、
信号待ちの間に見上げている人はけっこういる。

今日の目的は、高層マンション向かいの電気店LABI1だ。
機種変予定の携帯電話の下見(探り)のつもりで難波まで来たけれど、
近所のショップで十分に済ませられる話だった(苦笑)
S社続投を決意しながらも、時々、気持ちが揺らぐのだ。
オレンジのお店に入っちゃおうかな、それとも青いお店に…

仰天サプライズとかは求めてないし、普通に使い勝手がよければ
いいんだけどな。あと、長期利用者に「使い続けてよかった」と
実感させてくれれば。ほんまに頼みます、S社さん。

灯りが戻る 

数日前からリビングの照明がおかしかった。
電球交換した直後から、白熱灯にもかかわらず、スイッチを入れると
蛍光灯のようにチカチカ高速で点滅するようになった。
いつもと同じ電球なのに、なぜだろう?と思っていたら、
昨夜、完全に点灯しなくなってしまった。
購入した電気店に電話をすると、そういうケースはあまりない
らしく、私の話を聞いただけでは原因が思い当たらないという。
おまけに、出張修理(有料)は来週の月曜になると!!!
「部屋が暗くて困るんです。少しでも早く見てもらえませんか」
私の困惑ぶりが伝わったようで、今すぐ来てもらえる修理業者を
つかまえてもらえた。(夕方6時近かったのに)


電話をしてから1時間もしないうちに、修理担当者がやって来た。
「どういうことやろ、おかしいねぇ…」
そう言いながら、照明器具を天井から外す。
「普通はあんまりこういうことは無いんやけど…。あ!ここかも
しらんな!…うん、ここやろ、きっと。ああ、これやこれや!」
そう言いながら、見せられたのは、コレ↓


焦げてます、思いっきり…( ̄□ ̄;
引掛シーリングの噛み合わせが甘く、長年(5年半)使っている
うちに、焦げ切ってしまったらしいのだ。
「これ、どこのメーカーや?T社か…マンションでT社のを
使ってるのは珍しいね。だいたいN社が多いんよ。N社ので、
こういうことが起こるのは今まで無かったからね。比べてくれたら
わかると思うけど(交換用のN社の押掛シーリングを出して)、
ね、作りが全然違うでしょ?」
…ほんとだ、素人目にもT社のは安っぽくみえる。
こんなところでケチってたのか、このマンション(´へ`;

入居の際に、この照明を取り付けてもらっているとき、取り付け
業者が「…あれ?…んんん?」と取り付けに四苦八苦していたのを
思い出した。見ていた私は「気に入って買った照明がうまいこと
つかなかったらどうしよう」と不安に思っていたので、何とか
取り付け終わった時は、安堵感100%で疑問は残らなかった。

欠陥商品なら5年半も持たず、1年もたたない内にダメになると
いうから、今回のケースは「相性が悪かった」「噛み合わせが
甘かった」そういうことになるらしい。非常に稀なケース、だって。
出張費と部品代でいくら払うねん?と、少々腑に落ちない思いで
いたら、我が家の支払額は2千円で、残りの額は修理会社から
電気店に請求するということになった。
「ヤッター、2千円で済んだ♪」とも思えるし、「え~、全額
電気店に請求できへんのかいな?」とも思えるのだけれど、
一日ぶりに戻ってきた灯りを見ると、それだけで嬉しい。
これからも、長いお付き合いをよろしく、照明さん。

町を歩き思う 


宝塚市へ引っ越した友人宅を尋ねる途中。最寄り駅から1.5kmほど
距離があるので、散歩かてらゆっくり歩いて行くことにした。
細く流れる川の水が、とても澄んでいたり、黄や橙に色づいた
街路樹が長く続いていたり、胸いっぱいに吸い込んだ空気が
おいしかったり……“この町に住むことを選んだ人たち”が
とてもとても羨ましく思えた。
私は自分の町がどのぐらい好きになれただろう?
そんなことを考えながら、歩き続けた。

電車を乗り継ぎ、予定では1時間半で着くはずだったのだが、
片道でかかった時間はなんと2時間半。
2時間半あったら、近鉄特急で難波から名古屋まで行けるぞ!
新幹線なら新大阪から名古屋まで行って、また戻ってこれるぞ!
う~~~ん、もうちょっといい例えは……
おっ!新幹線で新大阪から東京まで行ける!うん、この例えだ!

帰りは2時間で帰れることが出来たけれど、子連れ道中に
往復4時間半かかると、さすがの私もバテてしまった。
マンションの下まで来た時に、自分の家を見上げると、明かりが
点いているのがわかった。先に帰宅したずむ君が点けた明かりだ。
暗くなった道を歩きながら、思ったことは、私は“ここ”が好きで
帰ってきたんだな、ということ。
そして、もっと好きになりたいと思っているということ。
出かけるのは好きだけど、帰ってくるのはもっと好きかも…
大丈夫、大丈夫。私はちゃんと好きになれている。

港と中華街 


買物があったので、神戸ハーバーランド界隈へ。
久々な感じがするなと思ったら、前に来たのは3月だった。
神戸花鳥園神戸空港へは行ったけど)
「ポートタワーなんかもういっぱい撮ってるやろ」と、ずむ君に呆れ
られたけれど、いいのだ!今日のポートタワーは今日しかないのだ!
この日のタワーも赤が映え、細腰のラインが美しく決まっていた。



神戸で仕事をしている妹が、遅番のため出勤まで時間が
あるというので、一緒に南京町まで行った。
これこれ!一度してみたかった、食べ歩きランチ~♪♪♪
幼児のるーと同伴のため、歩きながらは難しかったけれど、
「私コレとコレ」「じゃ、こっち半分こしよか」などと言いながら、
目に付いたものをパクパクと。ラーメンは、店の前の簡易な席に
座って食べた。ゆで時間はかなりアバウトだったけど、それもまた
良しと思えるのが不思議。中華街マジック?



買物を終え、再び港に戻ると、黄色い月が船の上に浮かんでいた。
夜釣り人の姿もチラホラ…
こんなところで釣れるんだろうか?と思っていたら、すぐ近くで
にょろにょろと薄長い太刀魚を釣り上げた人がいて、驚いた。
港まで何しに来たのか、太刀魚よ。「オマエもな」と返されるか。

太陽と月の下 


雄大な、アフリカサバンナの夕暮れ…(´ー`)


雄大?太陽貧弱すぎるよな?外灯らしきものも写りこんでるし。
ちょっとサバンナっぽいかと思ったのに。(行った事ないけどネ)



実はここ、昨日実家に帰った時に、遊びに行った緑地なのだ。
日が傾いてから出かけたというのに、この賑わい!
こんな長い滑り台、あったかな?記憶が薄れるほど、緑地内の
遊具広場へは立ち寄っていない。10年ぶり?いや、20年???

堺市が法令指定都市になって、数ヶ月経つけれど、
やっぱり「堺市○○区」には馴染めず、「堺市○○町」の方が
自然に感じる、堺っ子歴20数年の私……


東の空の月を見て、「太陽」だと言い張るるーと。
「おつきさま」も「つき」も、まだ言えない。
今日は太陽も月も両方見ながら遊んだ。
太陽がふたつ、そんな日があってもいいよね。

活かせた3品 


ネットオークションに出品していた5品の中、3品が落札された。
オークション歴は5年弱。と言っても、こまめに出品したり
落札したりしているわけでも、閲覧しているわけでもなく、
数ヶ月に一度程度、気が向い時に参加している感じだった。
それが、ここ最近はちょっとマメに。
我が家に眠ったままの物を、活かしたいと思っている人がいる事が
嬉しくて、“儲け”より“活かす”目的で、出品を続けている。

しかし、ネットオークションというのは、家にいながら販売が
できる点は楽だが、案外手間が多い。
落札者とメール連絡をし合い、落札代金の入金確認をし、梱包、
発送、取引完了の連絡メール……時間にしたらけっこうなもの。
とてもじゃないけど、毎日はできんぞ!と思うのだけれど、
日々大量に出品・落札している人というのが、実は身近にいる。
(※ずむ君の姉夫婦。“仕入れ”までしていて、とにかくスゴイ!)

これだけで「うっひょ~!やっと終わった~~~」とため息を
ついてる私には、気が向いた時に周りの物を“活かす”程度の
ペースが、一番合っているんだろうな。明日、私の手元を
離れる3品が、新しい主に可愛がってもらえますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。