スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳の誕生日 


息子るーとの2歳の誕生日。
クリスマスカラーの2本のローソク。
去年は、当たり前だけれど、ローソクは1本だった。
ケーキ内外のフルーツは、るーと1人でほとんど平らげた。
スポンジや生クリームは好きでないらしく、興味を示さず。
画像では大きく見えるけれど、実際は直径12センチの小さな
ケーキなので、あっという間に食べつくされてしまった。

本当は、去年同様、三田のコヤマへ…と思ったのだけれど、
今日まで改装のため休業となっていたので諦めた。
それならば…と、久しぶりに近所のケーキ屋へ行ってみることに。
「ずむ君おたじょうびおめでとう」「祝5ヵ月&寝返り」
「祝つかまり立ち」やらのプレートを用意してもらった、
あのケーキ屋さんだ。

「こんにちは~。お久しぶりです♪」と店に入り奥さんに挨拶を
したが、「どちら様?」という困惑した反応が返ってきただけだった。
1年以上ご無沙汰しているのだから、忘れられて当然だろう。
常連ぶったことを恥ずかしく思いながら、誕生日ケーキを予約し、
夕方改めて取りに来ることを告げた。

夕方には、ずむ君とるーとで引き取りに行ってもらった。
帰宅して「あの後、思い出したんです。寝返りやつかまり立ちを
されたお子さんですよね?」と奥さんが謝っていたことを聞いた。
プレートを書いたご主人が覚えていて、私が帰ってから奥さんに
「ほら、あのプレートの人だよ!」と教えたのだと思われる。

「あんな変なプレートを書いてもらったから、かろうじて覚えられて
たんやで」と、ずむ君。「普通やったら大勢の客の1人で、
思い出してもくれへんで」……うん、そうだろうなぁ。
今度は忘れられないうちに行こう。
「祝シリーズ」…恥を忍んで、またお願いしようかな。
スポンサーサイト

この人だれ? 

060828_01.jpg











060828_01.jpg
「ママ」呼びの場合は、早くに呼ばれているようだけど、
うちは「お母さん」だし、おまけに言葉もゆっくりだしで、
なかなかだな~と思っていたのだけれど、こんな唐突に
「たーたん(母さん)」と呼ばれるなんて思ってもおらず…
1歳の最後の日に呼んでくれるなんて、もう、嬉しさ倍増♪♪♪

たらこ飯と緑 


難波でラーメン♪
麺だらけの味噌ラーメンのお店へ、3ヶ月ぶりに

前回は、ご飯物全てが食べられないというアクシデントに
見舞われたが、今回はしっかりと、「たらこ飯」をいただく。
白いご飯の上に、たらこと海苔がのっているシンプルご飯。
「たらこと書いてますけど、明太子じゃないですよね?」と店員に
念を押すと、「はい。辛くない普通のたらこです」との返事。
「たらこスパゲティ」なのに「明太子」だったりすることが
あるので、「たらこ表記」には要注意だ。
私は明太子ではなく、たらこが好きなのです!!!
外で素朴な「たらこ飯」を口にすると、ほっとする。

前回同様、スープを全部飲み干した。好みの味噌ラーメンなのに、
このお店は、来月で撤退してしまうと知った。
ん~~~。残念だなぁ…


060827_02.jpg
パークスガーデンを歩いていたら、スタッフ3人組が現れた。
帽子から全部揃いの制服だが、スタッフらしさを感じさせない。
花がらを摘んだり、枯れ草を取ったり…
自分の家の庭を手入れしています風に、草木を見て回っている。
都会のど真ん中なのに、いつ来ても緑が生き生きとしている
理由に納得だ。見守られているからこそ、なのね。

お試し中 


薄くて小さなメール便。



中からはDVDが2枚。
ご存知の方もおられると思うが、
宅配DVD/CDレンタルだ。
ピラリと宛名部分をめくると、
返送用の住所が出てくる。



返送はポストへ投函するシステム。
なので、90円切手が貼られている。
切手!!!ここに来て切手なのか…!
ふふふ、ちょっと笑ってしまった(^m^)

「ローラー消印希望」とは、機械に通してハンコを
むぎゅ~っと押さないで、ということなのだろう。
「んな大事なモン、普通郵便で送りなや!」という
郵便局側の声が聞こえてきそうだけれど(笑)


────────────────────────────
⇒TSUTAYA DISCAS 宅配DVD-CDレンタル
8月末日まで、Aプラン(月々1974円・最大8枚レンタル可)
申し込みで、1ヶ月無料でお試しレンタルができる。
(※要クレジットカード)
合わなければ無料期間中にやめればよいと思い、気軽に試している。

DVDやCDは、借りたい候補の中から在庫のあるものが2枚送られ、
それを観終わってから、郵便で返送。(返送の期限はない)
その後、次の2枚が送られてくる…いうシステムだ。
借りたいものが必ずしも借りられないのが難点だが、私のように、
店舗でレンタルしにくい環境にある人には向いているかもしれない。
(近所に良い店舗が無いのだ~~~・涙)

興味のある方、お試し期間中にいかがですか~?

似て非なる? 

岡山旅行で、川原を散歩中の時こと。
大きな岩があったのを見て、るーとが一言……



「ウーン=ウンチ」の事である。
「ウーン」にしては有り得ない大きさであるとか、一切無視で、
この岩が「ウーン」に見えるとは!幼児、恐るべし。
(確かに似てると思うけどさ)

それから、コレを見ても、毎回「ウーン」と言う。


060822_02.jpg


……うわーん、私の好物なのにーーーッ(T□T)
(確かに似てると思うけどさ)

岡山から届く 


朝一、着払いで荷物が届いた。
包みの中からは黒いコード…
岡山から届いたのは、宿に忘れて帰ったデジカメの充電コードだ。
充電コードを忘れて来たことに気付いたのが昨日、宿泊から一週間も
経ってから。慌てて電話をしたら、宿で保管されていることがわかり、
すぐに送ってもらえた。

私……こういうことが、本当に多い。
宿で充電中、「このコード忘れそうだな」と、3回ぐらい思ったのに
それでも忘れて来るって、アホすぎる。アホアホアホアホ……

一週間ぶりに出会えた充電コードさん。置き去りにしてごめん!
電話の後、すぐ発送手続きをしてくれた宿の方。ありがとう!
呆れ返っているずむ君。こんな私だけど、これからもヨロシク!

夜の大阪港 


非常に珍しく、夕方から行動を開始。
電車に乗って、海遊館のある天保山へ向かった。
マーケットプレイス内の「なにわ食いしんぼ横丁」で、軽く夕食を
済ませた頃には、海遊館周辺が綺麗にライトアップされていた。



今日の目的は、天保山ハーバービレッジ発着のナイトクルージング!
サンタマリアで大阪ベイエリアをぐるり一周。
乗船のみは、大人2500円、周遊時間は105分。

……普通なら乗りません。乗れません。高すぎです。
しかも夜なんてありえません。19:30出航で帰港は21:15
なんて、ムリムリ。私はともかく、るーとやずむ君は寝る時間です。
なぜ“普通”じゃなかったか?それは……

無料乗船券をもらっちゃったから!(^m^)v

もう乗るしかないでしょ!たまの夜更かしも有りでしょ!ってな
感じで、夏休みらしく出かけて行ったわけで。



海側から眺めると、こ~んな風に見えるんだ……と感動!
カモメになった気分。風があり空気が澄んでいたので、
関空や、神戸方面の夜景までバッチリ見えた。
船内席で見ている人もいたけれど、デッキで見た方が絶対良い。
帰宅したら10時を回ってしまい、るーとは道々あくび連発で、
ずむ君なんて布団に入るや否や、スコーンと眠りに落ちていたほどの
“強行軍”だったわけだが、いい経験が出来たと思う。
また無料券をもらえれば、乗りたい。(やっぱ自費ではムリだ!笑)

岡山の新鮮トマト 


画像は、岡山の農園で買って帰ったミニトマト。
(早々に食べ尽くしてしまったが)
完熟の状態になってから摘み取っているので、
甘くて美味しい。ヘタもピンと伸びている。
パッケージラベルが、なぜか「新鮮いちご」だったけど(笑)

やっとこさ、岡山一泊旅行の写真を本館HPにアップした。
⇒「カメラと散歩」№15 岡山Ⅰ~Ⅳ

空白の一週間の日記は、順次更新の予定でいるが、
連日の暑さで、パソコンに向かう気力が減少傾向に…
夏バテまではいかないけれど、ちょいとばかり活力不足だ。
「活力不足」で検索したら、ナントカ人参やらニンニクやらが
続々と出てきたが……
健康サプリより、美味しい旬の夏の食材を食べたいと思う。

今日も空 


さわやかな空を見て、夕食準備中なのにベランダに飛び出しちゃった。
ずむ君、「…………」 今日は、無言だった。

今日の空 


ピンクの雲の帯が綺麗で、夕食中なのにベランダに飛び出しちゃった。
ずむ君、「また空かい………」って言うなーッ!

岡山で桃 


桃の食べ放題は、大人1人2千円。制限時間30分。
冷えた桃を、自分でプラスチックナイフで剥いて、
好きなだけ食べるというもの。
「こうやって剥いてください」「芯の部分もなるべく残さないように
食べてください」「終了5分前になったら声を掛けます」
などの説明があるかと思いきや、一切無し。
桃の乗った皿をトンと置かれて、あとは放置。
私たち家族だけがポツンと残されてしまったので、おかわりの時は
隣室のスタッフに「すみませ~ん」と、声をかけに行ったりした。

桃には詳しくないけれど、良い桃だったのではないかと思う。
小さめだったが、傷一つなかったし、甘かったし。
食した桃は、合計14個。
(だいたい、ずむ君8~9個、私4~5個、るーと1~2個)
「剥いててくれたら、もっと食べられた」とは、ずむ君談。
そりゃそーだ。

何年か前に、愛知県の伊良湖岬で、メロンの食べ放題をしたことが
あった。メロンは切って出てくるので、後は、かぶりつくだけで
よかったのだが、あの時、ずむ君はかなりのメロンを消費した。
丸いメロンを2個分は平らげていたはず。

私は、彼のような果物食べ放題体質ではなく、胃袋全てを果物で
満たしたいという願望が無いので、食べ放題には向いていない。
(食事の食べ放題は別だけれど)
桃4~5個というのも、頑張った数なのだ。
旅先で、しかも桃星人同伴だからこそ出来た「桃食べ放題」。
普段出来ないことをするのが旅の醍醐味……ならば、良し良し!

岡山で温泉 


湯郷(ゆのごう)温泉を選んだのは、行きやすい距離で、山の方に
あったから。海か山かと聞かれたら、山や川がいいと答える。
「夏は海」ではなく「夏は木陰」。泳ぎは得意なくせに、陸派。

湯郷温泉は岡山県だが、兵庫県寄りで、大阪から170kmほど。
高速道路が流れていれば、2時間ほどで行ける。
この2時間というのが、かなりの魅力があって…
るーとの昼寝時間とピッタリ合致するのが、「2時間」!
おかげで、行きも帰りも移動の間で眠ってもらい、
現地ではフルに活動することができた。
(帰りは予想より早く帰阪することになったが)

宿の温泉には二度浸かった。
一度目はチェックインしてすぐ、息子るーとと一緒に。
のんびり入れるとは思っていなかったけれど、案の定というべきか、
ドタバタ悲喜劇を繰り広げてしまい、けっこう疲労した。
二度目は朝風呂に一人で。これは良かった!
真っ裸で太陽の光を浴びるなんて、普段はなかなかできないことだ。
ほとんどの人は室内の大浴場で体を洗っていたが、私は外で全てを
済ませた。風を感じながら洗うのって、気持ちがいい。

スキーに夢中になっていた頃、温泉へもよく入った。
雪を眺めながらの露天風呂が懐かしい。
やっぱり私は、夏も冬も山が好きなんだな~。

桃星人と温泉 

060811.jpg
昨日、大急ぎで行き先を決め、宿を押さえた。
直前までずむ君の休みが決まらないので、毎度こんな感じだ。
明日、一泊で温泉に行ってきま~~~す(´▽`)ノ
温泉の他には、桃を食べてきま~~~す(´▽`)ノ
何しろ我が家には、桃星人が大小合わせて2匹……

ネットで調べて、いろいろプリントしてみたけれど、行楽施設に
入ってしまうと、現地の雰囲気を味わえないような気がするので、
「ドイツの森」とか「サーキット」とかはやめておくことに。
(岡山でドイツを求めんでもええやろ~と…)
緑の中で、川遊びなど出来たら十分、十分。
桃狩りした桃を、遊んでいる間、川の水で冷やして食べるとか、
ステキ~!!!と思い、持ち物リストに「ナイフ」と書き足した。
川遊びと言っておきながら、食べることを外さない私。

駐車監視員 

先週の日曜日、御堂筋を南下して走った。
本町あたりまでは路上駐車車両が少ない。
あのあたりの日曜は、もともとそんなものだったかも。
心斎橋あたりから、うーん、まだあるある路上駐車!
民間の取り締まりはやってないのだろうかと思いながら、
きょろきょろしていると……



難波のはり重前で、駐車監視員の姿を見ることができた。
2人1組らしいけれど、4人まとまって同じ場所にいた。
車ではなく、バイクを取り締まっているところのようだ。
別の場所でも4人いるところを見たので、計8人確認。
テレビでしか見たことのなかった監視員を、生で見たのは
初めてだったので、嬉し~い♪
“いちゃんもん”付けられることなく、任務を遂行できますように…

参りました 

060808.jpg
風が強いだけで、雨が降ることもなかった今日。
日暮れの少し前。ピンク色の雲と、その下の青い空…
ポカーンと口を開けて、その色合いに見惚れてしまった。

空ってスゴイ、勝てないなと思う。何の勝負かはよくわからない
けれど、空を見て「わー、やられた、負けた」と感じるのが好きだ。
「引き分け」か「負け」しかない勝負なんだけど。
今日も負け負け、大負けだ~~~!

目の前にセミ 

060807.jpg
セミの声がする木を見上げたら、すぐに見つけることができた。
ケータイを近づけて撮ったのだが、手を伸ばせば届く、低い位置。
多い木なんて、10匹…いや20匹はいるだろうか。
幹にびっしり、所狭しと、セミ、セミ、セミ!

この暑さで、セミ捕り小僧達は休業中らしい。
セミだって、油断もしたくなるだろう。
捕られはしないけれど、しっかり撮られてまっせ~!

冷たいうどん 

「美味しくて冷たいうどんが食べたーーーい!」と叫んだら、
ずむ君から「同じく!」と即答が。なんてステキな両思い♪(笑)
先週「釜盛」で、冷やうどんを食べなかったのが未練で未練で…
2週続けて「釜盛」というのも何なので、ある季刊誌の「うどん特集」
の中から、良さそうに思えた茨木のお店へ行ってみることに。



↑客がいない時を狙って撮ったもの。
お昼時は順番待ちがすごかった!諦めて帰る人もいたほど。
私たちは30分ほど待って、ようやく入店。
ファミリー層が多く、小さい子(乳幼児)連れも何組かいた。



カウンター席だったので、オープンになっている厨房がよく見えた。
湯気が立ち上る大がまや、次々に揚がる天ぷら…讃岐スタイルの店
で、ホール内におでん鍋が置いてあり、各自が取りに行くように
なっていた。「釜揚げ」や「生醤油」が売りのようだ。
私はぶっかけ、ずむ君は生醤油、どちらも冷やうどんで。

…わわわ!これ、美味し~~~~い!

「釜盛」のような、W(麺2玉)にしても値段は同じというような
サービスがないので、大盛りにすると+200円と大幅単価アップに
なってしまうが、この冷やしうどんはウマイぞ!
おにぎりもおでんの厚揚げもウマイ!(←るーとのお気に入り)
地元民でなければ絶対に通らないような住宅街に店舗はあるが、
他県ナンバーの車が何台も訪れてきているのも納得だ。

うどんって、ええなぁ、ええなぁ~(´▽`*)
(ラーメン色が薄れつつある我々…。と、年のせいか!?)



うどんランチの後は箕面に移動し、緑いっぱい、川いっぱい、
ザリガニ取りの子供がいっぱいの、「ヴィソラ」へ。
ここにいると、時間が経つのが早いの何のって!
駐車場の無料利用時間が過ぎそうになると、一旦出してまた停めに
入ったりと工夫を凝らし(?)ながら、夕方まで目一杯遊ぶ。
暑さにブーブー言う日が多かったが、夏っていいなと思えた一日だ。

二人で祭り 


夕方、地域のお祭りへ、息子るーとと二人で出かけた。
「あれ~?ダンナさんは?」
いつも早い時間に帰宅するのを知られているため、会う人会う人に
聞かれまくり。今日は用事があって、夫不在の夜なのだす…

手作り感のあふれる模擬店をぐるっと見て回り、るーとの分として
もらっていた無料券を使い、金魚すくい・ヨーヨー釣り・スーパー
ボールすくい・お菓子のくじ引き、などで祭りの雰囲気を味わった。
親とは別行動で、友達同士で連れ立っている小学生あたりが、
一番活き活きとして楽しそうに見えた。
何年もしないうちに、るーともそうなるんだろう。
金魚すくいのポイを一緒に持ったり、ポップコーンが風で飛ばない
よう、守るようにして食べさせたりなんて、今だけかぁ~(しんみり)

夜、るーとが寝てから帰宅したずむ君が、「ごめんごめん。
来年は一緒に行くから!」と申し訳なさそうに言ってきた。
「うん、来年は一緒に♪」と言えたら良かったんだけど……

ゆん 「祭りは2年に1回で、来年は無いねんて」

ずむ 「ええええ~~~~~~~~っ(T□T)」


みるみる落ち込んでいく、ずむ氏でありましたとさ。

ずむチャーハン 


ずむ君は料理が上手い。特に中華が上手い。
「男は中華」というけれど、まさにその通り。
パラパラタイプの焼き飯も、しっとりタイプの焼き飯もどちらも
うまいこと作る。今日のはパラパラタイプの「キムチ炒飯」。
豚肉がなかったから、魚肉ソーセージで代用。
私が焼き飯を作ったことは、一度もありませんです…

「欲しいものは?」と尋ねて、「中華鍋!」と答える夫というのは、
少数派だと思う。中華鍋の載っているカタログをウットリ眺めて
いる日にゃ、結婚6年目、いい加減買うか~!!!と思わないでも
ない。しかし…「場所取るな」とか、「フライパンで足りてるし」
とか、いまいち中華鍋気分になれない私がいる。

だいたい、中華鍋を振る気がサラサラ無い私に、決定権があるのが
おかしいんだってば。

よりによって 

「ちょこっと電車に乗って出かけてみるか~」と天王寺へ。
動物園は暑さに懲りたので、涼みがてら百貨店だな♪と思ったら、
ザワザワと人の気配はあるのに、入口が閉まっている。



脳が受け入れ拒否したのだろう。「休業日」の赤帯の注意書きが
脳まで届かず「どうやって入ればいいんだ?」とウロウロ……
しばらく経ってから、自分が入ることの出来ない人間だと気付いた。

百貨店の紙袋を持って出てくる“一般のお客様でない人”が
恨めしくて恨めしくて。
「何も買わへんから!涼むだけやから、入れてー!」
……そんなん、通らへんわな~。

今年も家花火 



今年もベランダから見た、PLの花火。
建物の隙間からだが見ることができる。
もうひとつ上の階に住んでいたら、もっと見えただろう。
でもひとつ下の階だったら、全く見えないかもしれない。
ギリギリ幸運なのだと思おう。

060801_anm.gif

9時頃、空が染まるフィニッシュの花火が上がった。
花火だと知らずにいたら、何事かと思うだろうな~…
去年は白く染まり、一昨年は赤だった。

花火が終わると、テレビを消したかのように、
「さー、寝よ寝よ!」と、即日常に戻ったけれど、
現地に見に行ってたら、これからが大変だ。
二度ほど見にいったことがあるが、混雑しすぎて
駅までたどり着くのが一苦労、電車に乗るのも一苦労、
時間がかかり、乗り換えの終電がなくなる可能性もある。

迫力ある現地鑑賞には憧れるけれど、あの大混雑に
わが身を投げ入れる根性が…もうないんだな~(´へ`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。