スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキの日 

060530.jpg
ずむ君が仕事帰りに隣市まで行って買ってきてくれたケーキ。
去年はホールケーキを2個も買ってしまい、大失敗した。
「ケーキ祭り~♪」なんて浮かれて本当にアホだったと思う。
その後、一家総倒れになった。
私の乳腺炎は、あの「ケーキ祭り」が引き金だったはず。

その教訓を踏まえ、「控えめにカットケーキにした」と言うずむ君。
3人家族なのに4個もあるけど、…控えめ?
しかも、るーとはイチゴしか食べないのに、…控えめ?
控えめに用意されたケーキを、さらに控えめに食べた私は、去年より
大人になったな~と思う。34歳の第1日目は、まあ、こんな感じだ。
スポンサーサイト

病人二極分化 


るーと、最高39.9℃まで熱が上がる。熱の高さ=症状の重さ、では
ないとわかっていても、高熱続きとなると心配だ。
症状が発熱だけなので、熱さましの座薬しかもらえなかったし…
本人は、遊んでは横になり、遊んでは横になりの繰り返し。
「ん?ヤバイかも」と感じると、遊びを切り上げ布団で休む。
目は開いてるけど、何も見てない感じ。

ある絵日記サイトさんで、お子さんが病気でじっと横になっている
様子を「野生動物が傷を癒すよう」と表現されていたのを思い出し、
「まさに!」と膝を打った。本能に忠実。子供ならでは。
私なら「しんどいけどやることあるし」なんて、「静」でもなく「動」
でもない「ニュートラル」な状態で過ごしちゃったりするんだけどね。

八幡ストップ 

060528.jpg
出かける前はそこまで熱を持っていなかったはず。
小1時間の間に、具合が悪くなっていたようで。
ラーメンだの何だのと、浮かれていてゴメン…
「すみれ」はまたまた持ち越しに。
想いは募る一方だのう、ずむ氏よ(^m^)

幼稚園で遊ぶ 


「幼稚園の園内開放があるから行かへん?」と友達に誘われた。
園内施設の説明を受けたりするのかと思ったら、住所・名前を
記入して名札を付けたら、「あとはご自由に♪」で、驚いた。
1時間以上、気ままに遊ぶ。校庭(園庭?)は、気の利いた公園、
といった感じで、子供心をガッチリつかんで放さない。
「初めての場所で泣くかな?」と思ったけれど、要らぬ心配だった。
来年から3年保育という2~3歳の子が大半で、1歳8ヶ月のるーと
は最年少。大人から見たら、ミニサイズの何もかもが、るーとには
まだ大きかった。(手洗いの蛇口にも手が届かない…などなど)



鳥小屋に人だかりが出来たのは一時だけで、あとは忘れられたかの
ように、静まり返っていた。
「今日はホラ、よその子たちが来る日やからさ」
「ほんじゃ、じきに帰りよるわな」
「そやそや。今のうちに羽伸ばしとこ」
「ワシらは寝とこか、オヤスミ」
鳥たちの間で、そんな会話が交わされたのかもしれない。
彼らを見つめる私の視線は、軽く無視されちゃったようで…

最後の一服 


↑今日も耳鼻科帰りに"マンマ山"でジュースで一服。
(過去のマンマ山→4月14日4月24日
2週に1回の通院だったのだが、なんと!!!!
「今日で卒業でいいですよ」と医師がニッコリ笑って言うではないか。
は?卒業って何の卒業?話が見えずに私は聞き返してしまった。
「えーーーー?うちの子の鼓膜、ふさがってるんですか!?」
「ええ、きれいさっぱり。かさぶたなどももうありませんしね」

はえぇぇぇぇ(=早い)…想像以上の早さに拍子抜け。
今後、聴力検査で引っかからければ、完全に終わったことになる。
3月に鼓膜損傷してから2ヶ月ちょっと。何ヶ月、何年と穴開き状態で
過ごさねばならないと思っていたのに、2ヶ月で治癒しちゃうとは…
(初めの医者は、治るかどうかというような言い方してたのに)
病院を嫌って、ウギャーウギャーと終始泣き叫んでいたるーとだが、
今日なぞは診察台に着くまで、涙をガマンできるようになっていた。
その成長ぶりを思うと少々残念な気も……いやいや素直に喜ばねば!

「よかったなぁ~、よかったなぁ~、よく頑張ったなぁ~」
完治のことを話すと、ずむ君が心底嬉しそうな顔をした。
るーとが大きくなったら、鼓膜を怪我したこと、通院を頑張ったこと、
予想以上に早く治ってずむ父さんが喜んだことを話してやろう。

さよなら夢の国 


今夏で奈良ドリームランドが閉鎖になると聞いて、その前に一度
行っておかなければ、と思った。過去に訪れたのは3~4回ほど。
10年ほど前、ずむ君と二人で行ったのが最後だ。
PUFFYのデビュー曲「アジアの純真」が大音量で流れていて、
「これ奥田民生がプロデュースしてるやつやんね~」「白のパンダが
どうだこうだって歌詞の…」と話したのだけは鮮明に覚えている。

子供が楽しいから、大人も嬉しいでしょ?という昭和式の遊園地。
幼稚園・小学生なら十分楽しめるに違いないが、入園と乗り放題で
大人3800円、小人3200円することを考えると、他(USJなど)
で、大人自身も楽しめるほうがいいと考えるのも無理はない。
今は街中だって、老若男女を問わない遊び場になっている。

思いつくだけでも、大阪府下ではPLランド・狭山遊園・玉手山
遊園地、隣県ではあやめ池遊園地・伏見桃山キャッスルランド・
ポートピアランドなどが続々閉鎖されてきた。
観覧車は遊園地に行かなくても乗れる時代、夢のような体験は
ゲームでも出来る時代……仕方の無いことなのだろうけれど。

「子供を楽しませるための大人の精一杯」が詰まった園内を
歩きながら、少しばかり切なくなった。幼少期から、足繁く通って
きた人は、もっともっと胸に迫るものがあるんだろうなぁ…
(本館HP内「カメラと散歩」にもUP)

見知らぬ小道 

雨上がり、青い電車に乗って隣市までお出かけ。


しろつめ草が咲くグラウンドでは、少年野球の練習中。



るーと、横の小道をずんずん進んでいく。



片手には拾った小枝がいっぱい。
この先には何があるのか、るーとも私も知らない。



突如、飛行機型の滑り台がある公園が現れた。
「あ~~~~~~~~~♪♪♪」
小枝を放り出し、飛行機に飛び乗ったが、機体はびしょ濡れ、
地面にも水溜りができていて滑ることはできなかった。

晴れてるときにまた来よう。青い電車に乗って。

神戸空港島上陸 

昨日の花鳥園の後、神戸空港島連絡橋(神戸スカイブリッジ)を渡り、
神戸空港へ。花鳥園からは、1.5kmほどで空港島に行くことができる。
この橋、なんといっても通行料が無料。おまけに歩いても渡れる
歩道付き。見学者用は舗装されていない砂利駐車場ではあるが、
1回150円という安さで空港駅前に停めることができる。
関空みたいにバカ高い通行料や駐車場代が要らないので、こっちの
方が開かれた空港感がある。(島は噂通り、バリバリ未開拓だが…)


060515.jpg
1階の到着ロビーは、国内線のみ小ぢんまりとやってますという風で
かなり拍子抜け。駅直結の2階が、南国チックでメインのようだ。
フライト便は1時間に2~3本。下手すると30分以上、飛んでいる
飛行機が見られなかったりする。時刻表を把握して臨むべし!
芝生への立ち入り禁止や、エスカレーター・階段閉鎖など、
あちこちが赤や緑の三角コーンだらけだったのが気になった。
開港して3ヶ月、この未完さ加減はどうかと思う。(設計ミスか?)

ま、とにかく料金を気にせず気楽に行けるのはいい。気候がよければ
連絡橋(約1km)を歩いて渡り、海上散歩するのも面白そうだし。
飲食店は、地元企業が出店し「KOBE感」を出していてよかった。
帰りの車内用に「上島珈琲店」でコーヒーを持ち帰った。UCC締め♪

花と鳥と人と 


春にオープンしてから、ずっと行きたかった神戸花鳥園
行って来た来た、行って来た~♪

入場料は大人1500円、小学生700円、幼児無料。
(掛川花鳥園などの方が、大人1050円と安いようだ)
今回は車で。花鳥園南側の駐車場は、1時間半まで無料、
それ以降は500円。(最大で500円ということ)
飲食類は持込禁止。手作り弁当や、他で買ってきた弁当類を持ち込ん
で食べている人はけっこう見かけたが、店員から注意を受けていた。
園内で昼食をとろうと思ったら、弁当2種(1000円・1500円)、
サンドイッチや肉まん、中華バイキング(大人1380円)しか
選択肢はない。持ち込めないならもう少し何かあってもいいような。



オオハシたちが放し飼いにされていたここ(↑)が一番好きだ。
カップの餌(100円)を持つと、近くの枝に寄ってくる。
大きなクチバシだが、誤って指を突付くことはなく、ピンポイントで
餌だけをついばむ。1歳8ヶ月児のるーとにも楽々出来た。

我々の滞在時間は3時間ほど。わたし的にはもう少しいたかった
けれど、るーとの昼寝うんぬんで切り上げた。普通にぐるっと
花や鳥を眺めるだけなら、1時間半もあれば十分だろう。

花が咲いて、鳥が飛んで、人が笑っているって良いなぁ~と思えた。
(本館HP内「カメラと散歩」に詳細UP)

読み切りたい 

060513.jpg
一般的な文字数&ページ数の文庫本なら、1冊2時間ぐらい。
ずむ君がびっくりするほど読むのが遅いので、「私って速いな~♪」
という気になっているけれど、速読できる人は、比較にならない
ほど速いらしい。一度、目の前でページを繰ってもらいたいなぁ…

追い炊き。ガス代がかかるので、ほんとはあまりしたくない。
でも、読み始めると止められないのだ。
「アホみたいに浸かっとらんで、出て来い」と、ずむ君は言うけどね。

投げたらアカン 


歩道に小学生がいるので、注意しながらノロノロ走っていた車。
不意に頭上を横切った黄色い物体に、運転手が顔をひきつらせながら
首をすくめているのが、歩道にいた私からもよく見えた。
ハンドルを握る人はわかると思うけれど、ああいうのはホント怖い!
走行中、前方のトラックからの落下物が、フロントガラスを直撃して
死亡するケースもあるんだから…。帽子ぐらいじゃ大丈夫だろうけど、
あの状況じゃ、飛行物体が何かなんて、判別できないだろうし。
ハンドル操作誤って、突っ込まれたらどーすんだ!?

帽子を受け取った方も投げた方も、双方にガツンと注意。
「あんなんしたら事故おこるで!」…オバチャンは怖いのです!

幼児サイズ 


風邪が治って元気ハツラツの息子るーと。
お気に入りの「ペ-ジ」に座ってテレビ中。
「ページ」…もうボロボロのヨレヨレ~(笑)

あ!しまった、まだパジャマだった…。昨夜から半そでパジャマに
したけれど、寝相の悪いるーとには少々早かったかも。
去年の80サイズの夏服がパツンパツンで、ぶかぶかだった
90サイズがしっくりくるようになっていた。
成長したなぁー、息子よ。

エステで発見 

歯のエステの日。歯のチェックをするや否や、「穴が開いている歯が
ありますので、後ほど治療室で診てもらってください」と言われた。
ガ~~~~~~ン!虫歯!??? 気をつけてたつもりだったのに。
モニターに映し出された私の奥歯。ケイタイで撮ったから
ブレているけれど、確かに、黒い点がハッキリ映っている。



左上の奥歯……(´□`;)
「下の歯はキレイに磨かれているんですけど、上の歯に一部
歯磨き残しがあります。奥を磨くときに、もう奥にもう一本歯が
あるつもりで磨いてみてください」
研磨剤を2種使い、いつもより丁寧に磨いてもらった。ゴム状の
ブラシで磨かれているとき、歯にかかる圧が心地よくて好きだ。
通常30分のところ、今日は50分近くかけてもらい念入りに。
これで1050円はやっぱり安い。またこまめにエステに来よう。

(治療は2、3分で終了。早期発見でメデタシ、メデタシ♪)

派手婚! 

060506_01.jpg
変わった招待状の主の結婚式へ参列して来た。
先月に引き続いて、今月。そして、来月もうひとつ結婚式が…
3ヶ月連続!!!結婚ラッシュとしては最後のようだ。
行け、行け、三十路プラス3!


060506_01.jpg
披露宴はスゴかった……会社社長(友人の新郎)という立場と
お金があるってこういうことか~と思った。
披露宴会場を前日から借り切って、舞台などのセットを組んだそうな。
芝居有り、踊り有り、お色直しは3回という、3時間半に渡る
エンターテイメント。(予定では2時間半だったけど・笑)
食事はバイキング形式だが、シェフが十数人ズラ~リ登場して、
目の前で調理してくれるという、ホテルバイキングの究極形だし。

これ、ナンボかかってんねん?と関西人なら気になるところ。
宴が終わり、新郎がサインをしている明細書を、友人たちで
「なぁなぁ、ナンボ?ナンボ?」と覗き込んだ。

…エンターテイメント代で、車が何台か買えるぅ!(ノ◇T。)

それに挙式・披露宴代プラスで「余裕で4ケタ行ってるやろう」と
いう仲間内での(イヤラシイ)読み。はー、すっげ~~~~。
私は行かなかったけれど、二次会に出席した友人から「二次会が
普通の披露宴みたい」と驚きのメールが写真付きで送られてきた。

「とにかく派手にしたかってん」と新郎。
うんうん。その意思はめっちゃ伝わったから、大成功やと思うで!
圧倒されて言うの忘れたけど、お幸せに!(笑)

赤バスで散歩 

体調を崩していたるーとだったが、徐々に元気になってきた。
まだ時々咳が出るが、外に出たくて仕方がない様子。
ずっと家に缶詰というのもよくないだろう。
「バスに乗ってぷらっと出かけてみようか?」


060505.jpg
2003年に本格的に運行が始まったこの赤バス、大阪市内の27路線を
走っている。運賃は大人100円、小人50円。バスの種類はルノー・
オムニノーバ(写真)とメルセデスベンツ製のものと2種類あって、
ベンツ製には例のベンツマークがでーんと付いている。
町中をちょこまか走る小さい赤バスの姿は、愛嬌があって好きだ。

電車・バスが大好きなるーとは、バスに乗れるとわかって大喜び。
今まで何度もバスには乗っているので、勝手は分かっている。
通常の市バスより乗り心地がよく、降車ボタンが少ないので
るーとにイタズラ押しをされなくてすむのでありがたい。
祝日の夕方とあって、乗車客は私たちのみの貸切状態。
窓越しに日暮れを眺めながら、のんびり100円のバス散歩を楽しんだ。
家族全員が元気ならば、しなかった過ごし方だが…、いいんでない?

少数派の休日 

060504_01.jpg
ずむ君は今日から4日間の休み。
時間が空いてるからって、シュークリーム作るか?
しかももう夕方、嘘だろ?と思ってたら、いそいそと
「強力粉と~、玉子と~、無塩バターと~」と買物メモを書き始めた。
マ、マ、マ、マジだ!(汗)


060504_01.jpg
私は機嫌の悪い息子の相手をしていて、手を貸さなかったけれど、
夕食のミラノ風カツレツと平行してシュークリームを作り上げた夫。
実はシュークリーム作りは今日が初めて。焦げてるのはご愛嬌(笑)
(焦げが強い方が、香ばしくて美味しかったけれど)
休日にこんなことしている夫なんて、相当の少数派だろうなぁ…

食欲減退息子 


るーとに本格的な風邪症状が…(発熱・咳・鼻水・吐き気)
初めは嬉しそうに「マンマー♪」とパクパク食べるので、
大丈夫かと思ったら、「ウエェェェ」と口から吐き出してしまう。
いったん出すともうダメで、手をつけようとしない。
食いしん坊息子が、まるで別人のようだ。

夜中は「マンマァ~~~」と言いながら、うなされている。
夢の中までも食べ物で困っているらしい。気の毒に…(;_;)
私は体調崩しても、食欲は落ちないタイプ。ガッツリ食べて治ーす!

イチゴお見舞い 


ずむ君が仕事帰りにイチゴを買ってきた。
「あすかルビー、安かってん。しかも朝取りやって!」
痛んだところが全くない、きれいなイチゴ…
誰のためのイチゴかって、もちろん愛息子のためだ。

るーとは昨日から体調崩して、ゴホゴホやっている。
連休前に小児科で薬を出してもらえたのが、不幸中の幸いだ。
咳だけだったのが、鼻水が出て熱が出て、どんどん本格的に…
先月の友人の結婚式前も、るーとは熱を出した。
今週末にも結婚式がある。これは、ジンクス…?きっと、いつもと
違う私の中の“よそ行き感”を察知してしまったんだろう。
イベント前になると体調を崩す子供の話はよく聞く。
私も何かある前日は気が重くなる性質なので、よくわかるけどね~。

パンの味 

060501.jpg
昨日、ずむ君が買いに走った食パン…「食塩無添加」。
レジでは「味がしませんけどよろしいですか」と言われたそうな。
…味がしない???パンの味は塩が全てってこと?そんなアホな!
そう思って食べてみたら、あら、ホント。味しません。
分量間違えて作っちゃった、アハハ~!みたいな味。
塩梅とは言ったもんだ、と深く感心してしまった。

塩分を気にする人や、料理に使いたい人向けのパンだと思われる。
バターやらジャムやら、いろいろ乗せるとちょうどいいのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。