スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お土産プリン 

昨日のバイキングランチに同行できなかったずむ君。
「いいな、いいな、いいな……」と、延々言い続けていた。
申し訳ないので、お土産に「神戸プリン」を。

050330_01.jpg

売られているのは何度も見かけたが、購入するのも食べるのも
今回が初めて。4個入りで千円近くするので、日持ちする
プリンとしては高価な方だろう。

050330_02.jpg

“さわやかでフルーティー”という商品紹介があったが、卵感が強く
こってり後を引く甘さがあり、“さわやか”と“フルーティー”の
双方に疑問が……。普通に美味しかったけれど、もう自分で
買うことは無いだろう。
人からもらう分には「ヤッター♪」なんだけど。
まぁ、土産物とは、そういうものだ。
スポンサーサイト

気晴らしドライブ 

050329_01.jpg

天気がイマイチだったのが残念だったが、息子るーと・妹・母の
3人と、神戸にあるホテルのレストランへバイキングランチへ。
運転手は私。日ごろの寝不足や運転離れが心配だったが、
ハンドルを握った後は何ということもなく、すんなり神戸に到着。

050329_02.jpg

実は、ちょっとした特典があって、今日のランチは何とタダ!
(正確には妹のおごり♪)
バイキングメニューは、和洋中に加え、実演調理やデザートまで
盛りだくさん。ランチ、おしゃべり、おやつと3時間近く
のんびり過ごさせてもらう。

自分で言うのもなんだが、最近の私の食欲にはスゴイものがある。
「えぇ!?まだ食べれるの?」と母や妹にも目を丸くされたほど。
日ごろも20kg以上体重差のある夫ずむ君と同量、時には同量以上
食べている。なのに、体重は増えず減らずの摩訶不思議状態。
う~む……これぞ、母乳育児のなせる業!断乳後もこの調子でいくと
半年で10kgは軽く増えるだろう。恐ろしや。

050329_03.jpg

帰りは高速・一般道共に渋滞に巻き込まれ、40kmちょいの道のりを、
2時間半かけてトロトロ走行。これには少々くたびれたが、
たまには自分でハンドルを握ってのドライブもいいものだ。

兄弟の契り 

先々週、我が家にやってきたクマのヌイグルミ。
想像以上に、るーとに好評だ。自分と似た大きさなのが嬉しいのか、
近づけただけで、手足をばたつかせて喜ぶ。

050328.jpg

昼寝の時に添い寝をさせてみたら、
仲睦まじく寄り添ったまま2時間……
双子だったら、毎日がこんな感じなのかな(笑)

三度あるかどうか 

050327_01.jpg

荷物が届いた。送り主の会社名に覚えあり。

050327_02.jpg

箱の中身は洗剤の4本セット。これも見覚えがあり。

なぜならそれは……
去年の6月にも同じ品物が届いたからである!

しかも今回の当選は、前回当選した時の洗剤に付いていた
アンケートハガキを送ったから。そして今回もまた同じ
アンケートハガキが付いている……

もしや、商品を購入することなく、当たり続けたりするんじゃ?
「まさか」とは思いつつ、「二度あることは三度ある」とも
思ったりして。またハガキを送ってみよう~っと(^▽^)♪

ミックス違い 

いつもソフトクリームはミックスを選ぶ。
もちろん、ミックスとはチョコとバニラのこと。

しかし、今日の店では、イチゴとチョコのミックスしか扱って
いなかった。ずむ君がバニラにするというので、冒険心を出した
私はイチゴ&チョコのミックスに。

050326.jpg

口に近づけた時、ふわ~んと鼻についたのは、アポロの香り。
一口食べて、口の中いっぱいに広がったのは、やはりアポロ。

ソフトクリームをほおばっているという実感が薄かった……
(アポロ自体は好きなんだけどネ)

※アポロ─ミルクチョコといちごとチョコの組み合わせの三角型のチョコ

お願いされても 

050325.jpg

3月目標850万円。
どうか応援して下さい!!!


それって、客に頼むことか?こっそりと自分らで頑張ってくれよ~。

堂々と挙げられたこの文句を見るたびに、首をひねってしまう。
こんなことしている飲食店は初めて見た。

父からの贈り物 

訳あって、私の父は遠方に住んでいる。
そんな父が、初孫るーとに会いに遊びに来た。
実は2人は今日が初対面。

数日前に電話でオモチャのリクエストは無いかと聞かれていて、
「木のオモチャ」「オーソドックスなもの」と答えておいたが、
父に伝わっているかどうか自信がなかった。

050324_01.jpg
コテコテのキャラクターもののオモチャでなければいいのに……と
祈るような気持ちで包みを開けると、出てきたのは真っ赤な
木製の消防車。その中には積み木が。キャラクターものではあったが
こんな感じのスヌーピーなら十分許容範囲だろう。

050324_02.jpg

そしてもうひとつは、木製の鉄琴。(←変な言い回し)
“じいじ”がポンポンたたくと、初めて耳にする音色に大喜びの
るーと。「爺婆世代にしては、なかなかいい選択や」と、
ずむ君も父を見直した様子。積み木も楽器も、何通りもの
遊び方が出来るから、長く楽しめるだろう。
大人も一緒になって遊べるのも嬉しいところ。

なかなか会えない“じいじ”だけど、オモチャで遊ぶ時に、ちょっと
でも“じいじ”に思いを馳せてくれるようになったら嬉しいな……

バス→木蓮→カフェ 

050323_01.jpg

一日雨だった。
朝から外出せねばならず、悩んだ末、初めてバスに乗ることに。
バス停までレインカバーをかぶせたベビーカーを押して徒歩。
(後で気づいたが、こんな時は抱っこ紐で出かけるべきだった)

バッグ&折りたたんだベビーカー&9kgの息子るーとの3点を抱えて
バスに乗り込んだものの、「この後どーすりゃいいんだ!?」と
身動きがとれない状態になり、発車間際の車内でアタフタ……

その時、最後部の座席から声がかかった。
「ベビーカーを持ちましょう。私は最後まで乗っていますから」
見ると、バス乗務員の制服を着た男性が一人座っている。
バスに車掌はいないはず……
どうも私が乗ったのは、研修中の運転士のバスだったらしい。
教官として乗り込んでいた男性に厚くお礼を言って、
ベビーカーを預けた。人の親切が身にしみる~。
初めて乗ったバスでは終始ご機嫌だった、るーと。
この調子だと、乗り物好きの少年に成長するかな。

帰りは、やまない小雨の中を徒歩で。
歩道に植えられている木蓮を眺めながら歩いた。

050323_02.jpg

モクレンとコブシは花が似ていんだっけ。
念のため、花弁を数えて確認を。9枚はモクレン、
6枚はコブシ……よし、木蓮でOK!

050323_03.jpg

そうこうしているうちに、昼食時を大幅にオーバー。
パン屋を併設しているカフェに寄って、サンドイッチとコーヒーを
とった。ここのカフェは初めてだが、店内の雰囲気はとてもいい。
明るくて静かで落ち着いている。
コーヒーが1杯242円なので、また気軽に寄れそうな感じ。

そういえば、るーとと2人きりでカフェでくつろいだのは初めてだ。
乳児同伴のバスもカフェも、何とかなるものなのね。
なせば成る!(場合もある)

柳の下に猫 

050319.jpg

先日、母が届けてくれた「ねこやなぎ」。
長かったので、60センチほどに切って、花瓶に活けている。
「そのまま活けていると、根が出てくるわよ。でも、
ねこやなぎなんか植えても仕方ないわよね」と母は笑っていた。

「ねこやなぎ」と聞いても、バカボンの歌ぐらいしか出てこない。
根が出る?植えられる?
うまく根付くかどうかわからないけれど、育ててみようか。

太陽が知らせる時間 

050318_01.jpg

徒歩圏内に、こんな建物がある。
エレベーター塔の壁面だろうか。
淡い配色で、日時計がデザインされている。

050318_02.jpg

正面(南側)から見るとこんな感じ。

「12」の数字以外は無く、左半分が午前、
右半分が午後の時間を示すようになっている。
ただいまの時刻は10時過ぎ。
日時計の示す時刻とほぼピッタリだ。

050318_03.jpg

前から気になっていたのは、東側の日時計。
「1」と「11」の数字があるだけで、意味が分からなかった
のだけれど、「1」ではなく「7」だということに、
ようやく気づいた。東の壁には午前の光しか当たらないので、
南側の時計とは全く違うスタイルになるわけだ。

しかし、この日時計は10時の線に達していない。
日の射し方は、季節によって違う。春から夏へと季節が移ろう中で
ピッタリの時刻を表示する時が来るのだろう。

時計といえば、唯一見ているドラマのある場面を思い出す。
「森の時計」という名前の喫茶店のマスターと客の会話の内容で、
“時計”がキーワードになっていたことがあった。
一周を一年かけてゆっくり回る時計を作って欲しいという依頼を、
時計メーカーに勤務していた客が受けた。
ゆっくり回る時計を作ることなど簡単だと高をくくったものの、
製造の精鋭を集めてもそれは不可能だった。
速く動く時計ならいくらでも作れるが、遅く動く時計は作れない
という、なんとも面白い話で、深く心に刻まれた。

誰も作ることのできない、一周を一年かけて回る時計。

誰も知ることのできない、一周を一生かけて回る時計。

日時計と腹時計、そのふたつだけでアバウトに暮らすのもいいなぁ…

50センチの友達 

「ストライクが少なかった」
と言いながらも、嬉しそうに帰ってきたずむ君。
「ボウリングはいいねぇ。ピンが倒れる時の音がいい!」とニコニコ。

ボウリング好きな彼だが、ゲームをしたのは実に一年ぶり。
そういえば、その空白の期間、ボウリングのボの字も出なかった。
私がボウリングをする状態になかったからだろう。
今日のハイスコアは168だったそう。
空白があったわりに、まずまずか?

そして、ずむ君が連れて帰って来たのが、このクマ君。

050317.jpg

一緒にいた友人がUFOキャッチャーで引き上げたクマのヌイグルミ
を「るーと君にどうぞ」と言って、プレゼントしてくれたという。
UFOキャッチャーで、こんな大物が釣れるものなのかとビックリ!
クマの身長を計ると、ほぼ50センチ。
ちょうど新生児サイズで、ベビーチェアにもピッタリだ。

明日の朝、るーとに見せたらどんな顔をするだろうか。
「お友達だ、ワ~イ♪」と喜ぶにはまだ幼すぎる彼のこと。
きっと、すごい勢いで食らいついて行くに違いない。

コーヒー豆宣言 

我が家のコーヒーは2種類。

050316_01.jpg

主に朝、ずむ君が少量の牛乳を加えて飲むのが、
インスタントコーヒー。
私はこれをCM風にカフェオレにして飲んでいる。

050316_02.jpg

そして一番飲んでいるのが、「1杯19円」が宣伝文句のドリップ
コーヒー。手軽でいいよね~、と3年ぐらい前から購入している。

050316_03.jpg

ところが……何年ぶりかに豆を挽いてみて、ビックリ仰天。
「めちゃ旨っ!」風味が全然違う。
ふと、グラム売りの豆を少しずつ買って楽しんでいた頃を思い出した。
豆だ、豆!これからは、豆を挽くぞ!!!

鼻息荒く『コーヒー豆宣言』をしたら、ずむ君に「今ある
ドリップコーヒーを飲み切ってからにしてよ」と言われた。
……そーだった、そーだった。
まとめ買いをしているから、まだかなり在庫があるんだったっけ。

「豆を挽いたのんとドリップと、そんなに違うか?」と首を傾げる
ずむ君には、『コーヒー豆宣言』などどうでもいい事らしい。
いいのだ。飽きるまでこだわらせてくれ!(`へ´)

形あるもの 

ガッシャーン!

「あ、あ、あ~~~~~!」

キッチンからずむ君の悲鳴。ちなみに彼は、皿洗い中……

050315.jpg

そこには、見事なまでにパックリ割れた皿が一枚。
気に入っていたペア皿だったのに(涙)

「形あるもの、いつかはいつかは……」と、自分を必死に慰めた。

重厚スイーツ 

昨日の帰り道、車内で「明日ホワイトデーだから、ケーキか何か
買っていく?」とずむ君に尋ねた。
私たち夫婦には、クリスマス・バレンタインデー・ホワイトデー、
どれもスイーツを楽しむ日となっている。
ところが、いつもならホイホイ乗ってくるはずのずむ君が、
「うーん…」と、気のない返事しかしない。

「なんだぁ~?」と思っていると、自宅に着いて車から降りる時
ずむ君が運転席の下から何やらごそごそと取り出した。
その手にはケーキの箱が!

050314_01.jpg

買い物中に別行動をし、20分足らずの間に買いに走っていたらしい。
しかもバレないように、わざわざ駐車場に行き、車の中に隠して
何食わぬ顔で戻ってくるという念の入れよう。
ぷくく、すぐ見つかるのに(笑)

050314_02.jpg

ケーキは前々から「食べてみたい!」とずむ君が言ってた
シフォンケーキ。ホワイトデーだというのに、私の好みというより
ずむ君の好みで選んでいるところがポイントだ。
(ま、私も好きだから嬉しいのだけれど)
ショーケースに並んでいる時から、すごいデコレーションだと
思っていたが、間近で見ると圧倒される。たっぷりの生クリームに
覆われて、ケーキの正体が分からないほど。
ここまで来ると、「美」なんだか「醜」なんだか(笑)

050314_03.jpg

スポンジもマーブル状になっている。
それにしても、生クリーム層が厚いなぁ。
「シフォンは軽いからパクパクいけるよね」と言いながら、4分の1
ずつ食べたところで、胃が「消化できましぇぇぇん」と音を上げた。
生クリームは3分の2に減らしたほうが、好みだ。
美味しいんだけど、ちょっとこれは、胃に重かった…(敗北)

お好きなだけ 

050313_01.jpg

好きなものを好きなだけ食べたい!!!
目指したのは、ダイヤモンドシティ・プラウ(大阪府堺市)内の
グランブッフェ。いつか入ってみようと言っていた、
洒落た造りが目を引くバイキングの店だ。

アイドルタイムを狙っての3時半入店。5時までは、ランチの
時間帯になっていたが、早めの(早すぎ?)夕食ということにした。

050313_02.jpg

3分の2、いや4分の3ぐらいは空席だったが、それなりに料理は
回っていた。「○○ピザ、焼きたてで~す!」などとキッチンから
声が飛んでくる。

ずむ君と2人で、10皿以上は盛っただろう。
「あれ美味しいね」「これアツアツやで」
バイキングは、いつも以上に会話が弾む。

雪が舞う中、帰宅ラッシュに巻き込まれた。
立体駐車場から出る車が列をなしている。
ジリジリとしか進まない。

050313_03.jpg

屋上駐車場に停めていたのだが、ひとつ下の階に降りるだけで
20分かかった。大混雑のオープン当初は、屋上駐車場から外に
出るまで2時間かかったというスゴイ話を聞いたことがある。
近隣の人たちは、大迷惑に違いない。隣接するマンションに
入っていく車を見ながら、申し訳ない気持ちになった。

「とんぷく」の効用 

050312.jpg

「とんぷく」ってカワイイ。

とんぷく、とんぷく、とんぷく……

舌足らずな感じでつぶやくと、ますますカワイイ。


「怒り心頭、もう我慢ならん!キ、キレそう~~~~!」
そんな時に、ちょっと待ったぁー!

だまされたと思って、胸に手を当て「とんぷく」と、
つぶやいてみよう。きっと穏やかな気持ちになれるはず。

心に、とんぷく♪

────────────────────────────
(注1)「とんぷく」とは「頓服」と書き、
    「何回にも分けず、1回で服用する薬」のこと。
(注2)私は「とんぷく協会」の回し者ではありません。
(注3)なんじゃそりゃ的な日記続きでスミマセンm( _ _ )m

春の足音が 

050311_01.jpg

ぎっしり詰まった半透明の粒々が、

水の中でゆらゆら揺れている。

何の卵でしょう。

あら? 春の足音が、すぐそこまで聞こえているわ……




いえ。 ただ、フライパンで湯を沸かしているだけなんですけどね。

050311_02.jpg

ぐらぐら沸騰しいていく様子を見つめていたら、ついつい夢心地に。
ヤカンは中が見えないので分からないけれど、黒いフライパンだと
よく分かって面白いのだ。
じーっとフライパンを見つめる私、傍から見ると怖いかも。

(注)私はいつも、1人分のパスタはフライパンで茹でている。

鳩まみれ公園 

050310_01.jpg

ぶらぶら公園散策。鳩がたくさんいた。
各々好き勝手に過ごしているように見えても、しっかり群れている。

050310_02.jpg

何を目指してか、同じ方向に歩いている姿なんぞ、けっこう笑える。
(鳥好きな私は、もちろん鳩も好き)

050310_03.jpg

息子るーとは、初めて見る鳩の大群に視線が釘付け!
生物だと認識しているのか?
人でも動物でも車でも、とにかく動くものに興味津々だ。

鳩を撮ったり、子供を撮ったり……
ひとり母は大忙し!(笑)

050310_04.jpg

公園の一角で、なにやら取材中の一陣が。
何のインタビューだろう???取材陣のラフなスタイルが
公園に溶け込みすぎて、あやうく見過ごすところだった。

公園は、鳩に人に、いろいろな使い方をされている。

別れを決意 

1月末に長かった髪を切り、今日、またさらに短く切った。
横は同じぐらいだが、後ろがかなり短い仕上がり。

050308.jpg

「ボブ、似合いますねぇ♪」と美容師さんに褒められて、
うきうきしたのも切った当日だけ。
早く洗えて、早く乾くのは嬉しいけれど、ブローが大変。
朝起きて鏡を見て、まず、げんなり。美容院でやってもらった
シルエット(↑写真)が、自分では出せないのだ。

十数年前、乙女の必須アイテム(?)だったくるくるドライヤーに
嫌気が差して以来、ブラシ&ドライヤーを駆使してブローしている。
ドライヤーはとにかくパワー重視。美容院並の風力が出せる。
でも自分でやるのと、他人にやってもらうのとでは全然違う。
不器用ではないはずなのに……(しょぼーん)

というわけで、今日から伸ばしに入るぞ!
ショートな私、さようなら~。

小さな山をひとつ 

なんだか、なんだか、なんだか……先週はいろいろあった。
凹みかけたこともあったけれど、なんとか持ちこたえた。

今の自分の体力に合った“山”を目標にしないと挫折する。
小さな小さな山でいい。楽に登って楽に降りてこよう。
それを何度か繰り返し、よし行ける!と思ったら、
中くらいの山を目指そう。…と、これらは日常生活でのコト。

050307.jpg

るーとが生後6ヶ月に入って1週間。
今日、ようやく離乳食をスタートできた。
(通常は5ヶ月に入ったら始める)
ことこと煮込んだ10倍がゆ。「先ずは舌慣らしで」と
期待ゼロで臨んだのに、意外にもすんなり飲み込んだ。
1さじ、2さじ、3さじ、4さじ、5さじ……
初回にしては食べすぎなほど。るーとの離乳食受け入れ態勢が、
しっかり整っていたことに驚かされた。

小さな山をひとつクリア。 そして、大きなため息をひとつ。

アジアンラーメン 

「期待してなくて入ったら、結構美味しかってん!」
と友人に聞いていたラーメン店へ行ってみた。「前にイタリアンの
店やったとこで、内装がラーメン店らしくないねんけど」とも。
八尾市の飲食店が立ち並ぶ大通りにある「あ まん」という店。
店名はインドネシア語で「平和・穏やか」という意味があるらしい。

広くて明るい!そして、日曜の昼時なのに、すいている~~~!
確かにラーメン店らしからぬ内装だが、清潔感があって良いのでは
なかろうか。何といっても、ベビーカーで乗り入れても、まったく
支障がない広さであるのが嬉しい。店員の対応もなかなか。

050306_01.jpg

私は塩とんこつ、ずむ君はとんこつタンタン麺に。
チャーシュー丼は半分ずつ。全体的にオシャレな盛り付けで、
ラーメン店特有のコテコテ感が全くない。
塩とんこつはアッサリしていて、“女性に人気”のコピーに納得の
さらさらスープだ。タンタン麺は想像以上に辛かった。
(辛いものが苦手な私には、無理な辛さ)
スープがぬるかったのが残念だ。温泉卵をほぐしながら食べる、
アジアンチックなチャーシュー丼が一番良かったかも。

050306_02.jpg

その後、無性に冷たくて甘いもの(アイスクリーム類)が
食べたくなり、買い物先の店でイタリアンジェラートをほお張った。

ラーメンの後にジェラート……しかも、ダブル。

たまには(?)自分を甘やかすのも良しとしよう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。