スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たり第一弾 

今年はクジ運が良いらしいと、せっせと懸賞の応募葉書を出していた
ずむ君宛てに荷物が届いた。

050131_01.jpg
やたらとデカイぞ! でも薄いぞ?

それを見るなり、「あ!カレンダーが当たった♪」と大喜びする彼。

……カ、カレンダー???

クルマ好きなずむ君は、月に何冊かクルマ雑誌を読んでいる。
その中のひとつに、ようやく当たりが出た。(当選は10名)
「カレンダーってもう2月になるというのに。12分の1はロスやん」
そうは言ってみたが、当たりはハズレより嬉しい。(当たり前だ)
どうもこれは、VOLVO社で契約をしたらもらえるカレンダーの
ようだ。我が家ではVOLVOに乗るようなことは一生無いだろう。
たとえ宝くじが当たったとしても、国産車に乗り続けるに違いない。
(ずむ君がホンダ党のため)

050131_02.jpg
スウェーデンの画家カール・ラーション氏の「家」をテーマにした
作品だ。「カレンダーは何種類かあったが、その中で我が家に
合いそうなものを選んで応募した」とのこと。いつも“絵”とは
程遠いところにいるずむ君だが、結構イイ線を行っている。
現在リビングにあるカレンダーも気に入っていたのだが、あまりにも
当選を喜んでいるので、“格上げ当選”ということで、入れ替えて
リビングに飾ることにした。

続いて当たりが出ますように……
毎日カレンダーに向かって祈ることにしよう。大物、カモン!
スポンサーサイト

手土産要求メール 

マンションの排水溝清掃があるため、午後は自宅待機を
余儀なくされた。

050130_01.jpg

業者とは言え、家の中に見知らぬ人間がいるというのは落ち着かない。
玄関は開けっ放しにされ、冷たい風がびゅーびゅー吹き込んで来る。
廊下からず~っと青いビニールシートが敷かれ、まるで川のよう。
去年はリビングに鳥カゴを置いたまま、清掃業者を入れてしまった
ので、鳥たちがビックリ仰天、掃除の間中、大騒ぎをして大変だった。
今年は鳥たちは別室にいるので大丈夫……と思ったら、眠っていた
るーとが突如目覚めてグズリ始めた。
ただならぬ気配を感じとったらしい。そりゃ、怖いよね。

そして、ずむ君は夕方から、結婚式に参列するため出かけて行った。
帰りを待つ間、どうしようもなくお腹がすいてきてしまい(夕食は
きっちりとったのに)、「手土産要求メール」を何度も送りつけた。
帰宅したずむ君の手にぶら下がっていたのは、飲み屋帰りのオヤジの
必須アイテム寿司折…ではなく、シュークリームと肉まんの二種(笑)

050130_02.jpg

最初、私は手土産としてスイーツを要求していた。
ずむ君は「よっしゃ!任せろ」とばかりに、途中の駅で
シュークリームを買ったのだという。
続いて私は「腹減り具合加速中、キケン」というメールを送った。
「なに?シュークリームでは足らんのかもしれん!」と危機感を
抱いたずむ君は、途中のコンビニで肉まんを調達してきたという。

「おっかえりー♪」とずむ君を迎え入れた私は、
親鳥の帰りを待ちわびたヒナ鳥のようだった。

なぜ、ああも空腹だったのだろう……

「ずむ君がいないとお腹がすく」
こんな言い訳はアリか?

ふたつのお祝い 

今日で生後5ヶ月を迎えた息子るーと。
ずっとうつぶせ寝が苦手で、「ふえ~ん」と泣き崩れてばかり、
ほとんど進歩が見られなかった。

050129_01.jpg

「この調子じゃ、寝返りなんてまだまだ先の話だな」と思っていた
のだが、そんな私の予想を裏切って、本日、コロ~ンと布団から
転がり出た。ね、寝返り成功してるっ!
その後も何度かコロコロと。

……思っていた以上に、感動した~~~(ToT)
そして5ヶ月と寝返りのお祝いに、ケーキを用意せねば!と思った。

050129_02.jpg

連日お菓子作りに明け暮れていて、ちょうど他人の作った“成功した
ケーキ”が恋しくなっていたところなので、あっさりと手作り断念。
馴染みのケーキ屋にダッシュ!
ラウンド型のケーキは注文制で、普段は置いていないため、
ずむ君の誕生日に買ったのと同じロールケーキにした。
具材の入っていない生クリームだけのシンプルなケーキながら、
メイプルシロップ風味の生地が美味しい。

050129_03.jpg

ロールケーキの上に生クリームを絞ってもらい、その上に、
クッキー生地のプレートを立てて、簡易お祝いケーキの出来上がり!
「プレートに“寝返り”なんて書いてもらったん!?
は、恥ずかし~!!!」と、ずむ君には思いっきり呆れられた。

恥ずかしい?
わたしゃ、これっぽっちも恥ずかしいとは思わなかったけど?
ケーキ屋の奥さんは「今日、寝返りされたんですか?」と笑っていた
けど、ご主人は素で受けてくれたよ。
前だって“ずむ君おたんじょうびおめでとう”と、聞き返しもせずに
書いてくれたご主人だもん、“祝5ヶ月&寝返り”ぐらいなんてこと
ないでしょ。
時々、夫婦間の恥ずかしさの基準が異なるなぁ(-_-;

寝返りの功労者るーとに「おめでとう♪」と声をかけながら、
ロールケーキは半分ずつ2人の胃袋に消えていった。
美味しい思いは、いつも大人だけ……
ごめんね、るーと!大きくなったら一緒にケーキを食べよう!

開設二周年 

2年前の今日、この「鳥にのって散歩」を立ち上げた。
HP作成ソフトを使い、約2ヵ月かけてベース作り。
やっとオープンにこぎつけたが、その後は更新するのにも一苦労。
ああでもない、こうでもないとガイドブック片手に、連日連夜
パソコン漬け……寝不足の目をこすりながらの仕事中も、
HPのことが頭から離れなかった。

当時は飼い鳥の十姉妹のヒナ、コゴロウの飼育日記がメインだった。
ヒナ鳥が成長する様子を「毎日楽しみにしている」と掲示板に
書き込んでもらえたことが大きな励みとなった。
HPを楽しみにしてくれている人がひとりでもいるなら、
出来る限り毎日更新しようと心に決めたのもその時だ。

もちろん、良い思いばかりではなかった。
知らない者同士が簡単に交流出来るネットでも、実社会と同じように
衝突したりギクシャクしたりすることもあるのだと知った。
落ち込んだことも一度や二度ではなかったが、今ではそれも
いい勉強になったと思える。

3年目の抱負……というほどのものではないけれど、このまま
気負うことなく、ほんのり脱力系で行けたらいいなと思う。

シェルピンク 

050127_01.jpg

先日、ガーベラを10本買った。3つの花瓶に分けて飾っている。
冬は切花が長持ちするから良い。
ベビーピンクより黄味が強く、サーモンピンクより淡い……

050127_02.jpg

この色をなんと言えばいいのだろうかと、手持ちの本をめくってみた。
「シェルピンク」貝殻の色。なるほど、確かに桜貝みたいな花びらだ。

このところ、心が尖っていた。気がかりな出来事を悪い方へ悪い方へ
と想像を膨らませてしまって、イライラは募るばかりだった。
それが今朝目覚めると、嘘みたいにすっきりした気持ちになっていた。
知らず知らずのうちに、シェルピンク色の花たちになぐさめられて
いたのかもしれない。
気持ちがささくれ立ったら、優しい色の花を探しに行こう。

イメチェンへの誘惑 

半年ぶりに美容院へ。
今まで年に4~5回、スローペースではあるが定期的に通っていた。
産後は一人のまとまった時間がとれない上、煩わしさもあって、
あまり行く気が起きなかった。
肩下20センチのストレート。日中は束ねていることが多いので、
こまめに手入れをしなくても、問題なく過ごすことが出来るのだ。
「1、2年、伸びるに任せて放っておこうか」とも思っていたが、
人に洗ってもらうシャンプーの気持ちよさを味わいたくなった。
午後から遊びに来た妹に、るーとを預けて出かけることに。

「ばっさり切りたい気持ちもあるんですけど、まめには通えないので
今回も毛先をそろえるぐらいにしようかと」
もう2年近く同じような髪型を維持し続けていた消極的な私に、
担当の美容師は「段をあまり入れなければ、少しぐらい伸びても
大丈夫ですよ!短めのボブが流行ってるし、イメチェンして
みませんか?似合うと思いますよ」と提案してきた。
イ・メ・チェ・ン……魅力的なその言葉に、思わずうっとり。
「切ります、切りましょう、切っちゃってくださ~~~い!」

切った後、頭が軽くてビックリ!
シャンプー量とドライ時間が半分以下で済みそう♪

鏡に映る姿を自分で撮影しているので、
妙なポーズだが、こんな感じ↓

050126_02.jpg

私を見たずむ君の第一声は「おっ、新鮮!」だった。

私 「いいよね?」  ずむ 「新鮮、新鮮!」

私 「似合ってる?」 ずむ 「新鮮、新鮮!」←何を聞いても同じ

……褒めてるつもりなんだろうけど、卸売市場じゃないんやから、
お世辞でも「カワイイ」「似合う」ぐらい言ったらどうやねん。
妻を喜ばせておいて、損はないんちゃいまっか?

休日のロールケーキ 

午前中は仕事があったずむ君。今週の休みは本日の午後のみ。
“お疲れさん”のずむ君に、午後の過ごし方の希望を聞いてみた。
すると……
「コヤマロールを作りたい」と、来たもんだ!
今月2日に購入したコヤマ氏によるお菓子のレシピ本。
眺めるだけで何ひとつ作っていなかった。

050123_01.jpg

「コヤマロール」はコヤマ氏の店(エス コヤマ)での看板メニューでもある。

さっそく材料の買出しに。
とは言うものの、レシピ通りの材料は揃わない。
牛乳や薄力粉は銘柄が指定されており、生クリームにしても
乳脂肪分42%と47%の2種を使い分け、バターも有塩と無塩を
両方使うことになっている。バターは良いとして、近所のスーパーに
指定された銘柄の品が揃っているわけがない。
やむなく材料は、かな~り妥協。

050123_02.jpg

2人がかりで、初のロールケーキ作り。
慣れない作業にあたふたしっぱなし。4年前にオーブンレンジを購入
してから一度も出番がなかった天板が、ようやく日の目を見ることに。
天板にスポンジ生地を流し込み、焼き上げたところで……

「ひゃーーー( ̄□ ̄;)!」

天板に敷いたロール紙が、シリコン加工されてなかったため、
スポンジが紙にくっつき、焼き色が剥がれ落ちてしまったのだ。
焼きあがったスポンジの密度もイマイチ。巻き方が甘かったため、
断面が円形ではなく、微妙に三角形になってしまったし。

050123_03.jpg

そんな中で救いだったのは、そこそこ美味しく出来たこと。
「今度はもっとうまく作るで~~~!」
決意を新たに、我ら夫婦、ますますお菓子熱がヒートアップ。

久しぶりのメニュー 

050118_01.jpg

今夜は久しぶりにハンバーグを作った。
ハンバーグというメニューそのものが、すっぽり頭から
抜け落ちてから、かなり経つ。なぜか今日、突然思い出した。
二人とも大好きなのに、どうして忘れてしまっていたんだろう?

そして、新聞に載っていた簡単な作り方で、これまた2年ぶり
ぐらいにオニオングラタンスープを作った。
通常のレシピだと「あめ色になるまで30分ほど炒める」とあるが、
30分であめ色に仕上げられた試しがない。
いつも一時間近くたまねぎと格闘して、ぐったりするはめに……
簡単レシピでは、バターを熱したフライパンでベーコンとたまねぎを
炒め、うすい茶色になったら水を足して10分煮る、というもの。

050118_02.jpg

簡単には作れたが、オニグラ独特のコクが無かった。
よく言えば、あっさりしていて食べやすいのだけれど。
オーブンの予熱を省いてちゃちゃっと熱したため、チーズに焦げ目が
つかず、見た目も失敗。オニグラは“こんがり&コク”が肝心!
次回は手間でもじっくり炒めたあめ色たまねぎのオニグラにしよう。

懸賞男暴走中 

050119.jpg
毎日、インターネットや葉書でせっせと応募する男、ずむ君。

「今年はわんさか当たるで~♪」

お願いだから、欲しくも無い賞品にまで手を伸ばすのはやめてね。
その葉書だって、タダじゃないんだから。

「え?タダとちゃうの?」

……当たり前だ。しっかり金払って買うてるんじゃい(-″-;)
君を見ていると、何枚もの50円玉がコロコロ転がって消えていく
ような錯覚に陥るんだけど。
ま、がんばってくれたまえ!天秤座の自称A型さーん。

夢に終わる 

050117.jpg

今回の年賀状の当選は……4等が5枚ぽっち。
あーあ、今年も3等以上のアタリにめぐり合うことができなかった。

1等の本数は8844本で、当選の確率は100万本に2本。
賞品は下記の5点から選択できるという。

①わくわくハワイ旅行
ホノルル、2名様、3泊5日(ホテル3泊・機中1泊)

②にこにこ国内旅行
Aコース1泊(高級旅館又はホテルコース・大人2名様)又は
Bコース2泊(ファミリーコース・大人4枚様まで)より選択


③ノートパソコン
東芝製 Dynabook Qosmio E10/2JCDTE

④DVDレコーダー+ホームシアターセット
日本ビクター製 DR-MH35 + シャープ製 SD-AT1-S(シルバー系)

⑤デジタルビデオカメラ+プリンタセット
日本ビクター製 GR-D230-B + セイコーエプソン製 PM-A870


よし!私なら「にこにこ国内旅行」で「Aコース」にするぞ。
ハワイへも行ってみたいけど、ずむ君の休みがとれなさそうだし。
国内1泊旅行が最も現実的で、にこにこ行けそう♪
……現実的も何も、当たるどころか、かすってもいないんだけどね。
夢だけでも見させておくれよ(TヘT)

漬物フロム秋田 

050116_01.jpg

母は秋田の出身だ。
秋田にいる母の従姉妹が送ってきてくれた農産物の中に、
自家製の漬物が入っていた。
秋田の漬物の代表「いぶりがっこ」(燻した沢庵)や、
みずの実のしそ漬けなどなどを、おすそ分けしてもらった。

050116_02.jpg

みずの実は初めて食べた。数珠つなぎになっている実が面白い。
ふきのような繊維質でこりこりしており、噛んでいると粘りが
出てくる。この“みず”は、ちょっとしたブームになっていて、
都心部から遠路はるばる秋田まで採りに行く人が増えているらしい。

皿に盛った漬物は、あっという間に食べてしまった。
漬物が美味しいと、ご飯が美味しくなる。
秋田の皆様、美味しい食卓をありがとう。

郵便物の事故 

友人から、一通のメールが……
私からの年賀状が来なかった、というもの。
中学時代から友人の彼女とは、かれこれ20年近い付き合いがある。
年賀状は毎年送りあっており、去年末にもしっかり投函した。
「遊びに行くね」という手書きのメッセージを添えたのも覚えている。

そ・れ・が。届いてないってどういうこと!?
たまたま教えてくれたから発覚したものの、あちこちの家で「今年は
ゆんさん家からは来ないね」と思ったり思われたりしてるんだろうか。
この怒りの矛先はどこへ向ければ良いのだろう。

郵便局ホームページで調べると『郵便物が届かないなどの事故
のお申出』
というページを見つけた。
ふーん、こんなのあるんだ。
分かりにくい書式にイライラしながら、やっと記入し終えて送信!
しかし、何度やっても同じ選択項目でエラーが出る。
ちゃんと選択してるのに、なんでやねんッ!!!
私って、こんなに短気だったっけ?と思うぐらいイライラが絶頂に。
どうしても送れないので、プリントアウトして、郵便局の窓口へ
提出することに。こうなったら、文句のひとつも言ってやらねば。
“客”として当然だ。

届かなかった友人には、もう一度年賀状を送りなおすことにした。
寒中見舞いにすべきか悩んだけど、再送ということで、新年を祝う
言葉のまま。

そういえば、明日16日は、お年玉付き年賀葉書の当選番号発表の日だ。
毎年切手シートが数枚当たるだけだけど、そろそろ、その上の賞品が
当たらないものかしら。実は、予備で買った年賀葉書が100枚ほど
手元に残っている。これらは一年かけて、懸賞に応募するつもり。
「てんびん座のA型」のずむ君は、今年のクジ運が良いらしい。
彼には、せっせこせっせこ葉書を書いて送ってもらわねば。
せめて、投資分の葉書代ぐらいは取り戻してもらわないとね♪

050115.jpg

ひとつ気がかりなのが、血液型が不明なずむ君の“A型”というのが
自称であること。ほんとにクジ運いいのだろーか?

小児科満員御礼 

050114.jpg

午前中、先週行った小児科(内科兼)へ出向いて仰天!
前回も混んでいたと感じたが、外に自転車や車の姿はなかった。
それが今日は、患者が院外にまであふれて出ているではないか!
チラリと院内をのぞいてみたが、私たちの入る余地は全く無し。

仕方がないので通院は諦めた。
るーとの症状が悪くなっているわけでもなく「来週もう一回来て」と
言われていただけなので、無理にこの“大混雑”に突入しなくても
良いだろう。閑古鳥が鳴くような病院もどうかと思うが、
診察を受けることすらままならない大繁盛病院もどうかと思う。
幼子を抱えていると、一人でいるときより時間も労力も倍以上必要だ。

夜の診察時間にもう一度行くか、明日にするか、それとも病院を
変えるか、ただいま考え中……

〔続き日記〕
夕方、再度病院へ行ってみた。昼間の混雑が嘘のように、患者は
少なかった。と、言っても受け付てもらってから、診察が終わるまで
ゆうに一時間はかかったけれど。
るーとの状態は良くなっていたので、このまま様子を見ることに。
「10日ぐらいしたら、もう一回、診せて」と医師。
……ハイ。
その間、ココを掛かりつけ医院にするかどうかじ~っくり考えますワ。

050114_02.jpg

夜に食べたイチゴ、甘くて美味しかった。
これからますますお手頃価格になっていくことだろう。楽しみだ。
イチゴのお菓子なんかも作ってみたい。

祝御出演 

050113.jpg

「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングにヒロシが出ると
メールで知らせてくれた人が2名。
お知らせ、ありがとう。しっかり見たよ!

私ってば、ものすごいヒロシファンだと思われてるのね。
……“お笑い作品集”はちょっと読んでみたいと思ったけれど(笑)

寒い夜の過ごし方 

050112.jpg

向かいのマンションの屋上アンテナに止まる二羽のカラスがいた。
番か、兄弟姉妹か、はたまた友達なのか……
寒いんだから、風を避けられる物陰に移動すればいいのに、
我慢大会でもしているかのように、まったく動こうとしない。
しばらく見守っていたが、私の方が凍えそうになり、室内へ退却。

今日は一日、寒くてしかたがなかった。
風邪の前兆だったら嫌だなと思いながら、長湯を決行。湯船を
出たり入ったりしながら、トータル1時間は浸かっていただろうか。
おかげで、持って入った文庫本を半分以上読むことができ、体は
ぽっかぽかに。湯冷めしないように、とっとと布団へもぐりこんだ。
24分の1日を入浴で過ごせるなんて幸せだ、とつくづく思う。

モンキーとドーナツ 

「仕事のシフトが、やっと昨日出て。見たら、今日が休みに
なっててん♪」そう言いながら妹が遊びに来た。
この寒空の下、バイクを飛ばして来たライダーな彼女の体は
キンキンに冷え切っており、歯の根も合わない状態だった。
冬のバイクは、相当寒いらしい。
(私はバイクに乗ったことがないので、経験は無いが)

妹と息子るーとは、同じ申年の生まれ、その年の差24。
モンキー同士でウッキウッキと仲良く遊んでいる間に、
私はおやつのドーナツ作り。

050111_01.jpg

年末にずむ君が作ったドーナツと同じ作り方なのだが……

揚げ物が苦手で、油温度を失敗した上、揚げ上がりのタイミングを
逃し、黒く油っこいドーナツに仕上げてしまった(涙)

050111_02.jpg

それでも「美味しい、美味しい」と、ウキウキ言いながら5個も
食いらげてくれた妹よ、ありがとう。後で胃もたれしなかったかい?

連休のお知らせ 

ふと思い立って、ある食品メーカーの相談センターに電話をした。
購入した商品について尋ねたいことがあったのだ。

数回鳴ったコール音の後に続いたのは、事務的なテープの音声。
『受付時間は、平日午前9時から午後5時半までとなっております』
……ハ?今日は平日じゃないの???

毎度のことながら、ずむ君には“祝日”が無い。
なので三連休だと言われても、全くピンと来ないのだ。サービス業
など、カレンダー通りの休みがとれない人は少なくないだろう。
「いよいよ三連休のスタートです!」アナウンサーの台詞に疎外感を
感じなくて済むよう、ちょいと違う表現にならないものかしら。

050110.jpg

夕日が沈んで行く町並み……何本もの煙突から煙がたなびいている。
あの建物はどのあたりだろう。
隣の区か、もうひとつ向こうの区あたりか。
高所からの眺めは、距離感が狂う。シルエットのすぐ向こうに、
太陽が沈んでいくように見えるけれど、本当に沈んでいる場所は、
丸い地球の先っちょなのよね。(地球に先端も何もないけどサ)

続々デビュー☆ 

050109.jpg

身近な血縁者が……
先週発売の車雑誌に購入エピソードが写真入で載った(↑写真)。

別の友人一家は……
本日、超有名写真家S氏にポスターの写真撮りをしてもらったそうな。

続々と、どうしたッ( ̄□ ̄;!?

病院採点 

年明けから、るーとの調子がイマイチ。
機嫌はよく、日の大半をにこにこして過ごしているのだが、
今日から薬を飲むことになった。
完全母乳だったため、慣れない哺乳瓶には拒絶反応……
薬を入れているので、飲んでもらわないこと困る。
おだてながら何とか飲ませているものの、毎度の授乳時間が
ちょっとした戦いになってしまった。

今日、初めて訪れた小児科の医師は、マウス片手に診察をしていた。

私 「それ、電子カルテですか?」
医師「そや。何で?」
私 「いえ、初めて見たものだから……」
医師「そやろな。区内で使ってるの、ウチだけちゃう?」

そう言いながら何となく得意げな医師は、50代後半と思える男性。
いかにも“大阪のおっちゃん”という感じで、患者に対して
遠慮のない物言いをする。

私の苦手とする医師は〔1〕何を言いたいのか要領を得ないタイプ、
〔2〕極端に口数が少ないタイプ、〔3〕質問を寄せ付けないタイプ
の3つだ。
今日の医師は、初め〔3〕のワンマン医師に該当するかと思えたが、
私の質問にはわかりやすくきっちりと答えてくれたので、まずは
合格点ということにした。
他にこの病院で嫌だと感じたところがあるのだけれど、
それは来週の通院時に採点しなおすことにしようと思う。

病院の外観、出入りのしやすさ、スリッパの清潔さ、待合室の印象、
受付係の対応、通院患者の様子…自分達にあった『かかりつけ病院』
を探すため、常に頭の中ではパチパチと点数を付けている。

050108.jpg

写真は夕方の空。久しぶりに空を見上げる余裕が持てた。

大人の遊び心 

050107_01.jpg

学生時代の友人から、るーと宛てにオモチャが届いた。
布製の動物型のボウリングだ。子供のいる友人宅や、店頭で見て
「いいなぁ」と思っていたのでとても嬉しい。

050107_02.jpg

おとぼけ顔の鶏ちゃんもいい味出てるし(笑)

子供のオモチャといっても、いろいろある。
私は自然の素材の物(木製等)や、洗える布製の物が好きだ。
ボタンを押したら最後、オモチャの動きだけで遊びが完結してしまう
ものではなく、子供の手で工夫して何通りもの遊びが生まれる
オモチャが好きだ。
幼児なら積み木やブロック、年齢が進めば、パズルやトランプなどの
カードゲーム類…共通するのは、昔からある古臭い遊びだということ。
そして、これらのいいところは大人でも楽しく遊べるということ。
オモチャの発案・製造主は大人だ。子供に媚びて作り出したものより
大人自身が楽しいと思える飽きのこないオモチャこそが本物だと思う。

……などと私が主張できるのも、るーとが小さい今だけに違いない。
ある程度成長すれば、テレビゲームや携帯型のゲームがやりたいと
言うようになるだろう。
それまでは、私の遊び心をくすぐるオモチャで遊んで欲しいのだ。
「共に夢中になって遊ぼう、息子よ!」
母は、遊ぶ気満々でスタンバイしておるぞ。

心地よい声 

春に車を買い換えてから、我が家の音楽事情は変わった。
ここ何年かでCDを買うことはほとんどなくなり、ほとんど
レンタルばかり。今までは借りたCDは全てMDにダビングして
いたのだが、今の車にはMDデッキが付いておらず、
CDをハードディスクに落とすようになっている。
そのため、ドライブ前にレンタル屋に寄ってCDを借り、
運転中に聴きながらハードディスクへ。
そして、帰りにCDを返すという「当日返却」ばかり。

ところが、先日借りたCDは古いもので傷があり、音飛びのため
録音できなくなっていた。返却時にクレームをつけると、
傷のない別のものを一週間無料で貸してくれることに。
一週間借りられるのなら、パソコンにも録音しておこう!と、
珍しく自宅にレンタルCDを持ち込むことになった。

050105.jpg

それが、スピッツの99年のベスト。
20代を共に過ごした懐かしさがある。

「愛してる」の響きだけで強くなれる気がしたよ
いつかまたこの場所で君とめぐり会いたい 〔チェリー〕


草野氏の声は、優しさと切なさが7:3……耳に心地よく好きだ。

味噌に始まる 

050104.jpg

去年、大通り沿いにオープンしたラーメン店「むつみ屋」
ここのラーメンは、数年前に京橋店で一度食べたきり。
全国で100店舗以上あるので、ご存知の方も多いはず。
最近は知らないが、以前はよくテレビでも取り上げられていたっけ。

他店と共通の駐車場がたっぷり。
車で行けるラーメン店というのはそれだけでありがたい。
店頭でベビーカー乗り入れができるかどうかたずねると、
「大丈夫ですよ」と快く招き入れてくれた。
テーブル席が6つ、カウンター席が8つ。テーブルに面した通路が
広く、ベビーカーを横付けしても通行の邪魔にはならず、ほっとした。

去年最後のラーメンも味噌味だったのに、また味噌を選んだ私。
夏場は何とも思わないのに、冬になると急に味噌ラーメンが
恋しくなる。おいしかったけど、ここのラーメンは他店と比べて
単価が高い。ノーマルラーメンなら、500円台、せめて600円台
であって欲しいところ。

でも、たっぷり駐車場とゆったり店内、そして物腰の柔らかい店員の
対応が気に入ったので、また来ようと思う。
次は「白みそらーめん」にするぞ♪

海の仏顔 

快晴、しかも暖かい!

050103_01.jpg

喜んだのも束の間、暖かさに気が緩んだバナナが
揃って落下しているのに気づき、ガックリ。

……うう、油断した。


050103_02.jpg

買い物に出かけた先で、遠目に海を眺めた。
波ひとつない穏やかな水面……

もしいきなり盛り上がって迫ってきたら、どんなに恐ろしいだろう。
アジアの陸地を次々に飲み込んだ、あの海と同じだとはとても
思えなかった。
「怒らせると怖いよ」そう言いながらにっこり笑う海は、やはり怖い。

スイーツ求めて大行列 

正月2日目。
のんびりまったりと過ごすつもりだったけれど、ケーキを買いに、
またしても隣県の三田市まで行ってしまった。

050102_01.jpg

走行中、目に付いたのは路肩に残った雪。
2日前、関西地区の高速道路で、帰省客を足止めしたというが、
ものすごく降ったんだろうなぁ。
なんだか、ゲレンデに向かっている気分になってきた。
あー、スキーしたい!(一昨年の正月に滑ったきり、ご無沙汰だぁ~)

050102_02.jpg

「エス コヤマ」、もう何度目になるかは忘れてしまったほど、
足繁く通っている。本日新春オープンなのだが、想像以上にすごい
人だ。正面玄関ではなく、駐車場から続く裏口に行列が出来ていた。

050102_03.jpg

とても店内でのんびり物色するような余裕は無し。
仕方が無いので、最小限欲しいものだけ買い求めることに。
看板商品の「バーククーヘン」や「小山ぷりん」も売り切れだった。
先月半ばにもTVで紹介されていたから、更に客が増えているようだ。

「最近またTVに出たから、遠くからも客がようさん来るように
なって。もうこの近所の人はあんまり来んようになったみたいよ」
と、地元の常連客らしい女性が話しているのを聞いた。
繁盛するのはいいけれど、地元の人にすれば「混まなかった頃は
良かったのにね」ということになるだろう。
春には隣接地にカフェやショコラ専門店もオープンするらしいから、
混雑には拍車がかかりそうだ。

買い求めたケーキを手土産に、ずむ君の実家へ新年の挨拶に。
「え!?ケーキを買うだけで三田まで?他にどこも寄らず?
ありえへん!」と、義姉には思い切り呆れられた。…やっぱり(笑)

新年初ため息 

050101_01.jpg

午前中は寒い上に天気が悪かった。
一歩も家から出ない元旦もいいのではないかと思ったけれど、
午後から青空が出てきたので、神社へ初詣に行くことに。

050101_02.jpg

本堂に続く石畳には、参拝客の行列が出来ていた。
いつもすいている時にしか足を運んだことがなかったので、
びっくり仰天。ニュースで取り上げられるような有名な神社なら
いざ知らず、地元神社がこんなに賑わっているなんて……

050101_03.jpg

本堂が見えてきた頃には、並んでから30分以上が経過していた。
ゆっくりゆっくり、1歩進んで数分止まる、の繰り返し。
それもそのはず、本堂に近い数メートル地点の脇から、
続々と人が合流してくるのだ。簡単に言えば「割り込み」だ。
神様のお膝元で、よくそんなことが出来るもんだ。
……思わず、「新年初ため息」が出た。

後方から、小学生低学年ぐらいの男の子の声が聞こえてきた。
「お父さん!みんな並んでんのに、並ばなアカンのちゃうの?」
割り込もうとしている親への投げかけの言葉のようだ。
「ええねん、ええねん!」と、傍若無人な父親の大声が響いてきて、
何とも言えない、やるせない気持ちになった。

……少年よ、君は正しい。
背中を見るべき親の全てが、生き方の見本でないことに気付いて。
お願いだから、親に抱いたその疑問は忘れないで。大人が間違って
いて、子供が正しいこと、世の中いっぱいあるんだから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。