スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004年最後の日 

寒い寒いと思っていたら、雪が降っていた。

041231_01.jpg

ベランダに出て写真を撮っていたら、自分が裸足だったことに
気づいたのは10分後……私の足は血が通っているとは思えない
ぐらいに冷えきっていた(-_-;さっび~。

買い物に隣市のスーパーまで出かけたが、すごい車、そして
すごい人だ。昔と違って、元旦営業の店はざらにあるのに、
それでもやっぱり“買出し”は健在なのだなぁ……
大して買うつもりは無かったのに、熱気につられて、日ごろなら
絶対買わない高いハムなんかもポイポイ買い物カゴに入れていったら
レジで会計してビックリ。カゴひとつで、こんな値段になったのは
初めてかも。してやられた気もするが、ま、たまにはいいか。

041231_02.jpg

高校サッカー中継では、見慣れたグリーンのピッチが真っ白に
なっていた。嘘みたいにパスが通っていない。
雪に埋もれてボールが転がってないぞ~。
全天候型のスポーツは大変だなぁと思う。

041231_03.jpg

たまたまテレビで、ヒロシのネタを見ることが出来たので、
もう思い残すことは無い!ということにしよう(笑)
あとは年越しそばを食べるのみ♪

皆さま、良いお年を~!
スポンサーサイト

餅つき大会 

041230_01.jpg

ずむ君の実家から、甥っ子・姪っ子たちが手伝って作った餅を
分けてもらった。杵と臼でつく餅ではなく、餅作りマシンで
作る餅だが、これが年末の恒例行事の「餅つき大会」だ。
去年、一昨年より格段に美しく成形されていた餅……
甥っ子・姪っ子の腕が上がっていることに驚いた(@o@;)

手のひらサイズの餅が30個以上はありそうだ。
明後日から、これでたんまり雑煮を作るぞー♪

【おまけのつぶやき】
25日から今日まで、よく日記を溜めたもんだ。
6日分も一気にUPしたのは、HP立ち上げから初めてだ(苦笑)
年賀状(友人用)は今朝一番で出すことができたが、元旦には
届かないかもしれない。友人の皆さん、すみません。
親戚用は少し前に出せたので、何とか大丈夫かな。

041230_02.jpg

何かしらやることが山盛りで、バッタバタだったけれど、
切羽詰った中でアップルパイを焼いたりして、ますますずむ君には
呆れらてしまった。……追われている時に限って、今やらなくても
いいことに手を出したくなるのよ!これって現実逃避?

でもようやく落ち着いた♪「良いお年よ、いらっしゃ~い!」

ヒツジにやられる 

風邪も治りかけたころ、一番気がかりだったのは手付かずの年賀状
だった。よし、昨夜のうちにやってしまおう!と取り掛かり、
印刷を始める。
(宛名は手書きにしたかったが、時間がないので止む無く印刷)

裏面にコメントを添えたりしていると、時計は夜中の2時を回って
いた。この頃、ある異変に気付く。足りるはずの年賀状の枚数が
足らなくなっているのだ。数えると10枚ほど不足している。
おかしいなー、買い間違えたのかなー、と思って数え直していた
私の手が止まった。

031229.jpg

「な、な……、なんで、ヒツジやねん!?」

今年の干支は『申(サル)』のはず。
なのに印刷してコメントを書いたものの中に、干支の『未』が切手に
なっているものが含まれているのだ。ざっと30枚。
足りないと思っていた年賀状だが、ふと傍らを見ると手付かずの
『申』ハガキがどーんと積まれているではないか。

やっちまったぁぁぁぁ(ToT)
去年の残りハガキが混ざってしまい、気付かずに印刷していたのだ。
毎年、残ったハガキは懸賞に使うため、かなり多めに購入していた
のだが、それが仇となった。のうのうと編み物しているヒツジの
のん気ぶりが、また腹立たしい!(←ただの八つ当たりだけれど)

気付かないまま出さなくて良かったが、この丑三つ時という時間に
大きな失敗が発覚すると脱力状態に陥る。
フテ寝しようかとも思ったが、ここまで来たら何としてでも
完成させてしまいたかった。全て失敗していたわけではないし、
30枚なら出来ないこともない。同じ人へまた同じメッセージを
書きながら、自分のアホさ加減を思い知らされた…

ずむヒロシ 

ケイタイにメールが入った。
仕事場で昼休憩をしているずむ君からだ。

041229_01.jpg

「ヒロシがいいともにでてるよ!」

ビックリマークまでつけて、わざわざ知らせてくれてありがとう。

041229_02.jpg

残念なことに、メールに気付いたのが数十分遅かったため、
TV画面のヒロシは私が求めていた自虐ネタを披露してくれなかった。

くぅぅ。ザンネン、ムネン……


ここ1、2ヶ月ほど、ヒロシはマイブーム。
ずむ君相手にオリジナルの自虐ネタを披露しては、ヒロシ風に
「ゆんです」なんてやっているのだが、実は私、ヒロシのネタを
見たことがないのだ。
ヒロシの真似をしているずむ君を真似ているだけで、正確には
ヒロシの真似ではない。それがずむ君としては許せなかったらしい。
「本物を見て勉強せえ!」ということだ。
(勉強ってのもどうかと・笑)

昼間はテレビをつけないし、夜は決まった番組しか見ないので、
ヒロシを見る機会はほとんど無い私。
あーあ、またしばらく「ずむヒロシ」で我慢してもらわなくちゃ。

優しさの裏話 

041228.jpg

「今夜はビビンバにするよ」と、ずむシェフはキッチンへ入りました。
私が手伝おうと腰を上げると「ゆんさんはいいから」と言うのです。

なんて優しい亭主だろう!と思われたあなたに裏話をお話しましょう。

夕食も作らずに、私は何をしているのかと申しますと、
せっせこせっせこ年賀状をこしらえておるんです。
はぁ、我が家では年賀状担当は毎年私と決まっておりまして。
そして、その私は尻に火がつかないと動けないタイプ。
今年もこうして尻を焦がしながら、そしてずむ君に白い目で
見られながら、年賀状にとりかかっているわけでして。

ビビンバは美味しゅうございましたが、食べ終わった途端、
「洗い物はやるからいいよ」とだけ言われました。
つまりは「とっとと年賀状作らんかーっ!このボケ、カス、ナス、
アホ!」ってことですな。

……ヒー!優しいって、恐ろしいね(;´д`)

揚げたての証 

以前に買ったホットケーキミックスが眠ったままだったのだが……
「ドーナツ作ろう、ドーナツ!」と、突然ずむシェフが立ち上がった。
ひとりキッチンへ入ること数十分。いい香りがしてきたと思ったら、
皿に乗ったドーナツとコーヒーが現れた。

041227_01.jpg

「ちょっと形が悪いんやけど」などと言うずむ君が、初々しい
新妻のようで笑えた。
悪いのぅ、私は亭主関白気味に、でんと座って待ってただけで(笑)

ホットケーキミックスでドーナツを作ったのは初めてだ。
アツアツをほおばると、拍子抜けするほどに口あたりが軽かった。
歯ごたえが無いので、サクサク食べられる。
「ミスドのとは違うなー…」と、ずむ君は納得がいかないよう
だったが、私は軽くてあったかいドーナツは結構好みだ。

041227_02.jpg

軽い軽いと言いながら食べた手作りドーナツだったが、翌日の
おやつに残していたものは、しっとりした生地に変身していて、
買って帰るドーナツに近くなっていた。
どうやら、あの軽さは、揚げたての証だったようだ。へぇ~!

今年最後のラーメン 

休日になると、外で“お茶”をしたくなる。
コーヒーが好きだからだけでなく、カフェそのものの雰囲気が
好きなのだ。特にスターバックスのように完全禁煙の店は有り難い。

041226_01.jpg

今回は初めてカフェインレスの「ディカフェ」を頼んでみた。
「お時間を5分ほどいただきますが」と言われたこのコーヒー、
水の浸透圧でカフェインを除くらしい……
(仕組みは全くピンとこないが)
通常のコーヒーより、ぐびぐび飲める感じがしたけれど、
味の違いはよく分からなかった。

外食は控えるつもりだったのに、軽く口にした「今年最後の
ラーメン」の一言で、壊れてしまった私たち。
先月末にも行ったラーメン劇場へ。

041226_02.jpg

日曜のいい時間なのに、やっぱりすいている。
ラーメンブームは完全に下火だ。いつの間にやらここは、子供連れに
優しい場所となってしまったようだ。私たちにしてみれば、とても
有り難いんだけれど。客が少ないおかげで、ラーメンが630円から
500円に割引されていたりと、かなりお得だったし♪
久しぶりの味噌ラーメン、美味しゅうございました。
冬は味噌だ!by.ゆん

初めての絵本 

息子るーとは、まだ0歳だし、今年のクリスマスプレゼントは
無くていいか……と思っていたのだが、クリスマス当日の今朝に
なって、何か記念になるものが欲しくなった。
よし。まだ1冊も買っていない、絵本にしよう!

子供用の本コーナーで物色すること一時間。
ついつい子供の頃に読んだ、懐かしい絵本に手が伸びる。
新美南吉氏の名作、教科書にも載っていた「ごんぎつね」や、
子狐がひとりで手袋を買いに人間のところへ行く「手袋を買いに」。
大人になってから読むと、胸に迫るものが大きいなぁ。
「むくどりのゆめ」に至っては「お母さんが死んだことを知らずに、
待ち続けるむくどりの子供…」という、あらすじを思い出しただけで
涙があふれてきた。
これじゃ、読み聞かせする度に泣いちゃいそうだ~っ(T_T)

041225_01.jpg

さんざん悩んだ挙句、ご存知の方も多かろう、ロングセラーを誇る、
エリック・カールの絵本「はらぺこあおむし」に決めた。
視覚だけでも楽しめるので、色彩に興味を持ち始めた乳幼児に
ピッタリだ。何といっても、主人公が「あおむし」で、しかも
「はらぺこ」というのが気に入った!(注:私は虫好きの食いしん坊)

041225_02.jpg

るーとは思った以上に興味を示した。「ピラピラめくられる度に、
いろんな色や形が出てくるぞ」ぐらいには、認識できるらしい。

大人になっても忘れない1冊になってくれますように……

鳥のり一家のクリスマス 

041224_01.jpg

ゆんアシ自ら腕をふるって、クリスマスディナー作り!と、
言いたいところだが、そんな気力はなかったので、去年と同じく、
セール中だった安いチキンを買って、焼くだけでおしまいに。
ずむ君には「やっぱりな(笑)」と見透かされていたけれど……
もともと酒は飲まないずむ君と、母乳育児を続けている私なので、
シャンパンもワインも無し。そういえば、去年外食先でワインを
飲んだきり、丸一年もの間、アルコールを口にしていないんだっけ。

041224_02.jpg

昨日と同じケーキ屋さんで予約していたクリスマスタルトは
12センチ(4号)という小さいタイプ。
2人でペロリと半分ずつ食べてしまった。
「タルト生地に、カスタードを流して、生クリームとイチゴを
トッピングか…」これって菓子作り初心者の私にも作れそうだなぁ
と思いながら、美味しくいただいた。

はじめてのクリスマスを迎えた息子るーとは、ツリーを出しても
特に関心がない様子だった。まだオモチャで遊ぶまで成長していない
ので、いつもと違うクリスマスを認識するには、まだまだ月日が
要るのだろうと思っていたのだが……

041224_03.jpg

ツリーの飾りを手に取って見せると、そ~っと手を伸ばして来た。
「なんだ、これ?」ぐらいには思ってくれているらしい。へぇ~!

今年も去年も一昨年も、一人で黙々とツリーを飾りつけしていた私。
この小さな相棒なら、来年か再来年には、一緒に手伝ってくれるかも
しれないと思うと嬉しくなった。ずむ君は飾りつけセンスが無い上、
不器用だから、ツリーの出し入れにはノータッチなんだよなぁ~。

リセットボタンを連打 

041223_01.jpg

友人とその子供たちも一緒に、大人数でクリスマス会をした。
誰もが初めて!というチーズフォンデュで楽しくランチ♪
具材さえそろえれば始められるこのメニューはパーティーには
もってこいだ。おまけにうまい具合に、チーズ好きばかりが大集合。

041223_02.jpg

ランチが終わったら、子供たちにケーキ屋さんまでの地図を渡して、
ケーキを引き取りに行ってもらった。(大人同伴あり)
「はじめてのおつかい」っぽく、道を間違えて引き返したり
しながらも、無事にケーキを持って帰って来てくれた。

そして、子供たちのプレゼント交換……
予算は500円。前もって誰にあげるかは決めてあるのだが、
自分が誰からもらうかはその時まで分からないという仕組み。
うちの子(るーと)は赤ちゃんなので、私が代理人に。
順番にプレゼントが回って開けられていく。パズルにアクセサリー、
歓声が上がるのを見ながら、私は血の気が引くのを感じていた。

私&るーとが用意したのは、7歳のJ君へのプレゼント。
500円というのが難しい。
なぞなぞの本、モーター式ボートの工作キット、ミニカー……
あれこれ悩みながら、買ったのは「手袋」。580円で値段的にも
ぴったりだ。外で遊ぶときには使ってもらえるだろうと、
買ったときは「いいもの見つけた♪」と大満足だったのだが……
続きはコチラ⇒⇒⇒

ハズレバーガー 

041219_01.jpg

何ヶ月ぶりかにハンバーガーを食した。
学生時代はずむ君共々、ハンバーガー屋でバイトをしていたので、
ハンバーガー漬けのジャンキーな毎日を送っていたものだが。

しかし、いくら店が忙しいからとは言え、
これは無かろう…………

041219_02.jpg

包みを開けて、まず目に飛び込んで来たのが、ビーフパティを
覆い隠すかのような堂々たるレタスの芯だなんてッ(ToT)

「これはヒドイ。こんな芯は普通入れへんけどな」
過去にハンバーガーを何千何万(?)と作ってきたずむ君も、
これがハズレバーガーであることを認めてくれた。

レタスの芯ではクレームをつけなかったけれど、購入時、ポテトを
トレーに乗せられたときに量が少なく感じたので、片手に持ち重さを
確認。そして「これ少ないですよ」と店員に告げ、しっかり入れ
直してもらった。フッフッフ。昔取った杵柄じゃ!(笑)

もう一羽のスイちゃん 

我が家には、「スイ」という名のセキセイインコがいる。
(ご存知なく、興味のある方は「とり缶」をご覧あれ)
そんな我が家に、もう一羽の「スイちゃん」がやって来た。

041218_01.jpg

お店で見つけて、黄色いアヒルの「Sui」の文字に、思わず
「スイちゃんッ!」と声を張り上げてしまった、恥ずかしい私……

「欲しいんなら買えばー?どうせ、日記のネタにもなると思って
るんやろ?」との、ずむ君の生あたたかいお言葉に甘えて、
一羽お買い上げ♪ウヒヒ。

041218_02.jpg

このスイちゃんの特技は、お腹の下のスイッチを入れると光ること。
我が家のインコのスイちゃんは白と水色の羽色をしているが、
こっちのスイちゃんは黄色全開だ。

041218_03.jpg

そして、台から下ろせば水に浮く。スイッチを入れて点灯させたまま
でもOK。お風呂で浮かべて遊ぶのが目的のようで、製品名は
「I LOVE NEW YOKU(浴)」というヒジョーにベタなもの。
⇒製品HP
アヒルも5種類の色があって、それぞれ名前も「Chap・Pito・Zabu・
Dobo」と水音にちなんでいる。
「Sui」も「スイスイ」という擬態語かららしい。

もう一羽欲しかった私は「サブもいるよ♪」と、ずむ君に
ねだってみたが、即刻「それは、ザブやろ」と突っ込まれ、
作戦は失敗に終わった……
※サブは我が家の十姉妹♀の名前である。

木の実のタルト 

041217_01.jpg

お菓子作り熱の高い友達と共同で「木の実のタルト」にチャレンジ!
タルト生地とクリームそれぞれに、アーモンドパウダーを混ぜる。
トッピングの木の実はアーモンド、クルミ、松の実、かぼちゃの種。
焼くこと40分。

041217_02.jpg

レシピ本より大きい型を使ったので、やや少なめに仕上がったが、
なかなかの出来にビックリ!
初回は多少なりとも失敗は付き物だとばかり思っていたので……

041217_03.jpg

「1カット380円と言われたら、そうかな?と思うよねぇ!」なーんて
言いながら食べたタルトは想像以上に美味しく仕上がっていた。

……お菓子作り、楽しい!
今度は何作ろうかな~(^。^*)ワクワク♪
食欲の秋から食欲の冬へ、バトンタッチ(笑)

ハーフ&ハーフ 

041215_01.jpg

夕空が燃えるようだった。
朝夕は冷えを感じるようになった。
いまのところ暖房は未使用だけれど、この分だと、数日すれば
ホットカーペットから使い始めることになるだろうなぁ。

041215_02.jpg

夜、パイを焼いた。
たくさんあるバナナを使って「バナナパイ」にしようと、ずむシェフ
自らフィディング作り。りんごのフィディングと半分ずつ入れて、
ハーフ&ハーフの出来上がり。
レシピも見ずに適当に作ったバナナパイだが、けっこうイケル!!!

041215_03.jpg

余ったパイ生地に、粉チーズを振り掛けて焼いただけのシンプルパイ
は私のお気に入り。サクサク、ポリポリ何本でも食べれてしまう。

手作りお菓子の醍醐味は……
何といっても、アツアツが食べられるところ♪

ガッツ級バナナ 

041214.jpg

たわわに実ったバナナが17本……

大人2人の我が家には多いよね、やっぱり(^◇^ゞ

4連休最後の日 

041213_01.jpg

先々月、堺市に誕生した大型ショッピング施設、
「ダイヤモンドシティ プラウ」へ行って来た。
そこへは、阪急百貨店とジャスコと160の専門店が集合している。
私は堺っ子歴が25年。(現在は大阪市民)
もう何年も前から、「堺に阪急がやって来るらしい」と聞いていたが
ウワサに聞くだけでなかなか実現しないまま年月だけが過ぎていた。
阪急沿線外の堺に阪急百貨店が来るか?と半信半疑でもあった。
ハイソなイメージが強い阪急百貨店が、この堺に……?と。

プレオープンから混雑はすごいものだったらしい。
近くをよく通る実家の母からは「駐車場の待ちの列の最後尾に
待ち時間が3時間というプレートを見た」と、友人からは
「立体駐車場の上の方に停めたら、外に出るまでに2時間かかった」
などという恐ろしい話を聞いていたので、週末の混雑日に訪れる気は
全く起こらなかった。

041213_02.jpg

それが……運良く(?)仕事が無かったずむ君は今日まで4連休。
平日の今日がチャンス!とばかりに乗り込んで来たというわけだ。
おかげで駐車場はたくさん空いていたし、館内もすいていて楽に
行動できた。飲食店を眺めるのが楽しみの私たち夫婦は、
斬新なディスプレイの店に釘付けになったりした。

さすがに都心部のデパ地下ほどではなかったが、百貨店の食品売り場
も楽しくうろうろ。(買物はほとんどせず、見てるだけ~)
そんな中で「キャビアが売れた!」「キャビアがキャビアが…!」と
騒々しい声が聞こえて来た。声の主は食品売り場の担当者たち数名。
客である私たちの姿なんかは目に入らないぐらいに興奮している。
仕入れ担当の男の子が責任者らしき人に「だから発注しとけって
言ったやろ!!!」と怒られていた。
どうやら1缶しか置いてなかったキャビアが売れてしまったため、
在庫がゼロになったらしい。
仕入れ担当君は慌てて店の奥に消えていった。
次は何缶発注するんだろう?
客をよそに、キャビアで大騒ぎしている様子が、妙に面白かった。

041213_03.jpg

帰り道、友達から聞いていた、クリスマスのイルミネーションが
スゴイという、通りを偶然に通ることが出来た。
信号待ちの一瞬しかシャッターチャンスがなかったので、
この写真では伝わりにくいとは思うが……それは、この辺りの
地域ではトップクラスの見事さだった。(見物人の姿もチラホラ!)

海の側でショッピング 

041212_01.jpg

朝から高速飛ばして一時間弱。先月、泉南市にオープンした
「イオンりんくう泉南ショッピングセンター」へ行って来た。
海の側にあり、関西国際空港と連絡橋が見える……
そんな位置にある大型のショッピングセンターで、
やって来る車は和泉ナンバーと和歌山ナンバーがほとんど。
さすが日曜日、4千台収容の駐車場は続々と埋まっていく。

混雑する前にと、早めの昼食をとることに。
オシャレで個性的な作りの店が並んでいるので、どこにしようか迷う。
「丼モノはご無沙汰やね」と、おひつ飯の店に決定。

041212_02.jpg

店も料理もよかったのに、隣の席に陣取った、オジサマ2人組の
マナーは最悪だった。「ワシらは名古屋から車飛ばしてきたんや、
この店がええと聞いてな!」などとビールを飲みながら大声で
しゃべり倒し、ホール係の女性をつかまえて放さない。
ここはスナックとちゃうっちゅーの!
挙句の果てに勘定を席に座ったまま済ませようとし、「ついでに
表の自販機でお茶買ってきておくれ。あんたの思う、美味しいお茶を
選んでくれたらええから」などとほざき始めるではないか。
ちょうど時刻はお昼時、満席になり店の外にも客の列が出来始めて
いる。断ればいいのに、律儀にも外まで買いに走る店員の女の子…
状況を読んで行動してくれ、オジサマたちよ!プンプン!

041212_03.jpg

おやつに選んだのは、TV番組「マネーの虎」に出演していた店
「ロマンドーロール」へ。
道頓堀店の前を通ったことはあったのだが、時間的なものなのか、
えらく閑散としていたため、食べるのをやめてしまったことがあった。
なので今日が初のフランスロール♪
甘さ控えめで、生クリームに頼っていないところが気に入った。
しつこくないので、ボリュームの割りにサクサクと食べられて良い。

この日は5時間ほど施設内で過ごしたのだが、帰りは一般道で3時間
かかった。楽しかったけど、ふらっと行くにはちょっと遠いな。

IHクッキングヒーター 

041211.jpg

ネットオークションで落札した商品、「卓上IHクッキングヒーター」
が届いた。市価より数千円安く新品が手に入り、うっしっし気分♪
火が出ないのに、本当に加熱されるんだろうかと半信半疑だったが、
ちゃんと温まった!鉄の飛行機が浮かぶ不思議さに迫るほどの驚きだ。
何十年か前の時代に、このヒーターを持って行って「これで鍋が
出来る」と言っても、ホラ吹き扱いされるんだろうなぁ、きっと。

豚バラ肉と白菜のシンプル鍋……のはずが、冷蔵庫にあったキノコ
やら野菜やらを投入していたら、普通の寄せ鍋になってしまった。
寒い季節は鍋がウマイ!
食べ終わった後にうどんを入れて締めるはずが、うどんの後に
雑炊までしてしまい、3度美味しくいただくことに。
食後には、直径22センチのアップルパイを焼き、2人で半分食す。

我ながら、底なしの食いしん坊だと思う。

新婚サン 

041210.jpg

夏に結婚したばかりの『新婚サン』である友人が遊びに来てくれた。
「お菓子を習っていて、まだこれしか作れないんやけど……」と
持参してくれた紅茶のロールケーキは、クリームのさっぱりした
甘さと紅茶の風味がピッタリ合っていて、ふんわり優しい味がした。
紅茶味ってとこが、新婚ぽさ倍増!(?)

ロールケーキは一度も作ったことがない私。
「これしか作れない」って……いやいや、十分でしょっ!
お菓子作りを習ったり、料理の本を見ながら今晩のメニューを
考えたり、そんな友人が、初々しくて良いなぁと思えた。

私も2年ぐらい前までは新婚扱いしてもらえたのに、
もう誰もそうは見てくれなくなった。
「新婚」はいつまでだったんだろう?半年?それとも1年?
新婚生活というよりは、まるでクラブ合宿みたいなハチャメチャな
生活だったけど、それがまた面白かったっけ。
……今も似たようなものだけど。(進歩ナシ)

ウワサの彼女 

041209.jpg

やっと我が家にもウワサの彼女がやって来た。
怖い怖いと聞いていたが、レジで釣銭として受け取ったときは、
やっぱり「怖っ」と思ってしまった。
何でだろうなぁ、美人さんなのに……

彼女に似た顔立ちの人には、過去に何人か出会ったことがある。
怖い、怖くないは別として、現代に割とよくある顔だと思うのは
私だけか?

初イチゴ 

041208.jpg

今シーズン初イチゴ♪
友達がお土産に持ってきてくれた。
この時期のイチゴは高かっただろうに。ありがたや~~~(ToT)

キウイや柿も添えて、フルーツ盛りをオヤツにした。
フルーツは……目に鮮やか、ビタミンたっぷり、元気の素!

鯛の塩焼き 

早いもので、夏の終わりに生まれた我が子は、今日で生後100日目。
食べ物に困ることがないようにとの願いを込めた「お食い初め」の
儀式を、親子3人で簡単ながら行った。

041207_01.jpg

「鯛は欠かせないよね」と、前日に商店街の魚屋で注文。
自宅のグリルで焼くと、表面だけ焼けて中身が生になったりする
らしい。魚屋の女将さんが「こちらで焼きますよ」と言って
くれたので、焼き上げまでお願いすることに。
鯛を1匹買うなんて、これから先そう無い事だろう。
失敗して、黒こげ・生焼けにしてしまうのだけは避けたいもの。

041207_02.jpg

おかげで「塩焼きは魚屋」なんてことわざがあってもいいと思うほど
美しく、そして美味しく焼けた鯛が食卓に上ることとなった。
一度に食べてしまうのは勿体無いので、翌日用にほぐし身を取って
おいて鯛茶漬けにしてみたのだが、これがまた美味!塩味がグッド!

頑強な骨に手こずったりして、鯛にはあまりいいイメージが無かった
けれど、今回のことで「私の好きな魚ランキング」の中で鯛は
急上昇した。魚ランキングの1位は何かと聞かれると、迷って
即答できないけれど……(子供の頃の1位は、ハマチだったなぁ)

長いシルエット 

041206_01.jpg

冬になると、日の光が部屋の奥まで射し込んでくる。
おかげで晴れた日の日中は、ぽかぽかと暖かい。

041206_02.jpg

我が家はまだ暖房を使わずに、昼も夜も過ごせている。
去年は年末ギリギリになってからヒーターをつけたんだっけ。
まだ2週間ぐらいは、このままで寒さをしのげるかな……?

大サービス 

息子るーとは布オムツも併用している。

オムツ交換をしていて、ふと気付くと、
るーとは片手で服をめくり上げ、
嬉しそうに笑いながら「パンチラ」ならぬ
「オムチラ」をしていた。

041205.jpg

……サービス良すぎッ(笑)

パイがいっぱい 

041204_01.jpg

お菓子作りが趣味の母に、アップリパイ作りを教えてもらう予定
だった。……が。「5個分ぐらい作ろうかしら?」と母が
作り始めたのを見て、腰が引けた私。
だって、だって、だって、すごい量なんですもん(T_T)
結局遠目から眺めるだけで、ほとんど手を出さずに終わってしまった。

041204_02.jpg

実家にいた時も、早朝深夜を問わず、しょちゅうオーブンは
稼動していた。「うちはケーキ屋か?」と思うぐらいに
焼きまくっていた。「これは○○さん家に届けて、これは△△さん家
に……」いつも、そんな具合なのだ。

041204_03.jpg

夕食後、焼き立てアップルパイと一緒にコーヒータイム。
うん!アツアツのパイはすごく美味しい。
今回、パイの中のフィディング作りだけは私が担当したのだが、
リンゴの酸味と甘味が私好みに仕上がって、満足なり~♪

しんば・ど・すうそ 

041203.jpg

散歩コースにある和食屋さん。ドアのところの白い文字。

初めて目にした時、縦に「しんば・ど・すうそ」と読んでしまい、
頭の中をクエスチョンマークが飛び交った。
すぐに「すし・うどん・そば」だとわかったが、あれから数年経った
今も、この店の前を通るだけで「しんば・ど・すうそ、しんば・ど・
すうそ…」と、何の意味もない言葉が延々と回り出す。
「すし・うどん・そば」だ!と何度自分に言い聞かせても効果なし。

どうも「しんば・ど・すうそ」の呪いがかかってしまったみたいだ。
呪縛から解き放たれる日は来るのだろうか……
バカバカしい話だけれど、ほんのちょっぴり憂鬱だ。

ちょっぴり冬支度 

041202.jpg

やっとツリーを出した。
ついでにホットカーペットも出した。
これでリビングの冬支度は完了!うーん、簡単だなぁ♪

しかし!……私の衣替え(春夏→秋冬)は、まだ済んでおらず。
現在、3、4枚の長袖とカーディガンを着回して過ごしている。
ずむ君は完全に呆れていて、この件に関しては何も言わなくなった。

いっそ、春が来るまで粘っちゃおうかしら?なーんて(笑)

自転車にのってバナナ 

041201.jpg

ずむ君、朝寝坊。あわてて、出勤。バナナ片手に、自転車に乗って。
朝食代わりに食べながら(!)行こうとしたらしい。

しかし………
ひと口食べて「青臭~っ」と食べるのを止めてしまったという。

彼はシュガースポットが現れた完熟バナナでなければ食べない。
私は甘く熟したバナナも好きだが、しゃきっとした根性ありそうな、
青臭いバナナも好きだ。
(青臭いと言っても上の写真ぐらい。全く問題なく食べられると思うが???)

これからの寒い季節、シュガースポットはなかなか現れない。
じっくりじっくり熟すのを待たねば……

熟す前に、私が全部いただいちゃうかもよ?イヒヒ(´∀`*)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。