スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れ晴れ 

040428_01.jpg

午後からはさわやかな青空がのぞいた。
風が強くて外出時には重ね着が必要だったけれど、天気がいいと気分
まで良くなる。私って人間は、つくづく単純に出来ているなぁ…

040428_02.jpg

夜のコーヒーのお供には、鳥さんサイトのお友達から頂いたキリ番
プレゼントのケーキをいただいた。甘さもチョコレート感もほど
良くて、とても美味しいガトーショコラ……
ああ、シアワセでございますぅ(^▽^♪
スポンサーサイト

ギャップ 

来月、マンションの親睦会で花見を行う予定になっている。
私達は今回は欠席するのだが、そのことでものすごくギャップを
感じていることがあるのだ。

というのも仕切っているのは例の、S本会長(60代男性)だが…
先週、“花見の下見”に行ってきたという。
下見!?10人しか参加しないのに、下見???
大阪市内でクルージングをしながら川岸の桜を眺め、昼食をとると
いうのが今回の花見の内容であるが、親睦会メンバー3人でその行程
を踏んできたというのだ。10時に出発して、14時には帰宅する、
そんな行程のどこに下見の必要はあるのだろう???
参加人数は10人だが、夫婦参加がほとんどなので、参加世帯で
言うと5世帯。その5世帯中の3世帯(3人)が既に下見で
クルージングを経験済みだということになるが…そんなアホなー!

「学校の修学旅行じゃないんだし、たいそうですねぇ」
下見の様子を誇らしげに報告してきたS本会長に対して、
つい本音が出てしまった私。
「ハハハ、M村さん(下見の1人)が当日迷ったりウロウロするのが
かなわん言いましてねー、行ってきたんですワ」…人のせいにして、
嘘ばっか。自分が下見に行きたかったくせに(-_-;

ボウリングする時にもS本会長は私に「ボウリング場の下見に行っと
いてくださいね」と言われたものだ。何度も足を運んでいる近所の
ボウリング場に下見に行くのもどうかと思われ、その旨を伝えると
「いや、それでも事前に見といてもらったほうがええでしょ」と
下見を強要された。…何を見ろっちゅーねん(~◇~;

花見クルーズの下見代は各自持ちなので、まぁ好きにしてくれとも
思うが、どうもこの人とはギャップを感じてならない。

京橋ランチ 

平日だった今日、仕事が休みだった友人と京橋で落ち合ってランチを
した。京橋…は本当に久しぶり。何年ぶりになるだろう?
JR環状線・JR東西線&学研都市線・京阪本線・地下鉄長堀鶴見
緑地線が集まる京橋駅は乗換駅のイメージが強い。大阪市内をぐるり
と回っているJR環状線の乗降客数ランキングでも京橋駅は堂々の
3位。(1位大阪駅・2位天王寺駅・4位鶴橋駅・5位新今宮駅)

040427_01.jpg

何気なく入ったイタリアンのお店。
店内装飾も凝っていて、とてもいい感じ。

040427_02.jpg

ランチメニューの中から好きなパスタを選べ、それにピザ・
フォカッチャ・サラダが食べ放題+ワイン飲み放題で、850円。
……や、安~い!

040427_03.jpg

ピザもフォカッチャも焼きたてを食べる事ができ、ワインも赤と白を
好きなだけ注ぐことができるのだから、かなりのお得感。
美味しくて、ついつい食べすぎ…(笑)
悪天候だったせいか、ランチのピークになっても満席になることは
なく、ゆっくり落ち着いて話すことが出来た。

だいたい1年に1、2度のペースで会っているこの友人。
スローペースな関係だが、かれこれ7年ほど続いている。
「今度会うのは秋頃かな」なんて言いながら別れた。

⇒店情報:「MOBY DICK」 京橋コムズガーデン店B2
※2004年4月23日OPENしたばかり。

みかん水 

040426_01.jpg

去年、買った「みかん水」。
…飲まなきゃ、飲まなきゃと思いつつ忘れていた。
店頭でみかん水を発見したずむ君は大喜びだった。
「懐かしいなぁ、子供の頃、よく飲んでん♪」「…へぇー」
私はみかん水を知らなかった(子供の頃は菓子類を買うのに制限が
あった)ので、懐かし感はなかったが、便乗して買ってみたのだ。

040426_02.jpg

見た目は普通の水。
そして、ほんのりミカン風味。美味しいことは美味しい。
けど、“なつかしい味”まではいかないな~。
ずむ君は「あれ、こんな味やったかな。昔はものすごく美味しかった
イメージがあったんやけど」と首を傾げていた。
当時は栓抜きで開けて飲むようになっていたらしい。

味覚って…年を重ねると変わっていったりするよね。

屋外ランチ 

040425_01.jpg

“屋外でランチ”が本日の目的。
先ず向かったのが、天王寺のデパ地下。
オバサマ達に大人気だった弁当専門店で、行楽風弁当を買い求める。
そして、次に向かったのはフルーツ・フラワーパーク(神戸市北区)
ここで挙式をした私達は、生涯フリーパスで入園無料なのだ。

040425_02.jpg

天気は良かったものの、風がやや冷たく感じられた。
山間の公園だけにちょっと寒いかな…と思ったが、日向にいると
丁度良い。弁当も美味しいし、気分は最高!!!

040425_03.jpg

食後にごろりと横になったずむ君。(赤いシャツの人)
少しの間だったけれど、本気で睡魔に襲われていた。
だって、気持ちがいいんやもん、眠くもなるよな~、フフフ。
屋外ランチにして大正解の一日だった。

※詳細は「カメラと散歩№9」にもUP

薬用クリーム 

040424.jpg

先日、たまたま持っていた試供品のハンドクリームに救われたことが
あったが、小さなサンプルだったため、すぐ底をついてしまった。
そこで、本体を買い求め、一番大きい「145g」を入手。
いつになったら無くなるの?と思うほど、デカイ。
カサカサ部分のマッサージを寝る前の日課にしよう。

最近、私の早起きが続いている。4日連続6時前に起床!
実際は「3日坊主にならずに済んだ~」と安心して、もう気が抜けて
いるのだけれど…。果たして明日の日曜は起きられるだろうか?
「早起きは日課です!」と堂々と言える人間になりたい。

伊丹市って? 

デパートで品物を発送する際の店員さんとの会話。

店 員 「送り先はどちらですか?」
ゆ ん 「伊丹市です」
店 員 「ならば、大阪ですので、送料は200円です」
ゆ ん 「……ん?伊丹は大阪でしたっけ???」
店 員 「あら?違いました?」
友 人 「大阪ちゃうかな。あれ、兵庫やっけ?微妙やな」
店 員 「微妙……ですよねぇ(苦笑)」

地図好きを自称しながら、思わず混乱してしまった私。

040423.jpg

伊丹市は兵庫県です!!!
伊丹の皆さん、ごめんなさい。

大阪国際空港が伊丹市にあるから紛らわしく感じるのだと思う。
実際、空港は大阪府豊中市と兵庫県伊丹市にまたがっている。
…いやいや、そんなのは言い訳に過ぎない(-_-;

路上駐車 

040422.jpg

家の外からクラクションが何度か聞えた。
何事かと思って外を見ると、路上駐車(無人)の車と荷物の積み
下ろし作業のトラックのせいで、一方通行の道がふさがれてしまって
いたのだ。トラックは積荷が大きいせいで、積み降ろしてしまって
から動こうと思っているらしい。
無人の路駐の車の持ち主は、どこかへ行ってしまっているようで、
クラクションぐらいでは戻ってくる気配はない。
積み下ろしのトラックも、作業中とは言え、路上駐車に変わりは
ないが…すぐ戻って来れない状況で車を放置する方がかなり問題が
ある。(この後、積み下ろしが終了してからトラックが動いたようだった)

路上駐車は本当に多い。
「半分車体を歩道に乗り上げるからいいやろ?」と言わんばかりの
車も多く見受けられるが、歩行者にとっては迷惑な話だ。
歩道に停まっている車のせいで、なぜ歩行者が危険な思いをして
車道に降りなければいけないのか?プンスカ、プンスカ!(怒)

ライダーとクッキー 

なるべく毎日写真付きの日記にしたいと思っているのだが、
それがなかなか難しい。何か無いかな~と思っていると、
カモがやって来た!…それは、バイク乗りの我が妹(笑)

040421_01.jpg

高校在学中に二輪の免許を取得した彼女は、かなり乗り慣れている。
(大きく見えるかもしれないが、マシンは250cc)
妹がバイクの免許を取りたがっていた当時、父は「取るなら中型免許
にしろ!」と言っていた。「原付ならやめておけ」と。
…普通は逆じゃないか?

040421_02.jpg

妹が置いていってくれたのは、母手製のアーモンドクッキー。
私はバイクにも乗れないし(原付も運転したことが無い)、お菓子
作りも趣味ではない。家族であっても、特技や趣味はばらばらだ。

アーモンドクッキーは香ばしく、甘かった。
そういや、もうすぐ母の日ですなぁ……

NEW物干しスタンド 

040420_01.jpg

丸3年、ベランダで活躍していた物干しスタンドを買い換えた。
今まで使っていたものは、実は屋内用で…
サビが回ってなんともみすぼらしい姿に成り果ててしまっていた。

040420_02.jpg

今度のものはステンレス製で、屋外用。
これならサビることなく長く使えそうだ。
タイプは前と同じ(タオルハンガー2段・ピンチハンガー1段)だが、
今回初めてステンレス製のものを見つけることが出来た。

それにしても、床のタイルがえらく汚れている。
タイルを貼った当初はせっせと毎日拭き掃除していたのに…
本格的に暑くなる前に、ベランダの大掃除をしたいところ。

雨の日の相棒 

040419.jpg

ここ2年ほど、雨の日に愛用しているのが黒いレインシューズ。
思えば、長靴を履くなんてのは小学校以来。
通販でこの“レインシューズ”を買ってから、雨の日には決まって
これを履いて外出している。
あまり長靴っぽくないところが気に入っている。

今日は一日降ったり止んだりをせわしなく繰り返す雨空だった。
相棒の長靴と一緒に、かれこれ1時間半以上は歩いた。
普通の靴なら絶対に歩けなかった距離。布製の靴が水を吸って、
歩くたびにぐじゅぐじゅ音を立てた苦い経験は何度もある。
長靴なら足元は気にせず、多少の水溜りでも入っていける。

“無敵!”…そう思うと、自然と足取りも軽くなるのさ~♪

昔の味が恋しい 

鳥飼いの友人サイトで、ラーメン店「神座(かむくら)新宿歌舞伎町店」
へ行ったという話を読んだ。大阪道頓堀発のラーメンチェーン店…
「スープの味を守る」という店主が開いたラーメン店で、チェーン
展開しないという信念が有名だったはずだが、今や関西圏で10店以上
去年末に大型店の新宿歌舞伎町店がオープンしたのは有名。
特集のTV番組内で「秘伝のスープの作り方はだれにも真似させない。
今も私ひとりで作っている」と語っていた社長の言葉に耳を疑った。
いくらなんでも、全店舗分のスープを作るのは無理なんじゃ???

040418_01.jpg

今日食べに行ったのは中環沿いにある長吉店。
座席数137の大型店。車で来ている客が大半で、家族連れが多い。

040418_02.jpg

定番の「おいしいラーメン(500円)」が押しのけられているほど、
様々にトッピングされたラーメンがメニューを占めている。
来るたびにメニューが変わっていて驚かされる(苦笑)
スープの醤油がキツイ。
やたら喉が渇き、最後まで飲み干すことは出来なかった。

以前は、白菜とチャーシューとスープがまろやかに絡んで、何とも
言えない旨みを醸し出していた。学生時代に足繁く通った、
道頓堀本店のみの時代が懐かしい。これはこれで美味しいとは
思うが、やっぱり一店舗しかなかった頃の味が好きだ。

友人宅でフルコース 

学生時代の友人宅に集まって、夕御飯をご馳走になった。
事前に用意されていた前菜やサラダ、茹でたてのパスタなど、
次から次へと魔法のように料理を運んでくれる、友人の手際の良さに
惚れ惚れ…
未だにキッチン内であたふた&ドタバタやってる私とは大違い。
「学んどけよ~」ずむ君のひとことにも素直に頷けた。

040417_01.jpg

同席した友人がお土産で持ってきてくれたのが、奈良の農業界で
期待の若手ホープが栽培している「あすかルビィ」という大粒の
イチゴ。
丹精込めて作られているだけあって、形も見事ながら味もバツグン!

040417_02.jpg

そして、新宿高野のデザートで締めくくり。
食べてばかりであっという間に時間は過ぎたけれど、楽しかった~♪

図書館通い 

我家から図書館までは歩いて行ける。
ずむ君が寝る前の読書は欠かさないタイプなので、最低でも二週間に
一度は図書館に足を運んでいる。
(常に何冊か借りている本があるという状態)
読書は趣味というより習慣なので、さほど読んでいる気はしない。

私とずむ君の読書の傾向は全く違う。読むスピードも全く違う。
ずむ君は寝る前に30分ほどかけてゆっくりとページをめくり、
1冊を何日かに分けて読むのだが、私は文字数の少なめの文庫なら
1冊1~2時間で一気に読みきってしまう。読書に関しては
せっかちなため、「続きはまた明日」というのが出来ない。

040216.jpg

昨日読んだのは永井路子著の『山霧-毛利元就の妻-』の上巻。
この話を読むのは実に3度目なのだが、面白い歴史小説は時間が
経てばまた読みたくなってしまう。
日本地図が傍らにあれば、地理と照らし合わせて、面白さも倍増!

インコの足 

鳥のことは書かない日記だけれど、たまには。

040416.jpg

爬虫類を思わせるセキセイインコ(スイ♂)の足だけれど、
冷ややかなイメージとは裏腹に、これがけっこう温かいのだ。
今なんて眠気が来ているせいか、熱いと言ってもいいぐらい!
眠いと足が温かくなるなんて、人間の子供みたい(^-^)

ぬくぬくぬくぬく……
鳥のぬくもりを肌を通して感じながら、幸せを噛みしめている。

結婚3周年記念 

“帰りまーす”
帰るメールが入ってから約10分後、ずむ君帰宅。
5時ジャスト!ひゃっほう、余裕で間に合う♪
食後のバスケを考えて、早めに夕食は済ませてしまいたいと思って
いたので、早々の帰宅は嬉しかった。

向かった先は車で10分ほどのところにあるチェーン店のレストラン。
遠出もしたかったのだけれど、今日は時間的に難しく断念。
でも、結婚記念日特別コースのハガキ持参だと、1人2000円で
お腹いっぱい食べられるので、かなりお得なのだ。

040415_01.jpg

時間が早かったので、予約なしでも窓際のテラス席に案内して
もらえた。1、2週間早ければ、桜が咲いて綺麗だっただろうに。
でも、端の席は落ち着けるからいいわぁ~。
「久々にフォークやナイフがたくさん並ぶところへ入ったな」
そういや、ラーメンマン化してからは、割り箸一膳が定番になって
いたっけ(笑)

040415_02.jpg

焼きたてパンが来るたびに「これとそれ…あ、あれも♪」なんて
頼んでいたら、結局パンを10個以上食べていた私。ずむ君は15個
ぐらい食べていた。料理の量が少なめなのでいつも食べ放題のパンを
たらふく食べるという、いやしい私たちなのであった。

040415_03.jpg

帰る頃にはさすがに真っ暗になっていた。
「去年の記念日はどうしてたっけ?」ずむ君の問いに頭が真っ白に
なってしまった。覚えてないッ!!!同じくずむ君も記憶が全く
ないらしい。記念日、なのにね。
来年の今ごろ、また同じことを言いそうな気がするぞ(-_-;

セカンドふぐ 

ずむ君は同業者の飲み会へ出かけて来た。
今回は泳ぎふぐの専門店で、てっちり・てっさ・ふぐ唐…などを
食べて来たそうな。彼はふぐを食べるのはこれが2度目。といっても
一度目はふぐの看板で有名な某店で、ふぐの天ぷらが2つほど
のったうどんを食べただけ。(ふぐ料理とは言えないか)

本格的なふぐというのは今回が初めてとなったのだが…
あっさりしすぎてイマイチと言うのではないかと思っていたが、
意外にも「美味しかった」と満足そうだった。
店の真ん中にいけすがあって、傍らに設置されている船の上から、
ふぐを釣り上げることも出来るそう。(別料金)
もちろん釣ったふぐはその後料理してもらえるという。…へぇぇ。

明日は3回目の結婚記念日。
毎週木曜日の夜はバスケットボールをしに行くずむ君。
今年の記念日は無しか~と思っていたら、「明日、6時ぐらいから
食事に行こう」と言ってくれた!もちろん食事の後は、予定通り
バスケへ行くらしいが、私は嬉しいぞ~~~(ToT)

シュガースポット 

040413.jpg

今の季節がバナナには丁度良いのだろうか。
シュガースポットがいい感じに現れている。
バナナツリーに吊るしてから約一週間経った。
もっと暑くなると、あっという間に熟して即落下!
のんびり吊るしておくことも出来なくなる。

「へ~、バナナツリーがある!」と、この前遊びに来てくれた
友達に驚かれたが、世間一般ではあまり活用されてないのだろうか。
我家では1年を通じて、大活躍してもらってるんだけどな。

ネタを追って全力疾走 

昨日、梅田へ行った時のこと。
「なんや、あれは!すげ~ッ!」
と、ずむ君が指差した方向を見ると、巨大なカップラーメン3個を
乗せたトラックが通り過ぎていくところだった。

040412_01.jpg

走る宣伝カーなのか、それともイベント帰りなのかは分からないが、
ひどく人目を引いている。「(日記の)ネタだ!」と思った私は、
走っていくトラックの後を追って人ゴミをかき分けて全力疾走。
100メートルぐらいでようやくトラック後方を捉えることが出来た。
走って追って写真まで撮っているのは明らかに私だけ(苦笑)
もし他にも同じような人がいたら、迷わず「あなたもサイトの
管理者さんですか?」と聞いてしまっていたかもしれない。
“ネタ”…この二文字は常に私の頭の中にある。

040412_02.jpg

ヨドバシカメラで見たミシンコーナー。
私の欲しい物のひとつにミシンがある。洋裁を本業としている母に
言わせれば、1万円やそこらのミシンなんてオモチャみたいなもの
だそうだ。
第一本体が軽すぎて、厚手の物を縫おうものならカタカタとミシンが
テーブルの上を走り回って(?)しまうらしい。そりゃ、○○万円も
する職業ミシンを使っている人からすれば、家庭用の簡単ミシン
なんてオモチャみたいなものかもしれないけれど…
雑巾を縫ったり、裾上げしたり、ままごとレベルでしか使わないの
だから、“オモチャミシン”で十分だろう。
売り場で見たところ、1万円~2万円台が売れ筋らしい。

040412_03.jpg

パンフレットを見ながら、子供の頃の家庭科の成績が最悪だったにも
関わらず、“ちょっと縫い物のできる人”になれるかもしれない
未来の自分を想像してはニヤニヤしている。

私のナンバーワン 

040411_01.jpg

午後から梅田をぶらぶらしていた。
デパ地下で「美味しそう~!」を連発しながら、しっかり試食。
休日で人は多いけれど、色とりどりの料理や菓子類を眺めているだけ
で幸せな気分になれる。(夫婦揃って食い意地が張っている)

でも、梅田へ来た本当の目的は、お好み焼!
何年か前までは、お好み焼に千円近く払って食べる気にはならない
私だった。お好み焼好きのずむ君にはブーイングを受けながらも、
お店で食べることは稀だった。
でも……お好み焼「きじ」は本当に美味しい!

040411_02.jpg

モダン焼(焼そばが入ったもの)を発案した人だという店主が
築いたお店で、新梅田食堂内と梅田スカイビル内にある。
(多分この2店舗だけだのはず)
梅田スカイビルでしか入ったことはないのだが、こちらの店には
店主がおられるのだ。カンウンター6席・テーブル4つの
小さめの店内ではあるが、昼・夕といつも行列が出来ている。

040411_03.jpg

私がお気に入りなのは、「豚じゃが680円」。豚玉にじゃがいもの
スライスがプラスされていて、コショウを振りかけて食べると絶妙の
旨さになる。じゃがいも効果であっさりした風味に。

ずむ君はここでは初の「モダン焼(大)850円」。卵を絡めた麺を
炒めているので、卵を別乗せする一般的なモダン焼とはまた違う感じ
になっている。とにかく、お好み焼きの生地にダシが効いていて、
たまらなく美味しい。

ここのお好み焼は何度でも食べたい!と思う。ナンバーワンだ♪

試供品に救われる 

040410.jpg

両方の手の甲がカサカサ・ヒリヒリしてどうしようもなくなって
しまった。特に肌が弱いとか敏感肌というわけでもないのに。
手持ちのクリームを塗っただけでは効き目無し。
どうしようと思ったときに、浮かんだのが試供品だった。
確か、荒れた肌に効く薬用クリームがあったはず!!!
手の甲に塗って、1分間マッサージ……
不思議なことにカサカサ・ヒリヒリがす~っと魔法のように治まった。
「これいい!」無くなったら薬局にダッシュしようと心に決めた。

食の好み 

遊びに来た友達と、伴侶との食の好みについて話た。
何でも彼女のご主人はかなりの偏食で、とにもかくにも肉が大好き
なのだそうだ。それもミートスパゲッティや酢豚に入っているよう
なのは“肉”とは言わず、肉まるまるが“肉”なのだそう…
(焼肉とかトンカツとか)
野菜を食べない人に何を作ればいいのだろう。見当もつかない。
彼女自身は肉類があまり好きでないらしい。
それでも毎日キッチンに立つ彼女はエライと思う。

幸い私たち夫婦の食の好みは似ている。
メニューや味付けで、もめたことは一度もない。お互い嫌いな食材が
あることはあるが、メニュー考案に困るほどではないし…
最近、魚類・緑黄色野菜を意識的にとるようにし、薄味を心がけて
いる。もちろん、健康と味覚維持のため。
これに間食ゼロ!を加えたいところだけれど、なかなか難しい。
さっきも夕食後にお土産のケーキをいただいたばかり。
……あぁぁぁぁ、今日はケーキ2個食べてしまった(ToT)

丸坊主並木 

040408_01.jpg

近所の街路樹たち。…ものの見事に丸坊主。
秋になって落ち葉が散る頃になると、ばっさりと枝先から切られて
しまう。芽吹きの春を迎えたというのに、未だにこんな状態(↓)。

040408_02.jpg

去年の春だったか、大阪市が市民から提案を募る企画があった。
提案の内容は自由。私は街路樹伐採についてひとつの提案をした。

樹木を植えたのだから、秋冬の落ち葉は当たり前の現象。
落ち葉がゴミになる・危険などというなら、初めから植えなければ
いい。伐採に経費をかけるなら、不景気で働き手が余っている今、
落ち葉清掃に経費をかけて欲しい。毎年毎年枝ごと切り落とされて、
不自然に枝分かれしている樹木の姿は見るに忍びない……と。

040408_03.jpg

その年の秋、落葉の季節を迎えた。
また街路樹は切られるのだろうと思っていたが、一向にその気配が
ない。今年は伐採が遅いなぁと思っていると、ある日見慣れぬ
ジャケットを着たグループが落ち葉清掃を始めた。
一度ではなく、二度三度……
私の提案が通ったのかどうかは分からないが、今年は切られないの
かもしれない!!!嬉しくて小躍りしてから一ヶ月後、ほとんど葉が
残っていない樹木が一気にバッサリ切られてしまった。

…この間、市長交代があった。
私が出した提案書は磯村前市長宛てだった。
去年11/23の御堂筋オープンフェスタでお姿を拝見した磯村市長は、
その後まもなくしてから引退された。因果関係は不明だが、近所の
街路樹たちを見るたびに暗い気持ちになる。

また来た… 

12月に購入したのは「日本大地図」。
これはいい。欲しかったのだから。

2月に来たのは「世界大地図」の案内。
3月に来たのは「未来への遺産」の案内。

040407_01.jpg

そして今回の案内がこれ、「街道を旅する」…だと。2,7000円也。
次から次へとよく来るもんだ。どうせなら不要な案内の印刷代・
送料分を、安くしてくれた方が嬉しい。
このシリーズ、全部買ってる人いるのかな~。
いるから、これだけ案内が来るんだろうな~。
まだこれからも、なにか来るのかな~。

夜空を飛ぶ 

040406.jpg

夜はまだ風が冷たい。
大きな月が東の空に出ていた。
月の右側のひょろっとした光は飛行機。
長い間見ていると何機も何機も同じルートを飛んでいく。
伊丹空港(大阪北部)に向かう飛行機だと思われる。

飛行機…そういえば、もう3年近く乗っていないなぁ。
スカイダイビングをやりたいと思ったこともあるぐらいなので、
高い所は平気。小さい頃から空を飛ぶことには憧れがあった。
夢の中でも空飛ぶシチュエーションはやたらと多い。
飼い鳥が部屋の中を飛ぶのを見て、「いいなぁ」と眺める私。
憧れはいくら年を重ねても、止むことはない。

桜の下を散歩 

040405_01.jpg

桜が咲く前から、散歩したいと思っていた川沿いの道。
2/27は、まだ蕾も固かく、春は遠いように思われていた。
3/29は、咲き始めてこれからが楽しみというところ。

040405_02.jpg

昨日の雨で散りかけてはいたが、今日は念願の花見兼散歩が出来た。
ずむ君が仕事から早めに帰ってきたこともあり、2人してのんびり
歩いた。時々通る人や自転車も“散歩”を目的にしていないようだ。
皆、足早に過ぎ去って行く。
上を見上げながらパチパチと写真を撮っているのなんて、私だけ。

040405_03.jpg

「あ、飛行機雲!」
ぐんぐん西に伸びる白いラインを見つけたのは私。
「こんなにきれいな飛行機雲見たんは久しぶりや」と、ずむ君。
そこへバラバラと大きな音をさせて飛んできたのが大阪府警らしい
ヘリコプター。「ニ、ニアミス~~~~!?」
…高度が違う。まさか、まさか(-_-;

夜のニュースで隣接地域で交通死亡事故や強盗があったことを
知った。今日見たヘリはその関係だったのかもしれない。
相変わらず、殺伐とした事件は後を絶たないけれど、桜と一緒に
見上げた空はすがすがしかった。

クイール 

040404_01.jpg

先々月末に買った「クイール」の前売り券で、やっと観に行くことが
できた。岸和田カンカン内にある映画館、ユナイテッドシネマ岸和田
にて。
駐車場があるので車で観に行けるというのが最大のポイントだ。
道もすいていたので、雨にもかかわらず40分ほどで到着した。

040404_02.jpg

客席は3分の1ほどしか埋まっていなかった。
朝一番の回ということと、クイールが上映されて1ヵ月近く経つせい
だろうか。ウワサ通りに、子供率が高かった。
犬好きなずむ君はしっかりと観ていた。(寝る気配がなくてホッ)

040404_03.jpg

ハンカチを握り締めるシーンがいくつかあったが、見終わってから
ずむ君は「あのシーンのクイールは、後から“待て!”の指示が
あって、じっと我慢していたんやろうな。可哀そうに」とか
「犬にかぶり物をさせるのはアカン!皆笑ってるけど笑われへん」
などと、本編とは関係のない撮影上のことでぶつぶつ言っていた。
犬飼い人でない私とは、全く違う目線…
鳥モノの映画なら、私もそんな目で見たかもしれないけれど。

4月のカレンダー 

040403.jpg

4月のカレンダーになって、びっくり。
月末はGWではないか!!!
世間の皆様は、軽~く7連休ぐらいは休まれるのだろうか。
我家は毎年ながら直前になるまで休みがどのぐらいとれるか不明。
当然、海外旅行なんてのは無理無理無理。
国内旅行でも、前もって予約が必要なところも無理無理。

来週オープンする浜名湖花博に行きたいなぁと思っているのだが、
GWなんてのはものすごい人出に違いない。
どうしたものか。…まだ時間はある。ゆっくり考えよう。

あた~り~♪ 

040402.jpg
地域紙のプレゼント企画でコーヒー豆300gが当たった。
大量の書き損じ年賀ハガキを、懸賞用として交換したため手元には
ハガキがたくさんある。
応募したのもすっかり忘れていたりするが、賞品が手元に届くと
いうのは嬉しいもの♪今年はついてるかもしれない。

コーヒーは好きだし、良かった!と思いきや……

ん?我家にはコーヒーミルが無~~~い!アワワワ。

ぬか喜び 

夫婦それぞれ独身時に入った保険のまま過ごしてきた。
総額はかなりのもの。今回見直してみることになり、私を解約して
夫ずむ君の方に家族オプションとして加えることにした。
それ以外にも積み立て型のものを新たに追加。
それでもいまでの総支払額よりも安くなるのだ。しかも嬉しい事に…
私の保険解約により、65万円戻ってくるというではないか!
解約金以上に掛け続けていたわけだから当たり前といえば当たり前
なのだが、私は棚ボタ気分ですっかり舞い上がっていた。

ゆん「前から欲しかったアレ、買ってもいいかな♪」
ずむ「そうやな、いいぞぅ~♪」
※欲しかったアレとはご想像にお任せします。


65万円下りると聞いた翌日、ずむ君ががっかりした顔で帰ってきた。
なんでも外交員の説明不足で、65万円の解約金のうち、50万円は
見直した保険内容に繰り越されるらしいのだ。もし繰り越さなければ
月々の支払い額が5千円ほどUPするらしい。
しかもその外交員、契約を交わした後で「計算ミスで月々の支払いが
500円ほど上がります」とまで言ってきたというではないか。
また一から契約し直すハメに。ずむ君の仕事先で全て話はついて
しまっていることなので、私は直接契約に関わる機会はなかった
のだが、文句のひとつでも言いたい気分(`へ´)

「初めから15万だけ下りると言ってくれれば、そんなものかと思った
のにな。65万なんて聞くんんじゃなかった」と、残念がりながらも
「それにしても15万…また微妙なトコ突いてきたなー」と、苦笑いを
浮かべたずむ君。
15万円は私の欲しかったモノがちょうど手に入る値段なのだが、
「65万円分の15万円」と「15万円分の15万円」ではかなり違う。

まったく!見たくもない夢を見させられてしまったよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。