スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙と試乗車 

またまた選挙。今日は大阪市長選挙の日。前回は衆議院選挙では
投票率が低いとは言え、そこそこの人出があった。
なのに今日は体育館がガラガラ…投票率は33.31%だったという。
先週の御堂筋のパレードでも市長選をPRしていたのにねぇ(T_T)

買物ついでに立ち寄った車販売店。
原付バイク時代からホンダ党を貫いているずむ君は、今秋モデル
チェンジした、ある車が気になってしようがない様子。

031130_01.jpg

約10前に発売されてから三代目となる“オデッセイ”、私たちは
初代が出た時からその成長を温かく見守ってきた。
車高の低さや走りの良さを見直しミニバンのコンセプトを変えた車
なのだ。(それについては賛否両論ではあるが…)
毎月車雑誌を愛読しているずむ君は“生オデッセイ”に鼻の下が
伸びまくり!(笑)

031130_02.jpg

「ちょうど試乗車があいていますし、いかがですか?」
セールス氏の甘い誘いにも「乗ります!」と即答。
今回は見学目的だということを理解してくれて、ごり押ししない
セールス氏に好感が持てた。
「華やかな場所を通りましょう」と言われイルミネーションに彩られ
た天王寺駅前を走る。車中、セールス氏は私のカメラに興味津々。

031130_03.jpg

「デジカメって便利ですね~」「いつも持ってるんですか?」
「どんなものを撮るんですか?」

助手席に座っているだけとはいえ試乗中にずっとカメラを構えて
獲物(被写体)を探し続ける私が相当珍しかったらしい。
「デジカメになって助かってます。フィルムカメラの頃は現像代が
えらいことになってましたから」とずむ君が本音をポロリ。
アハハハハ~と笑い合う男2人。妻、笑い者にされる…(´~`;
スポンサーサイト

緑薫る 

入浴準備。バスタブに湯がたまったらしい。
ゆん、様子を見に行く。
洗面所からゆんの悲鳴。
ずむ、慌てて駆けつける。

ずむ 「どうした!?栓が外れてて湯がたまってなかったか?」
※時々ゆんは栓をし忘れて湯をはってしまうことがあるのだ。

ゆん、首を横に振り洗面台を指す。

うっすら緑煙があがっている。

ずむ 「こ……これはっ!」

031129.jpg

ゆん、入浴剤をひっくり返す。

緑煙に巻かれ、むせる2人。(ゴホゴホ)

90% 

今日でHPを立ち上げて10ヵ月経った。※今年1/28スタート
日記スタイルの『日々のカタチ』を始めたのは、途中からなので
まだ8ヶ月ほどだが、よく続いているなと我ながら感心してしまう。
もちろん毎日更新はできていないし、まとめ書きの時もある。
それでも振り返ってみると…270日中、日記記載が244日。
なんと90%の高確率で日記をつけていた。
今まで何度も繰り返して言っているが、私は正真正銘の“飽き性
だ。アンビリバボーな体験談に応募したいほど、私自身が驚いている。
飽き性の私が続けられている理由とは???

ずむ君はほぼ毎日「今日の日々のカタチはUPしたん?」と聞いてくる。
「今日は、やめとくわ」などと私が飽き性を覗かせようものなら、
「また出たで~。ゆんの“やらへん、もう嫌や”が」と嘲笑されて
しまう。単純に出来ている私はあっさりと策略にはまり、屈辱を
感じながらも「そんじゃー、やる!」とパソコンに向かう。
この後押し(?)のおかげで、更新を重ねられたと言えそうだ。
夫が一読者、これは思っている以上にデカイ!

ブリッジに熱い女 

何気なくやってみたブリッジ。
※仰向けになって足と手で体を橋のように支え上げるポーズのこと。
「ブリッジって久しぶりだな~。2桁年ぶりかもしれないぞ」と
思っていざやってみると…か、か、体が上がらない!!!
こんなハズでは!と焦るものの、どこまで無理して体が耐え得る
のか、そんな感覚も分からなくなっていた。ボキッやら、グキッ
やら、イヤ~な音が聞えてきそうで怖いったらありゃしない。

理想型は→(なめらかアーチ)なのに、現実は→П(カクカク)
試しにずむ君にやらせたが、やはり形は→П
だが体の固さが自慢の彼は「ブリッジなんてこんなもんやろ。
人間の体がそんな綺麗にアーチを描けるはずがない!」と言うのだ。
彼は昔もПで、今も変わらずПらしい…
私は昔ならばが出来ていたと思っているのだが、それは
記憶違いで実際には出来ていなかったのか?残念ながらブリッジして
いる写真は残ってないので、確認しようがない。
一か八か、小・中学校時代の友人に聞いてみるという手もある。

「突然やけど、私のブリッジ姿覚えてへん?」

うーん、怪しい度95%……

これを機に、ブリッジの練習をしてみるか!そしてП
なるように、柔軟な体を取り戻せばいいんだ!
なぜここまでブリッジで頭がいっぱいになっているのかは不明。
謎のままにブリッジに導かれ、謎のままに熱くなっている。
…首の骨を折らないように気をつけなきゃね。

存在 

郵便局で釣銭を受け取る手が止まった。

「ナンダ、コノ札ハ……」

031126.jpg

それは、すっかり存在を忘れていた二千円札。
釣銭としてもらったのは今日が初めてだ。
なかなか流通しない不思議なお金。
今も日銀の行員の給料は二千円札で支払われているのだろうか?
(あれは初めだけ???)

世の中から五千円札が消えてたら、気付くと思うけれど、
二千円札が消えても一般の人間は気付かないまま過ごしそう。
そう思うと二千円札って、可哀そう…(ToT)

『二千円札で三千円分使えるキャンペーン』
なーんてのを実施したらどうだろう。
一躍、引っ張りだこの人気者に!(無責任発言スミマセ~ン)

日本大地図 

「今日テレビで“日本大地図”の発売CMやってて、朝刊を
見たら…ジャーン!こんな折込広告が入ってたで」と、ずむ君が
手にしたのが『日本大地図』のチラシ。

031125.jpg

(↑写真手前が折込チラシ。奥は私の手持ちの愛地図の一部)
私も見たよ、谷啓氏が出てるそのCM!

ずむ 「欲しくない?(ニヤニヤ)」

ゆん 「……ほ、ほ、ほ、欲しいっす!(喉から手が~)」

A3変形判。上巻144ページ・下巻200ページ。オールカラー。
上製本。…とにかくデカイ。見開くと新聞1ページ大になるという
大きさ。
『孫子の代まで受け継いでいただきたい決定版地図帳』だそうだ。
今ならオマケで日本全図もついてくるという。(ちょうど欲しいと
思っていたのよね、日本全図。くぅぅ、いいとこ突いてくるなぁ)

愛読書は地図、というぐらいに地図が好きな私なので、ヨダレもの!
「買ったら?」と、ずむ君。
お値段、29000円也。え、ええんですか!?
クリスマスプレゼントっちゅーことで…ホンマにええんですか!?
ひゃほう~、ひゃっほう~♪(只今、上機嫌続行中)

こだわり 

昨日、ミナミ界隈をほっつき歩いたのは、夫婦飯碗を探すという
目的があったからだった。(※先週私の飯碗を割ってしまったため)
初代の夫婦飯碗を買い求めた専門店が見つからずに断念。
ここ数年で閉店してしまったのかもなぁ。
立ち寄った百貨店でもこれというものに出会えず。ガックリ…

今日も南大阪方面へ探しに行ったが出会えずじまい。ガックリ×2…
「気に入るものが見つかるまで妥協しない」というのが、
ゆん&ずむの共通の考え。たかが飯碗、されど飯碗、なのだ。
この分だと、年内に買い揃えるのは無理かもしれない。
いいさ、気長に探すさー…(´_`)

御堂筋を歩く 

『御堂筋オープンフェスタ』というお祭りが、御堂筋(大阪中央区)
で開催されていた。何も知らずに通りかかった私たちに、警備員の方
が「1時から始まるよ」と教えてくれたのだ。
パレードの妨げにならなければ、自由に御堂筋を歩いていいらし。
区間は難波(千日前通)~新橋(長堀通)までの約1km。
区間は限定されているとはいえ、御堂筋は大阪ミナミの主要道。
車道を気ままにあるけるチャンスなんてそうないだろう。

交通規制は12時頃~17時頃、開催時間は13時頃~16時頃。
“頃”というアバウト感が何となくいい(笑)

031123_01.jpg

南向きの一方通行の御堂筋がこんな風に撮れるなんて♪
今はまだ三角コーンを設置している最中なので、パレードが始まる
までは車道を歩いてはいけないのだ。※横断歩道より撮影

気が付くと北の方から人だかりが。いつの間にやらパレードは始まっ
ていて、先頭にはウッドペッカーと一緒に歩く人物が…

031123_02.jpg

地味に歩いておられたのでうっかり見過ごしそうだったが、こちらは
現大阪市長の磯村氏。もうまもなく任期満了で引退される。
市長としてのお姿を拝見するのはこれが最後だろうなぁ。

031123_03.jpg

北上してみると、長堀通りを背にズラ~リと立ち並ぶウェディング
ドレス!御堂筋をバージンロードにして、モデルさんたちがパレード
するという企画だった。へぇ~、壮観!
「こんな寒い日に薄着で、おねーちゃん達気の毒やなー」と、
おばちゃんに心配されていたり(笑)
一列にしずしずと歩く花嫁さんたち。この異色さがなんとも面白い。
(こりゃドレスの裾、相当汚れるぞ…なんて思って見ていた私)

21時のコーヒー 

今日から世間では3連休、ということになっているらしい。
仕事が休みになるかどうかは、前日になるまで分からない夫ずむ君。
今日帰って来たずむ君に聞いてみた。
「明日休めるん?」「うん」「明後日は?」「うん。多分やけどな」
この“多分”がアヤシイ感じもするが、ひとまず久々の連休に
ありつけそうだ。よかった、よかった。
カレンダー通りに休めず、有給休暇もなくて、唯一の休みである
日曜日さえも急な仕事が入ることもあった。町角で見かける旅行の
パンフレットが恨めしく思えたこともあったけれど…

休日は読めないが、毎日の帰宅は早い。
夜6時半~7時には「いただきます」が言えるし、お腹が落ち着いた
9時前後に一緒にコーヒーを楽しむ時間が持てている。
…うん。良しとしよう!

大得意サマ 

近所のホームセンターで。
レジで会計中に一人の老紳士が近づいてきた。レジ係の女性に
向かって「S田だが……」と名乗った。
レジ係は「あ!トイレットペーパーをたくさんお買い求めになった
S田様ですね。少々お待ち下さいませ」と言って私の買った商品を
素早く袋に詰めた後、レジの奥へ小走りに行ってしまった。
「トイレットペーパーを大量に?大得意なのか???」

興味深々で様子を見ていると、レジ係が手にしてきたのはトイレット
ペーパー18ロールを2パック。…なんだ、それだけか。
「袋にお入れしましょうか」「そうしてくれ」と、大袋にまとめて
入れられたトイレットペーパーを手に老紳士は悠々と去って行った。

どんなに大量に買ったのかと期待に胸をふくらませていた私は、
少々がっかりしてしまった。それならば、いつも飼い鳥用の皿巣を
5,6個まとめ買いしている私も、大得意っぽく振舞っても
許されるのではないか。

「鳥のりの“ゆん”だが……」

「皿巣をたくさんお買い求めになった“ゆん”様ですね。
少々お待ちを!」

十分成り立ちそうで、ムフフと一人笑いなが家路に着いた。

クラクション 

歩道がなく、軽い傾斜になっている道路。
前方から車椅子に乗った男性がやって来る。
路肩には突き出した電柱。反対側には2台並んで走る子供の自転車。
電柱・車椅子・自転車が並んだ時、自然と車椅子が道の真ん中を
走る形になっていた。電柱を回避して路肩に移動しようと必死に
車輪を回している。その後から小型のトラックが…

私は車椅子が路肩に移るまで、トラックは徐行するものとばかり
思っていた。しかし、トラックは無情にもクラクションを2回も
鳴らした。
車椅子の人だって分かっている。好きで道路の真ん中を走っている
わけじゃない。焦っているのはその腕の動きで分かるのに。

たったの数秒がそんなに惜しいものなのか。なんだかなー……

当たりレタス(※虫ネタ) 

買ってきたばかりのレタスの外葉をむく時に、密かに期待している
ことがある。そろり、そろり、そろーり…「あ!当たりかもっ!」
叫ぶ私に対して、ずむ君は非常に嫌そうな顔をする。「またか…」
葉に虫食いの穴がいくつも見つかる。
まだ新しい齧られた痕跡と濃緑色の糞がたくさん。

031119.jpg

いたいた、緑色の小さなイモムシが。しかも今日は2匹も♪
「当たりだ~、やった、やった、大当り~~~~!」
「…宝くじに当たったんとちゃうで。イモムシやで。普通なら
ギャ~か、虫食いに腹立てるかどっちかやろ。」
いそいそとイモムシ2匹を保護する私。
「大きいのと小さいのが2匹だね」
「じゃ、“オイモ”と“コイモ”だ」
嫌がってるくせに、命名には積極的なずむ君に少し笑える。
こうして(漫才コンビのような)オイモ・コイモの成長を
見守ることになった。この季節に羽化させてしまうと可哀そうなので
サナギになったところで屋外に出せば、そのまま越冬してくれない
だろうか。

この日、朝から目の奥が疲れて頭痛がしていた。寒気もするし、
熱っぽく関節が痛い。風邪だと気付いたのは夜になってから。
そんな私に優しい夫の一言が。

「もしかしたらイモムシの呪いちゃうか」

…なんで呪われなアカンねん。

郷に入っては 

031118_01.jpg

フランス発のハイパーマーケット『カルフール東大阪店』へ
行ってきた。先月オープンしたばかりだが、平日の昼間のせいか
駐車場も店内もかなりすいていた。
関西一号店の光明池店は2001年2月オープン。
こちらへは当時の仕事の関係もあって足繁く通っていた。
さてさて、我家の最寄となる東大阪店はいかがなものか…

031118_02.jpg

専門店が多く入っていて、カルフールはワンフロアのみ。
それでも面積はかなりあるのだが、光明池店と印象がずい分違う。
光明池店は陳列棚のエンド部分(大通りに面した目立つ場所)に
壁のように特売品を並べ、大きなプライスポップをでかでかと
貼り出すのも日本離れしたやり方だった。
“マルシェ(市場)のような店内”には大人の好奇心をくすぐる
仕掛けがたくさんあって、なかなか面白いものだと思ったが…

東大阪店は「あれ?」と思うぐらいに日本式だった。
マルシェ魂はどこに行ってしまったんだろう。
あちこちに片仮名で「カルフール」と記載し、プライスポップの
ヘッダーには「お買得品」の文字が。
英字の「Carrefour」で押し通し、「お買得品」などとはせずに
「promotion」と徹底表記していたのに…
郷に入っては郷に従え、なのだろうが、あまり郷に従いすぎると、
わざわざここまで来る意味がなくなってしまうような気がするのだ
けれど。日常的な買物に利用してもらおうとすると、普通のスーパー
にならざるを得ないというところか。大型スーパーも大変そう。

光明池店もオープン当初、本場のシステムをそのまま流用してレジで
袋詰めまで行っていた。「サッカー台(客が商品を詰める場所)が
無い」と驚いたものだが、しばらくすると、レジ係は1名になり、
どこにでもあるサッカー台が設置されるようになってしまった。
ここでもフランス式が通らなかったらしいが、この場合は仕方が
ないかな。もちろん、東大阪店は初めからサッカー台は設置する
方向だったらしく、レジスペースが1人分しかなかった。

100%客のくせに、100%客の目でいられない私(苦笑)

晩秋ラーメン 

天気が崩れると言われていた週末だったが、そんな予報が嘘みたいに
カラリと晴れ上がった。ラーメン熱が冷めない私たちにお付き合い
くださったのが、同じくラーメンマンの血が流れている(であろう)
お二人、「にこにこタウン」のみょこさん&とーますさんご夫妻♪
2度目のラーメングルメツアーが実現した。
(今日の快晴は、みょこさんの晴れ女パワーのおかげだなぁ)

今回目指したのは南大阪エリアのラーメン集合施設『ラーメン劇場』
(泉ヶ丘)である。暇さえあれば、あちらこちらをうろうろしている
私たちであるが、一番の得意エリアは南大阪かもしれない。
私の実家や通学先(小・中学校はもちろん、高校~大学も)など
全て南大阪エリアに収まっているからだ。
ずむ君と映画を見るのは岸和田市内の映画館と決めていたし、
何年か前に通いつめたボーリング場なんて、和歌山県と隣接する
阪南市にあったのだから。
(今思えば片道2時間近くかけてボウリングってのもどうかと…) 
そんなわけで、今回はナビゲーターをさせていただくことに♪

『ラーメン劇場』は全国から選ばれた7店舗が店を構えている
ラーメン店の集合体である。ちょうどオープン1年を迎えて店舗の
入れ替えがあり、7店舗中4店舗が新しい顔ぶれに変わっていた。
今日はその新顔4店舗の中から、『旭川らぅめん・青葉』へ足を踏み
入れた。海の幸・山の幸をふんだんに使ったスープと大雪山系の
湧き水を加えて作った麺が二枚看板となっているそうだ。
名水自慢の地域からやってきた店は、大阪の水はまずくてラーメンに
は使えないという。
きっとここも空輸かなにかで、水やスープを運んでいるのだろう…

031116_01.jpg

031116_02.jpg

031116_03.jpg

醤油味のスープに中太の縮れ麺がよく絡む。元祖らしい味つけだが、
醤油味の奥にダシがしっかり効いていて美味しくいただけた。
考えてみれば、オーソドックスな醤油ラーメンは久しぶりだった。
ラーメンやらケーキやらで…胃袋も大満足。食の好みが合うって
本当に素晴らしい。今日は一日ずっと笑い通しだった気がする。
みょこさん&とーますさん、ありがとうございました♪

換気扇掃除5時間の壁 

キッチン回りを掃除しようと、ふと目に留まったのが換気扇。
去年の大掃除では1年半の汚れを落とそうとしたら、
5時間かかってしまったという苦い記憶のある場所。

どうせすぐ年末だし、早めにやってしまった方が後が楽だと、
フードを外し、ファンを分解、つけ置き洗いにこすり洗い。
去年は1年半分の汚れだったが、今回は1年分…5時間切ることを
目標にしながら取り掛かったのだが、結果は5時間半。
オイオイ、伸びてるよ(´_`;

想像して欲しい。20時~翌2時近くまで延々と換気扇部品と向かい
合う状況を!!!(途中掲示板のレスなどで息抜き1回)
5時間半といえばフルマラソンが2回連続開催できてしまうでは
ないか!…よく錯乱しなかったものだと自分に感心する。

掃除代行業などで換気扇の掃除も1~2万円ぐらいで行われている
ようだが、頼みたくなる気持ちも分らないでもない。
去年も思った。半年に1回掃除すれば相当楽になるに違いないと。
油物の料理を減らすという手も有効かもしれない。
ずむシェフは揚げ物やら炒め物やらでよく油を使うからなー。
来年からは、ゆんアシによる『黄金の煮物時代』を築こうか…

夫婦飯碗 

031112_01.jpg

夫婦飯碗が割れてしまった。割れたのは私の方。
結婚した時に迷いに迷って買ったものだ。
「毎日使うものだから質の良いものの方がいいですよ」と言われて、
ちょっと高いなと思いながらも惚れた飯碗。
洗っている最中に落としてポックリ…いや、パックリ逝って
しまわれた(T_T)

031112_02.jpg

今日は何かとついていなかった。夕食に作ったおでんも失敗するし。
「おでんをどう失敗しようがあるんや?“おでん”が“でんお”に
でも変身したか?」とずむ君には訳の分からない事を言われたけど
久々に使った圧力鍋の使い方を間違えてしまったのが原因。
オバケみたいな竹輪と厚揚げが出来てきちゃったよ……(涙)
しかも2日分作っているから明日もオバケおでんだよ……(涙×2)

圧力鍋は爆発しそうで怖い。
調理中の私の心拍数は最高新記録に達していたかもしれない。
作り終えてどっと力が抜け、その場に座り込んでしまった。
「あの…おでん作ってそんなに疲れている人は初めて見ましたけど」
…ずむシェフ、私はもうダメっす。

そして食器洗い中にガッチャーン!…私、崩壊。

鳥に似た男 

テレビ番組で『飼っているペットに似てくる』もしくは
『自分に似ているペットを選んでしまう』などという話題で
盛り上がっていた。

私は鳥に似てるかな、似てるから選んでいるのかな、などと思って
いたら、一緒に見ていたずむ君が「あーーーーッ!」と声を上げた。

「わかった!最近よく鳥肌が出るのは鳥に似てきたからや!」

…ヤツは至って大マジメ。
ねえ、風邪でも引いてるんちゃう?熱、測れぇぇぇ~

私は…… 

心に詰まっていた鉛がぐんぐん小さくなって、ぽろりと落ちた。
浅い呼吸しか出来なかった酸素不足の肺に、どっと空気が入り込む。
…よかった。まだ元気が出せる。
楽しいことは楽しいと、嬉しいことは嬉しいと、言える幸せを忘れ
そうになっていた。自分を取り戻すきっかけをくださった方に感謝。

『落ち込むこともあるけれど、私は元気です』 まさに今そんな感じ。
(↑魔女の宅急便、キキの台詞より)

投票と麺だらけに行こか! 

031109_01.jpg

雨の中、衆議院総選挙の投票へ。(↑投票済証のしおり)
現在の住まいは私の育った土地ではないので、投票所になって
いる小学校に入るとワクワクする。
クラブ活動で他校に試合に出向くようなそんな感じ。

本日初ICOCA(イコカ)ゲットとなる♪
「ICOCAで行こか!」と向かった先は『なんばパークス』…
私は3度目。いよいよ『浪花 麺だらけ』に足を踏み入れることに。
ラーメン・うどん・焼きそば…全国各地の麺を取り扱う人気店を
集めたこの場所。とにかくすごい人なので、待ち時間覚悟でないと
無理だろう。今日行った時は、最大で90分待ちになっていた。

テレビの特集でも取り上げられていた『カレーうどん・でら打ち』
(愛知県名古屋市)へ。本店を閉めてまで大阪への出店を望んだ
店主・神野氏の姿も厨房にうかがうことが出来た。
勝手に知人気分になっていたので、嬉しくって嬉しくって♪

031109_02.jpg

カレーうどん700円。
名古屋では限定食で販売していたカレーうどんを、大阪では大量生産
せねばならず、手打ちの製法を変えたとのこと。麺にコシを出すのに
苦労されたらしい。(by.テレビ番組)
…だしの効いたカレーのほどよい辛味と、噛んだ時の食感が良い麺が
合っている。上にのっている厚みが2cmはありそうな、薄くない
“うすあげ”が美味しい!

今日は2~3軒ハシゴする気で来た。
私のお腹に余裕があったので、時間を空けずに比較的すいていた
『新潟イタリアン・みかづき』へ入る。新潟下越地方のご当地麺で、
20店舗近くチェーン展開しているらしい。もちろん関西初出店。
(麺だらけに出店している全店舗が関西初である)
B級グルメをうたっているだけあって、容器やフォークは使い捨ての
もの。値段も380円~と安い。

031109_03.jpg

太めのソース焼きそばに、イタリアンソースをかけたようなもの。
写真奥:イタリアン380円・手前:トマトとツナのイタリアン450円
麺のもちもちぃぃぃ~っとした感じが何とも不思議。
“海の家”で食べたら、たまらなく美味しく感じるだろう、
そんな庶民的なイタリアンだった。

のんびり半身浴 

ずむ君は結婚する数年前まで20年以上、ずっと銭湯通いだった。
「デカイ風呂がいいな」と彼が言うところの“デカイ”とは
銭湯級のものを指す。…一般家庭では無理でござんす。

シャワー嫌いで、我家のような狭い湯船であっても浸かりたいという
彼の希望通り、毎日浴槽に湯をためている。
しかし、風呂から上がるのは異様に早い。
銭湯歴は長いくせに、ゆっくり浸かる派ではないらしい。そんなの
お湯がもったいない!と思った私は、湯船で本を読む方法を伝授した。
風呂のフタを半分ほどし、それを机にして本や雑誌を読むのだ。
本好きな彼は見事にこの作戦にはまり、入浴前はどれを持ち込もうか
といそいそと本選びに入る。(湿気で本がダメになるかと思いきや、
意外に大丈夫なもの。万が一を考えたら雑誌などがベストかも)

私も本を読む時もあるが、目を休めたい時はゆったりした音楽を
かけるだけにする。防水のCDデッキを持ち込んで、自分の部屋に
いるように半身浴を楽しんでいる。もちろん入浴剤は欠かせない
アイテムだ。お風呂でアロマ、なんてのも憧れるなぁ~。

冬よ、来い! 

031107.jpg

暖かいというより、暑いと言ったほうがピッタリくる陽気だった。
半袖で一日過ごす。我家に温度計は鳥用の簡易なものしかないが、
針は30℃をさしていた。夏の再来!?

今年はやはり暖冬なのだろうか。早々とスキーグッズの手入れを
始めている私に神様も残酷なことをなさるものよ…
寒いのは苦手だけれど、冬は好き。どうせなら、キンキンに冷えた
冬であって欲しい。中途半端な冬はイ・ヤ・だーッ(T_T)

優しい飲み物 

031106.jpg

ココアの季節になったと先週書いたが、寝る前に飲むのは、
ターメリックミルクにしている。
温めた牛乳にターメリック(うこん)ハチミツ
(写真はメイプルシロップ)を混ぜるだけ。

安眠体質なので寝る前にカフェインを摂っても問題ないのだが、
もろもろのことを考えるとこっちの方が断然体に良さそう。
ターメリックはカレーやタクアンの黄色を出すスパイスだが、
和名の「うこん」と言えば「う○こ」に間違われるネタにもなって
いるのでかなり知名度は高いはず。
入れすぎると独特の土臭さが鼻につくので要注意。
私の場合はサラサラと二振り程度にしている。シロップはその時の
気分で。ほんのり黄色い優しい飲み物…寝る前はこれに限る。

残数 

時々考えることがある。
あの人と、あと何回会うことができるのかどうかということ。
“あの人”とはいつも会っている家族だったり、年に数回会う友人や
親兄弟だったり、めったに会うことのない懐かしい人だったり…
人と会う度に残り何回会えるかという残数が表示されたらどうなるか。
「あと10回しか会えないの!?」「あと2万回近くも会うのか」
最初で最後という「残数0回」の出会いも人生には多くあるだろう。

「あの人とは……」考えると切なくて眠れなくなる。
残数とは“残酷な数字”のことかもしれない。

IQテスト 

昨夜のテレビ番組『全国一斉IQテスト』をずむ君と一緒にやった。
全部で70問、言語・記憶・論理・思考…などに分かれている。
答え合わせは番組の最後だったので、ずい分長い時間テレビ前に
座っていたことになる。自分のIQがどのぐらいなのか、ということ
よりも互いに“負けたくない意識”の方が強く、答え合わせは
手に汗モノだった。

結果は…………………同得点!(おもろないやん)

ずむ君は納得がいかないらしく、最後までぶつぶつ言っていた。
「思考力が弱いんやなぁ。知覚力もイマイチやったから、ここも
補強せな」そ、そんなに本気で反省しなくてもいいのでは???

3時のドーナツ 

三連休の最後の日…だったそうな。
昨日も一昨日も仕事で、今日一日しか休みが無かったずむ君の
おかげで全く連休感を味わえない我家であった。
(お仕事、お疲れさま~)

031103_01.jpg

ミスタードーナツの割引券があったので、この夏に出来たばかりの
某大型スーパーへ向かう。ここのフードプラザ内にミスドはある。
販売システム上、購入したドーナツはトレーの敷き紙の上に
どかどかっと置かれてしまうのだ。
(当然のように陶器の皿やマグカップは無い)

食の好みが似ている私たちはドーナツの好みも一緒。
ポンデリング2個とエンゼルフレンチ2個。ミスドでおやつを
する時はだいたいこんな感じだ。

031103_02.jpg

キャンペーンの制度が変わりで、200円ごとで1ポイント、10ポイント
集めるとグッズがもらえることになった。以前は300円ごとにカード
1枚もらえ、銀色の部分を2箇所こすった合計点数を10ポイント
集めるとグッズがもらえた。
公平にはなったが、削るワクワクが無くなってしまったなー。

太陽の子 

031102.jpg

夏から栽培を繰り返している、鳥用の豆苗(とうみょう)。
気温がぐっと下がり始めた頃、伸びが悪くなり、葉も小さく
ひょろひょろになってしまった。
気温低下に加えての日照不足で見るも無残な豆苗だったが、
意識して太陽光の当たる場所に置くようにしたら、
写真のようにしっかりとした太い茎に大きな葉を茂らせてくれた。
やっぱり植物は太陽の子だな~♪

スキーウエア 

押入れの整理をしていたらスキーウエアが出てきた。
出てきたといっても眠っていたのは10ヵ月ほど。
手に取ると無性に雪山が恋しくなってきた。「滑りたい……」
去年は一度しか滑りに行かなかった。原因はこのホームページ。

今年の1月28日にHPを開設したのだが、それまで約2ヶ月かけて
ベースを作り続けていた。現在22MB使用しているが、オープン時で
既に12MB使用していた。
仕事もそこそこハードだった頃のこと。夜帰ってから深夜まで、
毎日ホームページ、ホームページ…やっと慣れて一息つけるように
なったと思ったら、スキーシーズンはとうに過ぎて春が来ていた。
初めてのホームページ作りだったので、何をするにしても手探りで
必死だった。
今はあの時に比べたら、数段ジャンプアップしている(はず)…
今年は行くぞ、とスキーウエアに誓った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。