スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての○○ 

50円、80円の切手は、記念切手のシートで数枚常備している。
10円、20円、30円もバラ買いで数枚ある。
国際郵便や定型外郵便を利用する機会が増えたので、金額の種類が多い方が何かと便利。
他にはどんな単位があるのかと、郵便局の窓口で尋ねてみた。

「小さい金額の切手ですか?えーとですね、一番小さい方から、1円、3円、5円……」 1円!?10円から紹介されるとばかり思っていた!
予想外の「1円スタート」……10円未満の切手は今も販売継続。
言われて思い出したが、私の手持ちに62円切手が1枚ある。デザインを気に入っているので永久保存版にしているけれど、これを過不足なく使おうとすれば、3円、5円の切手が必要になるわけだ。

そして今回、使い勝手の良さそうな、70円切手を初購入。


70円の絵柄はシジュウカラ。(日本郵便の普通切手一覧はこちら)
定型外で500gまでの物を送るのに使う390円、残念なことに1枚では無い。90円カルガモ、130円ウソあたりも、欲しい単位。切手らしからぬ1000円松鷹図なんて、自然に出会う機会は先ずないだろう。
鳥の切手がズラリと並んだ一覧HP、ス・テ・キ♪
スポンサーサイト

はじめての○○ 

日常には、何気に通過している初体験がいくつもある。
「はじめての○○」に、逐一気を留めてみるのも面白いかも……と、
新カテゴリを作ってみることに。一生の思い出になりそうな「はじめて」は
アウト。次の瞬間には忘れ去ってそうな小さな「はじめて」でなければ
ならず、些細であればあるほどナイス。

第一号は、るーとの一声から生まれた、「はじめての○○」。

「へえー!うちにタワシってあったん!?初めて見た~~~!」


生まれて初めて我が家でタワシを目撃したそう。
ちなみにこれは、ジャガイモの皮をこするミニタワシ。天日干し中。
そういえば、我が家でタワシと呼べるものは、これ以外に無い。
無い割には、「タワシ」という単語はよく口にしている。(しりとりの定番)
6歳男児にとって、これは貴重な出会いと言え……るか?

↑このアングルに決めるまで、角度を変え、露出を変え、被写体にまで
立ち位置(?)を変えてもらい、10枚以上撮った。
それはそれで、「はじめて」。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。